キャッシングで給料日前に美味しいお酒

友達、恋人からのお誘いがあるのにお金がない……。給料日まであと少しなのに?!という状況、誰もが経験ありますよね。

人生一期一会。その飲みの席が何を産んで、行かないことで何かを失うかも知れません。

彼女や友人に「今お金がなくて……」なんて事もなかなか言えませんよね。

せっかくのお誘いを断るのも気を病みます。

そういう時にキャッシングがおすすめです。

最近ではカードローンなんかでコンビニに行けばすぐに出金ができます。

実際にキャッシングをしてみるとそのお手軽さに驚きます。すぐに手元にホカホカの1,0000万円札です。

そのまま友人、恋人のもとに駆けていっちゃいましょう!

ご利用は計画的に、しかしら限度額というシステムがあるので基本的に出金しすぎるということはありません。

賢くキャッシングを使って、おいしいお酒を楽しんじゃいましょう!

キャッシングの借り換えタイミングとメリットについて

キャッシングの返済期日は月末とは限りません。返済期日や返済金額は、消費者金融それぞれで違うので、複数の金融会社から借りている場合は、毎月何回も返済期日があるので管理が大変になってきます。返済期日を間違えて、利息に加えて、延滞金が発生する場合もあります。毎月数回の返済に追われて、総額でいくら借りているのか正確にはわからない、という人もいるようです。

そんな複数の借り入れを1社にまとめて、他の会社の借金はゼロにするのがおまとめローンです。

借り換えのタイミングとしては、金利の低い銀行のカードローンの審査に通った時がベストですが、たとえ金利が同じだったとしても、おまとめローンには、毎月の返済の管理がラクになる、返済計画を立てやすくなるといったメリットがあります。

無職でお金を借りられるのは生活福祉資金制度だけ

どうしても生活費が捻出できない時、多くの方はカードローンに頼ることになります。ただし70歳以上の高齢者や無職の方はカードローンの契約は絶望的です。そのような場合闇金に手を出してしまいがちですが、国の生活福祉資金制度を利用できるかもしれません。

生活福祉資金制度の窓口は市役所の社会福祉協議会となっていますが、地域の民生委員に相談することで申し込める場合もあります。この制度は非常に低金利(年1.5%)で、連帯保証人を立てれば無利息となります。生活福祉資金制度は4パターンの貸付がありますが、生活支援金なら単身者で月15万円、2人以上の世帯で月20万円貸してもらえます。

もちろん市に生活状況や資産の状況など精査された上で借りられるかどうか判断されるので、プライバシーの類はないと考えておいた方がいいでしょう。