キャッシングの利息の負担を少なく

キャッシングは、担保を用意することなく利用できる貸金サービスです。住宅や自動車、貴金属などを預けることなく、現金を借り入れできるのです。さらに用途における制限も特に設けられていないので、借り入れしたお金は、どのような目的にも自由に使うことができます。

このように非常に利用しやすいのですが、だからこそ金利はやや高めに設定されています。金融機関にもよりますが、多くの場合は利息制限法で定められている上限金利が適用されているのです。具体的には、100万円までの借り入れの場合は年に18.0%、100万円を超える借り入れの場合は年に15.0%となっています。そのためたとえば50万円を1年間借り続けたとしたら、9万円の利息が発生することになります。

ところが早めに返済すれば、利息はその分少なめになります。4ヶ月で返済した場合は、9万円の利息は3分の1の3万円となりますし、1ヶ月で返済した場合は、12分の1の8千円弱となるのです。もちろん数日程度で返済することも可能で、その場合は利息の負担はより少なくなります。

したがってキャッシングは、返済できる時期を考慮して利用することが肝心と言えます。給料日に近い時期など、短期間で返済できる時に借り入れをすれば、利息が膨れ上がる可能性は低くなるのです。