総量規制によるキャッシングの借入制限とは

消費者金融のキャッシングは安定した収入のある方ならば手軽にお金を借りられるとても便利なサービスですが、一方でお金を借りることに対するハードルの低さからついお金を借りすぎてしまうという危険性があります。

そのため、消費者金融のキャッシングなどのサービスを利用してお金を借りすぎてしまい、その結果として自己破産に至ってしまうような事態を可能な限り防ぐための対策として総量規制という法律による規制があります。この総量規制では消費者は自身の年収の三分の一までがキャッシングなどのサービスを利用して借りられる上限となっています。それ以上の金額については借金の返済が将来的に行き詰ってしまう確率が高いため、借入が制限されているのです。