おまとめローンは総量規制の対象外

消費者金融のキャッシングでは、利用者一人一人に対して、利用限度額が設定されます。

この利用限度額は、最大で、借り入れする本人の年収の3分の1までと決まっています。さらに、既に他の金融会社から借り入れをしている場合は、年収の3分の1から現在の借入額を差し引いた金額しか借りることはできません。複数の金融会社を利用した場合は、その全ての合計金額が年収の3分の1までとなります。

この3分の1ルールは、消費者金融に適用される「総量規制」という法律によって決められているものです。総量規制は借り過ぎによって利用者の生活が破たんすることのないように定められたルールです。

ところが、消費者金融にも、この総量規制が適用されない借り入れがあります。それが「おまとめローン」です。おまとめローンは、利用者に有利となる借り入れとして認められているため、総量規制の対象外になるのです。

あちこちから借りて、総額が年収の3分の1を超えてしまったという場合も、おまとめローンに限って申し込みが可能となっています。