キャッシングの借り換えタイミングとメリットについて

キャッシングの返済期日は月末とは限りません。返済期日や返済金額は、消費者金融それぞれで違うので、複数の金融会社から借りている場合は、毎月何回も返済期日があるので管理が大変になってきます。返済期日を間違えて、利息に加えて、延滞金が発生する場合もあります。毎月数回の返済に追われて、総額でいくら借りているのか正確にはわからない、という人もいるようです。

そんな複数の借り入れを1社にまとめて、他の会社の借金はゼロにするのがおまとめローンです。

借り換えのタイミングとしては、金利の低い銀行のカードローンの審査に通った時がベストですが、たとえ金利が同じだったとしても、おまとめローンには、毎月の返済の管理がラクになる、返済計画を立てやすくなるといったメリットがあります。

アコムのACマスターカードのメリット

アコムではカードローンや借り換えローンなどのサービスに加えてACマスターカードというクレジットカードも取り扱っています。ACマスターカードのメリットについて確認していきましょう。

・即日受け取りが可能

ACマスターカードは最短で即日審査が完了しますし、審査完了後には自動契約コーナーで契約手続きができ最短で即日カード受け取りができます。急いでクレジットカードが必要な時に大変便利です。また年会費は無料なので無理なく維持することができます。

・カードローンとしても利用可能

ACマスターカードはクレジットカードとしてコンビニやネットショッピングなどで買い物の際に利用できる他、カードローン機能をつけてATMからキャッシングを行うことも可能です。

静岡県が意外に消費者金融が盛んな理由

静岡県は大都市圏に比べると若干劣りますが、実は消費者金融の業者が何気に多かったりする県でもあります。

なぜ、こんな風になっているのかというと、浜松や焼津といった大きな都市があったりするのと同時に、

昔ながらの消費者金融も存在していることが大きな要因であります。

ヤマハといった大企業や、観光面でも伊豆や富士山などといった観光資源も豊富にありますので

産業関連でもお金を借入するようなことが結構あったりしますから、それに伴ってお金を貸す業者というのも多めに存在しているというわけです。

東京や神奈川に近いというような面もありますが、独自の側面でもお金の必要性が多かったりする地域でもありますので

意外に消費者金融が盛んなのです。

女性も安心して借りられるプロミスレディース

お金が必要になることは性別問わずありますが、女性の場合オペレーターとはいえ知らない人に個人情報を教えたくなかったり、またお金がいる理由を知られたくないということも多いかと思います。プロミスでは女性専用のレディースローン「プロミスレディース」というプランがあり、女性でも安心して借入ができるようになっています。

プロミスレディースを利用すれば担当オペレーターは全て女性になり、職場への在籍確認なども女性スタッフが行ってくれるため、知らない異性から職場へ電話がきたと問題になることもありません。だからといって借りられる額などに差があるわではななく、あくまで女性の方に利用しやすいサービスとなっているだけなので、もし女性でプロミスを利用される際はレディースプランがおすすめです。

カードがいらないキャッシングができるスマホATM

キャッシングに不可欠とも言えるローンカードですが、消費者金融ではローンカード不要のカードレスキャッシングができる会社も増えており、従来よりもスピーディにキャッシングを行なうことができます。

大手消費者金融では各社がスマホアプリをリリースしており、アプリを利用することでスマホから申し込みや本人確認、また「スマホATM」などのサービスを使うことでキャッシングのためのローンカードの代わりとしても利用することができます。

スマホATMはセブンイレブンのATMを利用することで時間にかかわらず現金でのキャッシングを行なうことができるなど、便利なシステムとなっているので、スマホをお持ちの方は積極的に利用するようにしましょう。

大手消費者の店舗の約95%が無人店舗

テレビCMでお馴染みの大手消費者は、駅前や繁華街、幹線道路沿いなどでお店を見かけます。外から中の様子が見えないのでどうなっているのか興味がありますが、銀行のように窓口があるわけではありません。受付のいる有人店舗はあるにはありますが、プレミアム級の出現率となっています。なぜなら各社20店舗前後しか有人店舗はなく、約50店舗に1店舗しかないのです。特にWeb契約に特化したSMBCモビットには、有人店舗はありません。

では年配の方などで、対面して納得して契約したいとお考えの方はどうすれば良いのでしょうか?それは無人店舗でも備え付けの電話などで、オペレーターの方と質問や相談ができるので全く心配は無用となっています。若い方など逆にこっそりスマホなどで契約したいと考える方が多く、無人店舗数もやや減少気味となっています。

無職でお金を借りられるのは生活福祉資金制度だけ

どうしても生活費が捻出できない時、多くの方はカードローンに頼ることになります。ただし70歳以上の高齢者や無職の方はカードローンの契約は絶望的です。そのような場合闇金に手を出してしまいがちですが、国の生活福祉資金制度を利用できるかもしれません。

生活福祉資金制度の窓口は市役所の社会福祉協議会となっていますが、地域の民生委員に相談することで申し込める場合もあります。この制度は非常に低金利(年1.5%)で、連帯保証人を立てれば無利息となります。生活福祉資金制度は4パターンの貸付がありますが、生活支援金なら単身者で月15万円、2人以上の世帯で月20万円貸してもらえます。

もちろん市に生活状況や資産の状況など精査された上で借りられるかどうか判断されるので、プライバシーの類はないと考えておいた方がいいでしょう。

車を担保にしてキャッシングをする方法

車というのは重要な移動手段でもあり、大変高価な品物でもあります。

そんな車でありますが、実はお金に困った時に担保として利用するという方法も可能です。

車に関しては、担保契約をする際には車を相手に預けるようなことはなく、車を自由に利用できるという点で

質屋のように物を預けたりしなくてもいいので、車がないことによるデメリットというのを解消できるというわけなのです。

また、ブラックリストに載っているような方であってもお金を借入できるようになっていますから、

総量規制や自己破産などを気にしなくてもお金を借入できるというのは大きなメリットです。

車を担保にする融資をする会社自体はそこまで大きくはないですが、利用できるのであればお金を借りる手段として覚えておくといいでしょう。

複数社からのキャッシングがある方

即日でも融資をしてくれたり初月は利息が無料になっていたりととても便利なため、ついつい色々な会社からキャッシングをしてしまっている方も多いかと思います。

複数社から借入がある場合は、利息や利用額などに応じて各社からの毎月の請求が異なってきますので返済プランも立てづらかったり、どこを払ったか払っていないかの管理も大変になってきたりしがちです。

そういった方は是非おまとめローンというものがありますので利用してみることをおすすめ致します。おまとめローンとは文字通り、いろいろな借入を一つにまとめるためのローンです。これを利用することによって返済が1箇所だけでよくなり月々の負担も減らすことができるので完済もしやすくなります。

即日で借り入れたいならば事前にカード発行

キャッシングをしたいのであれば、キャッシング用のカードを発行する必要がありますが、このカードを発行してもらうには審査が必要なため、すぐに発行してもらう事はできません。特に土日等が挟まる場合には、カード発行までに数日かかることもあります。

そこで即日で現金を借りたいときのために、キャッシングをする予定があるのであれば事前にカード発行しておきましょう。審査さえ済ませてカードを持っておけばいざと言う時にすぐ利用することができます。キャッシングカードを保有する事は、クレジットカード等とは異なり年会費がかかる事はほとんどありません。クレジットカード一体のものに付けておけば、クレジットとしても使えますし、キャッシングカードとしても利用することができます。

レイクは3月までは新規契約は可能です

2018年を迎えても新生銀行カードローンレイクのCMはバンバン放送されています。実はレイクは今年の3月までで廃業して新会社に移行すると発表されており、最後に一稼ぎしようと目論んでいるのかもしれません。

レイクの公式サイトを見ると、即日融資のことは大々的に書かれていませんが、よくある質問のところを見ると自動契約機なら30~45分でカードの発行が可能と書かれています。この1月から銀行カードローンは即日融資が禁止されているはずですが、あくまで自主規制です。ですから新生銀行が即日融資を行っても法的に問題はありません。

新生銀行カードローンの最大のウリは5万円までなら180日間の無利息サービスが選択できることです。2月か3月に新規契約すれば、夏のボーナスで一括返済すれば無利息で利用できます。

ですから最後にレイクと契約するのもアリですね。

銀行カードローンは本当に安心?債権譲渡で各種ローンやクレジットに即ダメージ!

銀行カードローンを利用する理由の中に『銀行だから安心』といったことが、アンケート調査の結果から分かっています。確かに銀行という社会的に信頼を得ている会社は、消費者金融に比べマイナスイメージは殆ど無いと言えます。現在の消費者金融は、悪質な会社が姿を消しており法律に則った業務が行われているものの、過去のイメージが未だに残っている状況です。

安心と言われる銀行ですが、実際には返済が滞った場合、保証委託先となる消費者金融やクレジット会社に即債権譲渡といったことが行われ、銀行自体のリスクを回避しています。ここで注意したいのは、債権譲渡であり、譲渡された履歴は個人信用情報に記録されます。

結果、1ヶ月遅れただけでも、新たなローン契約やクレジット契約が出来ないどころか、更新審査も通過出来なくなるリスクが生じ、大きなダメージを与えてしまい、生活自体が破綻するリスクを伴っています。債権譲渡の記録は5年間残るため、銀行カードローンは安心と言い切れないのが実態です。

プロミスのキャッシングは、本当に利用しやすいです。

プロミスのキャッシングは、本当に利用しやすいです。初回であれば、30日間無利息ですし、webで全て処理出来るので、プロミスでキャッシングした内容を郵送で自宅に送られてくる事もないので、もし、家族と一緒に同居されている方であれば、キャッシングした事をばれる事も無いので、おすすめです。

また、即日融資も可能なので、本当に一時的にお金が必要な時等に利用されるのもおすすめです。全てネットで解決する事が出来、さらに、24時間対応してもらえるので、自宅でも、外出先でも利用する事が出来るので、本当に便利で助かります。私も何度か利用しましたが、本当に便利で、助かりました。少しでも早く返せば、金利もほとんどかからないので、超おすすめです。

即日キャッシングご希望の方にはこちらがおすすめ?

今日明日にどうしても、急にお金が必要になった

そんな時に何処から借りればいいのかわからない

または凄く悩んでいる!

でしたら、自分がそんな時にすぐにお金が借りたいと思うのであれば

即日でお金が借りれるカードローンでも特にアコムとかプロミスであれば、スピード審査で即日お金が借りれるので

キャッシングしたいと思ったら、女性でしたらプロミスレディースや男性であれば、プロミスの無人契約機などでお金を借りると良いと思いました。

どちらにしても即日借入対応しているので、お金が借りたいと思った時にすぐに申し込みしてお金が借りれるので

土日などでも、自動契約機であれば、カード発行可能ですので、すぐにお金が借りたい人には消費者金融のキャッシング

特に女性専用キャッシングまたは自動契約機のキャッシングなどはおすすめだったりするでしょう。

年収の3分の1上の借り入れのある方へ

以前5~7社程度消費者金融やクレジットカードを所有しておりいわゆる多重債務者でした。10年くらい前の社会人になりたての頃から消費者金融から借り入れをし、当時はこんなに簡単にお金を貸してくれるの?というくらいよほどの事がない限りは審査が楽に通っておりました。よってだらしない私は色々なところから借り入れをし多重債務者となっていきました。

そんな時総量規制法という法律が制定され、借り入れに対してある程度制限されることとなりました。

消費者金融の借り入れを対象に年収の3分の1以上借り入れをしていたらそれ以上は借り入れができない制度です。とっくにその法律が制定される前から3分の1以上借り入れをしており、それ以降新たな借り入れや総額が下回るまでは新たな借り入れができなくなりました。

ただ多重債務者の私にとってはこれを良い機会ととらえ返済することに専念し、今ではだいぶ借金も減り新たに借り入れができるよう復活しました。この法律により私のように借り入れができなくなった人も多いかと思いますが、3分の1以上の借り入れはかなり返済が困難な状況になると思いますので、そうならないように計画的に返済していくことを経験者としてお薦めします。

主婦でもキャッシングは利用できるの?

主婦でも働いている人であれば、キャッシングの利用が可能です。銀行の場合、専業主婦でも利用可能となっていることもありますが、消費者金融の場合は年収の1/3までしか利用できないという総量規制の対象になるため、収入が全く無い専業主婦の場合は利用できません。それに対して、パートやアルバイトでも、安定した収入がある人であれば、キャッシングの利用は可能です。

ただ、女性の場合、消費者金融に対して不安を感じる人もいるでしょう。しかし、現在はそんな人でも利用しやすいように、女性専用のサービスを行う業者もあります。利用する前に不安や疑問をしっかりと解消しておきたい、安心して利用をしたいと考えるのであれば、女性専用のサービスを行っている業者を選んでおくと良いでしょう。

医療費の確保にカードローンは合わない?

キャッシング利用の理由として、生活費や娯楽費などだけでなく、医療費を確保するためというケースがあります。急な入院や手術により、収入を超えることもあります。例え、休業したとしても直ぐに収入が無くならないこともあり、カードローンやフリーローンが利用出来ます。

ですが、利用目的が自由なカードローンは医療費には向きません。医療費という目的が実質的にはあり、目的ローンの対象になります。さらに、金利も低く借り入れ出来る可能性があるため、安易にカードローンで支払うことはおすすめ出来ません。

支払い自体も金融機関から医療機関に直接支払われるため、入院中でも振込に手間を掛ける必要がなく、治療に専念出来るというメリットもあります。特に入院中の場合は、ATMやコンビニなどが入っている金融機関で無ければ、カードローンのメリットはあまり無いと言えます。

キャッシングの限度額は年収に比例する

消費者金融会社の融資サービスの中でも自由度が高いサービスがキャッシングです。ユーザーがキャッシングを選ぶ時に注目するポイントは、利息や限度額、利用時の手続きのし易さです。利息は実質年率が低いほど返済時のユーザーの負担が少なくなります。利用時の手続きがし易ければ、いつでも融資を受けたり、返済をしたりといった事が行えます。

キャッシングには限度額が設定されており、これは消費者金融会社が審査を行う際に申込書に記載された年収に基づいて、過去の利用者の返済状況などを考慮して決められています。キャッシングで融資を受けますと、この限度額までお金を借りる事が出来ますが、限度額を超えて融資を受ける事が出来ません。限度額の高さがユーザーにとって借りる事が出来る金額に大きく関係してきますので、年収が高ければ高いほど、借りられるお金の金額が高くなってきます。

キャッシングの限度額は年収に比例しますので、高額な融資を受けたいのであれば、それに見合った年収がある必要があります。条件をクリアする事で、様々な用途の立て替え目的で融資を受ける事ができ、最大限にユーザーの利用用途で活用していく事が出来ます。キャッシングは、限度額の高さによって使い勝手が変わってきます。

アコムかプロミスを選ぶ時にポイントにしたい2点

大手の消費者金融でキャッシングをする時はアコムとプロミスのどちらを選べばいいのか悩んでしまう人が多いです。両社とも最短1時間融資を宣伝しているので融資スピードが優れている点が共通しています。しかし異なる点もいくつかあるのでしっかり確認してみるとどちらが適しているのか選ぶ事が出来ます。そこでアコムかプロミスを選ぶ時にポイントにしたい点を挙げていく事にしましょう。

・傘下に入っている大手銀行

アコムとプロミスは大手銀行の傘下に入っている消費者金融で有名ですが、アコムは三菱東京UFJ銀行、プロミスは三井住友銀行の傘下に入っているので利用する時の便利さが異なります。三菱東京UFJ銀行を利用する人が多い人はアコムを選ぶと便利になる事が多いです。また三井住友銀行を利用する人が多い人はプロミスを選ぶと便利になる事が多いです。

・無利息サービスの適用時期

アコムとプロミスは共に初めて利用する人を対象に30日間の無利息サービスが適用されますが、適用時期が異なるので選ぶ時にポイントにする事が出来ます。アコムは契約日の翌日、プロミスは初回借入日の翌日からの適用になるのでどちらが自分に適しているのかを考えて選ぶ事が出来ます。

アコムかプロミスを選ぶ時はこのような点をポイントにしてみるといいでしょう。

地方銀行のカードローンはメリットも多い

地方銀行のカードローンというのは、その地域に住んでいる人にとってはかなりメリットが大きいです。

地方銀行というのは、その地域に住んでいれば講座くらいは持っている人が多いでしょうから、それによって

カードローンの利用が出来る(もしくはしやすい)という条件がそろいやすいという面があります。

また、地方銀行のカードローンは利用者というのが比較的少なめでありますので、多くの人に利用してもらうために

審査も若干甘めになっているところもポイントで、審査通貨率もいくらか高い面もありますし、

借入限度額も多めに出してくれるようなケースも豊富です。

さらに、銀行自体が知っている地元でしか知らないような情報というものも多く、全国的にはよくなくても、その地元ではかなり有名でいい企業だというときには

より多くの融資額を引き出してくれるというようなことが可能な場合もあります。

地域性もありながらも、全国的に対応してくれるようなところもあり、サービス面ではかなりよくなってきていることもあって

より利用しやすい面というのも強くなっているところもあり、穴場的な利用のしやすさもあるというケースもあります。

地元だからこそ、地元に愛されるようにサービス展開をしているというのが大きなメリットといえるのです。

消費者金融の審査

本当にお金が必要な時に、手持ちの現金が無くて、困った経験を持っている人は結構いると思います。

その時にこそ、キャッシングができれば、とてもありかだいのです。

しかし、普段から全くキャッシングわをしたことが無い人は、どのようにすればいいのか迷ってしまうことと思います。

そのような時に助かるのが、消費者金融です。

利用申込みをして、審査に合格したなら、即日融資を受けることができるからです。

消費者金融の場合の審査には、いくつかの必要書類が必要になりますが、通常は身分証明書の提示があればOKです。

しかも、わざわざ填補の受付に出向かなくても、スマホからの申請で審査を受けることができるのです。

運転免許証の写真をスマホで消費者金融のサイトにアッブさせるだけです。

後は審査の完了通知を受けるだけです。

但し、融資額が大きい場合には、収入証明書を求められることがありますので、注意が必要です。

また、即日融資でも、午後2時までの審査完了が条件になっていることが多いので、申込みの時間を早めに行うことも必要です。

このように消費者金融の利用はかなりスピーディーな対応が可能なので、急ぎの融資を望むなら、とても便利なサービスと言えます。

ネットキャッシングをする時にネット銀行のカードローンと大手の消費者金融のどちらがいい?

スマホが普及してきた事によりネットキャッシングをしたいという人が増えてきています。現在WEB完結申込を利用する事が可能なのはネット銀行のカードローンと大手の消費者金融になります。そこでネットキャッシングをする時にネット銀行のカードローンと大手の消費者金融のどちらを選べばいいのか見ていく事にしましょう。

・金利を重視する時はネット銀行のカードローン

ネット銀行のカードローンは上限金利は14%前後で設定されている事が多いので大手銀行のカードローンよりも低金利と言われています。大手の消費者金融は上限金利が18%で設定されているので金利を重視する時はネット銀行のカードローンを選んだ方がいいです。

・早くお金を借りたい時は大手の消費者金融

ネット銀行のカードローンは審査が即日回答と宣伝されている事が多いですが、最短即日という意味なので実際は数日かかってしまう事が多いです。それで融資可能になるのも申し込みをしてから数日後になる事が多いです。しかし大手の消費者金融は審査が最短30分で回答されるので申し込みをしてから1~2時間で融資可能になります。早くお金を借りたい時は大手の消費者金融を選んだ方がいいです。

ネットキャッシングをする時はこのような感じでネット銀行のカードローンにするか大手の消費者金融にするか決めてみるといいでしょう。

キャッシングを受けることも簡単です

主婦の方のお金の調達方法として人気があるのがキャッシングではないでしょうか。家事や育児、介護などに追われる主婦の方の強い味方としてクローズアップされる機会も増えてきました。クレジットカード会社や消費者金融、銀行などと多数の金融機関がキャッシングサービスを提供しており、その借りやすさについても話題を呼んでいます。

主婦の方の間でも人気を集める理由ともいえるのが、利息を支払って融資をサービスを受けるという、わかりやすさが挙げられます。それに比べて、ご主人や親戚縁者にお金を借りることになれば、その使い道を聞かれたりすることにもなりかねません。

後々にまで遺恨を残す事態にもなってしまうかもしれません。ビジネスとしてキャッシングサービスを行う金融機関から借りることで、堂々としていられます。また、主婦であることを理由にキャッシングサービスが受けられるか否かを気にする人も多くいます。この点についても仕方のないことかもしれません。

しかしながら、主婦であってもキャッシングを受けることは十分に可能です。金融機関の中には、レディースローンと称して主婦も含めた女性へのアプローチを積極的にするところも多くあります。返済の見込みさえしっかりすれば、容易にキャッシングを受けられます。

キャッシングの本人確認の注意点について

簡単にお金が借りる事が出来るキャッシングですが、とても便利なものとして認知されています。キャッシングをする上では本人確認が必要になりますが、本人確認とは実在する人物の申込みかと言う事を判断するために必要な事と言えます。なので、申込みの確認で、本人に連絡がありますが、注意点としては電話に出れない場合で、連絡がとれない場合それだけで審査に不利と言えます。

仕事の都合などで、電話に出られない事はあるので、基本的に折り返し連絡すれば問題ないですが、知らない電話番号だからという理由で連絡をしない事が多いです。金融会社は何回か電話をかけてきますが更に確認が取れないとイタズラと判断して融資してもらえなくなります。

キャッシングにおける本人確認の電話連絡は、金融会社からの最初の電話で確認できる事が断然良いのでキャッシングの申込み後は電話にすぐに出られるよう意識しておくことが肝要です。特にすぐにお金が必要な場合は、一回目の電話で出るようにすると良いです。

電話に出れないと言う事が続く事で、審査に悪影響がでる可能性があるので、注意が必要です。キャッシングは即日融資なども対応している業者もあり使いやすくなっていますが、本人確認でも気を抜かない事が肝要です。

始めてのキャッシングは大手消費者金融業者を比較する

親に相談すると恥ずかしいし、友人に頼み込むのも迷惑をかける、お金に困ったときというのは、やはり業者からお金を借りるのが一番問題が起きにくく、返済さえしっかりすればスムーズにピンチを乗り越えることができます。初めてのキャッシングにおいてどこの業者を利用しようかまずは調べることが大切です。

消費者金融が最も身近で借りやすいですが、大手の業者としてはアコム、プロミス、モビット、アイフルや、レイクなどがあります。インターネット上にはこうしたキャッシング業者をまとめて比較することができるサイトがたくさん存在しており、それをチェックすれば似ているようで微妙な違いのある業者のサービスの特徴を知ることができるでしょう。

また比較するときには口コミをチェックしてキャッシングをしている人たちの満足度や評価を知るのもよいことです。そしてここがいいかなと思えた業者を選ぶことができれば、その業者のホームページをチェックしてみて、オンラインでの申し込みという流れで進めていくことができます。

こうした大手の業者は大手銀行グループに属していますので安定感があるし、申し込めば審査結果が出るのもかなり早いのであっという間にキャッシングが可能になります。

キャッシングの利息の負担を少なく

キャッシングは、担保を用意することなく利用できる貸金サービスです。住宅や自動車、貴金属などを預けることなく、現金を借り入れできるのです。さらに用途における制限も特に設けられていないので、借り入れしたお金は、どのような目的にも自由に使うことができます。

このように非常に利用しやすいのですが、だからこそ金利はやや高めに設定されています。金融機関にもよりますが、多くの場合は利息制限法で定められている上限金利が適用されているのです。具体的には、100万円までの借り入れの場合は年に18.0%、100万円を超える借り入れの場合は年に15.0%となっています。そのためたとえば50万円を1年間借り続けたとしたら、9万円の利息が発生することになります。

ところが早めに返済すれば、利息はその分少なめになります。4ヶ月で返済した場合は、9万円の利息は3分の1の3万円となりますし、1ヶ月で返済した場合は、12分の1の8千円弱となるのです。もちろん数日程度で返済することも可能で、その場合は利息の負担はより少なくなります。

したがってキャッシングは、返済できる時期を考慮して利用することが肝心と言えます。給料日に近い時期など、短期間で返済できる時に借り入れをすれば、利息が膨れ上がる可能性は低くなるのです。

キャッシング申込

以前私はよく消費者金融を利用していました。昔はよく新聞広告に、チラシが入っていました。私はよくそのチラシをみて電話で申込をしました。必ず女性が担当してくれていたので、すごく電話をしやすかったです。

ある程度の個人情報を伝え、一旦電話を切り1時間後には審査の結果がでて、それが午前中だったりすると本日中にお金を借りることができました。今はもう少し厳しくなっているかもしれませんが、イメージとしてはお金を借りることはそんなに困難ではなかったと記憶しております。

増額の電話もすぐに対応してくれ、ちゃんと返済が出来ていればすぐにお金を借りる事ができました。そんな感じで私はお金は簡単に借りれると思い、当時は同じような内容で3件ほどの会社から借りていました。郵便物も会社名を入れないでほしいとお願いすると、都合のいいような差し出し名を記載してくれたので、当時は親と住んでいましたので親にバレることもなかったのでとても安心でした。

キャッシングサービスは正しい使い方と内容をよく理解したうえでお金を借りればとても助かることもあれば、便利に使わせてもらう事ができるので私にとっては悪いイメージは一つもなく、とてもありがたかったと思っています。

総量規制対象外のキャッシングとは?

キャッシングには貸金業法によって総量規制という規定があります。これは、年収の1/3が借り入れを行える上限だという規定で、1社からの借り入れだけでなく、全てのキャッシングを合計した金額が対象になります。

ですが、この総量規制の対象外となるキャッシングがあり、銀行や信用金庫のカードローンといった銀行系のキャッシングがそれも当たります。これらには貸金業法ではなく、銀行法という別の法律が適用されます。つまり、総量規制とは全く関係のない借り入れになる為です。

しかし、だからと言って無制限に借りられるという訳でもなく、銀行や信用金庫などが返済が可能だと判断した金額までになります。年収の1/3までという機械的な制限こそありませんが、多くの場合、おおよそ年収の半分程度が借りられる限度だと考えてください。

また、本来は総量規制が適用される消費者金融などのノンバンクからのキャッシングでも、その対象外となる場合があります。それは、おまとめローンと呼ばれる借り換え専用のローン契約と、借り入れを行ったお金の使い道が決まっている目的別ローン契約です。

これらのローン契約では、審査結果によっては年収の1/3を超える借り入れも可能です。特におまとめローンは借り換えにはとても有効な手段なので、借り入れ金額が大きくなってしまう場合でも、気にせずに申込みを行ってみてください。

アコムでキャッシングをして様々なものを買った

私は倉庫で仕分けの作業員をしている20代の男でした。
日々仕事をがんばっても、生活費に消えたりしますので、
ほしい物がなかなか買えませんでした。

分割などでパソコンなどを買えたらよいのになとは思っていました。
そんな事を考えたりしていたある日、ふとアコムのcmがよぎりました。
安定した収入があれば誰でも借りれるというようなセリフを思い出しました。

私は一応倉庫で働いていたので、アコムでキャッシングできるのではないかと思い、
無人契約機に行きました。

内心は結構緊張しながらも、手続きを済ますと、審査にあっさり通りました。
支払い方法や支払い金額の調整もできるとのことでしたので、
これで少しは大きな買い物もできるなと少しうれしかったです。

アコムのカードを作ってから、5万円ほどキャッシングして、
安いパソコンなどを買いました。

5万円キャシングしても返済は5千円ずつ位でよかったので、安心してキャッシングできました。
私の場合は結構お金の管理はまめなところがあるので、返済が終わるまでは一度もキャッシングはしませんでした。

あまりキャッシングをしすぎてしまっては逆に生活に支障が出ますので、私は計画的にキャッシングしていく事ができました。
アコムはお勧めです。

キャッシングの限度額を上げるには

キャッシングの限度額は、申し込みの際にとても気になるポイントです。多くのキャッシング会社では、数百万の上限が提示されていたりします。しかしながら、上限までお金を借りられる人はかなり限られています。
このキャッシングの限度額は、どうやって決まるのかというと年収の額です。お金をたくさん稼いでいる人なら、借りられる金額が上がっていきますから、収入が多い場合には収入証明などを出して、確実に高い融資額を獲得しましょう。

限度額が大きいとメリットがかなり大きくなります。まず金利が安くなります。やはり高い金額を借りることで企業側が金利を安くしてくれますから、お得にお金を借りられるわけです。

そして、利用する会社がひとつで良くなりますから、複数の会社を使って返済の管理をする必要がなく、返済忘れも防ぐことができます。やはり、どうしても複数の会社を使って大きなお金を借りていると、返済がキツくなってくるためひとつのキャッシング会社に絞れば返済が楽になります。

申し込んだときには年収が低かったとしても、年齢を重ねて給料が上がってきたら限度額の増額申請を会社にすれば、審査が行われて使える金額が増えてきます。なるべく定期的に増額の申し込みをすることで、使いやすくなります。