キャッシングの本人確認と在籍確認とは?

キャッシング審査で必ず必要になってくるのが本人確認と在籍確認です。本人確認とは、直接、窓口などに行き、本人であると言う事を証明すると言うものではなく、あくまでも、書類の提出となります。運転免許証で本人確認を行う人が多くなっていますが、運転免許証を持っていない場合は、パスポートや健康保険証と住民票のセットなどで、本人確認を行います。

また、これらの書類は、メールで添付し送るほか、アプリを利用する事で簡単に済ませる事が可能です。その為、キャッシングにおける本人確認においては、何も心配する必要はないかと思います。

一本、同じキャッシング審査の確認事項として、心配する人が多いのが在籍確認です。在籍確認とは、明記している勤務先に本当に勤務しているか確認する事を指し、基本的に勤務先に電話をかけ行う仕組みになっています。

もちろん、消費者金融などの企業名を伝える事はありません。あくまでも、個人名で電話kがかかってくる為、勤務先に在籍確認であると言う事を知られる事はないと言われています。しかし、現代では、個人的な用事は、個人の携帯やスマホにかかってくる事も多いのではないでしょか。そんな中、勤務先にかかってくる電話に違和感を感じる人もいるかも知れません。その為、その時の対応策をあらかじめ考えておく事をお勧めします。

消費者金融の審査は、専業主婦やフリーターでも通過できるケースがあります

サラリーマンでないと消費者金融の審査に通らないのではないか、と考えている方は専業主婦やアルバイトでも融資をしてもらえる金融機関がありますので、利用してみてはいかがでしょうか。

一般的には消費者金融は安定した収入を得ているサラリーマンが融資してもらえると認識されていますが、家族に安定した収入を得ている人がいたり、本人に定期的な収入がある場合には融資をしてもらえるケースがあります。消費者金融業者のホームページでは、融資を受けられるかどうかについて簡単な審査を受けることが出来ます。

数秒で終わるシミュレーションですので、まずはシミュレーションをしてみてはいかがでしょうか。即日融資してもらえる業者もあります。

キャッシングの審査は信用情報が重要

キャッシングの審査では、その人の信用情報の状態がどういうふうになっているかということがとても重要です。

信用情報とは何かというと、キャッシングやクレジットカードやローンなどの金融商品をその人がどれぐらい利用していて、どのように返済しているのかが毎月詳細に記録されている情報です。

はじめて利用するキャッシング会社に申し込みをしても信用情報という記録によって別の会社のローンの利用履歴もしっかりと確認されていますので、以前に滞納や債務整理になった経験があるとそれが判明します。

キャッシングの審査では信用情報機関という場所でこの情報を調べますので、これから申し込みをする会社と関係のない会社で債務整理をしていてもバレてしまいます。

他社の利用金額も信用情報で分かりますのでウソの申告をするとバレてしまいます。

債務整理とは借金を契約どおりに返さなかったということですので、キャッシングの審査ではかなりのマイナスになります。

キャッシングの審査ではそのほかに年収や家族構成などの情報も考慮されて総合的に返済能力が判断されています。

信用情報に問題があるとキャッシングの審査に合格できなくなってしまうので気をつけましょう。

楽天銀行カードローンは女性にもおすすめ

女性の社会進出が活発になっているということもあり、近年では年齢や性別に関係なく、カードローン商品のニーズが高まっています。初めてカードローンを契約しようと考えている女性にもおすすめできるカードローンの一つとして、楽天銀行のカードローンが挙げられるのですが、楽天銀行カードローンにはどのようなメリットがあるのでしょうか。女性にもおすすめできる理由などについて触れながら、詳しく見ていきましょう。

・銀行カードローンなので安心・お得

楽天銀行カードローンは、銀行系カードローンなので、消費者金融系のカードローンと比較して、高利用限度額・低金利で契約できるケースが多くなっています。まとまった金額を借り入れても、お得に無理のない返済がしやすくなっています。

・あらゆる職業の人が申し込みできる

楽天銀行カードローンは、パート従業員やアルバイト店員でも安定した収入があれば契約は可能となっています。また安定した収入がない専業主婦でも、配偶者に安定した収入があれば契約は可能とされています。

・来店不要で契約できる

インターネットで申込手続きから契約手続きまでの全ての手続きができるようになっています。ひと目が気になる人でも安心して申込みができますね。

おまとめローンは余力があるうちに利用しよう

複数の金融業者からの借入がある人にとって、おまとめローンへ借り換えれば毎月の返済額が少なくなると考えている人もいるでしょう。確かに借り換えによって、金利が下がることはありますが、毎月の返済額が少なくなる方向での借り換えは、返済総額をかえって増やしてしまう結果を招きかねません。ポイントとなるのは、毎月の返済額のうちいくらが元金返済分となっているのか把握しておくことです。

現在の返済額総額から、元金返済充当額を計算した合計額と、おまとめローンへ借り換えた時の元金返済充当額が同じであれば、低金利となった分だけ返済総額を引き下げることが出来ます。しかし、元金返済充当額が減ってしまうと、返済期間が伸びてしまう結果となるので、数%程度の金利差ならば逆転しておまとめローンで支払った方が損をしてしまうことが少なくありません。

また、おまとめローンの返済期間中は、追加借入が出来ないという貸金業者間での自主規制が働くので、急な支出が発生した時に困ってしまうでしょう。おまとめローンを利用して完済を目指す際には、同時に貯金が出来る程度の計画性と余裕を持って返済を続ける必要があります。単に支払いが楽になるからという理由でおまとめローンを利用することは望ましくありません。

キャッシングにおける総量規制対象外について

キャッシングでお金を借りようとしても、無制限に借りれるというわけではありません。申込者の収入やその他の項目を総合的に判断して決められ、上限金額においては貸金業法によって制限されています。この賃金業法において最も注意したいのが、総量規制による制限になります。そこで今回は、キャッシングにおける総量規制対象外についてご紹介したいと思います。

総量規制について

平成18年に成立した改正貸金業法に基づき、平成20年6月に総量規制が施行されています。総量規制とは、貸金業者からの借入は年収の3分の1を越えて借入することはできない、といったものになります。規制の主な目的は、多重債務者対策として過剰な貸付を抑制し、借金返済に困窮する状況を根絶することを目的として施行されています。

対象となる借入について

総量規制の対象となる借入は、消費者金融や信販会社・クレジット会社などの貸金業者からの借入になります。したがって、これらの機関から既に借入のある方や年収の低い方などの場合は、総量規制の制限によってあわせて年収の3分の1までしか借りる事ができなくなります。

一方、銀行や信用金庫、信用組合・労働金庫などでは、銀行法に基づき業務が規定されていますので、これらの機関からの借入は総量規制対象外となり、融資申込みにおいては年収による縛りがないという事になります。

複数の借入があって総量規制に接触する為に消費者金融等の利用は不可能、しかしどうしても借入れが必要な場合には総量規制対象外の銀行等のキャッシングに申込むという方法があります。しかし総量規制の対象にならないからといって審査が甘くなるという訳ではありませんので注意が必要です。

楽天銀行スーパーローンをおまとめローンとして利用する2つのオススメの理由

複数の業者から借り入れをしている時に返済しやすいようにおまとめローンを利用して一つのまとめますが、楽天銀行スーパーローンをおまとめローンとして利用するのがオススメと言われています。

楽天銀行スーパーローンはネット銀行のカードローンで手続きをすべてネット上で行うのが特徴ですが、なぜおまとめローンとして利用するのがオススメなのか理由を挙げていく事にしましょう。

楽天銀行スーパーローンは上限金利が14.5%に設定されていて低金利の銀行カードローンと言われています。それで通常のキャッシングをする時もお得感がありますが、おまとめローンとして利用するとさらにお得感があります。

楽天銀行スーパーローンは金額が大きいほど利率が低くなるので通常のキャッシングをする時より金額が大きくなる事が多いおまとめローンとして利用すると金利が低くなります。それにより加算される利息が大幅に少なくなるので返済しやすくなります。

おまとめローンは複数の業者からの借り入れを一つにまとめる目的のローンなので審査が厳しくなりますが、楽天銀行スーパーローンは通常のキャッシングと同じ審査が行われます。それにより他の業者のおまとめローンより審査の可決率が高いので利用しやすいです。

キャッシングの審査では他社の利用状況がしっかり把握されている

もしあなたがいままでにローンやクレジットカードで長期滞納をしたことがあったり、債務整理をしたことがあれば、そのことは約5年間にわたって信用情報機関に記録されます。

キャッシングの審査では他社でどれぐらい借りているか、何社から借りているかという情報も伝える必要があります。

その会社をはじめて利用する場合なら、全く関係ない別の会社のローンやクレジットカードの利用分はわからないと考える人がいるかもしれません。

しかし、キャッシングの審査では、現在の他社の利用状況や、過去の利用状況までしっかり把握されて審査のときに参考にされています。

これは信用情報機関というところで、個人情報とともに、融資やクレジットカードの詳細な利用履歴が保管されているからです。

こういった情報は、個人信用情報と呼ばれ、カードローンの審査では必ず確認されています。

他社を何件か利用しているぐらいなら問題ありませんが、過去に長期的にキャッシングの返済を滞納したり、債務整理をしたことがあればそれが別の会社のキャッシングの審査でもしっかりわかるのです。

信用情報にそんな否定的な情報が残っているとき、他の会社のカードローンの審査を受けても合格することは困難です。

みずほ銀行カードローンのキャッシングカードの種類別で利用する事が出来るATMは?

みずほ銀行カードローンのキャッシングカードはキャッシュカード兼用型とカードローン専用型がありますが、利用する事が出来るATMが異なってくるのでしっかり把握しておく必要があります。そこでキャッシングカードの種類別で利用する事が出来るATMを確認していく事にしましょう。

・キャッシュカード兼用型は提携金融機関とゆうちょ銀行は利用不可

みずほ銀行カードローンでお金を借りる時はみずほ銀行ATM、提携ATM、提携金融機関ATM、ゆうちょ銀行ATMになっています。しかしキャッシュカード兼用型のキャッシングカードを持っている時は提携金融機関とゆうちょ銀行のATMを利用する事が出来ません。提携金融機関とゆうちょ銀行のATMを利用しようと考えている人は注意しましょう。

・カードローン専用型は全部利用する事が可能

キャッシュカード兼用型のキャッシングカードは利用する事が出来ないATMがありますが、カードローン専用型のキャシングカードは全部のATMを利用する事が出来ます。特に提携金融機関とゆうちょ銀行のATMを利用したいと考えている人はカードローン専用型のキャシングカードを発行してもらった方がいいでしょう。

キャッシングカードの種類別で利用する事が出来るATMはこのようになっているので申し込む前にしっかり確認しておきましょう。

楽天ローンをおすすめするわけ!

急な出費が必要な時、頼りになるのはカードローンですよね。でもカードローン会社はたくさんあって、どこが評判いいのかわからない。

そんなあなたにおすすめなのは、ズバリ楽天ローンです。

楽天の名前は、一度は聞いたことあるのではないでしょうか。TVCMでもおなじみの楽天グループが運営しているカードローンです。

楽天グループは大企業なので、信用もあり、安心ですね。

ざっと調べてみたところ、金利は年1.9%~14.5%となっていて、業界でも低水準です。

無駄な金利は払いたくない方におすすめです。

また、期間限定で年0.95%~7.25%となる時期もあるので、これは見逃せません!

さらに最大貸出限度額はなんと800万円!この規模まで貸出可能なところは、そうそうありません。

これもアピールポイントですね。

勤務先で正社員ではなくても、パート・アルバイトでも貸出可能なのも、うれしいところ。

一般的には学生は貸出不可のところが多い中、満20歳以上で、パート・アルバイトをしていれば、学生さんでも貸出OK!

今なら、カードローン入会で楽天ポイントが1000ポイントたまります。

貯まったポイントは楽天市場で使えるし、街中の買い物でも使えるところが多いので、これは助かりますね。

借りるなら、楽天ローン。おすすめです。

イオン銀行カードローンの2つのメリット

大手スーパーなどを展開しているイオンの金融部門のイオ銀行がカードローンのサービスを提供しているので最近では大手銀行のカードローンよりイオン銀行カードローンを利用する人が増えてきています。イオン銀行カードローンは20歳以上満65歳未満で安定した収入を得ていれば誰でも利用する事が出来ます。そこでイオン銀行カードローンを利用してお金を借りるとどのようなメリットがあるのか見ていく事にしましょう。

・大手銀行のカードローンより金利が低い

大手銀行のカードローンは上限金利が14.5%ぐらいで設定されている事が多いですが、イオン銀行カードローンは上限金利が13.8%で設定されています。大手銀行カードローンより金利が低く設定されているので返済する時の事を考えると大きなメリットになります。

・ATMでも24時間いつでも借入可能

大手の消費者金融のATMは営業時間があるので借り入れする事が出来る時間も限定されてしまいます。しかしイオン銀行のATMは24時間営業しているのでイオン銀行カードローンを利用してお金を借りる時も24時間いつでも手続きをする事が出来ます。ATMでも24時間お金を借りる事が出来るのは珍しいのでメリットになります。

イオン銀行カードローンを利用してお金を借りるとこのようなメリットがあるので最近では人気のカードローンとなっています。

キャッシングの審査で提出する書類について

キャッシングの審査のときに提出する書類は、公式Webページで必要書類の確認をしておきましょう。

審査がはじまってから準備をはじめると時間がかかることもありますので最初から調べておくべきです。

借入れ審査で必要なものは、身分証明書と所得証明(収入証明)2種類の書類が基本です。

もしあなたが運転免許証を持っているならば、そちらを優先的に使うようにしてください。

運転免許証はどのキャッシングでも使えます。

そのほかは、健康保険証かパスポートなら問題ありませんが、それ以外のものは要注意です。

使えるかどうかを公式Webページで確認したり、電話で相談しておくのがおすすめです。

収入証明書としては何が使えるのでしょうか?こちらは源泉徴収票があるならばそれを使うのがおすすめです。

源泉徴収票は、前の年の収入を1年単位で正しく知っていることができるからです。

源泉徴収票は会社に発行してもらうようになりますので、すぐに準備ができる給与明細を使うという方法もあります。

給与明細が紙で発行されているならそれを使うのもよいでしょう。

提出は郵送の代わりに画像ファイルとして送信できます。

キャッシングの会社からの説明に従って、スマホなどで写真をとり、ウェブサイトから提示します。

即日融資を狙うなら2つの申込み方式を利用しよう

急にお金が必要となった際には、キャッシングの申込みを急いて何とか即日融資を受けることを狙います。問題となるのは、即日審査をしてもらえるかという点だけでなく、即日融資を受けるために振込融資または専用ローンカードによる借入れが必要となる点です。大手消費者金融が全国に設置している自動契約機ならば、その場で審査結果が出るだけでなく、専用ローンカードも発行されるので、併設されているATMですぐに借入れ出来ます。

一方、インターネットを経由した申込みならば、WEB完結申込みといった手段が使えるので、即日審査は手軽に行えるでしょう。振込融資を行なってもらうためには、審査完了が平日14時までに終わっていて、同時に振込融資を手配出来なければ即日融資は難しくなります。

専用ローンカード発行ならば、窓口発行または自動契約機発行を選択出来る金融業者を選ぶことで、即日融資まで辿り着くことが出来るでしょう。ポイントとなるのは、振込融資を行なうためには、審査完了と振込融資依頼時間に銀行営業時間内という期限がある点に注意が必要です。

先に振込融資が必要となる申込みを行い、すぐにその場で専用ローンカードが受け取れる自動契約機コーナーを使った申込みを後とすれば良いでしょう。

自動契約機でのキャッシングは電話確認しておくと良い

自動契約機コーナーへ直接向かえば、キャッシングの申込みから借入れまで簡単に出来ると考えがちです。しかし、自宅でインターネット経由の申込みを行なう場合とは異なり、必要書類が不足していた場合には、一度家に取りに戻って再度申請をしなければなりません。事前にコールセンターへ必要書類を確認してから自動契約機へ向かえば良いですが、後から追加書類が必要となった場合には、同様に再度申請が必要となる点は変わりません。

自宅でインターネットを利用してキャッシング申込みを行なったとしても、審査完了後に自動契約機へ専用ローンカード発行に向かうことが出来ます。最初から自動契約機でキャッシング申込み手続きを行なう理由には、パソコンやスマートフォン経由での申込みに自信が無い場合や、テレビ電話機能を使って細かい質問を行いながら手続きを進めたいといった特別な事情が存在する場合に限定されるでしょう。

既にインターネット経由での申込み方法が一般的になっているので、敢えて自動契約機コーナーへ長時間滞在して申込みを行なう方法を積極的に採用する理由が薄れつつあります。専用ローンカードの発行のみで自動契約機を利用するならば、滞在時間は10分程度で十分でしょう。

消費者金融と信頼関係を築く方法とは

初めて消費者金融を利用する場合は悩みがつきものです。利用したい消費者金融が信頼できる業者なのか心配になる場合もありますし、審査に落ちてしまい利用することができないのではといった不満もあるようです。

消費者金融のキャッシングは審査に落ちてしまうと利用することができないため、不安を感じるのも仕方がないことかもしれません。審査に落ちてしまう理由は様々ですが、 複数の借り入れがある場合や、収入が安定していない場合などが挙げられるようです。

借金が複数あり返済が難しくなってしまう場合は、まとめローンなどのサービスを利用して返済をすることが大切です。一度審査に落ちてしまった場合でも、安定した職業や借金をしっかりと返済するなどすることによって、消費者金融のキャッシングを利用することができるようになります。

基本的に消費者金融の借り入れ限度額は総量規制によって定められており、年収の3分の1までと決まっています。しかし審査に不安を感じる場合はそれ以下の金額で、申し込んだ方が審査に通りやすくなる面もあるでしょう。

消費者金融は利用者との信頼関係によって契約を行うことになるので、信頼を損なわないようにしっかりとした利用を心がけるようにしましょう。

【キャッシング 即日】 即日のキャッシングはATMでのほうがいいです

インターネットでいろいろとキャッシングのことを見ていたんです。
それで即日借り入れられるからと申し込んではみたのですが、書類をそろえたりするのが面倒くさくなって、更になんと日数がかなりかかるんです。
それには憤慨しましたが、結局のところオペレーターさんに憤慨して何とかならないかと聞きました。
そうしたところ実際にキャッシングATMで相談したほうが早いというようなことも言われたのでATMでの申し込みに変えました。
そうしてATMのカメラでいろいろ相談して申し込んだところ即日キャッシングを受けることができました。
インターネットでの申し込みは時間に余裕があるときはいいかもしれないんですが、お金をすぐに借りたい時などは店頭で申し込んだほうがいいと思います。

キャッシングの利息を抑えることについて

キャッシングとは利息を抑えることを何よりも意識するべきです。そこでお勧め出来るのが早めに返すことです。これができるのであれば最高であるといえます。後は極端に多くの所から借りている場合は一本化することです。そうすれば金利を低くすることができる可能性があります。これらの行動をしっかりとすることによって、上手く利息を抑えることができるようになるでしょう。キャッシングはいざという時に非常に助かるわけですが使いすぎることはよくないですし、法定金利ギリギリで借りることはお勧めできないです。安く貸してくれるところはいくらでもありますから、ゆっくりと探すと良いでしょう。借りたらすぐに返せすように頑張る、ということも重要です。

勤務先の評価で審査落ちすることも!

銀行や大手消費者金融のキャッシングローンを契約する際、スコアリング判定と個人信用情報により契約可否が決まるものの、それ以外の条件と条件として勤務先の評価があります。勤務先の評価というと『安定した収入の評価と考えてしまいます。しかし、実際には勤務先の財務状況や他の社員の借り入れ状況も影響してしまいます。

例えば申し込み先の金融機関と勤務先において取引がある場合、赤字決算が続いていると利用限度額が下がったり、審査に通過出来ない可能性があります。そのため、契約を検討する際は勤務先の取引先となる銀行を把握するのがポイントであり、赤字決算の際は申し込みを避けるのがポイントです。

また、地方の場合においては社員が同じ銀行を利用していることが多くなるため、審査が厳しい場合や利用限度額が低い場合、自分自身の与信情報以外の情報が影響することがあります。つまり、返済に問題を抱える契約者が増えるほど、他の社員の信用も下がる可能性があります。

そのため、銀行カードローンを契約する際は如何に会社による影響を回避するかがポイントになります。安心感を得たいという場合、隣県の銀行を選択するなどの方法がおすすめになり、借り入れ先の選択肢が広がります。隣県なら少なからず、生活圏内に支店があるケースが多く、来店契約が必要な場合でもって対応が可能です。

キャッシングを即日受けるための方法とは

キャッシングを即日受けるためには、本人確認書類と源泉徴収票や給与明細を揃えて、金融業者の窓口へ直接行けば最短で申込み可能です。しかし、改正貸金業法が完全施行されて以降、大手消費者金融の窓口は次々と閉鎖されてしまい、一部の大都市に僅かに残る程度となってしまいました。

中小消費者金融への申込みには、抵抗がある人も多いでしょう。そこで、大手消費者金融ならば、自動契約機コーナーの利用が想定され、その他の消費者金融や銀行カードローンではインターネット経由の申込みが一般的となっています。

自動契約機コーナーでの申込みであれば、審査が完了次第専用ローンカードが発行されるので、即日キャッシングを受けることが可能です。しかし、会社帰りに自動契約機コーナーへ立ち寄ったのでは、勤務先への在籍確認電話が取れないので、専用ローンカードを発行出来ても翌日になってから勤務先への在籍確認電話が完了してからでなければ借入が出来ないこともあります。

そこで、インターネット経由で先に申込みと審査を終わらせておき、会社帰りに自動契約機コーナーで専用ローンカードを発行してもらう方法ならば、キャッシングを即日受ける方法として適しているわけです。

専業主婦でも利用出来る無人契約機はあるの?

無人契約機によりキャッシング契約を行うメリットは、審査時間が短いだけでなく、WEB完結や郵送申し込みとは異なり、優先して審査及び契約が行われるということです。また、銀行カードローンのようにローンカードを郵送受け取りする必要がないため、借り入れ可能になるまでの時間が短いということもあります。

しかし、無人契約機となると大手消費者金融が多く、専業主婦は融資対象外となってしまいます。そもそも、専業主婦の場合は総量規制対象外の銀行カードローンに殆ど限定されてしまい、キャシング契約を急いでいる場合には困ることがあります。

ですが、専業主婦でも利用可能な無人契約機はしっかりと存在しており、三井住友銀行カードローンや東京三菱UFJ銀行のローン契約機またはテレビ契約機で契約が可能です。これらの契約機は設置台数が少ないため、生活圏内で探すといった手間が掛かります。

しかし、三井住友銀行カードローンであればプロミスの無人契約を利用して申し込むが可能であり、専業主婦の場合でも短時間で審査から契約手続きまで行うことが出来ます。また、新生銀行レイクの無人契約も設置台数が多く、総量規制対象外のカードローンとなるため、国道沿いや主要幹線道路を探すだけで済みます。特に新生銀行レイクは消費者金融というイメージが過去の営業実態からあるものの、実際には銀行ローンとなるため、専業主婦でも利用が可能です。

銀行と消費者金融のカードローンのサービスの特徴

カードローンのサービスは銀行と消費者金融が提供していますが、どちらを利用してお金を借りればいいのか悩んでしまう人も多いでしょう。そこで銀行と消費者金融のカードローンのサービスの特徴を見ていく事にしましょう。

・低金利だけど融資スピードが遅い銀行のカードローン

銀行のカードローンのサービスは上限金利が14.5%前後で設定されているので低金利と言われています。お金を借りた時に加算される利息も少なくなるので返済する時にメリットに感じる人が多いです。しかし銀行という事で審査が厳しいのでお金を借りる事が出来るまで数日かかってしまいます。即日融資を受けるのはなかなか難しいので融資スピードが遅い点は不都合に感じてしまう人が多いです。

・高金利だけど融資スピードが早い消費者金融のカードローン

消費者金融のカードローンのサービスは上限金利が18%で設定されているので高金利と言われています。お金を借りた時に加算される利息も多くなってしまうので返済する時に大変になる事があります。しかし審査が最短30分で回答されるので即日融資を受ける事が出来ます。業者によって異なりますが、中には申し込みをしてから1時間でお金を借りる事も出来ます。融資スピードが早いので早くお金を借りたい人はメリットになります。

主婦はキャッシングができない?

主婦の方の中には自分はキャッシングができないと考えている方も少なくないと思われますが、決してそんなことはありません。

主婦の方であってもパートなどで働いており、定期的に安定した収入があるとみなされれば返済能力があるものと判断されキャッシングを行なうことは可能です。

ただしパートなどを行なっていない専業主婦の方の場合には少々ハードルが上がります。

キャッシングを行なっている消費者金融は総量規制により利用者の年収の1/3までしか貸し付けを行なうことができないためです。

もともと収入がない専業主婦の方はこの規定により申し込み条件をクリアすることができないため、事実上消費者金融を利用することができないというわけです。

中には旦那さんの収入を証明することで専業主婦がキャッシングできる消費者金融も存在しますが、大手ではそのようなサービスを行なっている会社は今のところありません。

そこで登場するのが銀行カードローンです。

キャッシングの内容は消費者金融の貸し付けとあまり変わりませんが、こちらは総量規制の対象ではないため専業主婦の方でも申し込みが可能になります。

また専業主婦であるという事実が旦那さんの収入に余裕があるということの裏付けにもなるため、むしろメリットとなる場合すらあるのです。

自主規制によって銀行カードローンはどのくらい審査が厳しくなるか

昨年から銀行カードローンの過剰融資問題が大きな社会問題になり、全国銀行協会がそれぞれの銀行に自主規制を求めるという事態になっています。マスコミの報道や一部の評論などでは自主規制が効果は発揮して銀行カードローンの過剰融資問題は終結するような論調が多いですが、これは全くの見当違いをしている可能性たあります。

銀行カードローンの過剰融資がなぜ起こったのかを考えてみれば、それは銀行カードローンが銀行にとって儲かるからにほかなりません。10年ほど前にあった多重債務者問題も今回の問題と似ていることは誰でもわかりますが、多重債務者問題でも消費者金融が儲かるから起こったことであり、消費者金融が大バッシングを受けるまでそれは止むことはありませんでした。

自主規制によって銀行は審査を厳しくするようなポーズを当面は取るかもしれませんが、すぐにそのポーズは剥がれ落ちるでしょう。銀行カードローンが大きな利益を生むということがわかったからには、銀行が簡単にその儲け口を放すことはないからです。

よって、銀行カードローンの審査が今以上に厳しくなるということは考えられず、銀行法が改正されるまで銀行カードローンの過剰融資問題は解決しないと考えたほうがいいでしょう。

テレビショッピングや通販での分割購入に注意!

キャッシング契約の審査は、与信状況が悪ければ、通過出来ないのは当たり前に知られていることです。また、最近ではクレジットカードの支払だけでなく、携帯電話の料金支払いにおいて遅延情報が残っていると審査落ちする原因となってしまいます。

しかし、携帯電話の料金支払い以外にもテレビショッピングや通販の分割購入も注意が必要になっています。実際、これらの分割購入では割賦販売法が適用され、個人信用情報が株式会社シー・アイ・シーに登録されています。そのため、支払遅延は金融事故情報となってしまい、キャッシング審査が通過出来ない原因となっています。

また、より注意しなければならないのが、クーリングオフ制度が適用されないということであり、希望する商品で無かったため、代金を支払わない状態でクレームすることは避ける必要があります。

若い世代の方が利用するケースは少ないものの、テレビショッピングや通販の割賦購入が個人信用情報に影響しているということを理解する必要があります。代金支払いは、販売会社に直接支払う方式ではなく、信販会社経由となるため、自己判断による支払中断には注意が必要になります。

また、取引規約にはしっかりと個人信用情報に情報が登録されといった条項が設けられていることを認識する必要があります。

過去に債務整理手続きを行っている方が注意することとは?

銀行や消費者金融のキャッシング契約は、金融事故情報が残っている限り契約することは殆ど出来ません。返済遅延や債権譲渡といった情報については、一定期間が経過することで自動的に抹消されるものの、債務整理すなわち自己破産や個人再生といった手続きを行った方は注意が必要です。

基本的には『契約期間中および契約終了後5年以内』で情報が削除されるものの、免責された残高が登録された状態になっているケースがあります。この情報は、債権者が情報を削除または更新しない限り、残ってしまいキャッシング契約やクレジットカードの契約をする際に問題となってしまいます。

そのため、過去の自己破産や個人再生を行った方は、キャッシングを検討する前に個人信用情報を開示し、情報が全て抹消されているか確認する必要があります。この問題は、免責確定通知が債権者に対して裁判所から送付されないといったことが関係しており、消費者金融やクレジットカード会社が破産手続き開始や免責許可決定の通知で登録情報の更新管理を忘れているといったことが関係しています。

そのため、個人信用情報を開示し、過去の情報が残っている場合は、免責許可決定通知などの書類の写しを送付し、情報更新を依頼する必要があります。何も気付かずにキャッシング審査で落ちてしまわないためにも、個人信用情報の確認は重要なこととなります。

困った時に役に立つ楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンは、年会費、入会金が一切不要です。申込みから融資まで最短で即日なので、急な出費で困ってしまい、すぐにお金が必要な場合は助かります。

楽天銀行の口座を持っていなくても申込み可能ですが、返済口座を楽天銀行にすると楽天スーパーポイントが貯まるメリットがあります。インターネットで24時間いつでも手続きが出来るので、申込み書の記入など面倒なこともなく、アプリをダウンロードすれば本人確認書類もスマホで撮影してすぐに提出できるので簡単です。

私も急な出費でお金に困ってしまい、誰にも相談できずにいた時、楽天銀行スーパーローンに申し込みました。誰にも知られることなく、審査から融資まで1日かかりましたが借りることが出来ました。

借りた後は返済の不安もありますが、楽天銀行スーパーローンはコンビニATMで手数料無料で返済も簡単です。10万円利用した場合は月々の返済額が2,000円からなので助かります。低金利で借入したい方にもオススメです。私は楽天銀行の口座を持っていたので、楽天スーパーポイントが貯まり、お得に利用することができました。借りやすく、返しやすい楽天銀行スーパーローンは、家族が居て内緒で借りたい場合でも安心です。

銀行カードローンの過剰融資問題による銀行の自主規制の影響は

銀行カードローンの過剰融資問題が止まりません。すでにメガバンクなどは自主規制を発表しましたが、この流れは地方銀行やネット銀行にも広がることはほぼ間違いないでしょう。銀行カードローンの過剰融資問題に介入している金融庁も銀行の自主規制の効果を見極めるということですから、何も自主規制をしない銀行はないと考えてもいいでしょう。

それでは、どのような自主規制を銀行が行うのかというとわかっているメガバンクの自主規制を参照すれば、貸金業法の総量規制のような自主規制になることが考えられます。すなはち年収の三分の一以上の融資は行わないとか、50万円以上の融資には収入証明書の提出を求めるなどです。

これらの銀行の自主規制のよって考えられる利用者に対する影響はまずは2つほど考えられます。

一つは銀行カードローンの審査がますます厳しくなるだろうということです。貸金業者よりも審査が厳しいと言われてる銀行の審査がますます厳しくなるだろうということです。

もう一つは銀行は以前ほどの信用をなくすということです。銀行のブランドを信頼して銀行だから安心できる、銀行だからお金を借りたいというような人は間違いなく減ることになるでしょう。

キャッシングの簡易審査の信頼性について

キャッシングサービスを提供する金融機関の公式ホームページにはたいてい簡易審査のページかコーナーが設けられています。少しの記入だけで審査をしてくれるで、利用した人も少なくないでしょう。しかし、問題は簡易審査の結果が本審査の結果にはどう結びつくのかです。

結論から言えば、ホームページの簡易審査と実際のキャッシングの審査とは全く関係ありません。簡易審査は匿名で利用できるので、本審査に何らかも影響はありません。しかし、簡易審査の結果については2つのことはいえます。

一つ目は簡易審査で融資ができないというような結果が出れば、本審査に通ることはまずないということです。その簡易審査を受けた金融機関のキャッシングの申し込むは無駄になりますし、申込み履歴に記載されますので、やめたほうがいいでしょう。

もう一つは簡易審査で融資が可能と言うような結果が出た場合ですが、簡易審査の記入項目に誤った情報を書き込んでいなければ、その簡易審査を受けた金融機関のキャッシングの審査にも通る可能性はかなり高いと考えていいでしょう。金融機関のホームページにある簡易審査がそれほどいい加減な結果を出すとは考えてられないと思われるからです。

大手消費者金融の無利息サービス!注意しないと損をすることも!

大手消費者金融のカードローンを契約すると、30日間無利息サービスが一般的です。しかし、この無利息期間は注意をしなければ、損をすることもあります。

特に、殆どの大手消費者金融のカードローンでは適用開始日が『契約日の翌日』となっており、『初回借入』からではないという点は見落としてしまいます。

借り入れする予定があるからと言って、ただローンカードを持っていると1ヶ月分のお得なサービスを受けられなくなります。

また、プロミスの無利息サービスは『初回借入』から適用になるものの、メールアドレスの登録やWEB明細を利用するといった条件があります。そのため、手続きを行わず、借り入れしてしまった場合、無利息サービスが受けられなくなります。

消費者金融のカードローンを契約する際、無利息サービスがいつから適用になるのか、そして適用をするためにはどんな条件があるのかしっかりと抑えることが重要となります。

また、無利息期間をよりお得に使う方法もあり、ボーナス月前に高額商品の購入が必要になった場合は、キャッシングで借り入れをして一括返済することで必要なものを手軽に手に入れることが出来ます。特にこの方法は、完済後にローンカードが不要となれば解約もでき、他社借り入れで無利息期間を利用することも可能です。これなら最低でも4回は無利息が適用できます。

キャッシングの審査で最も大きな点とは

キャッシングは働いているからこそ、利用することができるサービスです。その点はよくよく理解しておいたほうがよいでしょう。つまりは、収入がない人には貸すことができない、ということになります。銀行系のカードローンなどであれば別になりますが、キャッシングサービスにおいてはそうなっています。

銀行は例外的、ということになります。収入がないとダメ、というのは総量規制があるからです。ですから、どうしてもお金を貸してくれる意識があったとしてもそもそも法律的に貸すことができない、ということになっています。しかし、きちんと収入があり、そして余所からお金を借りていないのであればそれは殆ど心配することはないといえます。

つまりは、借りること自体はそんなに難しいことではない、ということになります。審査において大事な点はまずは収入であるわけですが、後は他からいくら借りているのか、ということになりますが、要するにこれは総量規制こそが根源たる理由、ということになります。

その点を頭に入れておいて、そして出来るだけ他からの借金があるならば減らしておくことです。そうすれば借りることができる可能性がとても高くなることでしょう。これが基本です。