キャッシングを利用する際には限度額に注意する

借り入れしたお金の自由度が高いキャッシングを利用する上で気をつけておくべき事は限度額までしか借り入れが出来ないという事です。この限度額は消費者金融会社が審査の際に設定していますが、貸金業法では利用者の年収の3分の1までの総限度額の設定が義務付けられていますので消費者金融会社は信用情報機関のデータベースに問い合わせをして、申込者の現在の利用状況を確認して限度額を決定しています。

キャッシングの利用には限度額が常についてきます。限度額を超える借り入れをしたい場合は増額という仕組みがありますので、キャッシングの利用実績がある程度あるのであれば、増額に申し込みをしてみると良いでしょう。限度額まで何度でも借り入れしたり、一度に限度額いっぱいまで借り入れをしたりといった使い分けが行えます。