即日融資可能なカードローンの利用

生活費が不足してしまったり、急な出費があったときにはお金を借りなければいけなくなるかもしれません。

特に急な出費で今日中にお金が必要になってしまったという場合には即日融資が可能なカードローンを利用したいですよね。

お金を借りることのできるところといえば、銀行や信用金庫、消費者金融やクレジット会社や信販会社などのノンバンクがあげられると思います。

即日融資を希望するのなら、銀行と消費者金融ではどちらを利用すればいいでしょうか。一般的に銀行のカードローンの審査は時間がかかると言われています。

銀行の審査は銀行と保証会社の2つの審査があるからです。一方、消費者金融の審査はその会社のみの審査なので、銀行に比べれば時間はかかりません。

実際、即日融資が可能なのは消費者金融のほうが多いです。消費者金融は即日融資が可能なところが多いですが、金利は銀行に比べたら高く設定されているところが多いので銀行で即日融資可能なところを利用するのもいいかもしれません。

カードローンの大きな魅力について

銀行系カードローンはお金を借りるのにはとても大きな魅力がある金融商品です。

消費者金融にはない色々なメリットがありますので、その点について紹介します。

1 金利面が安い

 基本的に銀行系カードローンの一番の魅力は金利の低さです

金利は上限で14パーセントくらいが一般的で消費者金融に比べると上限だけでも4パーセントくらいは安いといえます。

さらに安いところでは10パーセントの上限を割るくらいで下限も低く3パーセントくらいの最高下限のケースもあるので大変金利面でメリットあります。

2 返済方法などサービスが充実している

 また、銀行系カードローンでは返済の方法も多く、自社所有のATM以外でも様々な手段で返済が可能なのが魅力です。

消費者金融には、返済方法が限られていたりするようなケースがあるのですが、基本的に経営力がある銀行なら返済方法も整っています。

近年では消費者金融のような無利息期間や、即日融資のようなものもあり、より充実してきています。

3 銀行である安心感

 また銀行系カードローンは消費者金融に比べると、信頼が大きいのでお金はありやすいのです。

やはり信頼できる所でお金を借りられるというのは、返済も変なことをされないという安心感がありますし、

お金を借りていたとしても、消費者金融に比べれば、周りからの信頼も違います。

 そういった信頼感も大きなメリットです。

専業主婦でもキャッシングはできるのか

家計を預かる主婦が急にお金が必要になることは生活をしていると少ないことではありません。その時にキャッシングを利用することが出来れば、助かることもあるでしょう。

主婦がキャッシングを利用できるかどうかについては専業主婦なのかそうではないのか、利用する金融機関が銀行なのか貸金業者なのかで違ってきます。主婦であっても、パートやアルバイトなどで収入があれば、銀行であっても貸金業者であってもキャッシングを申し込むことは可能です。銀行は審査がどうなるか分かりませんが、貸金業者であればお金を借りることができる可能性は低くないでしょう。

しかし、専業主婦であればお金を借りるのはなかなか難しいと言わざると得ません。特に貸金業者は2010年の改正貸金業法によって総量規制の対象となりましたので、顧客の年収の三分の一以上の貸付はできなくなりました。事実上は年収がない専業主婦ではキャッシングを利用することができないと考えたほうがいいでしょう。

銀行は総量規制の対象となっていませんが、収入のない専業主婦が銀行の審査に通ることは簡単ではありませんが、配偶者の収入などによっては専業主婦であってもキャッシングができる可能性はないではありません。

キャッシング 審査で注意することもある

クレジットカードでショッピングした一括払いにすれば利息が付きませんがキャッシングは1か月後返済した時でもキャッシング手数料が利息でつきます。そして、利息手数料は月単位でなく日数で加算されて、返済は1日でも早い方が安いです。そしてクレジットカードキャッシングでかかる金利は15~18%が多く、これは利息制限法といった法律により金額に応じた金利条件を定めていることで、各社とも大きいなさがない数値です。

また借りるとき返済計画をかんがえていてもいざ返済すると思わぬ出費が重なり、どうしても返済できないこともあり、もし返済が遅れればどうなのでしょう?返済日が過ぎても連絡しないでいれば数日後はがき、電話で催促がきて、それでも連絡がつかない時勤務先に借金返済催促電話が着ます。職場に借金がばれてしまうケースがありますが、この時点ではプライバシーにもなるべく配慮した対応をしてくれるでしょう。

そして、はがきで催促しても返済確認できなければ、最初より強い書き方で、督促状が送られれて、これを無視すればクレジットカードが使えなくなってしまいます。それでも延滞すれば、催告書がきます。こうしたことには注意してください。

専業主婦でも申し込みができる楽天銀行スーパーローン

利用限度額は最大で500万円、金利は年4.9%から14.5%と魅力的なカードローンサービスの取扱を行っているのが楽天銀行であり、スーパーローンは契約するだけでも1000円分相当の楽天スーパーポイントがもらえるので、多くの人に利用をおすすめできる銀行カードローンとなっています。

さらに楽天銀行スーパーローンは幅広い人からの申し込みに対応をしていて、殆どの金融機関では申込不可としている専業主婦からの申し込みにも対応しているのです。他の金融機関では申し込みを断られてしまった専業主婦の方でも楽天銀行スーパーローンなら契約できる可能性が高いので、申し込みをおすすめします。

楽天銀行スーパーローンは専業主婦には専用の申し込みページを設けています。

専業主婦の契約条件は通常のスーパーローンはやや内容が異なり、収入証明書類の提出は一切不要で、利用限度額は最大で50万円、金利は14.5%という条件になっています。多くの金融機関では専業主婦の方の申込の場合、配偶者の収入証明書類の提出が求められることが一般的ですが、楽天銀行スーパーローンの場合は配偶者の収入証明書類も不要なので、比較的容易に申し込みができます。

もちろん、専業主婦の申し込みでも1000円分相当の楽天スーパーポイントはもらうことができます。

大手消費者金融の借換えローンの比較

複数の会社からの借入を一社にまとめるローンサービスである借換えローンは、有効に活用することで返済金額の総額を減らすことができますし、返済計画を立てることも遥かに容易になります。複数の会社からキャッシングをしていて、返済に困っている人には特におすすめのローンとなっていますし、大手消費者金融3社も借換えローンサービスの取扱をしているので、比較的申込もしやすいと考えられます。

しかし、大手消費者金融3社であるアコム、アイフル、プロミスが3社とも取扱いをしているとなると、どの会社の借換えローンを選んだら良いのか迷ってしまうことでしょう。そこでこの大手3社の借換えローンについてポイントを抑えながら比較をしてみます。

・アコム(借換え専用ローン)

契約極度額は300万円で金利は年7.7%から18.0%になっています。契約の際に必要となるのは、運転免許・収入証明書・返済用の口座の届出印になります。

・アイフル(かりかえMAX)

契約極度額は500万円で金利は年12.0%から17.5%です。契約をする際には運転免許・収入証明書・他社の借り換え状況を確認できる書類となっています。

・プロミス

契約極度額は300万円で金利は年6.3%から17.8%です。契約の際に必要となるものは運転免許と収入証明書になります。

契約極度額と金利を中心にピックアップしましたが、契約極度額と最大金利はアイフルが優位で、最低金利はプロミスが優位となっています。自分にはどの会社があっているのかをよく見極めて借入をすると良いでしょう。

クレジットカードのキャッシングを使ってお金を借りましょう

近年のインターネットショッピングの急速な普及によってますます私たちの生活に欠かすことのできないものになってきた金融サービスであるクレジットカードは多くの人が保有している便利な決済手段の一つとなっています。

クレジットカードを使って決済することで、たとえ手元にお金がなかったとしても簡単に品物を買うことができます。また事前にキャッシング枠に申込をしてクレジットカード会社の審査を通過していれば、限度額の範囲以内でキャッシングも行なうことができるので大変に便利なサービスだといえるのです。

クレジットカードを使って現金を手に入れようとするとき、キャッシング枠を使ってクレジットカード会社からキャッシングする分には何の問題もありませんが、キャッシング枠を使って現金を手に入れようとする「クレジットカード現金化」は違反行為となるので注意を払う必要があります。

クレジットカード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠をつかって商品を購入し、それを業者などの第3者に売却して現金を手に入れようとする行為のことをいいます。

これはクレジットカードの規約違反ですし、クレジットカード現金化に関する金銭トラブルは数多く報告されていて消費者庁でも注意が呼びかけられているのです。

お金を手に入れようと思うなら、クレジットカードのキャッシング枠を使って、堂々とキャッシングをしましょう。

存在を忘れていたカードローンを久しぶりに利用しました。

なんとなくでカードローンを契約してから半年経ち、そういえば最初に数万円借りてからまったくカードローン使っていないなと気が付きました。

申し込みの時も大して苦労しませんでしたし、インターネットの申し込みだったので印象が薄くカードローンの存在をまったく忘れていました。

返済も次の月に一括で終わらせてしまったし、しょうがないですよね。

ですがせっかく契約したのだから使わないのはもったいないと思い何か買ってみる事にしました。

せっかくですから、昔欲しかったものなんか買ってみようかなとインターネットをいろいろ見ていたのですが・・・欲しいものがありすぎて困りました。

検索しなければ良かったです。

昔欲しくて手が出なかったものが今カードローンとネットショップを使えばかなりの数買えます。

なんて良い時代になったのでしょう。

昔はあちこちのお店を回っても見つからなかったりしたものが自宅にいながら見つける事が出来ます。

さらにカードローンを利用すればそれらを余裕で買う事が出来ます。

有難いです。

ですが、買えるからといって全部買ってしまうと返済がきつくなってしまいそう・・・でもこれくらいなら・・・と数日悩みました。

結局また数万円だけ借りてとりあえず一番欲しかったものを買いました。

この返済が終わったら次に欲しかったものを買おうと思います。

今からちょっと楽しみです。

おまとめローンのデメリットを考えてみる

おまとめローンとはいったい何でしょうか。それは現在、複数の消費者金融から借り入れをしている場合にはその複数のローンを銀行などの一社にまとめるというものです。つまり、複数のローンを一本にまとめることからおまとめローンと言われています。実際に、おまとめローンを行うことによるメリットはたくさんあります。しかし、やはりデメリットもあります。今日は考えられるデメリットについて記したいと思います。

まず、デメリットのひとつは金利はそれほど低くならないということです。実際、消費者金融の複数のローンを銀行などのローンに一本化する際には、確かに金利は低くなると思います。しかし、それはあくまで消費者金融の金利と比べて低くなるという意味です。相対的に比較してみると実はそれほど金利は低くなりません。

次に考えることができるデメリットは手続きが面倒、さらに長くかかるというものです。おまとめローンを利用しようとする場合には、現在のローンの状態、さらに審査を受けるための様々な書類を準備する必要があります。実際に、かなりの時間とエネルギーがかかる作業です。

以上、おまとめローンを利用するデメリットについて記しました。このデメリットよりもメリットがあると判断してみてから考えてみてください。

即日で利用出来るキャッシングサービスを使いこなせる

お金の支払いが行えなくなると築き上げた信頼が失われる事もあります。その問題を避けるためには常に余裕のある経済状態を維持するべきです。

しかし抱えている事情によってはお金に余裕を持つ事が不可能なケースも存在します。その時に有用なのがお金を借りられるキャッシングサービスです。消費者金融や銀行に依頼する事で、必要なお金を用立ててもらう事が出来ます。ただしキャッシングサービスを活用すると、借りた金額に利息分が上乗せされるため注意が必要です。財布の中身に余裕のある状態でキャッシングサービスを用いると、利息分が追加される事もあり損失を抱える結果に終わる事もあります。

理想は必要になったタイミングで利用出来るキャッシングサービスです。それを実現したのは消費者金融の即日融資を請け負うサービスだと言われています。審査基準をクリアしている顧客の要望に応じて直ぐに融資を実行するサービスです。優れた条件で提供されるサービスのため、利息分の条件は通常のキャッシングサービスよりも劣ると言われています。

しかし必要に応じて利用可能なので、無用な利息分の支払いを行う事はあり得ません。キャッシングサービスは内容に応じて、利用すべき商材は大きく変動します。賢いユーザーになって損したくないのであれば、サービスの性質やルールを熟知する事が肝要です。そうすればトラブルに行き当たった場合でも、利用すべきサービスを判断出来るようになります。

キャッシングのアコム店舗・ATM情報
http://cashinglabo.info/acom/