おまとめローンは余力があるうちに利用しよう

複数の金融業者からの借入がある人にとって、おまとめローンへ借り換えれば毎月の返済額が少なくなると考えている人もいるでしょう。確かに借り換えによって、金利が下がることはありますが、毎月の返済額が少なくなる方向での借り換えは、返済総額をかえって増やしてしまう結果を招きかねません。ポイントとなるのは、毎月の返済額のうちいくらが元金返済分となっているのか把握しておくことです。

現在の返済額総額から、元金返済充当額を計算した合計額と、おまとめローンへ借り換えた時の元金返済充当額が同じであれば、低金利となった分だけ返済総額を引き下げることが出来ます。しかし、元金返済充当額が減ってしまうと、返済期間が伸びてしまう結果となるので、数%程度の金利差ならば逆転しておまとめローンで支払った方が損をしてしまうことが少なくありません。

また、おまとめローンの返済期間中は、追加借入が出来ないという貸金業者間での自主規制が働くので、急な支出が発生した時に困ってしまうでしょう。おまとめローンを利用して完済を目指す際には、同時に貯金が出来る程度の計画性と余裕を持って返済を続ける必要があります。単に支払いが楽になるからという理由でおまとめローンを利用することは望ましくありません。