勤務先の評価で審査落ちすることも!

銀行や大手消費者金融のキャッシングローンを契約する際、スコアリング判定と個人信用情報により契約可否が決まるものの、それ以外の条件と条件として勤務先の評価があります。勤務先の評価というと『安定した収入の評価と考えてしまいます。しかし、実際には勤務先の財務状況や他の社員の借り入れ状況も影響してしまいます。

例えば申し込み先の金融機関と勤務先において取引がある場合、赤字決算が続いていると利用限度額が下がったり、審査に通過出来ない可能性があります。そのため、契約を検討する際は勤務先の取引先となる銀行を把握するのがポイントであり、赤字決算の際は申し込みを避けるのがポイントです。

また、地方の場合においては社員が同じ銀行を利用していることが多くなるため、審査が厳しい場合や利用限度額が低い場合、自分自身の与信情報以外の情報が影響することがあります。つまり、返済に問題を抱える契約者が増えるほど、他の社員の信用も下がる可能性があります。

そのため、銀行カードローンを契約する際は如何に会社による影響を回避するかがポイントになります。安心感を得たいという場合、隣県の銀行を選択するなどの方法がおすすめになり、借り入れ先の選択肢が広がります。隣県なら少なからず、生活圏内に支店があるケースが多く、来店契約が必要な場合でもって対応が可能です。