カードローンを使って計画的に借り入れする

キャッシングやカードローンは借り入れしたお金を様々な用途で使える融資サービスです。融資を受ける事によって返済の義務が生じ、利息を加えて返済を行います。キャッシングは総量規制という法的な縛りがあり、これは利用者が年収の3分の1の総限度額までしか借り入れが出来ないというものです。その総限度額内であれば、複数のキャッシングを活用する事が出来ます。

一方で、カードローンは貸金業法で運用されていない銀行や信用金庫の融資サービスですので、総量規制がありません。つまり、この仕組みを活用すれば、キャッシングと併用する事で借り入れ出来るお金を拡大させられます。カードローンやキャッシングは、ショッピングや各種支払いをする為の手段として有効です。