テレビショッピングや通販での分割購入に注意!

キャッシング契約の審査は、与信状況が悪ければ、通過出来ないのは当たり前に知られていることです。また、最近ではクレジットカードの支払だけでなく、携帯電話の料金支払いにおいて遅延情報が残っていると審査落ちする原因となってしまいます。

しかし、携帯電話の料金支払い以外にもテレビショッピングや通販の分割購入も注意が必要になっています。実際、これらの分割購入では割賦販売法が適用され、個人信用情報が株式会社シー・アイ・シーに登録されています。そのため、支払遅延は金融事故情報となってしまい、キャッシング審査が通過出来ない原因となっています。

また、より注意しなければならないのが、クーリングオフ制度が適用されないということであり、希望する商品で無かったため、代金を支払わない状態でクレームすることは避ける必要があります。

若い世代の方が利用するケースは少ないものの、テレビショッピングや通販の割賦購入が個人信用情報に影響しているということを理解する必要があります。代金支払いは、販売会社に直接支払う方式ではなく、信販会社経由となるため、自己判断による支払中断には注意が必要になります。

また、取引規約にはしっかりと個人信用情報に情報が登録されといった条項が設けられていることを認識する必要があります。

過去に債務整理手続きを行っている方が注意することとは?

銀行や消費者金融のキャッシング契約は、金融事故情報が残っている限り契約することは殆ど出来ません。返済遅延や債権譲渡といった情報については、一定期間が経過することで自動的に抹消されるものの、債務整理すなわち自己破産や個人再生といった手続きを行った方は注意が必要です。

基本的には『契約期間中および契約終了後5年以内』で情報が削除されるものの、免責された残高が登録された状態になっているケースがあります。この情報は、債権者が情報を削除または更新しない限り、残ってしまいキャッシング契約やクレジットカードの契約をする際に問題となってしまいます。

そのため、過去の自己破産や個人再生を行った方は、キャッシングを検討する前に個人信用情報を開示し、情報が全て抹消されているか確認する必要があります。この問題は、免責確定通知が債権者に対して裁判所から送付されないといったことが関係しており、消費者金融やクレジットカード会社が破産手続き開始や免責許可決定の通知で登録情報の更新管理を忘れているといったことが関係しています。

そのため、個人信用情報を開示し、過去の情報が残っている場合は、免責許可決定通知などの書類の写しを送付し、情報更新を依頼する必要があります。何も気付かずにキャッシング審査で落ちてしまわないためにも、個人信用情報の確認は重要なこととなります。

困った時に役に立つ楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンは、年会費、入会金が一切不要です。申込みから融資まで最短で即日なので、急な出費で困ってしまい、すぐにお金が必要な場合は助かります。

楽天銀行の口座を持っていなくても申込み可能ですが、返済口座を楽天銀行にすると楽天スーパーポイントが貯まるメリットがあります。インターネットで24時間いつでも手続きが出来るので、申込み書の記入など面倒なこともなく、アプリをダウンロードすれば本人確認書類もスマホで撮影してすぐに提出できるので簡単です。

私も急な出費でお金に困ってしまい、誰にも相談できずにいた時、楽天銀行スーパーローンに申し込みました。誰にも知られることなく、審査から融資まで1日かかりましたが借りることが出来ました。

借りた後は返済の不安もありますが、楽天銀行スーパーローンはコンビニATMで手数料無料で返済も簡単です。10万円利用した場合は月々の返済額が2,000円からなので助かります。低金利で借入したい方にもオススメです。私は楽天銀行の口座を持っていたので、楽天スーパーポイントが貯まり、お得に利用することができました。借りやすく、返しやすい楽天銀行スーパーローンは、家族が居て内緒で借りたい場合でも安心です。

銀行カードローンの過剰融資問題による銀行の自主規制の影響は

銀行カードローンの過剰融資問題が止まりません。すでにメガバンクなどは自主規制を発表しましたが、この流れは地方銀行やネット銀行にも広がることはほぼ間違いないでしょう。銀行カードローンの過剰融資問題に介入している金融庁も銀行の自主規制の効果を見極めるということですから、何も自主規制をしない銀行はないと考えてもいいでしょう。

それでは、どのような自主規制を銀行が行うのかというとわかっているメガバンクの自主規制を参照すれば、貸金業法の総量規制のような自主規制になることが考えられます。すなはち年収の三分の一以上の融資は行わないとか、50万円以上の融資には収入証明書の提出を求めるなどです。

これらの銀行の自主規制のよって考えられる利用者に対する影響はまずは2つほど考えられます。

一つは銀行カードローンの審査がますます厳しくなるだろうということです。貸金業者よりも審査が厳しいと言われてる銀行の審査がますます厳しくなるだろうということです。

もう一つは銀行は以前ほどの信用をなくすということです。銀行のブランドを信頼して銀行だから安心できる、銀行だからお金を借りたいというような人は間違いなく減ることになるでしょう。

キャッシングの簡易審査の信頼性について

キャッシングサービスを提供する金融機関の公式ホームページにはたいてい簡易審査のページかコーナーが設けられています。少しの記入だけで審査をしてくれるで、利用した人も少なくないでしょう。しかし、問題は簡易審査の結果が本審査の結果にはどう結びつくのかです。

結論から言えば、ホームページの簡易審査と実際のキャッシングの審査とは全く関係ありません。簡易審査は匿名で利用できるので、本審査に何らかも影響はありません。しかし、簡易審査の結果については2つのことはいえます。

一つ目は簡易審査で融資ができないというような結果が出れば、本審査に通ることはまずないということです。その簡易審査を受けた金融機関のキャッシングの申し込むは無駄になりますし、申込み履歴に記載されますので、やめたほうがいいでしょう。

もう一つは簡易審査で融資が可能と言うような結果が出た場合ですが、簡易審査の記入項目に誤った情報を書き込んでいなければ、その簡易審査を受けた金融機関のキャッシングの審査にも通る可能性はかなり高いと考えていいでしょう。金融機関のホームページにある簡易審査がそれほどいい加減な結果を出すとは考えてられないと思われるからです。

大手消費者金融の無利息サービス!注意しないと損をすることも!

大手消費者金融のカードローンを契約すると、30日間無利息サービスが一般的です。しかし、この無利息期間は注意をしなければ、損をすることもあります。

特に、殆どの大手消費者金融のカードローンでは適用開始日が『契約日の翌日』となっており、『初回借入』からではないという点は見落としてしまいます。

借り入れする予定があるからと言って、ただローンカードを持っていると1ヶ月分のお得なサービスを受けられなくなります。

また、プロミスの無利息サービスは『初回借入』から適用になるものの、メールアドレスの登録やWEB明細を利用するといった条件があります。そのため、手続きを行わず、借り入れしてしまった場合、無利息サービスが受けられなくなります。

消費者金融のカードローンを契約する際、無利息サービスがいつから適用になるのか、そして適用をするためにはどんな条件があるのかしっかりと抑えることが重要となります。

また、無利息期間をよりお得に使う方法もあり、ボーナス月前に高額商品の購入が必要になった場合は、キャッシングで借り入れをして一括返済することで必要なものを手軽に手に入れることが出来ます。特にこの方法は、完済後にローンカードが不要となれば解約もでき、他社借り入れで無利息期間を利用することも可能です。これなら最低でも4回は無利息が適用できます。

キャッシングの審査で最も大きな点とは

キャッシングは働いているからこそ、利用することができるサービスです。その点はよくよく理解しておいたほうがよいでしょう。つまりは、収入がない人には貸すことができない、ということになります。銀行系のカードローンなどであれば別になりますが、キャッシングサービスにおいてはそうなっています。

銀行は例外的、ということになります。収入がないとダメ、というのは総量規制があるからです。ですから、どうしてもお金を貸してくれる意識があったとしてもそもそも法律的に貸すことができない、ということになっています。しかし、きちんと収入があり、そして余所からお金を借りていないのであればそれは殆ど心配することはないといえます。

つまりは、借りること自体はそんなに難しいことではない、ということになります。審査において大事な点はまずは収入であるわけですが、後は他からいくら借りているのか、ということになりますが、要するにこれは総量規制こそが根源たる理由、ということになります。

その点を頭に入れておいて、そして出来るだけ他からの借金があるならば減らしておくことです。そうすれば借りることができる可能性がとても高くなることでしょう。これが基本です。

アコムの申し込み方法はむじんくんとホームページが主流

アコムは大手の消費者金融ですが三菱UFJフィナンシャルグループの子会社でもあるのでメガバンクの三菱東京UFJ銀行の傘下にも入っている金融業者です。メガバンクの三菱東京UFJ銀行の傘下に入っている事でサービス面も強化されて顧客の信用度も高まってきている事から多くの人が利用しているのでしょう。

アコムの申し込み方法は電話や店頭窓口でも出来ますが、現在は無人契約機のむじんくんかアコムのホームページが主流となっています。そのためほとんどの利用客がむじんくんかアコムのホームページで申し込んでいます。

むじんくんかアコムのホームページのどちらにするかは人それぞれ変わってくるようです。融資スピードを重視する場合はむじんくんで申し込む人が多いです。むじんくんで申し込むと契約完了後にその場でカードが発行されます。そのためすぐお金を借りる事が出来るので融資スピードを重視する時にすごく好都合です。

利便性を重視する場合はアコムのホームページから申し込む事が多いです。アコムのホームページから申し込むと申し込みから借り入れまでの手続きをすべてホームページ上で出来てしまいます。そのためむじんくんに出向かなくてもいいので利便性を重視する時にすごく好都合です。

専業主婦でもキャッシングはできるのか

家計を預かる主婦が急にお金が必要になることは生活をしていると少ないことではありません。その時にキャッシングを利用することが出来れば、助かることもあるでしょう。

主婦がキャッシングを利用できるかどうかについては専業主婦なのかそうではないのか、利用する金融機関が銀行なのか貸金業者なのかで違ってきます。主婦であっても、パートやアルバイトなどで収入があれば、銀行であっても貸金業者であってもキャッシングを申し込むことは可能です。銀行は審査がどうなるか分かりませんが、貸金業者であればお金を借りることができる可能性は低くないでしょう。

しかし、専業主婦であればお金を借りるのはなかなか難しいと言わざると得ません。特に貸金業者は2010年の改正貸金業法によって総量規制の対象となりましたので、顧客の年収の三分の一以上の貸付はできなくなりました。事実上は年収がない専業主婦ではキャッシングを利用することができないと考えたほうがいいでしょう。

銀行は総量規制の対象となっていませんが、収入のない専業主婦が銀行の審査に通ることは簡単ではありませんが、配偶者の収入などによっては専業主婦であってもキャッシングができる可能性はないではありません。

銀行カードローンが人気となっている理由とは

消費者金融の貸付残高が大幅に減少している理由として、2010年6月の改正貸金業法完全施行の影響があります。貸金業法に基いて貸付が行われている信販会社と消費者金融では、貸付残高が年収の1/3以内に制限され、罰則付きで常に貸付残高に注意しなければならない総量規制が導入されました。多重債務者を減らす目的がありますが、実際には急に借りられなくなったことで、一時的に自己破産が増える原因ともなりました。

銀行カードローンは、銀行業法に基づき銀行が独自判断で貸付を行なうので、貸金業法の総量規制対象外のカードローンです。総量規制により消費者金融からの借入が出来ない場合であっても、銀行カードローンに申し込んで審査に通過すれば、年収の1/3を超える貸付を受けられます。

銀行カードローンは、貸付を行なう際に保証会社を利用しているので、実質的な審査は保証会社が行い、返済不能に陥った場合には銀行が保証会社に対して代位弁済請求すれば良いわけです。銀行が貸し倒れリスクを負う心配が無い分だけ、低金利で融資可能となることから、消費者金融よりも設定金利が低くなっている点も銀行カードローンが人気の理由です。借り換えローンとしても利用されるケースが増えており、銀行カードローンの貸付残高は増え続けています。

プロミスで少額借りる時に得られるメリット

プロミスは消費者金融なので総量規制の対象になっていて年収の3分の1以上の借り入れをする事が出来ません。また上限金利が高く設定されているので借り入れをした時に加算される利息も多くなってしまいます。これを見ると多額の借り入れをするにはあまり向いていない金融業者と言えますが、少額借りる時はメリットになる事が多くてすごく適しています。そこでプロミスで少額借りる時に得られるメリットを見ていく事にしましょう。

プロミスは消費者金融の中でも融資スピードがトップクラスで申込手続きを始めてから融資可能になるまで最短1時間と言われています。少額借りる時は金欠の状態になっていて生活費を補てんするなどが主な理由なので融資スピードが優れていると大きなメリットになります。

プロミスはWeb完結で手続きが出来るのでネットキャッシングが出来るというのも特徴です。少額借りたいという時は出来るだけ手間をかけたくないのでスマートフォンだけで手続きを済ませたいものです。ネットキャッシングが出来れば手間がかからないのでメリットになります。

プロミスは無利息期間のサービスがあるので借入日の翌日から30日間無利息でお金を借りる事が出来ます。少額借りる時は無利息期間内で返済するという事も可能なので無利息でお金を借りる事も出来てしまいます。しかし無利息期間のサービスは初めて利用する人が適用の対象となります。

即日融資可能なカードローンの利用

生活費が不足してしまったり、急な出費があったときにはお金を借りなければいけなくなるかもしれません。

特に急な出費で今日中にお金が必要になってしまったという場合には即日融資が可能なカードローンを利用したいですよね。

お金を借りることのできるところといえば、銀行や信用金庫、消費者金融やクレジット会社や信販会社などのノンバンクがあげられると思います。

即日融資を希望するのなら、銀行と消費者金融ではどちらを利用すればいいでしょうか。一般的に銀行のカードローンの審査は時間がかかると言われています。

銀行の審査は銀行と保証会社の2つの審査があるからです。一方、消費者金融の審査はその会社のみの審査なので、銀行に比べれば時間はかかりません。

実際、即日融資が可能なのは消費者金融のほうが多いです。消費者金融は即日融資が可能なところが多いですが、金利は銀行に比べたら高く設定されているところが多いので銀行で即日融資可能なところを利用するのもいいかもしれません。

カードローンの大きな魅力について

銀行系カードローンはお金を借りるのにはとても大きな魅力がある金融商品です。

消費者金融にはない色々なメリットがありますので、その点について紹介します。

1 金利面が安い

 基本的に銀行系カードローンの一番の魅力は金利の低さです

金利は上限で14パーセントくらいが一般的で消費者金融に比べると上限だけでも4パーセントくらいは安いといえます。

さらに安いところでは10パーセントの上限を割るくらいで下限も低く3パーセントくらいの最高下限のケースもあるので大変金利面でメリットあります。

2 返済方法などサービスが充実している

 また、銀行系カードローンでは返済の方法も多く、自社所有のATM以外でも様々な手段で返済が可能なのが魅力です。

消費者金融には、返済方法が限られていたりするようなケースがあるのですが、基本的に経営力がある銀行なら返済方法も整っています。

近年では消費者金融のような無利息期間や、即日融資のようなものもあり、より充実してきています。

3 銀行である安心感

 また銀行系カードローンは消費者金融に比べると、信頼が大きいのでお金はありやすいのです。

やはり信頼できる所でお金を借りられるというのは、返済も変なことをされないという安心感がありますし、

お金を借りていたとしても、消費者金融に比べれば、周りからの信頼も違います。

 そういった信頼感も大きなメリットです。

キャッシング 審査で注意することもある

クレジットカードでショッピングした一括払いにすれば利息が付きませんがキャッシングは1か月後返済した時でもキャッシング手数料が利息でつきます。そして、利息手数料は月単位でなく日数で加算されて、返済は1日でも早い方が安いです。そしてクレジットカードキャッシングでかかる金利は15~18%が多く、これは利息制限法といった法律により金額に応じた金利条件を定めていることで、各社とも大きいなさがない数値です。

また借りるとき返済計画をかんがえていてもいざ返済すると思わぬ出費が重なり、どうしても返済できないこともあり、もし返済が遅れればどうなのでしょう?返済日が過ぎても連絡しないでいれば数日後はがき、電話で催促がきて、それでも連絡がつかない時勤務先に借金返済催促電話が着ます。職場に借金がばれてしまうケースがありますが、この時点ではプライバシーにもなるべく配慮した対応をしてくれるでしょう。

そして、はがきで催促しても返済確認できなければ、最初より強い書き方で、督促状が送られれて、これを無視すればクレジットカードが使えなくなってしまいます。それでも延滞すれば、催告書がきます。こうしたことには注意してください。

専業主婦でも申し込みができる楽天銀行スーパーローン

利用限度額は最大で500万円、金利は年4.9%から14.5%と魅力的なカードローンサービスの取扱を行っているのが楽天銀行であり、スーパーローンは契約するだけでも1000円分相当の楽天スーパーポイントがもらえるので、多くの人に利用をおすすめできる銀行カードローンとなっています。

さらに楽天銀行スーパーローンは幅広い人からの申し込みに対応をしていて、殆どの金融機関では申込不可としている専業主婦からの申し込みにも対応しているのです。他の金融機関では申し込みを断られてしまった専業主婦の方でも楽天銀行スーパーローンなら契約できる可能性が高いので、申し込みをおすすめします。

楽天銀行スーパーローンは専業主婦には専用の申し込みページを設けています。

専業主婦の契約条件は通常のスーパーローンはやや内容が異なり、収入証明書類の提出は一切不要で、利用限度額は最大で50万円、金利は14.5%という条件になっています。多くの金融機関では専業主婦の方の申込の場合、配偶者の収入証明書類の提出が求められることが一般的ですが、楽天銀行スーパーローンの場合は配偶者の収入証明書類も不要なので、比較的容易に申し込みができます。

もちろん、専業主婦の申し込みでも1000円分相当の楽天スーパーポイントはもらうことができます。

大手消費者金融の借換えローンの比較

複数の会社からの借入を一社にまとめるローンサービスである借換えローンは、有効に活用することで返済金額の総額を減らすことができますし、返済計画を立てることも遥かに容易になります。複数の会社からキャッシングをしていて、返済に困っている人には特におすすめのローンとなっていますし、大手消費者金融3社も借換えローンサービスの取扱をしているので、比較的申込もしやすいと考えられます。

しかし、大手消費者金融3社であるアコム、アイフル、プロミスが3社とも取扱いをしているとなると、どの会社の借換えローンを選んだら良いのか迷ってしまうことでしょう。そこでこの大手3社の借換えローンについてポイントを抑えながら比較をしてみます。

・アコム(借換え専用ローン)

契約極度額は300万円で金利は年7.7%から18.0%になっています。契約の際に必要となるのは、運転免許・収入証明書・返済用の口座の届出印になります。

・アイフル(かりかえMAX)

契約極度額は500万円で金利は年12.0%から17.5%です。契約をする際には運転免許・収入証明書・他社の借り換え状況を確認できる書類となっています。

・プロミス

契約極度額は300万円で金利は年6.3%から17.8%です。契約の際に必要となるものは運転免許と収入証明書になります。

契約極度額と金利を中心にピックアップしましたが、契約極度額と最大金利はアイフルが優位で、最低金利はプロミスが優位となっています。自分にはどの会社があっているのかをよく見極めて借入をすると良いでしょう。

クレジットカードのキャッシングを使ってお金を借りましょう

近年のインターネットショッピングの急速な普及によってますます私たちの生活に欠かすことのできないものになってきた金融サービスであるクレジットカードは多くの人が保有している便利な決済手段の一つとなっています。

クレジットカードを使って決済することで、たとえ手元にお金がなかったとしても簡単に品物を買うことができます。また事前にキャッシング枠に申込をしてクレジットカード会社の審査を通過していれば、限度額の範囲以内でキャッシングも行なうことができるので大変に便利なサービスだといえるのです。

クレジットカードを使って現金を手に入れようとするとき、キャッシング枠を使ってクレジットカード会社からキャッシングする分には何の問題もありませんが、キャッシング枠を使って現金を手に入れようとする「クレジットカード現金化」は違反行為となるので注意を払う必要があります。

クレジットカード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠をつかって商品を購入し、それを業者などの第3者に売却して現金を手に入れようとする行為のことをいいます。

これはクレジットカードの規約違反ですし、クレジットカード現金化に関する金銭トラブルは数多く報告されていて消費者庁でも注意が呼びかけられているのです。

お金を手に入れようと思うなら、クレジットカードのキャッシング枠を使って、堂々とキャッシングをしましょう。

複数の会社の返済をうまく行うコツ

キャッシングを使っている人が困ることの一つに、自分が今どれくらいのお金を借りているかが分からなくなるというものがあります。

1社だけであれば良いのですが、複数のキャッシング会社を利用しているとどうしてもお金の管理がむつかしくなってくるわけです。

ですから、融資枠にある程度余裕があるのであれば、できれば1社にまとめるのが、一番ストレスなくキャッシングを利用できるコツになります。

しかしながら、それもむつかしい方もいらっしゃることでしょう。そんな時には、リボ払いでの返済に統一するというのが便利です。

少額であれば一括にしようと思うのが普通だと思いますが、それによってお金の管理が混乱する原因になりますから、まずはすべての返済をリボ払いに統一します。

そうすると、会社の数かける一定額を掛け合わせるだけで、今月の返済額がわかりますから、非常にスムーズです。

そして、リボとは別にお金に余裕ができたら別途返済をしていくと、手数料も抑えられて一石二鳥です。

そのときに別途返済をする会社は、一番融資額が少ないところにすると良いでしょう。そうすることで、複数利用している会社を一つ減らすことができ、そして借入をしていないキャッシングは緊急用として使うということにすれば、融資額の混同を避けることができます。

複数のキャッシング会社を利用するのは、融資額が増えるのでとても便利ではありますが、管理に気を付ける必要が出てきます。なので、こうした工夫をすれば、お金の返済し忘れも防ぐことができるわけです。

即日で利用出来るキャッシングサービスを使いこなせる

お金の支払いが行えなくなると築き上げた信頼が失われる事もあります。その問題を避けるためには常に余裕のある経済状態を維持するべきです。

しかし抱えている事情によってはお金に余裕を持つ事が不可能なケースも存在します。その時に有用なのがお金を借りられるキャッシングサービスです。消費者金融や銀行に依頼する事で、必要なお金を用立ててもらう事が出来ます。ただしキャッシングサービスを活用すると、借りた金額に利息分が上乗せされるため注意が必要です。財布の中身に余裕のある状態でキャッシングサービスを用いると、利息分が追加される事もあり損失を抱える結果に終わる事もあります。

理想は必要になったタイミングで利用出来るキャッシングサービスです。それを実現したのは消費者金融の即日融資を請け負うサービスだと言われています。審査基準をクリアしている顧客の要望に応じて直ぐに融資を実行するサービスです。優れた条件で提供されるサービスのため、利息分の条件は通常のキャッシングサービスよりも劣ると言われています。

しかし必要に応じて利用可能なので、無用な利息分の支払いを行う事はあり得ません。キャッシングサービスは内容に応じて、利用すべき商材は大きく変動します。賢いユーザーになって損したくないのであれば、サービスの性質やルールを熟知する事が肝要です。そうすればトラブルに行き当たった場合でも、利用すべきサービスを判断出来るようになります。

キャッシングのアコム店舗・ATM情報
http://cashinglabo.info/acom/

存在を忘れていたカードローンを久しぶりに利用しました。

なんとなくでカードローンを契約してから半年経ち、そういえば最初に数万円借りてからまったくカードローン使っていないなと気が付きました。

申し込みの時も大して苦労しませんでしたし、インターネットの申し込みだったので印象が薄くカードローンの存在をまったく忘れていました。

返済も次の月に一括で終わらせてしまったし、しょうがないですよね。

ですがせっかく契約したのだから使わないのはもったいないと思い何か買ってみる事にしました。

せっかくですから、昔欲しかったものなんか買ってみようかなとインターネットをいろいろ見ていたのですが・・・欲しいものがありすぎて困りました。

検索しなければ良かったです。

昔欲しくて手が出なかったものが今カードローンとネットショップを使えばかなりの数買えます。

なんて良い時代になったのでしょう。

昔はあちこちのお店を回っても見つからなかったりしたものが自宅にいながら見つける事が出来ます。

さらにカードローンを利用すればそれらを余裕で買う事が出来ます。

有難いです。

ですが、買えるからといって全部買ってしまうと返済がきつくなってしまいそう・・・でもこれくらいなら・・・と数日悩みました。

結局また数万円だけ借りてとりあえず一番欲しかったものを買いました。

この返済が終わったら次に欲しかったものを買おうと思います。

今からちょっと楽しみです。

おまとめローンのデメリットを考えてみる

おまとめローンとはいったい何でしょうか。それは現在、複数の消費者金融から借り入れをしている場合にはその複数のローンを銀行などの一社にまとめるというものです。つまり、複数のローンを一本にまとめることからおまとめローンと言われています。実際に、おまとめローンを行うことによるメリットはたくさんあります。しかし、やはりデメリットもあります。今日は考えられるデメリットについて記したいと思います。

まず、デメリットのひとつは金利はそれほど低くならないということです。実際、消費者金融の複数のローンを銀行などのローンに一本化する際には、確かに金利は低くなると思います。しかし、それはあくまで消費者金融の金利と比べて低くなるという意味です。相対的に比較してみると実はそれほど金利は低くなりません。

次に考えることができるデメリットは手続きが面倒、さらに長くかかるというものです。おまとめローンを利用しようとする場合には、現在のローンの状態、さらに審査を受けるための様々な書類を準備する必要があります。実際に、かなりの時間とエネルギーがかかる作業です。

以上、おまとめローンを利用するデメリットについて記しました。このデメリットよりもメリットがあると判断してみてから考えてみてください。

キャッシングの自動契約機はとても便利

お金が無いという方の中にはキャッシングを利用して借り入れをしたいと考えている方もいるでしょう。キャッシングをするためには消費者金融に申し込みをして審査に通り、契約を成立させることが必要となります。銀行でもキャッシングをすることが出来ますが、より手軽に申し込みなどを行える消費者金融はお勧めです。

消費者金融の場合は街中に自動契約機を設置しています。大手の会社であればいろいろな場所に設置しているので、見たことがあるという方も多いのではないでしょうか。この自動契約機ですが、使い方が難しそうというイメージを持たれている方もいます。しかし、実際はとても簡単に申し込みを行うことが出来るのです。

自動契約機は無人となっており、中に入ると音声で申し込みの案内をしてくれます。そこで画面をタッチして申し込みを進めていきます。途中で利用目的などを聞くために担当の方と電話をすることもありますが、丁寧に対応してくれるので問題は無いでしょう。

その場で審査の結果を知ることも出来るので、自動契約機はとても便利なものといえるでしょう。

業者、融資額によって違うキャッシングの利息

キャッシングの利息は、融資額によって異なっています。

小額のキャッシングの場合は最高18%の年利になりますが、借りる額が多くなればなるほど年利は低くなっていきます。
なので複数社で少しずつ借りるよりも、一社でまとめて借りるほうが金利は有利になります。それ以外にも借り入れる本人の信用に比例して若干異なった利息になります。

現在はキャッシングサービスは消費者金融以外でも利用することが出来ます。その一例としては銀行のサービスで行われているキャッシングサービスがあります。

こちらは消費者金融とほとんど変わらない審査で、同じ額を借り入れる場合は消費者金融よりも低金利で借りることが出来ます。
信用情報に傷がなく、安定した収入がある方ならまず銀行キャッシングの審査を受けてみると良いでしょう。

短期で融資を受ける予定の場合は消費者金融のほうが有利な場合があります。初めての借入に限りますが、大手消費者金融の一部では30日間に限り金利ゼロ円というサービスも行っています。
短期の利用の場合はこういったサービスを選択するのも賢い手段と言えるでしょう。

借りる業者、借りる期間、借りる額によって支払う利息はそれぞれ違ってきます。1%が大した差ではないような気もしますが、100万円を1年借りたとすると1%の金利では1万円も金利が違ってくるということです。

また同じ額を借りた場合でも、返済期間が長くなるほど当然ですが支払う利息の総額は変わってきますので、キャッシングの利用は計画的に行いたいですね。

無利息で利用できるカードローン

カードローンの中には、無利息の期間を設定しているケースがあります。たとえば30日以内なら全額無利息とか、5万円以内なら180日間無利息といった具合です。審査についても特に厳しいというわけではなく、一般的な審査と同じで、無利息期間がサービスでついてくるといった感じです。

この無利息カードローン、初めての契約者に限ってというケースが多いようです。つまり2回目の借り入れからは利息が生じるということです。逆にいえば1回だけの利用で、定められた期間内にお金を全額返済できるとすれば、無利息カードローンのメリットは大きいということです。利息を払わなくていいので、余計な出費がなくなるからです。

なぜこのようなことをするかというと、カードローン各社の新規顧客開拓のためです。一度契約してしまうと積極的に他社に乗り換える人が少ないため、利息のもうけをゼロにしてでも新しい顧客を開拓していこうという苦肉の策といっていいでしょう。

上にも書きましたが、2回目以降は利息がかかってしまうケースが多いです。利払いによる余計な出費を抑えたいならカードローンの利用は1回だけ、可能なら給料日間際の確実に返済ができる時期に、計画的に行うことが大切です。詳しくはカードローン各社のサイトをご確認ください。

複数の借り入れをおまとめローンで一本化する

いつの間にか、複数の会社から借り入れることに成り、返済に追われるようになってしまったら、一度おまとめローンを検討してください。借金を、数社で借り入れるよりも、一社にまとめる方が、一般的には金利が低くなります。

さらに一社に管理がまとまることで、返済計画も立てやすくなります。数社に分散していれば返済期日も、返済金額もバラバラで管理に労力を使いますが、おまとめで1社にすることが出来れば、金利面だけでなく管理面でも大きな利点が有ります。

おまとめローンは、銀行や、消費者金融でも行っていますが、おすすめは、銀行系のおまとめローンです。

銀行系のおまとめローンは、金利も消費者金融系に比べると低く、まとめた時の返済金額で大きな差が付きます。ただし審査は、消費者金融系に比べると厳しいため、まず銀行系に申し込んで、審査に通らなっかった時には、消費者金融系のおまとめローンに申し込んだらよいでしょう。

おまとめローンは、総量規制の対象外になっていますので、金額が年収の3分の1を超えても審査が通れば利用できるメリットが有ります。

おまとめのローンのリスクは、もしもまとめる前の借り入れに上限金利を超えた分などが有ってもまとめた後では返還請求などが出来なかくなることが有る点や、返済期間が長くなることが有る点です。

それでもメリットが多いので複数の会社より借り入れがある人は検討してみて下さい。

キャッシングの返済で大きく得する方法

キャッシングやカードローンを利用する場合、どうしても金利ばかりに目が行きがちですが、実は返済による手数料を節約することでかなりお得に利用することができるのです。

ここで紹介しますのが返済方法で得をする方法。

もしあなたがインターネットを利用するならば、ぜひ返済をネットでしてみませんか?

アコムとプロミスはネットでの返済が可能で、24時間365日いつでもどこでもキャッシング返済が可能です。

この24時間365日というのが大きな要因で、土曜日日曜日もその場で返済ができるため、金曜日に返済できなかったという場合でも月曜日まで返済を待つ必要がないのです。

この3日分は金利にすると大きなもの。早く返済することでその日数分の手数料は確実にお得になります。

もう一つインターネット返済がお得な要因はATM手数料が無料になるということです。

実はコンビニ等での提携ATMを利用して返済すると手数料が108円から216円ほどかかっているのをご存知でしょうか?

毎回この手数料を支払っていると考えると、かなりの大金を手数料で払っていることとなります。インターネット返済にこだわれば一切その費用はかかりませんのでお得です。

しかしこのネット返済を行う際にはネット銀行の口座が必要。楽天銀行の口座を持っておくことで返済はとても便利です。また、楽天銀行自体もキャッシングプランがありますので、検討してみても良いかもしれません。

実は金利よりも手数料で大きなお金を使ってしまっていませんか?インターネット返済でお得なキャッシングやカードローンとしてください。

アルバイトではキャッシングできない?

突然お金が必要になる場合がありますよね。

それは正社員で働いている方も、主婦の方もアルバイトをしている方も同じではないでしょうか。

ではその場合どこからお金を借りますか?

友人から、家族から借りるのが一般的かもしれません。

しかし、いつも借りれるとは限りませんよね。

その場合に頼りになるのがキャッシングではないでしょうか。

でも、正社員で働いているのならキャッシングできるだろうが、アルバイトではキャッシングは利用できないと思っていませんか?

そんなことはありません!

アルバイトでもキャッシングを利用することができるのです!

ただし、アルバイトの場合には少し条件が必要になります。

まずは安定した収入があるということがキャッシングをする上で大切な条件になります。

なので毎月アルバイトをしていて収入がある事が大切です。

そしてそのアルバイトしている期間も大切になってきます。

最低でも半年間はアルバイトを続けていなければいけません。

できるなら1年間のアルバイト実績があればなおキャッシングの審査を通りやすくなるでしょう。

そしてアルバイトだから審査に通らないかもと何社にも審査依頼をするのはやめましょう。

キャッシング会社からの信用がなくなってしまい、審査に通るのが難しくなってしまいます。

自動契約機でも便利なキャッシングについて

お金を借りる、キャッシングを利用するという事にとても抵抗を感じている方も多いと思います。とは言っても、急な出費でどうしてもお金が必要となる事は、誰もが経験していると思います。そんな時に、気軽にキャッシングをする事ができる自動契約機が便利です。

キャッシングを利用する理由は様々です。生活の足しに、給料日前の数日間を乗り切るためというやむを得ない事情で利用する主婦や、学生、会社員の方が利用しています。

しかし、キャッシングを利用するときに窓口まで行くこともハードルに感じる方も多いはずです。出来れば、長居せずに素早く借りて幼児を済ませてしまいたい、誰にも見られたくないという方も多いと思います。自動契約機について少し知っておくとスムーズですし、安心なので紹介しておきましょう。

自動契約機の場合、入室すると自動でロックされます。その後他の人が侵入できないようになっています。初めてでビックリする方も多いですが、実は安心の機能ですね。契約機の前に立つと、収入、他社での借り入れがないかどうか?など質問されて進行していきます。無事に審査が通過すると、口座に振り込まれます。

そして、借り入れなどの書類なども郵送されないなど、家族などにも知られずにキャッシングができるという点でも、ハードルを下げてくれています。

しかし、誰にもバレないために自制して利用しないとどんどんキャッシングをして、感覚がマヒしてしまう事もあります。

また、多数の借り入れを行うと返済額が分からなくなってしまったり、金銭感覚もくるってしまうという事もあります。計画的な金額、返済計画を立てていないと借入額は無限に膨らんでしまいます。

キャッシングを利用する際には計画的な利用が大前提です。
そして、お金が不足してしまう生活を見直すことも大切です。

カードローンにも種類があります

カードローンと一言で言っても、その種類は様々ですし業者によって金利や審査基準なども大きく変わってきます。

基本的に現在流通しているカードローンには2通りの種類があり、一つは貸金業法下で利用されているカードローン、もう一つは銀行などが発呼しているカードローンです。

この二つの大きな違いは借りることが出来る金額の上限で、貸金業法下で流通しているカードローンは総量規制と呼ばれる法律の対象となるため、年収の三分の一までしか借りることが出来ません。
これには例外は一切なく、全ての人に適用される規制となります。

一方銀行の場合は貸金業法ではなく銀行法下での営業となるため、総量規制の対象とはならず、年収の三分の一以上の借り入れが可能になっていると言われています。

金利に関しても銀行のほうが大幅に低いですから返済のことを考えた場合には銀行のカードローンのほうが使いやすいと言えるかもしれません。
しかしデメリットも存在しており、消費者金融の場合収入が安定していれば貸し付けが可能になるのに対し、銀行の場合は年収制限を行っている場合もあるため収入が少ない人は利用できないというケースも少なからず存在しています。

特に大手銀行や地方銀行では制限を設けていることが多いため、利用者が限定されてしまうということもあります。
しかし例外も存在しており近年利用者が増えているネット銀行に関しては年収の制限を行っていない場合が多く、利用できる人も多いですから消費者金融と同じような使い方が出来る場合が多いようです。

唯一の欠点は、ネット銀行の場合カード発行が即日出来ないということがほとんどのため、カードが郵送されてくるのを待たなければいけないというデメリットがあります。

即日融資を希望する場合にはやはり消費者金融のほうが確実に速いですから、この点では消費者金融のほうが使いやすいと言えるでしょう。
自分の使い方に合ったカードローンを探して申し込みを行うとよいでしょう。