総量規制対象外となるパターンとは

総量規制対象外となるのは銀行系のキャッシングローンになります。また消費者金融などであっても貸すときに総量規制対象外となるパターンもあります。それがおまとめローン系のものでありこれは借金をするということでもあるのですが返済を前向きに検討して計画を立てた上でということになりますのでそれに対して年収に対する総量制限をかけるというのはよろしくないということで対象外になっています。

総量規制の対象外というのはこの二つのパターンが存在しているわけで借りるということに関して言えば銀行系が総量規制以上に借りることができる可能性があるところ、といえます。消費者金融ではお纏めのみであり、それ以上を追加で借りる事ができるわけではないからです。