金利を重視するならスピード審査は避けた方が良い!

銀行カードローンのメリットは、大手消費者金融のカードローンに比べ、金利が低いことです。審査スピードとしては、消費者金融が早いものの、銀行カードローンでも審査スピードをウリにするものは少なくはありません。

審査スピードはメリットに思われるものの、金利を重視する方は申し込みを避けるのが得策です。審査スピードが早い分、細かいチェックが行われず、金利自体は融資リスクを考慮した上限金利が適用される可能性が高まります。

もし、信用度と返済能力で適切な評価を得たい場合は、申請項目が多く、契約まで日数がかかった方が良くなります。また、審査が甘くなりがちなカードローンも敢えて避けた方が、より低金利での借り入れチャンスが高まります。

派遣社員の方のカードローン申し込み時の注意点

派遣社員の方でも、毎月安定した収入があれば基本的に消費者金融や銀行カードローンも利用できます。ただし派遣社員の方は契約時に多少注意が必要なので、それを紹介します。

まず申し込み時に勤務先を記入しますが、これは派遣元の会社名を記入します。雇用関係があるのは派遣元ですから、当然派遣元の会社名を記入します。そして勤務先の電話番号を記入しますが、当然派遣元の会社の方に在籍確認の電話連絡があります。間違えて派遣先の電話番号を書いてしまうと、最終的に審査に通らない場合もあるので必ず派遣元の電話番号を記入して下さい。

問題は派遣元の会社が在籍確認に応じるかどうかです。派遣会社には数千~数万人の方が登録しており、いちいち在籍確認に応じないところもあるからです。その場合は金融機関のコールセンターに電話して、電話での在籍確認に代わる手段でOKかお伺いを立てればいいのです。特に消費者金融が相談に乗ってくれる可能性が高いです。

アコムのカードローンを無利息で利用するための条件

アコムのカードローンは、30日間無利息で借り入れができるキャンペーンが行われているため、うまく利用することで短期間の借り入れを非常にお得に行うことができます。しかし誰がどのような条件で契約しても、無利息で借り入れができるというわけでなく、一定の条件を満たしてカードローン契約をする必要があります。アコムのカードローンを無利息で利用するための条件について、詳しく見ていきましょう。

アコムのカードローンを利用するためには、

1.アコムの利用が初めてであること

2.無担保ーカードローンを契約すること

3.返済サイクルを35日毎として契約すること

この3つの条件を満たしている必要があります。

以前にアコムのサービスを利用したことがある人は対象外ですし、カードローン以外の商品の契約者や返済サイクルを毎月とした場合には、対象外となるので注意が必要です。

キャッシングの利便性を見る上で重要なATMや自動契約機の多さ

キャッシングに関する情報サイトを開くと、大抵トップに掲載されているのはそれらを扱う消費者金融の人気ランキングでしょう。

テレビCMを始め多くの広告を打っている大手の消費者金融は知名度も高く、また利用前からでも親しみ易さを感じるものですが、実際に利用してみるとやはり大手ならではのメリットというものは確実に存在しています。

その一つが提携しているコンビニATM、あるいは自動契約機の設置軒数の多さ。

急な所用でお金が必要となれば、審査への通り易さと共に重要となるのがお金の引き出し易さでしょう。いざ借入れ可能となっても自宅周囲にお金を引き出せるATMが全く無ければ不便の一言です。

その点大手の消費者金融は提携しているコンビニも多く、身近にあるいずれのコンビニATMからも気軽にお金を引き出せます。もちろん自動契約機も多く、スピーディな審査にも大変都合が良いのです。

アコムとプロミスの無利息キャッシングの違いとは

大手消費者金融会社のアコムとプロミスでは、それぞれの会社において初めての利用者に対して30日間無利息でキャッシングができる特典があります。一見するとどちらも30日間無利息での借り入れが可能ということで同じようなサービスのように感じられますが、実はサービスの内容やサービスを受けるための条件などは微妙に異なっています。それぞれの会社条件などについてみていきましょう。

・アコム

1.アコムのサービス利用が初めてであること

2.カードローンを契約すること

3.返済期日を35日毎として契約すること

4.契約日の翌日から30日間が無利息期間

・プロミス

1.プロミスのサービス利用が初めてであること

2.カードローン商品を利用すること

3.Eメールアドレスを登録してWEB明細サービスの利用登録をすること

4.初回出金日の翌日から30日間が無利息期間

こうして両社を比較してみますと、無利息キャッシングサービスを受けるための条件が大きく異なりますし、無利息期間の適用開始日が大きく異なることがよくわかります。アコムは契約日の翌日から自動的に無利息期間が始まるのに対し、プロミスは実際に借り入れをするまで無利息期間は始まらないので、この点によく注意しておくと良いでしょう。

スピーディーな手続きで即日融資も可能なアコム

大手消費者金融として知名度と信頼性が高いのがアコムです。

アコムは申し込みから借り入れまでのスピードがとても早く、申し込んだその日のうちにお金を借りることができます。

事前に借り入れができるかどうかの簡易診断がWeb上で公開されていて、わずか3秒で結果を表示してくれます。

また、申し込んでから審査が完了するまではわずか30分ととてもスピーディーで、審査で待たされることもありません。

契約までWeb上で行えてとても便利ですし、契約してから30日間は利息が無料になっていてとてもお得です。

提携ATMが多数ありますから24時間いつでも借り入れと返済が行えて便利ですし、Webからも利用できます。

スピーディーな対応で急にお金が必要になった時には役立ってくれます。

ジャックスカードローンは上限が一定以上だとお得な理由

ジャックスのカードローンは一定の金額以上の上限が設定できる場合には結構お得です。

その理由として、ジャックスでは利用可能枠70万円を超えると本来の適用金利よりも安い14.4%の金利が適用されるようになっています。

これがどのくらいいいのかというと、一般的なカードローンで適用される金利としては基本18.0%、100万円あたりで15.0%なのが通常になっているくらいで、

ジャックスはそ一般的なものよりも好条件で利用ができるのです。

また、ジャックスでは100万円を超える場合ですと適用金利が13.2%なので、この部分でも他社より優れています。

ですので、ジャックスでカードローンを利用することは結構大きなメリットなのです。

アルバイトでもキャッシング利用できる!

キャッシングをする際は、どなたでも必ず審査を受けることになります。審査の際に見られるのは、「継続的に安定した収入があるかどうか」という点です。長期間、安定した月収があれば、返済能力があると見なされます。アルバイトでも長期に渡って続けていればキャッシングを受けることは可能です。

もし、アルバイトを始めて間もない場合は、審査申し込みの際に今後も継続して働く旨をオペレーターに伝えた方がよいでしょう。伝えることによって、相手に誠実さを感じさせることができますので、ネット上の手続きにひと手間加えてみましょう。

キャッシングの利用限度額は、年収から換算されますので、使いすぎて払いきれなくなるという心配はそこまでありません。アルバイトの場合は、ボーナス等が加味されないことが多いので、利用限度額が低く設定される傾向にあります。ただ、利用開始後、滞りなく毎月返済を行えば、優良な顧客と判断されますので、利用限度額を上げることが可能となります。利用限度額が上げられるかどうかはこちらから連絡をして確認する必要がありますので、ある程度期間が経過したら問い合わせてみましょう。

「アルバイトだから、どうせ借りられない」と考え込む必要は全くありません。キャッシングを上手く利用して、快適な生活を送りましょう。

中小の消費者金融は借りない方がいいのか?

大手の消費者金融ではなかなかお金が借りられそうにない時には、中小の消費者金融でお金を借りることが考えられます。

ただ、中小の消費者金融でお金を借りるというのは、なんとなく危険な感じがすることもあると思います。

ですが、その心配はあまりありません。 中小の消費者金融といってもしっかりと業者登録がされているのであれば

接客態度も悪いわけではありませんし、丁寧に教えてくれたりもします。

また、審査に関してもほかの消費者金融や銀行に比べれば通りやすくお金は借りやすいです。

ただ、基本的に金利は高いですし借りれる金額というのも比較的多くはありません。

ですので、他の消費者金融で借りられるような場合には、そちらで借りることをお勧めします。

キャッシングの本人確認と在籍確認とは?

キャッシング審査で必ず必要になってくるのが本人確認と在籍確認です。本人確認とは、直接、窓口などに行き、本人であると言う事を証明すると言うものではなく、あくまでも、書類の提出となります。運転免許証で本人確認を行う人が多くなっていますが、運転免許証を持っていない場合は、パスポートや健康保険証と住民票のセットなどで、本人確認を行います。

また、これらの書類は、メールで添付し送るほか、アプリを利用する事で簡単に済ませる事が可能です。その為、キャッシングにおける本人確認においては、何も心配する必要はないかと思います。

一本、同じキャッシング審査の確認事項として、心配する人が多いのが在籍確認です。在籍確認とは、明記している勤務先に本当に勤務しているか確認する事を指し、基本的に勤務先に電話をかけ行う仕組みになっています。

もちろん、消費者金融などの企業名を伝える事はありません。あくまでも、個人名で電話kがかかってくる為、勤務先に在籍確認であると言う事を知られる事はないと言われています。しかし、現代では、個人的な用事は、個人の携帯やスマホにかかってくる事も多いのではないでしょか。そんな中、勤務先にかかってくる電話に違和感を感じる人もいるかも知れません。その為、その時の対応策をあらかじめ考えておく事をお勧めします。