限度額が高ければ使い途が広がるキャッシング

貸金業法の下で運営されているキャッシングには限度額が設定されています。つまり、どんなにお金を借りたくても、この限度額までしか借り入れが出来ない仕組みになっています。お金を借りる上で重要であるのが、この限度額であり、様々な用途でお金を使いたいのであれば限度額の上限が高ければ高いほど良いでしょう。

限度額の上限を高くするにはユーザーの年収が重要なポイントとなります。貸金業法には総量規制という仕組みが導入されていますので、この総量規制で設けられている「総限度額が年収の3分の1以下」というところに着目しますと、年収が高ければ、その分、限度額の上限も高くなる事が分かります。年収が低くても、キャッシングの利用実績が良好であるのなら増額という方法で後から限度額の上限を引き上げることも可能です。

限度額を増やすには増額申込みが必要である

キャッシングは限度額が常に付きまとう要素です。限度額までしか借り入れが出来ませんので、この限度額の上限が高いほど何度でも借り入れしたり、高額の借り入れが出来るようになります。

しかし、消費者金融会社のキャッシングは、貸金業法によって総量規制の導入が義務付けられており、この仕組みによって利用者の年収の3分の1までの限度額設定となります。ユーザーによっては、これでは足りない事がありますので、ある程度の利用実績があるのであれば、増額申込みをすると良いでしょう。

増額申込みをしますと、消費者金融会社の方で審査が行われます。審査では利用者の過去の利用実績をベースに進められていきますので、返済に遅延が無ければ、通る可能性は高くなります。

銀行カードローンに申し込むべき人はどんな人?

銀行カードローンの場合は審査が厳しいというイメージがありますが、あなたの状況次第では消費者金融キャッシングよりも銀行のカードローンを申し込んだほうが良いというケースがありますので、しっかり確認しておきましょう。

例えば即日融資ではなくても良いという方。銀行カードローンは2018年より審査の厳格化がなされたことで即日融資が原則行われなくなりました。ただ、審査翌日には最短で借入が可能ですので数日後でも良いという場合には、金利が低いという大きなメリットがありますので積極的に申し込んでみましょう。もう1つは総量規制の面です。消費者金融の場合は年収の3分の1までしか借りられない総量規制がありますが、銀行カードローンの場合は対象外です。既に他社で借り入れがある場合には、銀行カードローンに申し込んだほうが良いケースも多いです。以上、どちらかに該当するのでしたら、すぐに銀行カードローンへの申込みをしてみましょう。

総量規制によるキャッシングの借入制限とは

消費者金融のキャッシングは安定した収入のある方ならば手軽にお金を借りられるとても便利なサービスですが、一方でお金を借りることに対するハードルの低さからついお金を借りすぎてしまうという危険性があります。

そのため、消費者金融のキャッシングなどのサービスを利用してお金を借りすぎてしまい、その結果として自己破産に至ってしまうような事態を可能な限り防ぐための対策として総量規制という法律による規制があります。この総量規制では消費者は自身の年収の三分の一までがキャッシングなどのサービスを利用して借りられる上限となっています。それ以上の金額については借金の返済が将来的に行き詰ってしまう確率が高いため、借入が制限されているのです。

ネットで消費者金融にキャッシングの申し込みをする人が増えている理由は?

消費者金融は自動契約機で申し込むのが主流でしたが、最近ではネットで申し込む人が増えてきています。そこでなぜネットで申し込む人が増えてきたのか理由を挙げていく事にしましょう。

ネットで申し込みをすると借り入れまでの手続きがネット上で完結してしまいます。自動契約機に出向く必要もなくなるので無駄な時間を省ける点がまず挙げられます。また自動契約機は営業時間があるのでいつでも申し込みをする事が出来るというわけではありません。しかしネットは24時間受付をしているのでいつでも申し込みをする事が出来ます。特に深夜の時間帯は自動契約機は営業していないのでネットで申し込む人も多いです。

いかかでしたでしょうか。ネットで申し込みをした方がこのように都合が良くなる事も多いので最近になって増えてきていると考えられます。

アコムがお勧めできる理由

日本で一番有名な消費者金融と言えばアコムになるんですがこちらも無利息期間というのが設定されていますからこれは十分に活用するべきでしょう。色々と条件があるわけですが問題なくクリアすることができればその期間は無利息で借りることができるようになります。

またインターネットなどにも対応していることがアコムの強みであるといえますし、基本的にはまず消費者金融でお金を借りようということを考えたのであれば選択肢に挙がるような良い消費者金融と言えるのは間違いないことでしょう。無人の契約機も多いですし、ネット上からの借り入れもできるようになっているのはとても便利と言えるでしょう。 但し、借りずぎることには注意が必要です。

キャッシングの利用限度額について

キャッシングでは利用限度額というものが設定されます。利用限度額というのは文字通りキャッシングで借り入れる金額に上限が設けられることを意味しています。利用限度額は個人の返済能力や信用情報によって決められるようです。

アルバイトやパートタイムで働いている方であれば利用限度額は10万円になることが多く、正社員の方であれば20万円や30万円となることが多いようです。利用限度額はいちど設定させるとそのまま変更できないというものではありません。

利用限度額を増額したい方は、金融機関に対して限度額の増額を求めることが可能です。増額請求をしても認められるとは限りませんが、増額が必要となった場合は増額請求をしてみるといいでしょう。また。キャッシングの返済に遅れがないなど堅実に利用している方には、金融機関から利用限度額の増額を提案してくることもあります。

女性向けカードローン、アイフルのスラリ(SuLaLi)の特徴

カードローンの利用者の多くは男性です。女性は、カードローンを利用していることが誰かに知られたら恥ずかしい、一度借りると習慣になってしまうかもしれないというようなことを考えて、なかなか申込みできないようです。

消費者金融の多くは、女性でも借りやすいように、女性専用ローンのサービスを行っています。女性専用ダイヤルがある、自動契約機に行かなくても借り入れできるので、誰かに見られる心配がない等の配慮がされていて、サービス内容はどこの横並び状態です。そんな中、独自のサービスを行っているのがアイフルのスラリ(SuLaLi)です。

スラリの特徴は、借入限度額が10万円に設定されていることです。10万円を超えて借りることはできないので、借り過ぎの心配がありません。また、万一返済日を忘れてしまった場合は、電話ではなくメールで連絡が入るようになっているので、周りに気づかれる心配がありません。初めてのカードローン利用を考えている女性におススメです。

返済が大変な時にはおまとめローンの検討を

複数社でキャッシングを利用していると、返済の負担が大きく感じます。返済日も増えますし、どこの会社にいくら借りているなどの管理も複雑になってしまいます。毎月どれくらいずつ借金が減っているのかも分かりません。自分で管理するのが限界だと感じたならおまとめローンで一本化するのがおすすめです。

おまとめローンは多くの業者で行なっていますが、借り替えるのならできるだけ低金利の業者を選びましょう。これまでに返済事故などトラブルがないのなら、最初から銀行系のキャッシングで審査をするのが良いです。

ただしおまとめローンは返済を目的としたローンのため、通常は新規の借入ができませんので困った時にキャッシングに頼ることはできなくなります。少しでも早く完済をしたいのなら、新規借入ができないのはメリットとも言えますね。

カードローンを使って計画的に借り入れする

キャッシングやカードローンは借り入れしたお金を様々な用途で使える融資サービスです。融資を受ける事によって返済の義務が生じ、利息を加えて返済を行います。キャッシングは総量規制という法的な縛りがあり、これは利用者が年収の3分の1の総限度額までしか借り入れが出来ないというものです。その総限度額内であれば、複数のキャッシングを活用する事が出来ます。

一方で、カードローンは貸金業法で運用されていない銀行や信用金庫の融資サービスですので、総量規制がありません。つまり、この仕組みを活用すれば、キャッシングと併用する事で借り入れ出来るお金を拡大させられます。カードローンやキャッシングは、ショッピングや各種支払いをする為の手段として有効です。