『審査が通りやすい』という広告に要注意!

インターネットを利用すると様々な広告バーナーが表示されます。中にはキャッシングに関するものも多く、キャッシングを検討する側に有利と思われる情報を表示させています。しかし、これらの広告には注意が必要であり、本来貸金業者が貸金業法や自主規制で禁止されている誇大広告を行っていることがあります。

そして、広告をクリックすると多くの消費者金融の公式ホームページのリンク先が紹介されています。ですが、『審査が通りやすい』というサイトの利用は避けましょう。残念ながら、審査が通りやすいという根拠は、金利が銀行などの金融機関に比べると消費者金融は高く設定されているため、審査基準や融資リスクの判定基準が異なるだけのものとなっています。

つまり、審査に通りやすいという訳ではなく、利用対象の範囲が広いというだけであり、錯覚を与える問題となります。さらに誇大広告は法令に反する行為であり、昨今騒がれるコンプライアンスに違反もすることになります。先ずは、信用のできないサイト、法令に準じていないサイトの利用は自己防衛として避けることが重要です。