限度額が高ければ使い途が広がるキャッシング

貸金業法の下で運営されているキャッシングには限度額が設定されています。つまり、どんなにお金を借りたくても、この限度額までしか借り入れが出来ない仕組みになっています。お金を借りる上で重要であるのが、この限度額であり、様々な用途でお金を使いたいのであれば限度額の上限が高ければ高いほど良いでしょう。

限度額の上限を高くするにはユーザーの年収が重要なポイントとなります。貸金業法には総量規制という仕組みが導入されていますので、この総量規制で設けられている「総限度額が年収の3分の1以下」というところに着目しますと、年収が高ければ、その分、限度額の上限も高くなる事が分かります。年収が低くても、キャッシングの利用実績が良好であるのなら増額という方法で後から限度額の上限を引き上げることも可能です。