キャッシングの本人確認と在籍確認とは?

キャッシング審査で必ず必要になってくるのが本人確認と在籍確認です。本人確認とは、直接、窓口などに行き、本人であると言う事を証明すると言うものではなく、あくまでも、書類の提出となります。運転免許証で本人確認を行う人が多くなっていますが、運転免許証を持っていない場合は、パスポートや健康保険証と住民票のセットなどで、本人確認を行います。

また、これらの書類は、メールで添付し送るほか、アプリを利用する事で簡単に済ませる事が可能です。その為、キャッシングにおける本人確認においては、何も心配する必要はないかと思います。

一本、同じキャッシング審査の確認事項として、心配する人が多いのが在籍確認です。在籍確認とは、明記している勤務先に本当に勤務しているか確認する事を指し、基本的に勤務先に電話をかけ行う仕組みになっています。

もちろん、消費者金融などの企業名を伝える事はありません。あくまでも、個人名で電話kがかかってくる為、勤務先に在籍確認であると言う事を知られる事はないと言われています。しかし、現代では、個人的な用事は、個人の携帯やスマホにかかってくる事も多いのではないでしょか。そんな中、勤務先にかかってくる電話に違和感を感じる人もいるかも知れません。その為、その時の対応策をあらかじめ考えておく事をお勧めします。