実は返済になっていなかった無駄な返済

キャッシングを初めて考えたのはまだ社会人としても浅い、二十代前半の頃です。

付き合いで飲みに行くことが多くなり、お給料はあっという間になくなりました。

実家住まいだったのでそれでも生活には困りませんでしたが、飲みに行くお金ももちろん厳しくなります。

でもなんとなく「お金がないから」と断るのも言い出しづらく、情けないですが、親にちょっと出してもらってでも飲みに行きました。

しかし「社会人になってまで親に小遣いねだるな」と父に言われ、それも出来なくなったんです。

そこで手を出したのがキャッシング専用カードというやつでした。

いわゆる消費者金融にあたるのでしょうか。

テレビCMでよく見る大手に申込み、10万円の枠でカードを作ってしまったんです。

たまたま飲み会の重なる時期で、どうにも足りなかったためでした。

何ヶ月かしたらボーナスが入るし、それで返せるからと一気に限度額一杯の10万円までキャッシングして、それもあっという間に使ってしまいました。

そして迎えた1回目の返済日。

金額は1万円だったのですが、急に不安になったんです。

1万円も払ってしまって、今月足りるかな、と。

それでカード会社に相談すると、とりあえず利息分だけ払えば延滞にはならないと言われたんです。

金額にして数千円。

それで済むのか、と安心して翌月まで過ごしました。

そして翌月も利息分のみ。

いずれまとめて返済するからと利息分のみの支払いを続けて1年。

もう何万円も払ってるのに元本が一切減っていないことにふと気付いたんです。

もの凄く無駄なことをしていないか、と。

そこからは地道に毎月きちんと返済するようになりました。

時間はかかりましたが少しずつ元本は減って行き、ついに完済の日を迎えました。

そしてカードにハサミを入れて解約、となれば爽やかな終わり方なのですが、実は未だに契約状態でカードは保有しています。

あくまでも万が一のときの備えとして。

キャッシングは借金と同じ。

本当は解約するべきなのかもしれません。

でも、賢く使えば困ったときの助けにもなると思うのです。

いずれまた使う時が来るのかは分かりませんが、前のようなダラダラとした使い方にはならないよう、気をつけようと思っています。

借り換えタイミングは低金利ローンを見つけたとき

借り換えローンを利用するとき、借り換えタイミングを気にする人が多いですが、あまり深く考える必要はありません。たまたま低金利ローンを見つけたら、そのとき借り換えすればいいのです。ネットでローンのランキングサイトをチェックして低金利ローンを見つけるのもよいです。

借り換えを検討している方は、現時点においてローンを利用していますから、緊急性を要することはないでしょう。低金利ローンを見つけたタイミングで申し込んでみてください。審査結果を決めるのは金融機関なので、自分であれこれと考えてもあまり意味がありません。確実に通過できると考えていても落ちることはありますし、逆に無理だと思っても通過したりするのです。

例えば現在15.0%のローンを利用しており、ネットで実質年率4.5%~13.5%のローンを見つけたとします。このローンで借り換えした場合、今より1.5%以上金利を下げることができます。もし審査に落ちても、現在15.0%で借入しているローンの金利が上がるわけではありません。借り換えローンに申し込みするデメリットはゼロなので、気になるローンがあればどんどん申し込んでいきましょう。銀行ローンは総量規制の対象外なので、借り換えするのに都合がよいですね。

学生でも使えるキャッシング

学生ではキャッシングを使えないと思われがちですが、実は条件さえ満たせば利用することができます。その条件は2つあります。1つは、安定した収入です。収入といっても正社員である必要はありません。派遣やアルバイトで毎月一定額の収入を長期に渡って得ている点が重要です。

おおよそ半年以上働いて収入を得ていれば問題ないでしょう。ただし、借りられる額は収入額をもとに決定されます。収入が少ない人は、借りられる額も小さくなる傾向にあります。2つ目の条件は、身分証明書の有無です。特に、健康保険証の提出が求められることが多いです。

日本国民は、必ず社会保険に加入することが義務付けられていますので、保険証が無い人というのは、何かしらの理由でそれを手に入れることができないとされてしまいます。審査側は、その理由をマイナス評価としてカウントしますので、保険証は必ず準備する必要があります。学生の場合、親の保険に扶養家族として入っている場合が大半ですので、準備に手間取ることは少ないでしょう。

キャッシング会社の中には、学生証の提示も合わせて求めてくる所もあります。求められた書類を期限内に提出できるかどうかが見られていますので、提出するべきものは迅速に出してしまいましょう。

キャッシングは返済する意識をきちんともって便利に利用。

一番最初は、生活用品の買い物でキャッシングを利用しました。
その後は、遊ぶためのお金や、給料が少ないときに利用しています。

即日融資のところが、多く、すぐにお金が必要なときにはやはり一番手っ取り早いので、利用することにしました。
約1ヶ月は利子が無料だったりすること、色々なATMから引き出し、返済が出来ることが利用の決めてでした。

即日融資で、すぐにお金を手にすることが出来て助かりました。
書類などが自宅に届くこともないので、家族には秘密で借りれたところも良かったです。

契約も無人契約やネットで人に知られることもなく、融資が受けられるので助かりました。

ただ、手軽に利用できる反面、計画なしに利用すると、支払いに困り、さらに利用を繰り返す悪循環になりました。

また、利子が高く、実際に借りた額よりかなりの上乗せがあり、予想以上に返済に苦労しました。
それでも、その時は非常に助かりましたので、結果利用して良かったと思います。

いくらであれば、返済ができるのか。最終返済額はいくならのか。をきちんと試算した上で、計画的に利用すれば良いと思います。
自分のお金という意識より、きちんと返済が必要だ。という意識で利用すれば問題なく、便利に利用できます。

あってよかったカードローン、正しく使いましょう。

大きな買い物をするとき、一人暮らしだといざという時のために現金はとっておきたいものです。クレジットだと、分割払いもできますし、一枚持ってると便利だと思ってもっていました。あまり使いすぎはよくないですが、キャッシングもカードローンも、出先でキャッシュカードがないとかなど、コンビニのATMで簡単に引き出せてしまうので利用してしまいます。

助かったのはやはり、大きな金額の買い物時です。大金を持ち歩かなくても一括払いならお得ですし、カードのポイントも貯まります。貯まったポイントは一年に一回ギフトカードの金券としていくらかキャッシュバックがあるので、忘れた頃に届くそのギフトカードがなかなか嬉しいです。困ったことは、つい使いすぎてしまい、カードの支払い額が大きすぎること…遅延してしまえば、社会の信用を失うことになります。クレジットカードの信用性ってかなり大事なので、私はそれを知っていましたが、知らないで遅延を平気でしてしまう人もいると思います…恐ろしいですよね…

ただしくうまくつかえば、とても便利でとてもお得だと思います。ただ、使いすぎて支払いが遅れてしまうことが一度でもあろうものなら、そのときはやばいです。一回くらい…と思って遅れてしまったら、取り返しがつかなくなるので、正しく使っていただきたいです。

キャッシング 返済はボーナスを貰った時が一気に減らせるチャンス

キャッシング 返済は約定返済日に約定返済額をお支払するのが基本です。

返済方法はいろいろですが口座からの自動引き落としで返済するのが一番楽な方法です。

キャッシングの利息は日割計算でご利用した日数に付く仕組みが採用されています。

自動引き落としのまま返済していると楽ではありますが、ご利用日数が長くなり利息の支払いが多くなりがちです。
そこでおすすめしたいのが追加返済です。
追加返済はキャッシングにもよりますが提携ATMから行えます。

特に追加返済を行いやすいのがボーナスが出たときです。
余裕がある範囲で貰ったボーナスを返済に回すことで一気に借入残高を減らせることがあります。

そのまま完済出来ることも多いので利息の減額効果が大きいです。

住宅ローンのような繰上げ返済手数料はかかりませんので積極的に追加返済を行いたいところです。
その代わりにキャッシングによっては提携ATMをご利用すると手数料が発生することがあります。

わずかな手数料ではありますが何度も追加返済を行っているとせっかくの利息減額効果が薄れてしまうので注意が必要です。

自社ATMなら手数料無料だったり、提携ATMでも手数料無料のキャッシングも見られますので事前に手数料がどうなっているか調べておいて下さい。

アコムで延滞した場合、どこに相談すればよいのか

アコムで延滞すると、いろいろなペナルティーが課されますから、なるべく早く返済するに越したことはありません。

しかし、どうしてもお金が用意できないという場合は、とりあえず相談するしかありません。

では、どこに相談するのかということですが、それはいうまでもなく「アコム」です。

アコムでの相談先は、主に以下の二つです。

一つ目は、「店頭窓口」。

近くにあるアコムの店頭窓口に行けば、直接担当者に相談することが可能です。

予約は要りませんし、相談料なども取られませんが、営業時間内(平日9時30分~18時)に行く必要があります。

二つ目は、「カードローンデスク」。

アコムには「総合カードローンデスク」が用意されており、ここに電話をかけることで、相談が可能です。

忙しくて店頭窓口に行けない場合におすすめです。

そして、いずれかの方法で相談すると、こちらの状況に合わせた返済プランを立ててくれます。

ですから、相談の際はどのくらいの収入があるかなどの現状を包み隠さず話しましょう。

合わせて、返済する気持ちはあるということも伝えておくとベストです。

ちなみに、状況によっては、利息だけの返済にしてくれたり、返済期日を送らせてくれるなどの措置をとってくれることがあります。

楽天銀行スーパーローンが大手銀行のカードローンよりおすすめの理由

楽天銀行スーパーローンはネット銀行のカードローンなので大手銀行のカードローンと比べると大丈夫なのか不安に感じてしまう人もいます。しかし最近では大手銀行のカードローンより楽天銀行スーパーローンでキャッシングをした方がいいと考える人が増えてきています。そこで楽天銀行スーパーローンが大手銀行のカードローンよりおすすめなのはどのような理由があるのか見ていく事にしましょう。

・ネットキャッシングをする事が出来る

大手銀行のカードローンでキャッシングをする時は銀行に来店して手続きをしなければいけない事もあります。自宅の近くに銀行がないとすごく不便に感じてしまいます。しかし楽天銀行スーパーローンは店舗がないネット銀行のカードローンなのでネットだけで手続きが完了します。ネットキャッシングをする事が出来るのが大手銀行のカードローンよりおすすめの理由になります。

・他の人に内緒でキャッシングしやすい

大手銀行のカードローンでキャッシングをしていると銀行に来店して手続きをしているところを知り合いに見られてしまう可能性があります。しかし楽天銀行スーパーローンはネットですべての手続きをする事が出来るので他の人に内緒でキャッシングをしやすい点も大手銀行のカードローンよりおすすめの理由になります。

中小・零細の消費者金融の特徴とは?

現在消費者金融は大手5社(アコム・プロミス・アイフル・モビット・ノーローン)とそれ以外の中小・零細とに分けられます。そこで今回は、中小・零細の消費者金融の特徴を紹介します。

まず大手と違って上限金利が年20%となるところが多いです。利息制限法では、10万円未満の融資には年20%の利息が適用できます。ですから大手と異なり、融資額を10万円未満と10万円以上と細かく区切っているのが特徴です。

次に大手と異なりカードを発行しないところがほとんどです。ですから借入は振込みのみで、原則平日しか申請できません。なお平日の即日融資には対応しているところは多いです。しかし来店契約が必要な業者が多く、不便です。

このように中小・零細の消費者金融は大手と比べて利便性には劣りますが、大手よりも審査に融通が利くのが最大のメリットです。

審査に不安のある方にオススメの申込時期

大手消費者金融の審査通過率は約45%です。一方銀行カードローンの審査通過率は公表されていないので正確には分かりませんが、高くて30%台だと言われています。この数字を見て意外とハードルが高いと感じる方もいらっしゃることでしょう。

しかし同じ属性の人でも、申込の時期によって審査通過率が変わるのです。例えば月の始めより月末の方が審査通過率は上がります。特にノルマを達成していない業者なら、ちょっと怪しい申込者でも通してしまえとなるわけです。また月によっても審査通過率は変わります。一般的に6月と12月はボーナスが支給されるので申込者が減ります。また3月は年度末なので、ちょっとでも業績を上げるために審査通過率が上がるのです。

審査に不安のある方は、審査通過率が上がる時に申し込むといいでしょう。

カードローンの契約で注目すべきは完済時の総返済額!

カードローンは、利用限度枠内であれば繰り返して利用でき、その都度契約審査を受ける必要が無いというメリットがあります。また、発生する利息は利用した日数分だけと上手く付き合えば、返済額が高額にならないという特徴もあります。

しかしながら、カードローンで任意整理や自己破産に至るケースが問題となり、減少していた自己破産者の数も増加に転じています。

年利14.5%や18%という数字ばかりに注目していると、思わぬ落とし穴にはまってしまうことがあります。そもそも、年利ということは毎年そして1日単位で利息が発生し続けることになります。結果として、当初借り入れした金額に対して総返済額が5割増しになるというケースがあります。100万円借り入れして、5年後には50万円も余計に返済することになり、返済による生活の圧迫といった負のスパイラルに陥る可能性には申し込みの段階から注意が必要です。

例え、消費者金融に比べて金利の低い銀行カードローンであっても、5年後には4割増しの返済額となるため、利用する際は年率だけではなく、完済時にどれだけの金額になるのか把握して利用することが最も重要と言えます。

金利が低いから安心と勘違いした結果、利息の返済割合の方が高いといったことには常に注意が必要であり、負担を最小限で済ますためには必要な分だけ借り入れ、返済出来る時に直ぐ返済することが肝心です。

消費者金融の金利と総量規制

プロミスは顧客対応が良いと評判でアコムと並んで人気がある消費者金融です。しかし消費者金融にはリスクの高いサービス内容になっている点もあるので申し込む前に確認しておかなければいけません。

プロミスは消費者金融なので金利が高く設定されています。最高金利は17.8%になっていて他の消費者金融の18%よりは0.2%低いですが銀行カードローンに比べると高いと言わざるおえません。そのため金利を一番重視しているという人にはあまり向いていません。また返済が長期に渡ってしまう人も利息が多く付いてしまうので返済が大変になってしまいます。そのため長期で返済計画を立てている人も辞めておいた方がいいでしょう。

消費者金融だと金利が高いという他に総量規制の対象となってしまいます。そのため年収の3分の1以上の借り入れをする事は出来ません。特に低所得の人は借りれる金額も少なくなってしまうので多額の借り入れを希望している場合は向いていません。しかし総量規制の対象になっているという事はら額の借り入れが出来ないので借金を増やしてしまう事を防止してくれているという見方も出来ます。消費者金融を利用する時は多額の借り入れが出来ないと考えないで借り過ぎないようにしてくれていると考えるようにしましょう。

消費者金融はすぐにお金が必要な人が少額借りる業者です。少額の借り入れだと短期での返済が可能で利息を減らす事が出来るのでうまく利用するといいでしょう。

消費者金融会社から融資を受ける為に審査を通過するには

キャッシングは急な出費に必要なお金を確保するのに役立つ融資サービスであり、限度額までであれば、一括でお金を借りたり、分割でお金を借りたりといった事が出来ます。このキャッシングを利用するには、Web申込みや自動契約機による申込みなどで融資の申込みをして消費者金融会社の審査を受けて通過しなければいけません。

審査を受ける際には運転免許証などの本人確認書類を提出しなければいけませんので、申込みの時に忘れずに本人確認書類を用意しておきます。この本人確認書類はスキャナーで読み取ったり、カメラ機能で撮影したりして画像データ化し、審査センターに送信して消費者金融会社の審査資料となります。

消費者金融会社で行われる審査では、キャッシングに申し込んだのが本人であるかどうかを確かめたり、信用情報機関や消費者金融会社のデータベースに問い合わせて過去の利用状況で問題が無いかをチェックします。消費者金融会社によっては申込書に記載された申込者の勤務先に在籍しているかどうかを確認する在籍確認という電話をかけるケースもあります。

この時に担当者は消費者金融会社名を言わずに問い合わせをしてきますので、申込者は安心して在籍確認の電話を受ける事が出来ます。これらの審査を通過すれば、消費者金融会社と契約する事ができ、その後に融資を受けられます。

キャッシングを使う時には限度額を常に意識する

自由な用途で使えるお金を借りたいと考えた時の選択肢としてキャッシングがあります。消費者金融会社では、キャッシングのサービスを利用する事を希望している申込者が提出した申込書を基に審査を行い、限度額を設定しています。申込者がキャッシングの契約をして、融資を受けるようになった段階で意識しておくべき事は、キャッシングで借りられるお金は限度額までであるという事です。

限度額に関しては、貸金業法において総量規制という仕組みが導入されていますので、消費者金融会社のキャッシングで融資を借りる時には、他の消費者金融会社で借りているキャッシングの限度額と合算して、その総額が年収の3分の1以下になるようにしなければいけません。それを超えますと、消費者金融会社のキャッシングサービスに新規申込みをしても審査を通過する事が難しくなります。

利用者は限度額までであれば、何度でも融資を受けられ、返済をすれば、返済した金額分が限度額で使った金額を補充する事になります。限度額内で一度に限度額いっぱいまでお金を借りるといった事も出来ますので、利用者にとっては利用するシーン毎に使い方を変化させられます。限度額は、ユーザーがキャッシングを使う上で重要な要素です。

即日融資をキャッシングでしてもらうことができるコツ

即日キャッシングというのはかなり増えているのでありがたいことではあるでしょう。その即日キャッシングの基本となることはいくつかのコツがあるということでしょう。即日優勝するための条件というのをクリアしておくことによってうまくできるようになったりするわけです。

まずやり方の基本としてインターネット申込みを利用するということにしましょう。このほうが圧倒的に早いです。また消費者金融というのはものすごい小さい所から上場しているようなところまで色々とあるのですが申込先を大手消費者金融に絞ってしまうというのも即日融資における大事なことでもあったりします。小さいところは必ずダメというわけではないのですが審査スピードはやはり大手の方が早いです

キャッシングの申込みは素早いです

お金は、毎日の生活に必要ですが給料日前でお金がないけど、どうしても欲しいものがあって手に入れたいというときにキャッシングは便利です。

キャッシングは、お金を借りるまでの審査回答が速いので、すぐにでもお金が必要といった方にはおすすめできます。

でも初めてで不安という人も、いらっしゃるでしょう。

今は、自分のスマホやパソコンからネットで簡単に申し込むことができるので、キャッシングが利用しやすくなっています。

手続きが簡単にネットでできるというのが魅力で、面倒な担保や保証人も必要ありません。

初めての人なら、30日間利息がつかない消費者金融もあるし、申し込みから審査まで30分から1時間という速さです。

提携されたコンビニのATMでいつでも出し入れができるというのが本当に便利です。

ユーザーの用途に合ったサービスを探す為に消費者金融会社のキャッシングを比較

キャッシングは、国内の消費者金融会社が提供しており、そのサービスは各社によって異なります。大手消費者金融会社の場合は、ユーザーの利用シーンに合わせて、サービスが用意されています。キャッシングを比較して選びたい時、提携ATMの多さや女性向けのサービスなどを求めるのであれば、大手消費者金融会社のキャッシングを選び、大手消費者金融会社以外でも地元密着型のサービスを展開している中小の消費者金融会社のキャッシングを選ぶといった事が考えられます。

キャッシングサービスの比較をする際には、ユーザーがどの部分を重視するのかによって着目するべき点は変わってきますが、金利に関しては、全てのユーザーに関係してくる要素です。返済を出来るだけ楽にしたい場合には利息が低い方が良いでしょう。その他には、女性がキャッシングを利用したい時に、どのように使っていいか分からないといった事が多々ありますが、女性向けのサービスが充実しているキャッシングを選べば、女性スタッフが対応してくれますので、女性の利用者も安心してサービスを使えます。

キャッシングの比較を行う事で、ユーザーが用途にマッチしたキャッシングを見つけられ、急な出費に対応する事も出来るでしょう。

【危険!】キャッシングはやめましょう

今月あと1万あれば、飲みに行けるのに。

これが、私が初めてキャッシングしたきっかけです。

その時はほんとに軽い気持ちで、コンビニにクレジットカードを差し込んで、簡単に1万円が手に入った事を覚えています。「こんなに簡単なんだ」「来月返済すればいっか」くらいに思っていました。

元々、クレジットで買い物をする事に抵抗のなかった私は、キャッシングに関しても特に抵抗はありませんでした。

お酒を飲むことが好きだったので誘われたら断れず、キャッシングしてまで飲みに行くようになりました。キャッシング代をリボで支払していたのですが、元金が中々減りません。返済のため、給料が入っても手元にお金が残らずまたキャッシング。悪循環でした。

その時の私は、目先の欲の事ばかりで回りが見えていませんでした。

最終的に、金利の安い銀行のローンを申し込み、2年かかってやっと返済が終わりました。キャッシングで使ったお金で手に入ったものはほとんどなく、本当に無駄なお金だったなと今となって思えば反省しています。

モビットのカードローン 利用について

モビットについてになりますが、モビットは、消費者金融として大手になりますし、テレビコマーシャルなどでも知っている方も多いと思います。

私も、モビットでカードローン を利用した経験がありますが、モビットは、申し込んでからの対応が非常に早かったです。

すぐに折り返しの電話がありましたし、オペレーターの方がすごく親切な対応をしてくれましたので、すごく安心できました。

また、希望していた借り入れ額よりも高い金額で可決になりまして、すごく助かりました。

審査もすごく早かったので、平日に申し込んだのですが、その日に借り入れできました。

即日借り入れ希望の場合は、当日の午前中のなるべく早い時間に申し込むことをおすすめします。

キャッシングは即日融資は可能なのか

キャッシングに行く方の中には即日にお金が必要となっている方も多くいらっしゃると思います。しかし、お金のやり取りのためにその日のうちに借りられるのか不安になってしまいますよね。では、キャッシングは審査などを得てその日のうちにすることは可能なのでしょうか。答えとしては可能です。

それどころか、場合によっては審査なく即日にキャッシングしてもらえる場合などもあります。テレビなどのCMなどで見るような有名なところでキャッシングした方が安心だから有名なところでキャッシングしたいいう方も安心してください。

有名なところでは審査が必要になる事が多いですが、審査自体は数十分で終わることも多く、審査が終わった瞬間からキャッシングが可能となる場合も多いので有名なところから借りたい場合でも即日キャッシングは可能です。

楽天銀行スーパーローンでお金を借りる時は消費者金融と違うイメージで利用しよう!

楽天銀行スーパーローンはネットで申し込みから契約までの手続きが完結するので利便性が高い銀行カードローンです。しかし消費者金融と同じイメージで利用してしまうと不都合に感じる部分も出てくる事があるので注意が必要です。そこで申し込みをする前にしっかり確認しておきましょう。

消費者金融でキャッシングをする時は自動契約機で申し込みをしてカードを発行してもらう事になります。その影響で楽天銀行スーパーローンを利用する時も自動契約機で申し込みたいと考える人もいるでしょう。しかし楽天銀行スーパーローンは申し込みがネットのみとなっていて自動契約機は設置されていません。自動契約機で申し込みをしてカードを発行してもらう消費者金融のような事は出来ないので注意しましょう。

意外とみんな使っている?キャッシングのこと。

キャッシングと聞いて、どんなイメージがあるでしょうか。

利用したことのある方は「いざと言うときの強い味方」であったり良いイメージを持つ方が多いと思います。

利用した事がない方は、かなりマイナスイメージがある方が多いようですが、その中でも「利用している事が知られると恥ずかしい」という意見をよく聞きます。

と、いう事は利用している事が知られなければ利用したい。とも捉えられます。

以前は、消費者金融や銀行に出向いて窓口での契約が主だったようですが、今では殆どが自動契約機で手続きが完了する事が多く、他人と顔を合わせることも少なくなっています。自動契約機でのキャッシングといえど、手続きをしてくれるのは画面の向こうのオペレーターの方なので、やり方が分からないだとか、質問がある時にもきちんとフォローしてくれるので安心できます。

他人と顔を合わせずに、きちんとフォローしてもらえる中で強い味方を見つけることが出来たらとても良いですよね。ただ、ご利用は計画的にお願いします。

消費者金融の審査は会社によって基準も違う

消費者金融も昔であれば取り立てが怖いイメージがありましたが、今は消費者金融も大手の銀行と提携することによってクリーンなイメージになりつつあります。けれど提供しているサービスは昔と変わらず人にお金を貸すことなので、審査があるということは昔も今も変わらないでしょう。

また、こうしれば審査が通るという確実な決め事もありません。どこかのクレジットカードで支払いを延滞していればそれが影響して審査が通らないということもありますし、審査の基準というのは会社それぞれでも異なるので、気になる時は問い合わせをししてみましょう。そうすることによって具体的に自分の場合だといくら借りられるのかということも分かるでしょう。

総量規制対象外となるパターンとは

総量規制対象外となるのは銀行系のキャッシングローンになります。また消費者金融などであっても貸すときに総量規制対象外となるパターンもあります。それがおまとめローン系のものでありこれは借金をするということでもあるのですが返済を前向きに検討して計画を立てた上でということになりますのでそれに対して年収に対する総量制限をかけるというのはよろしくないということで対象外になっています。

総量規制の対象外というのはこの二つのパターンが存在しているわけで借りるということに関して言えば銀行系が総量規制以上に借りることができる可能性があるところ、といえます。消費者金融ではお纏めのみであり、それ以上を追加で借りる事ができるわけではないからです。

キャッシングで給料日前に美味しいお酒

友達、恋人からのお誘いがあるのにお金がない……。給料日まであと少しなのに?!という状況、誰もが経験ありますよね。

人生一期一会。その飲みの席が何を産んで、行かないことで何かを失うかも知れません。

彼女や友人に「今お金がなくて……」なんて事もなかなか言えませんよね。

せっかくのお誘いを断るのも気を病みます。

そういう時にキャッシングがおすすめです。

最近ではカードローンなんかでコンビニに行けばすぐに出金ができます。

実際にキャッシングをしてみるとそのお手軽さに驚きます。すぐに手元にホカホカの1,0000万円札です。

そのまま友人、恋人のもとに駆けていっちゃいましょう!

ご利用は計画的に、しかしら限度額というシステムがあるので基本的に出金しすぎるということはありません。

賢くキャッシングを使って、おいしいお酒を楽しんじゃいましょう!

初めてアコムを利用した印象と感想

私は過去にプロミスでキャッシングを受けていたことがありますが、また急遽お金が必要な機会が出てきてしまいました。そこで今回はプロミスではなく、CMやインターネットなどの広告でとても有名なアコムを利用することにしました。

いずれにせよ、初めて利用する消費者金融を利用すると言う事は多少不安でありましたので恐る恐る連絡を取ってみることにしました。すると電話口のスタッフの方は愛想が良く、とても安心して話をすることができました。

どのようなことに利用するのかや返済方法などを詳しく聞いてもらって実際にキャッシングをすることができるようになりました。煩わしい手続きや不安な事はほとんどなく、こちらでも安心してキャッシングを行いました。初めての方でも安心して利用することができると思います。

『審査が通りやすい』という広告に要注意!

インターネットを利用すると様々な広告バーナーが表示されます。中にはキャッシングに関するものも多く、キャッシングを検討する側に有利と思われる情報を表示させています。しかし、これらの広告には注意が必要であり、本来貸金業者が貸金業法や自主規制で禁止されている誇大広告を行っていることがあります。

そして、広告をクリックすると多くの消費者金融の公式ホームページのリンク先が紹介されています。ですが、『審査が通りやすい』というサイトの利用は避けましょう。残念ながら、審査が通りやすいという根拠は、金利が銀行などの金融機関に比べると消費者金融は高く設定されているため、審査基準や融資リスクの判定基準が異なるだけのものとなっています。

つまり、審査に通りやすいという訳ではなく、利用対象の範囲が広いというだけであり、錯覚を与える問題となります。さらに誇大広告は法令に反する行為であり、昨今騒がれるコンプライアンスに違反もすることになります。先ずは、信用のできないサイト、法令に準じていないサイトの利用は自己防衛として避けることが重要です。

借り換えタイミングを考えて乗り換え先を選ぶ

消費者金融会社のキャッシングは個人向けの融資ですので、限度額まで何回でも融資を受ける事が出来ます。しかし、返済の時には利息がかかってきますので、現在利用している融資サービスの利息がユーザーには高いと感じるのであれば、借り換えを考えても良いでしょう。

借り換えタイミングは、ほぼ借りたお金を返済し終える頃で構いません。債務が残っている場合には、新しいキャッシングサービスを使って一括で返済出来る債務残高であれば、借り換えを行なっても良いでしょう。借り換えタイミングは、ユーザーの都合によって変わってきますが、より利息が低いキャッシングに乗り換える事で、ユーザーの返済の負担が減ります。早期に返済をしたいと考えているのであれば、乗り換えをしてみると効果が期待出来ます。

レイクALSAを利用してみました

40代の独身で事務の仕事をしていましたが、リストラにあってしまいました。中々仕事が見つからず焦りました。

貯金が底をつき、家賃を滞納するようになりました。やっと非正規の仕事が決まり働きだしましたが、給料は1か月後です。そのうちにガスと電気も止められてしまい、早く支払いをしなければなりません。

レイクALSAなら30日間無利子でお金が借りられると知り、早速ウェブで10万円の借り入れを申し込みました。直ぐに審査結果が分かって助かりました。コンビニのATMでお金を借りられたので楽でした。コンビニのATMなら知り合いに見られても気になりません。

給料が入ったので直ぐにお金を返済しましたが、30日以内だったので本当に利子は必要ありませんでした。レイクALSAのお陰で本当に助かりました。

完済前には利息の再計算を依頼しよう!または最終返済額は必ず確認!

銀行や大手消費者金融のカードローンは、ローンカードを利用することで限度枠内であれば自由に借り入れができ、追加返済や一括返済が可能です。しかしながら、余裕がある時に一括で返済するもしくは利用残高分を全て返済する際には注意が必要です。

カードローンの場合、ATMを利用することができるため、余計な金額を返済してしまうとことがあります。最近では、再計算により払い過ぎた分を変換するなどの対応が行われています。ですが、返還手続きの手間や時間がかかるため、あらかじめ再計算を依頼し、最終返済額を確認するのがおすすめです。

大手消費者金融の場合は、フリーダイヤルに電話することで確認ができるため、一気に返済を検討している場合はフリーダイヤルを活用しましょう。