銀行カードローンでは即日融資が受けられなくなる

銀行カードローンは、従来から低金利なカードローンとして知られていますが、近年は即日融資に対応している銀行も登場していました。金融機関として反社会的勢力との関わりを断つという宣言をしていることからも、銀行口座開設者が反社会的勢力に属していないか確認する必要があり、新たに警察庁のデータベースと照合することが必要となりました。2018年1月以降に銀行カードローンを申込みすると、少なくとも1日は審査結果が出るまでに時間がかかるようになったわけです。

即日融資を希望する場合には、銀行カードローン以外を選択すれば良いので、柔軟な審査と速度に定評がある消費者金融を利用すれば良いでしょう。消費者金融には、総量規制による貸付限度額が法律上決められているので、融資可能な金額に上限があります。50万円以内の小口融資を計画的に利用するならば、早期返済を行うことで多重債務者とならずに済みます。借りすぎを防ぐためにも、カードローン利用は1社に止めておくことが望ましいですが、いざという時のために用意するならば、銀行カードローンと消費者金融を1社ずつのみとして、同時に借入を行わないようにしておけば、借りすぎ防止にもなるはずです。