総量規制対象外のキャッシングとは?

キャッシングには貸金業法によって総量規制という規定があります。これは、年収の1/3が借り入れを行える上限だという規定で、1社からの借り入れだけでなく、全てのキャッシングを合計した金額が対象になります。

ですが、この総量規制の対象外となるキャッシングがあり、銀行や信用金庫のカードローンといった銀行系のキャッシングがそれも当たります。これらには貸金業法ではなく、銀行法という別の法律が適用されます。つまり、総量規制とは全く関係のない借り入れになる為です。

しかし、だからと言って無制限に借りられるという訳でもなく、銀行や信用金庫などが返済が可能だと判断した金額までになります。年収の1/3までという機械的な制限こそありませんが、多くの場合、おおよそ年収の半分程度が借りられる限度だと考えてください。

また、本来は総量規制が適用される消費者金融などのノンバンクからのキャッシングでも、その対象外となる場合があります。それは、おまとめローンと呼ばれる借り換え専用のローン契約と、借り入れを行ったお金の使い道が決まっている目的別ローン契約です。

これらのローン契約では、審査結果によっては年収の1/3を超える借り入れも可能です。特におまとめローンは借り換えにはとても有効な手段なので、借り入れ金額が大きくなってしまう場合でも、気にせずに申込みを行ってみてください。