キャッシングの審査では他社の利用状況がしっかり把握されている

もしあなたがいままでにローンやクレジットカードで長期滞納をしたことがあったり、債務整理をしたことがあれば、そのことは約5年間にわたって信用情報機関に記録されます。

キャッシングの審査では他社でどれぐらい借りているか、何社から借りているかという情報も伝える必要があります。

その会社をはじめて利用する場合なら、全く関係ない別の会社のローンやクレジットカードの利用分はわからないと考える人がいるかもしれません。

しかし、キャッシングの審査では、現在の他社の利用状況や、過去の利用状況までしっかり把握されて審査のときに参考にされています。

これは信用情報機関というところで、個人情報とともに、融資やクレジットカードの詳細な利用履歴が保管されているからです。

こういった情報は、個人信用情報と呼ばれ、カードローンの審査では必ず確認されています。

他社を何件か利用しているぐらいなら問題ありませんが、過去に長期的にキャッシングの返済を滞納したり、債務整理をしたことがあればそれが別の会社のキャッシングの審査でもしっかりわかるのです。

信用情報にそんな否定的な情報が残っているとき、他の会社のカードローンの審査を受けても合格することは困難です。