おまとめローンが総量規制の対象外である理由とは

複数の金融機関から複数の債務がある人は、おまとめローンの利用を検討しましょう。おまとめローンを利用すれば複数の債務の管理が簡素化されることが考えられますし、 金利がほぼ安くなりますから返済を楽にすることができます。

また、おまとめローンに限っては貸金業者のおまとめローンを利用しても、総量規制の対象外になるので借入額が多くても心配することはありません。総量規制の対象外であるのは、おまとめローンが新規の借り入れではないこととおまとめローンは利用者の一方的な利益になる場合が多いからです。

多重債務者にとってメリットばかりであるということもできるおまとめローンは審査に通ることは必要ですが、利用することを前向きに検討しましょう。

おまとめローンと総量規制についての勘違い

改正貸金業法の適用を受ける貸金業者は総量規制の対象となりますが、このような貸金業者であってもおまとめローンのサービスは総量規制の対象外となります。

ただし、すべてのおまとめローンが総量規制の対象外となるわけではなく、利用するおまとめローンが利用者にとって有利であることが条件となります。

具体的にはおまとめローンが利用前の金利より低金利であることやおまとめローンの月々返済額は利用前の返済額よりも少なくなるなどの有利さ必要です。

つまり、おまとめローンを利用することは利用者の取っては基本的には大きなメリットがあるという事になります。ただし、おまとめローンの利用前よりも低金利であっても、月々返済額をあまりに少なくしてしまうと実際には総返済額が利用前よりも増えてしまうことがあることには注意が必要です。

おまとめローンで返済の負担を減らしてみる

キャッシングやカードローンなど国内には色々な個人向けの融資サービスが存在しています。これらのサービスを使う事で、給料日までお金が足りないといった状況でも、お金を立て替えるといった形で借り入れが行えますので、利用者には便利なサービスです。

しかし、複数の会社からお金を借りていますと、返済の窓口がそれだけ増加する事になり、月に何度も返済をしなければいけないといった手間がかかってきます。

返済の負担を減らしたい場合には、おまとめローンを使うといった方法が考えられます。おまとめローンを利用する利点は、返済する窓口や回数を減らせるという事です。

現在借り入れしている金額分をおまとめローンで借りて全て返済し、その借りた分が新たなローンとなりますが、おまとめローンで借り入れしたお金だけを返済していけば良いですのでスムーズにお金を返済する事が可能です。

カードローンの無利息サービスにデメリットはない

複数のカードローンを提供している金融機関では、利息が一切かからない無利息期間サービスを行っています。これは利用するのに条件がありますが、無利息期間サービスを利用できる人は是非とも利用してもらいたいサービスです。なぜならカードローンの無利息期間サービスには、デメリットが全くないからです。

インターネットなどを検索してみると、無利息期間サービスにもデメリットがあるように書かれている場合がありますが、そんなことはありません。

無利息期間サービスのデメリットとして挙げられているのは、1回限りのサービスであるとか無利息期間が終われば通常の金利がかかるだとか言う場合がほとんどです。それはどう考えてみてもデメリットにはなりません。利用条件に合致するならば積極的に利用すべきサービスなのです。

消費者金融でキャッシングをした人がネットの口コミでプロミスを高く評価する理由は?

ネット上では消費者金融でキャッシングをした口コミがよく投稿されていますが、特にプロミスの評価が高いです。そこでなぜプロミスの評価が高いのか理由を挙げていく事にしましょう。

消費者金融は審査が即日回答されるので申し込みをした日にお金を借りる事が出来ます。しかしプロミスは審査が最短30分で回答されるので申し込みをしてから1時間ぐらいでお金を借りる事が出来てしまいます。他の消費者金融は審査だけで1時間ぐらいかかる事も多いので早くお金を借りれる点を評価している人が多いです。

また消費者金融は最高金利が18%で設定されている事が多いですが、プロミスは17.8%で設定されています。他の消費者金融より金利が低く設定されている点も評価している人が多いです。

返済しやすい環境作りをするには、おまとめローンを使うのが良い

キャッシングは急な出費に必要なお金を借りるのに有効な融資サービスですが、中には複数の消費者金融会社から借りていて、次第に月の返済期日が複数発生するといった状況に陥っているケースもあります。返済は期日までに必ず行わなければ、遅延損害金を支払わなければいけなくなりますので、より返済が難しくなってきます。

複数の融資を受けているのであれば、一つの返済窓口にまとめてしまうというのも有効な方法でしょう。その方法としては、おまとめローンがあり、ユーザーが現在借りているお金を一括して返済する為のお金を借りる事が出来ます。債務を完済したら、その時に借りたお金が新たなローンとなりますが、返済窓口が一本化された事でユーザーにとっては返済の負担が大幅に減ります。

キャッシングの利用限度額について

キャッシングでは利用限度額というものが設定されます。利用限度額というのは文字通りキャッシングで借り入れる金額に上限が設けられることを意味しています。利用限度額は個人の返済能力や信用情報によって決められるようです。

アルバイトやパートタイムで働いている方であれば利用限度額は10万円になることが多く、正社員の方であれば20万円や30万円となることが多いようです。利用限度額はいちど設定させるとそのまま変更できないというものではありません。

利用限度額を増額したい方は、金融機関に対して限度額の増額を求めることが可能です。増額請求をしても認められるとは限りませんが、増額が必要となった場合は増額請求をしてみるといいでしょう。また。キャッシングの返済に遅れがないなど堅実に利用している方には、金融機関から利用限度額の増額を提案してくることもあります。

返済が大変な時にはおまとめローンの検討を

複数社でキャッシングを利用していると、返済の負担が大きく感じます。返済日も増えますし、どこの会社にいくら借りているなどの管理も複雑になってしまいます。毎月どれくらいずつ借金が減っているのかも分かりません。自分で管理するのが限界だと感じたならおまとめローンで一本化するのがおすすめです。

おまとめローンは多くの業者で行なっていますが、借り替えるのならできるだけ低金利の業者を選びましょう。これまでに返済事故などトラブルがないのなら、最初から銀行系のキャッシングで審査をするのが良いです。

ただしおまとめローンは返済を目的としたローンのため、通常は新規の借入ができませんので困った時にキャッシングに頼ることはできなくなります。少しでも早く完済をしたいのなら、新規借入ができないのはメリットとも言えますね。

銀行カードローンでおまとめローンする際の注意ポイント!

銀行カードローンは事業性資金以外であれば、利用目的は自由であることから借り換えローンやおまとめローンとして利用が可能です。しかし、貸金業者のおまとめローンとは異なる点があり、注意しなければ無駄な返済が発生してしまうことがあります。

そもそも、貸金業者のおまとめローンは借り入れ残高が対象であり、発生する利息は別途返済になります。そのため、翌月の返済時に発生する利息は純粋におまとめローンを契約した会社だけの分になります。しかし、銀行カードローンを利用する場合、発生している利息分もおまとめできるため、翌月の返済で利息分に利息が発生してしまうという無駄があります。

借り入れ残高が覆いほど利息が高額になるため、銀行カードローンを利用したおまとめローンは負担を減らすため、元本分のおまとめローンとするのが重要です。

おまとめローンは余力があるうちに利用しよう

複数の金融業者からの借入がある人にとって、おまとめローンへ借り換えれば毎月の返済額が少なくなると考えている人もいるでしょう。確かに借り換えによって、金利が下がることはありますが、毎月の返済額が少なくなる方向での借り換えは、返済総額をかえって増やしてしまう結果を招きかねません。ポイントとなるのは、毎月の返済額のうちいくらが元金返済分となっているのか把握しておくことです。

現在の返済額総額から、元金返済充当額を計算した合計額と、おまとめローンへ借り換えた時の元金返済充当額が同じであれば、低金利となった分だけ返済総額を引き下げることが出来ます。しかし、元金返済充当額が減ってしまうと、返済期間が伸びてしまう結果となるので、数%程度の金利差ならば逆転しておまとめローンで支払った方が損をしてしまうことが少なくありません。

また、おまとめローンの返済期間中は、追加借入が出来ないという貸金業者間での自主規制が働くので、急な支出が発生した時に困ってしまうでしょう。おまとめローンを利用して完済を目指す際には、同時に貯金が出来る程度の計画性と余裕を持って返済を続ける必要があります。単に支払いが楽になるからという理由でおまとめローンを利用することは望ましくありません。