銀行カードローンでおまとめローンする際の注意ポイント!

銀行カードローンは事業性資金以外であれば、利用目的は自由であることから借り換えローンやおまとめローンとして利用が可能です。しかし、貸金業者のおまとめローンとは異なる点があり、注意しなければ無駄な返済が発生してしまうことがあります。

そもそも、貸金業者のおまとめローンは借り入れ残高が対象であり、発生する利息は別途返済になります。そのため、翌月の返済時に発生する利息は純粋におまとめローンを契約した会社だけの分になります。しかし、銀行カードローンを利用する場合、発生している利息分もおまとめできるため、翌月の返済で利息分に利息が発生してしまうという無駄があります。

借り入れ残高が覆いほど利息が高額になるため、銀行カードローンを利用したおまとめローンは負担を減らすため、元本分のおまとめローンとするのが重要です。