自主規制によって銀行カードローンはどのくらい審査が厳しくなるか

昨年から銀行カードローンの過剰融資問題が大きな社会問題になり、全国銀行協会がそれぞれの銀行に自主規制を求めるという事態になっています。マスコミの報道や一部の評論などでは自主規制が効果は発揮して銀行カードローンの過剰融資問題は終結するような論調が多いですが、これは全くの見当違いをしている可能性たあります。

銀行カードローンの過剰融資がなぜ起こったのかを考えてみれば、それは銀行カードローンが銀行にとって儲かるからにほかなりません。10年ほど前にあった多重債務者問題も今回の問題と似ていることは誰でもわかりますが、多重債務者問題でも消費者金融が儲かるから起こったことであり、消費者金融が大バッシングを受けるまでそれは止むことはありませんでした。

自主規制によって銀行は審査を厳しくするようなポーズを当面は取るかもしれませんが、すぐにそのポーズは剥がれ落ちるでしょう。銀行カードローンが大きな利益を生むということがわかったからには、銀行が簡単にその儲け口を放すことはないからです。

よって、銀行カードローンの審査が今以上に厳しくなるということは考えられず、銀行法が改正されるまで銀行カードローンの過剰融資問題は解決しないと考えたほうがいいでしょう。

テレビショッピングや通販での分割購入に注意!

キャッシング契約の審査は、与信状況が悪ければ、通過出来ないのは当たり前に知られていることです。また、最近ではクレジットカードの支払だけでなく、携帯電話の料金支払いにおいて遅延情報が残っていると審査落ちする原因となってしまいます。

しかし、携帯電話の料金支払い以外にもテレビショッピングや通販の分割購入も注意が必要になっています。実際、これらの分割購入では割賦販売法が適用され、個人信用情報が株式会社シー・アイ・シーに登録されています。そのため、支払遅延は金融事故情報となってしまい、キャッシング審査が通過出来ない原因となっています。

また、より注意しなければならないのが、クーリングオフ制度が適用されないということであり、希望する商品で無かったため、代金を支払わない状態でクレームすることは避ける必要があります。

若い世代の方が利用するケースは少ないものの、テレビショッピングや通販の割賦購入が個人信用情報に影響しているということを理解する必要があります。代金支払いは、販売会社に直接支払う方式ではなく、信販会社経由となるため、自己判断による支払中断には注意が必要になります。

また、取引規約にはしっかりと個人信用情報に情報が登録されといった条項が設けられていることを認識する必要があります。

過去に債務整理手続きを行っている方が注意することとは?

銀行や消費者金融のキャッシング契約は、金融事故情報が残っている限り契約することは殆ど出来ません。返済遅延や債権譲渡といった情報については、一定期間が経過することで自動的に抹消されるものの、債務整理すなわち自己破産や個人再生といった手続きを行った方は注意が必要です。

基本的には『契約期間中および契約終了後5年以内』で情報が削除されるものの、免責された残高が登録された状態になっているケースがあります。この情報は、債権者が情報を削除または更新しない限り、残ってしまいキャッシング契約やクレジットカードの契約をする際に問題となってしまいます。

そのため、過去の自己破産や個人再生を行った方は、キャッシングを検討する前に個人信用情報を開示し、情報が全て抹消されているか確認する必要があります。この問題は、免責確定通知が債権者に対して裁判所から送付されないといったことが関係しており、消費者金融やクレジットカード会社が破産手続き開始や免責許可決定の通知で登録情報の更新管理を忘れているといったことが関係しています。

そのため、個人信用情報を開示し、過去の情報が残っている場合は、免責許可決定通知などの書類の写しを送付し、情報更新を依頼する必要があります。何も気付かずにキャッシング審査で落ちてしまわないためにも、個人信用情報の確認は重要なこととなります。

困った時に役に立つ楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンは、年会費、入会金が一切不要です。申込みから融資まで最短で即日なので、急な出費で困ってしまい、すぐにお金が必要な場合は助かります。

楽天銀行の口座を持っていなくても申込み可能ですが、返済口座を楽天銀行にすると楽天スーパーポイントが貯まるメリットがあります。インターネットで24時間いつでも手続きが出来るので、申込み書の記入など面倒なこともなく、アプリをダウンロードすれば本人確認書類もスマホで撮影してすぐに提出できるので簡単です。

私も急な出費でお金に困ってしまい、誰にも相談できずにいた時、楽天銀行スーパーローンに申し込みました。誰にも知られることなく、審査から融資まで1日かかりましたが借りることが出来ました。

借りた後は返済の不安もありますが、楽天銀行スーパーローンはコンビニATMで手数料無料で返済も簡単です。10万円利用した場合は月々の返済額が2,000円からなので助かります。低金利で借入したい方にもオススメです。私は楽天銀行の口座を持っていたので、楽天スーパーポイントが貯まり、お得に利用することができました。借りやすく、返しやすい楽天銀行スーパーローンは、家族が居て内緒で借りたい場合でも安心です。

銀行カードローンの過剰融資問題による銀行の自主規制の影響は

銀行カードローンの過剰融資問題が止まりません。すでにメガバンクなどは自主規制を発表しましたが、この流れは地方銀行やネット銀行にも広がることはほぼ間違いないでしょう。銀行カードローンの過剰融資問題に介入している金融庁も銀行の自主規制の効果を見極めるということですから、何も自主規制をしない銀行はないと考えてもいいでしょう。

それでは、どのような自主規制を銀行が行うのかというとわかっているメガバンクの自主規制を参照すれば、貸金業法の総量規制のような自主規制になることが考えられます。すなはち年収の三分の一以上の融資は行わないとか、50万円以上の融資には収入証明書の提出を求めるなどです。

これらの銀行の自主規制のよって考えられる利用者に対する影響はまずは2つほど考えられます。

一つは銀行カードローンの審査がますます厳しくなるだろうということです。貸金業者よりも審査が厳しいと言われてる銀行の審査がますます厳しくなるだろうということです。

もう一つは銀行は以前ほどの信用をなくすということです。銀行のブランドを信頼して銀行だから安心できる、銀行だからお金を借りたいというような人は間違いなく減ることになるでしょう。

キャッシングの簡易審査の信頼性について

キャッシングサービスを提供する金融機関の公式ホームページにはたいてい簡易審査のページかコーナーが設けられています。少しの記入だけで審査をしてくれるで、利用した人も少なくないでしょう。しかし、問題は簡易審査の結果が本審査の結果にはどう結びつくのかです。

結論から言えば、ホームページの簡易審査と実際のキャッシングの審査とは全く関係ありません。簡易審査は匿名で利用できるので、本審査に何らかも影響はありません。しかし、簡易審査の結果については2つのことはいえます。

一つ目は簡易審査で融資ができないというような結果が出れば、本審査に通ることはまずないということです。その簡易審査を受けた金融機関のキャッシングの申し込むは無駄になりますし、申込み履歴に記載されますので、やめたほうがいいでしょう。

もう一つは簡易審査で融資が可能と言うような結果が出た場合ですが、簡易審査の記入項目に誤った情報を書き込んでいなければ、その簡易審査を受けた金融機関のキャッシングの審査にも通る可能性はかなり高いと考えていいでしょう。金融機関のホームページにある簡易審査がそれほどいい加減な結果を出すとは考えてられないと思われるからです。

大手消費者金融の無利息サービス!注意しないと損をすることも!

大手消費者金融のカードローンを契約すると、30日間無利息サービスが一般的です。しかし、この無利息期間は注意をしなければ、損をすることもあります。

特に、殆どの大手消費者金融のカードローンでは適用開始日が『契約日の翌日』となっており、『初回借入』からではないという点は見落としてしまいます。

借り入れする予定があるからと言って、ただローンカードを持っていると1ヶ月分のお得なサービスを受けられなくなります。

また、プロミスの無利息サービスは『初回借入』から適用になるものの、メールアドレスの登録やWEB明細を利用するといった条件があります。そのため、手続きを行わず、借り入れしてしまった場合、無利息サービスが受けられなくなります。

消費者金融のカードローンを契約する際、無利息サービスがいつから適用になるのか、そして適用をするためにはどんな条件があるのかしっかりと抑えることが重要となります。

また、無利息期間をよりお得に使う方法もあり、ボーナス月前に高額商品の購入が必要になった場合は、キャッシングで借り入れをして一括返済することで必要なものを手軽に手に入れることが出来ます。特にこの方法は、完済後にローンカードが不要となれば解約もでき、他社借り入れで無利息期間を利用することも可能です。これなら最低でも4回は無利息が適用できます。

キャッシングの審査で最も大きな点とは

キャッシングは働いているからこそ、利用することができるサービスです。その点はよくよく理解しておいたほうがよいでしょう。つまりは、収入がない人には貸すことができない、ということになります。銀行系のカードローンなどであれば別になりますが、キャッシングサービスにおいてはそうなっています。

銀行は例外的、ということになります。収入がないとダメ、というのは総量規制があるからです。ですから、どうしてもお金を貸してくれる意識があったとしてもそもそも法律的に貸すことができない、ということになっています。しかし、きちんと収入があり、そして余所からお金を借りていないのであればそれは殆ど心配することはないといえます。

つまりは、借りること自体はそんなに難しいことではない、ということになります。審査において大事な点はまずは収入であるわけですが、後は他からいくら借りているのか、ということになりますが、要するにこれは総量規制こそが根源たる理由、ということになります。

その点を頭に入れておいて、そして出来るだけ他からの借金があるならば減らしておくことです。そうすれば借りることができる可能性がとても高くなることでしょう。これが基本です。

アコムの申し込み方法はむじんくんとホームページが主流

アコムは大手の消費者金融ですが三菱UFJフィナンシャルグループの子会社でもあるのでメガバンクの三菱東京UFJ銀行の傘下にも入っている金融業者です。メガバンクの三菱東京UFJ銀行の傘下に入っている事でサービス面も強化されて顧客の信用度も高まってきている事から多くの人が利用しているのでしょう。

アコムの申し込み方法は電話や店頭窓口でも出来ますが、現在は無人契約機のむじんくんかアコムのホームページが主流となっています。そのためほとんどの利用客がむじんくんかアコムのホームページで申し込んでいます。

むじんくんかアコムのホームページのどちらにするかは人それぞれ変わってくるようです。融資スピードを重視する場合はむじんくんで申し込む人が多いです。むじんくんで申し込むと契約完了後にその場でカードが発行されます。そのためすぐお金を借りる事が出来るので融資スピードを重視する時にすごく好都合です。

利便性を重視する場合はアコムのホームページから申し込む事が多いです。アコムのホームページから申し込むと申し込みから借り入れまでの手続きをすべてホームページ上で出来てしまいます。そのためむじんくんに出向かなくてもいいので利便性を重視する時にすごく好都合です。

プロミスで少額借りる時に得られるメリット

プロミスは消費者金融なので総量規制の対象になっていて年収の3分の1以上の借り入れをする事が出来ません。また上限金利が高く設定されているので借り入れをした時に加算される利息も多くなってしまいます。これを見ると多額の借り入れをするにはあまり向いていない金融業者と言えますが、少額借りる時はメリットになる事が多くてすごく適しています。そこでプロミスで少額借りる時に得られるメリットを見ていく事にしましょう。

プロミスは消費者金融の中でも融資スピードがトップクラスで申込手続きを始めてから融資可能になるまで最短1時間と言われています。少額借りる時は金欠の状態になっていて生活費を補てんするなどが主な理由なので融資スピードが優れていると大きなメリットになります。

プロミスはWeb完結で手続きが出来るのでネットキャッシングが出来るというのも特徴です。少額借りたいという時は出来るだけ手間をかけたくないのでスマートフォンだけで手続きを済ませたいものです。ネットキャッシングが出来れば手間がかからないのでメリットになります。

プロミスは無利息期間のサービスがあるので借入日の翌日から30日間無利息でお金を借りる事が出来ます。少額借りる時は無利息期間内で返済するという事も可能なので無利息でお金を借りる事も出来てしまいます。しかし無利息期間のサービスは初めて利用する人が適用の対象となります。