銀行カードローンの過剰融資問題による銀行の自主規制の影響は

銀行カードローンの過剰融資問題が止まりません。すでにメガバンクなどは自主規制を発表しましたが、この流れは地方銀行やネット銀行にも広がることはほぼ間違いないでしょう。銀行カードローンの過剰融資問題に介入している金融庁も銀行の自主規制の効果を見極めるということですから、何も自主規制をしない銀行はないと考えてもいいでしょう。

それでは、どのような自主規制を銀行が行うのかというとわかっているメガバンクの自主規制を参照すれば、貸金業法の総量規制のような自主規制になることが考えられます。すなはち年収の三分の一以上の融資は行わないとか、50万円以上の融資には収入証明書の提出を求めるなどです。

これらの銀行の自主規制のよって考えられる利用者に対する影響はまずは2つほど考えられます。

一つは銀行カードローンの審査がますます厳しくなるだろうということです。貸金業者よりも審査が厳しいと言われてる銀行の審査がますます厳しくなるだろうということです。

もう一つは銀行は以前ほどの信用をなくすということです。銀行のブランドを信頼して銀行だから安心できる、銀行だからお金を借りたいというような人は間違いなく減ることになるでしょう。