限度額が高ければ使い途が広がるキャッシング

貸金業法の下で運営されているキャッシングには限度額が設定されています。つまり、どんなにお金を借りたくても、この限度額までしか借り入れが出来ない仕組みになっています。お金を借りる上で重要であるのが、この限度額であり、様々な用途でお金を使いたいのであれば限度額の上限が高ければ高いほど良いでしょう。

限度額の上限を高くするにはユーザーの年収が重要なポイントとなります。貸金業法には総量規制という仕組みが導入されていますので、この総量規制で設けられている「総限度額が年収の3分の1以下」というところに着目しますと、年収が高ければ、その分、限度額の上限も高くなる事が分かります。年収が低くても、キャッシングの利用実績が良好であるのなら増額という方法で後から限度額の上限を引き上げることも可能です。

限度額を増やすには増額申込みが必要である

キャッシングは限度額が常に付きまとう要素です。限度額までしか借り入れが出来ませんので、この限度額の上限が高いほど何度でも借り入れしたり、高額の借り入れが出来るようになります。

しかし、消費者金融会社のキャッシングは、貸金業法によって総量規制の導入が義務付けられており、この仕組みによって利用者の年収の3分の1までの限度額設定となります。ユーザーによっては、これでは足りない事がありますので、ある程度の利用実績があるのであれば、増額申込みをすると良いでしょう。

増額申込みをしますと、消費者金融会社の方で審査が行われます。審査では利用者の過去の利用実績をベースに進められていきますので、返済に遅延が無ければ、通る可能性は高くなります。

銀行カードローンに申し込むべき人はどんな人?

銀行カードローンの場合は審査が厳しいというイメージがありますが、あなたの状況次第では消費者金融キャッシングよりも銀行のカードローンを申し込んだほうが良いというケースがありますので、しっかり確認しておきましょう。

例えば即日融資ではなくても良いという方。銀行カードローンは2018年より審査の厳格化がなされたことで即日融資が原則行われなくなりました。ただ、審査翌日には最短で借入が可能ですので数日後でも良いという場合には、金利が低いという大きなメリットがありますので積極的に申し込んでみましょう。もう1つは総量規制の面です。消費者金融の場合は年収の3分の1までしか借りられない総量規制がありますが、銀行カードローンの場合は対象外です。既に他社で借り入れがある場合には、銀行カードローンに申し込んだほうが良いケースも多いです。以上、どちらかに該当するのでしたら、すぐに銀行カードローンへの申込みをしてみましょう。

アコムがお勧めできる理由

日本で一番有名な消費者金融と言えばアコムになるんですがこちらも無利息期間というのが設定されていますからこれは十分に活用するべきでしょう。色々と条件があるわけですが問題なくクリアすることができればその期間は無利息で借りることができるようになります。

またインターネットなどにも対応していることがアコムの強みであるといえますし、基本的にはまず消費者金融でお金を借りようということを考えたのであれば選択肢に挙がるような良い消費者金融と言えるのは間違いないことでしょう。無人の契約機も多いですし、ネット上からの借り入れもできるようになっているのはとても便利と言えるでしょう。 但し、借りずぎることには注意が必要です。

女性向けカードローン、アイフルのスラリ(SuLaLi)の特徴

カードローンの利用者の多くは男性です。女性は、カードローンを利用していることが誰かに知られたら恥ずかしい、一度借りると習慣になってしまうかもしれないというようなことを考えて、なかなか申込みできないようです。

消費者金融の多くは、女性でも借りやすいように、女性専用ローンのサービスを行っています。女性専用ダイヤルがある、自動契約機に行かなくても借り入れできるので、誰かに見られる心配がない等の配慮がされていて、サービス内容はどこの横並び状態です。そんな中、独自のサービスを行っているのがアイフルのスラリ(SuLaLi)です。

スラリの特徴は、借入限度額が10万円に設定されていることです。10万円を超えて借りることはできないので、借り過ぎの心配がありません。また、万一返済日を忘れてしまった場合は、電話ではなくメールで連絡が入るようになっているので、周りに気づかれる心配がありません。初めてのカードローン利用を考えている女性におススメです。

カードローンを使って計画的に借り入れする

キャッシングやカードローンは借り入れしたお金を様々な用途で使える融資サービスです。融資を受ける事によって返済の義務が生じ、利息を加えて返済を行います。キャッシングは総量規制という法的な縛りがあり、これは利用者が年収の3分の1の総限度額までしか借り入れが出来ないというものです。その総限度額内であれば、複数のキャッシングを活用する事が出来ます。

一方で、カードローンは貸金業法で運用されていない銀行や信用金庫の融資サービスですので、総量規制がありません。つまり、この仕組みを活用すれば、キャッシングと併用する事で借り入れ出来るお金を拡大させられます。カードローンやキャッシングは、ショッピングや各種支払いをする為の手段として有効です。

アコムが他の消費者金融より優れている点は?

消費者金融でキャッシングをする時にアコムを利用したいという人が多いですが、実際にどのような点が他の消費者金融より優れているのか分からない人も少なくないでしょう。そこでアコムが他の消費者金融より優れている点を挙げていきましょう。

消費者金融は即日融資に対応している業者が多いですが、申し込みをしてから融資可能になるまで2時間から3時間かかってしまう事もあります。しかしアコムは申し込みをしてから最短1時間で融資可能になるので早くお金を借りられる点が優れています。

また消費者金融は限度額が最大500万円で設定されている業者が多いですが、アコムは最大800万円までとなっているので多額の借り入れをしたい時もしっかり対応してくれる点も優れています。

きちんと返せる範囲でキャッシングをすれば安全

私は時計やアクセサリーなどのブランド品を集めるのが趣味です。ブランド品は値段が高いので欲しくても我慢することがよくありました。そのため、キャッシングをしてから好きなブランド品を買うことにしました。キャッシングをするようにしてからは高い買い物をする時に我慢することが減って良かったです。

高いアイテムを買いたいけれど予算が不足している時はキャッシングを利用して資金を作ると便利です。キャッシングは非常に便利で役に立つのでお金を派手に使ってしまうリスクがあります。そのため、返せないほどのお金を使わないように気をつけることが肝心です。きちんと返せる範囲でキャッシングをすればまったく問題なく利用することが可能です。

限定品のブランド物を欲しくなった時はキャッシングを利用するべき

私はおしゃれが好きなので世界的に有名なブランドの洋服などを頻繁に買っています。ファッションに関心が高い人におすすめなのがキャッシングです。たくさんの服を買うためには資金が多く必要ですが、キャッシングをすれば簡単にブランドの服を買うための現金を調達できます。

いろいろなブランドの洋服を楽しむためにはキャッシングを頻繁に利用することがベストです。私は限定品の値段の高いブランドのアウターを買いたかったのですが、現金をあまり持っていなくて我慢したことがありました。

そのため、限定品のブランド物を欲しくなった時にはキャッシングをすることにしました。キャッシングをすることで生活費を削らなくてもブランド品を買えるので満足しています。

年収によっては最大800万円の借り入れも可能なアコムでのキャッシング

アコムのキャッシングは、借入年率が3.0%から18.0%になっており、ユーザーが借り入れをしますと、この借入年率で利息が計算されます。アコムでは年収次第では最大800万円までの借り入れをする事が可能です。一方で、アコムは貸金業法の下で運営をしていますので、総量規制が義務付けられています。

総量規制では、年収の3分の1までの総限度額内での限度額設定が消費者金融会社に求められています。その為、最大800万円の限度額設定が出来るアコムでも、年収が2400万円以上なければ、800万円の限度額設定が出来ないようになっていますので注意が必要です。

アコムのキャッシングを利用するには申込後の審査を通過して契約をする必要があります。