医療費の確保にカードローンは合わない?

キャッシング利用の理由として、生活費や娯楽費などだけでなく、医療費を確保するためというケースがあります。急な入院や手術により、収入を超えることもあります。例え、休業したとしても直ぐに収入が無くならないこともあり、カードローンやフリーローンが利用出来ます。

ですが、利用目的が自由なカードローンは医療費には向きません。医療費という目的が実質的にはあり、目的ローンの対象になります。さらに、金利も低く借り入れ出来る可能性があるため、安易にカードローンで支払うことはおすすめ出来ません。

支払い自体も金融機関から医療機関に直接支払われるため、入院中でも振込に手間を掛ける必要がなく、治療に専念出来るというメリットもあります。特に入院中の場合は、ATMやコンビニなどが入っている金融機関で無ければ、カードローンのメリットはあまり無いと言えます。