【キャッシング 即日】 即日のキャッシングはATMでのほうがいいです

インターネットでいろいろとキャッシングのことを見ていたんです。
それで即日借り入れられるからと申し込んではみたのですが、書類をそろえたりするのが面倒くさくなって、更になんと日数がかなりかかるんです。
それには憤慨しましたが、結局のところオペレーターさんに憤慨して何とかならないかと聞きました。
そうしたところ実際にキャッシングATMで相談したほうが早いというようなことも言われたのでATMでの申し込みに変えました。
そうしてATMのカメラでいろいろ相談して申し込んだところ即日キャッシングを受けることができました。
インターネットでの申し込みは時間に余裕があるときはいいかもしれないんですが、お金をすぐに借りたい時などは店頭で申し込んだほうがいいと思います。

キャッシングの利息を抑えることについて

キャッシングとは利息を抑えることを何よりも意識するべきです。そこでお勧め出来るのが早めに返すことです。これができるのであれば最高であるといえます。後は極端に多くの所から借りている場合は一本化することです。そうすれば金利を低くすることができる可能性があります。これらの行動をしっかりとすることによって、上手く利息を抑えることができるようになるでしょう。キャッシングはいざという時に非常に助かるわけですが使いすぎることはよくないですし、法定金利ギリギリで借りることはお勧めできないです。安く貸してくれるところはいくらでもありますから、ゆっくりと探すと良いでしょう。借りたらすぐに返せすように頑張る、ということも重要です。

勤務先の評価で審査落ちすることも!

銀行や大手消費者金融のキャッシングローンを契約する際、スコアリング判定と個人信用情報により契約可否が決まるものの、それ以外の条件と条件として勤務先の評価があります。勤務先の評価というと『安定した収入の評価と考えてしまいます。しかし、実際には勤務先の財務状況や他の社員の借り入れ状況も影響してしまいます。

例えば申し込み先の金融機関と勤務先において取引がある場合、赤字決算が続いていると利用限度額が下がったり、審査に通過出来ない可能性があります。そのため、契約を検討する際は勤務先の取引先となる銀行を把握するのがポイントであり、赤字決算の際は申し込みを避けるのがポイントです。

また、地方の場合においては社員が同じ銀行を利用していることが多くなるため、審査が厳しい場合や利用限度額が低い場合、自分自身の与信情報以外の情報が影響することがあります。つまり、返済に問題を抱える契約者が増えるほど、他の社員の信用も下がる可能性があります。

そのため、銀行カードローンを契約する際は如何に会社による影響を回避するかがポイントになります。安心感を得たいという場合、隣県の銀行を選択するなどの方法がおすすめになり、借り入れ先の選択肢が広がります。隣県なら少なからず、生活圏内に支店があるケースが多く、来店契約が必要な場合でもって対応が可能です。

キャッシングを即日受けるための方法とは

キャッシングを即日受けるためには、本人確認書類と源泉徴収票や給与明細を揃えて、金融業者の窓口へ直接行けば最短で申込み可能です。しかし、改正貸金業法が完全施行されて以降、大手消費者金融の窓口は次々と閉鎖されてしまい、一部の大都市に僅かに残る程度となってしまいました。

中小消費者金融への申込みには、抵抗がある人も多いでしょう。そこで、大手消費者金融ならば、自動契約機コーナーの利用が想定され、その他の消費者金融や銀行カードローンではインターネット経由の申込みが一般的となっています。

自動契約機コーナーでの申込みであれば、審査が完了次第専用ローンカードが発行されるので、即日キャッシングを受けることが可能です。しかし、会社帰りに自動契約機コーナーへ立ち寄ったのでは、勤務先への在籍確認電話が取れないので、専用ローンカードを発行出来ても翌日になってから勤務先への在籍確認電話が完了してからでなければ借入が出来ないこともあります。

そこで、インターネット経由で先に申込みと審査を終わらせておき、会社帰りに自動契約機コーナーで専用ローンカードを発行してもらう方法ならば、キャッシングを即日受ける方法として適しているわけです。

専業主婦でも利用出来る無人契約機はあるの?

無人契約機によりキャッシング契約を行うメリットは、審査時間が短いだけでなく、WEB完結や郵送申し込みとは異なり、優先して審査及び契約が行われるということです。また、銀行カードローンのようにローンカードを郵送受け取りする必要がないため、借り入れ可能になるまでの時間が短いということもあります。

しかし、無人契約機となると大手消費者金融が多く、専業主婦は融資対象外となってしまいます。そもそも、専業主婦の場合は総量規制対象外の銀行カードローンに殆ど限定されてしまい、キャシング契約を急いでいる場合には困ることがあります。

ですが、専業主婦でも利用可能な無人契約機はしっかりと存在しており、三井住友銀行カードローンや東京三菱UFJ銀行のローン契約機またはテレビ契約機で契約が可能です。これらの契約機は設置台数が少ないため、生活圏内で探すといった手間が掛かります。

しかし、三井住友銀行カードローンであればプロミスの無人契約を利用して申し込むが可能であり、専業主婦の場合でも短時間で審査から契約手続きまで行うことが出来ます。また、新生銀行レイクの無人契約も設置台数が多く、総量規制対象外のカードローンとなるため、国道沿いや主要幹線道路を探すだけで済みます。特に新生銀行レイクは消費者金融というイメージが過去の営業実態からあるものの、実際には銀行ローンとなるため、専業主婦でも利用が可能です。

銀行と消費者金融のカードローンのサービスの特徴

カードローンのサービスは銀行と消費者金融が提供していますが、どちらを利用してお金を借りればいいのか悩んでしまう人も多いでしょう。そこで銀行と消費者金融のカードローンのサービスの特徴を見ていく事にしましょう。

・低金利だけど融資スピードが遅い銀行のカードローン

銀行のカードローンのサービスは上限金利が14.5%前後で設定されているので低金利と言われています。お金を借りた時に加算される利息も少なくなるので返済する時にメリットに感じる人が多いです。しかし銀行という事で審査が厳しいのでお金を借りる事が出来るまで数日かかってしまいます。即日融資を受けるのはなかなか難しいので融資スピードが遅い点は不都合に感じてしまう人が多いです。

・高金利だけど融資スピードが早い消費者金融のカードローン

消費者金融のカードローンのサービスは上限金利が18%で設定されているので高金利と言われています。お金を借りた時に加算される利息も多くなってしまうので返済する時に大変になる事があります。しかし審査が最短30分で回答されるので即日融資を受ける事が出来ます。業者によって異なりますが、中には申し込みをしてから1時間でお金を借りる事も出来ます。融資スピードが早いので早くお金を借りたい人はメリットになります。

主婦はキャッシングができない?

主婦の方の中には自分はキャッシングができないと考えている方も少なくないと思われますが、決してそんなことはありません。

主婦の方であってもパートなどで働いており、定期的に安定した収入があるとみなされれば返済能力があるものと判断されキャッシングを行なうことは可能です。

ただしパートなどを行なっていない専業主婦の方の場合には少々ハードルが上がります。

キャッシングを行なっている消費者金融は総量規制により利用者の年収の1/3までしか貸し付けを行なうことができないためです。

もともと収入がない専業主婦の方はこの規定により申し込み条件をクリアすることができないため、事実上消費者金融を利用することができないというわけです。

中には旦那さんの収入を証明することで専業主婦がキャッシングできる消費者金融も存在しますが、大手ではそのようなサービスを行なっている会社は今のところありません。

そこで登場するのが銀行カードローンです。

キャッシングの内容は消費者金融の貸し付けとあまり変わりませんが、こちらは総量規制の対象ではないため専業主婦の方でも申し込みが可能になります。

また専業主婦であるという事実が旦那さんの収入に余裕があるということの裏付けにもなるため、むしろメリットとなる場合すらあるのです。

自主規制によって銀行カードローンはどのくらい審査が厳しくなるか

昨年から銀行カードローンの過剰融資問題が大きな社会問題になり、全国銀行協会がそれぞれの銀行に自主規制を求めるという事態になっています。マスコミの報道や一部の評論などでは自主規制が効果は発揮して銀行カードローンの過剰融資問題は終結するような論調が多いですが、これは全くの見当違いをしている可能性たあります。

銀行カードローンの過剰融資がなぜ起こったのかを考えてみれば、それは銀行カードローンが銀行にとって儲かるからにほかなりません。10年ほど前にあった多重債務者問題も今回の問題と似ていることは誰でもわかりますが、多重債務者問題でも消費者金融が儲かるから起こったことであり、消費者金融が大バッシングを受けるまでそれは止むことはありませんでした。

自主規制によって銀行は審査を厳しくするようなポーズを当面は取るかもしれませんが、すぐにそのポーズは剥がれ落ちるでしょう。銀行カードローンが大きな利益を生むということがわかったからには、銀行が簡単にその儲け口を放すことはないからです。

よって、銀行カードローンの審査が今以上に厳しくなるということは考えられず、銀行法が改正されるまで銀行カードローンの過剰融資問題は解決しないと考えたほうがいいでしょう。

テレビショッピングや通販での分割購入に注意!

キャッシング契約の審査は、与信状況が悪ければ、通過出来ないのは当たり前に知られていることです。また、最近ではクレジットカードの支払だけでなく、携帯電話の料金支払いにおいて遅延情報が残っていると審査落ちする原因となってしまいます。

しかし、携帯電話の料金支払い以外にもテレビショッピングや通販の分割購入も注意が必要になっています。実際、これらの分割購入では割賦販売法が適用され、個人信用情報が株式会社シー・アイ・シーに登録されています。そのため、支払遅延は金融事故情報となってしまい、キャッシング審査が通過出来ない原因となっています。

また、より注意しなければならないのが、クーリングオフ制度が適用されないということであり、希望する商品で無かったため、代金を支払わない状態でクレームすることは避ける必要があります。

若い世代の方が利用するケースは少ないものの、テレビショッピングや通販の割賦購入が個人信用情報に影響しているということを理解する必要があります。代金支払いは、販売会社に直接支払う方式ではなく、信販会社経由となるため、自己判断による支払中断には注意が必要になります。

また、取引規約にはしっかりと個人信用情報に情報が登録されといった条項が設けられていることを認識する必要があります。

過去に債務整理手続きを行っている方が注意することとは?

銀行や消費者金融のキャッシング契約は、金融事故情報が残っている限り契約することは殆ど出来ません。返済遅延や債権譲渡といった情報については、一定期間が経過することで自動的に抹消されるものの、債務整理すなわち自己破産や個人再生といった手続きを行った方は注意が必要です。

基本的には『契約期間中および契約終了後5年以内』で情報が削除されるものの、免責された残高が登録された状態になっているケースがあります。この情報は、債権者が情報を削除または更新しない限り、残ってしまいキャッシング契約やクレジットカードの契約をする際に問題となってしまいます。

そのため、過去の自己破産や個人再生を行った方は、キャッシングを検討する前に個人信用情報を開示し、情報が全て抹消されているか確認する必要があります。この問題は、免責確定通知が債権者に対して裁判所から送付されないといったことが関係しており、消費者金融やクレジットカード会社が破産手続き開始や免責許可決定の通知で登録情報の更新管理を忘れているといったことが関係しています。

そのため、個人信用情報を開示し、過去の情報が残っている場合は、免責許可決定通知などの書類の写しを送付し、情報更新を依頼する必要があります。何も気付かずにキャッシング審査で落ちてしまわないためにも、個人信用情報の確認は重要なこととなります。