アコムの無利息キャッシングサービスを解説

アコムでは初めて同社のキャッシングを利用する場合、最大で30日間無利息で借り入れができるサービスがあります。しかし無利息キャッシングをするためには幾つかの制約があるため利用の際には注意が必要です。アコムの無利息キャッシングの詳細を解説していきます。

・対象はカードローンのみ

無利息キャッシングの対象商品はカードローンのみです。ACマスターカード(クレジットカード)や借り換えローンは対象外であることを理解しておく必要があります。

・返済期日に注意

無利息キャッシングを利用するためには返済期日を35日ごとで契約する必要があるので、特にこの点に注意が必要です。

・適用期間

契約日の翌日から最大で30日間が無利息期間となっています。

カードローンを無利息で借りることができる!?

困った時に頼りになるカードローンですが、特に初めて利用する時は仕様がわからなかったりする事に加えて、高い利息がかかるのではと不安に思われる方も多いと思います。ですが、大手のプロミスやアコムなどのカードローンでは無利息で借りることができるサービスがあります。

初回利用者限定のサービスではありますが30日間利息が全くかからずに借りることができるので、利息を不安に感じることなくお試し感覚で借りることができます。また、この無利息サービスの嬉しいところは、無利息期間内に完済した場合は当然利息はかかりませんが、完済できなかった場合でも無利息期間が終了した時点での借入残高から利息を計算してくれるので普通に借りるよりもお得にキャッシングすることができます。

キャッシングの利息を減らすためには

キャッシングを利用すると発生するのが、利息です。支払う利息は少しでも少ない方が良いというのであれば、完済までの期間を意識しておくと良いでしょう。

返済方法で主流となっているリボ払いは、月々の負担が少なくて済む分、完済までの期間が長くなります。支払う利息は、借入期間が短ければ短いほど、少なくなるため、なるべく出費を抑えたいのであれば短期間での完済を目指すことが有効です。

例えば、年率18%で10万円を借りた場合、1年後に完済すれば利息は18,000円ですが、1ヶ月絵完済をすれば約1,500円の利息で済むことになります。そのため、利息を少なくしたいのであれば繰り上げ返済や一括返済の活用がおすすめです。

アコムは初回に限り最大30日間利息付きません

前の月に病気になり、アルバイト全然出られず給料が全然入ってこないし貯金もなく途方に暮れてました。水道光熱費や家賃の支払いもできそうになかったからです。

親や兄弟とは疎遠でお金も借りられず、友達もいないので本当に困っていました。

一月持ちこたえられれば、バイトをバリバリやってお金を稼げるのですが交通費も捻出しなければならないので本当に困ってました。

どうしようかと、思いネットでカードローンの事を調べているとアコムは最大30日間利息無しで借りられるという事が書いてあり、今月生活する分だけ借りて給料が出たら直ぐに返済しようと思い付きました。

無事、審査も通り融資額は30万円。家賃と水道光熱費などの支払いをその中から出して何とかなりました。

そして、給料が入ったら直ぐに返済をして本当に利息無しで借りることができました。

今は、カードローンでの借り入れはありませんが、本当にあの時はアコムさんに助けられました。

金利を重視するならスピード審査は避けた方が良い!

銀行カードローンのメリットは、大手消費者金融のカードローンに比べ、金利が低いことです。審査スピードとしては、消費者金融が早いものの、銀行カードローンでも審査スピードをウリにするものは少なくはありません。

審査スピードはメリットに思われるものの、金利を重視する方は申し込みを避けるのが得策です。審査スピードが早い分、細かいチェックが行われず、金利自体は融資リスクを考慮した上限金利が適用される可能性が高まります。

もし、信用度と返済能力で適切な評価を得たい場合は、申請項目が多く、契約まで日数がかかった方が良くなります。また、審査が甘くなりがちなカードローンも敢えて避けた方が、より低金利での借り入れチャンスが高まります。

アコムのカードローンを無利息で利用するための条件

アコムのカードローンは、30日間無利息で借り入れができるキャンペーンが行われているため、うまく利用することで短期間の借り入れを非常にお得に行うことができます。しかし誰がどのような条件で契約しても、無利息で借り入れができるというわけでなく、一定の条件を満たしてカードローン契約をする必要があります。アコムのカードローンを無利息で利用するための条件について、詳しく見ていきましょう。

アコムのカードローンを利用するためには、

1.アコムの利用が初めてであること

2.無担保ーカードローンを契約すること

3.返済サイクルを35日毎として契約すること

この3つの条件を満たしている必要があります。

以前にアコムのサービスを利用したことがある人は対象外ですし、カードローン以外の商品の契約者や返済サイクルを毎月とした場合には、対象外となるので注意が必要です。

アコムとプロミスの無利息キャッシングの違いとは

大手消費者金融会社のアコムとプロミスでは、それぞれの会社において初めての利用者に対して30日間無利息でキャッシングができる特典があります。一見するとどちらも30日間無利息での借り入れが可能ということで同じようなサービスのように感じられますが、実はサービスの内容やサービスを受けるための条件などは微妙に異なっています。それぞれの会社条件などについてみていきましょう。

・アコム

1.アコムのサービス利用が初めてであること

2.カードローンを契約すること

3.返済期日を35日毎として契約すること

4.契約日の翌日から30日間が無利息期間

・プロミス

1.プロミスのサービス利用が初めてであること

2.カードローン商品を利用すること

3.Eメールアドレスを登録してWEB明細サービスの利用登録をすること

4.初回出金日の翌日から30日間が無利息期間

こうして両社を比較してみますと、無利息キャッシングサービスを受けるための条件が大きく異なりますし、無利息期間の適用開始日が大きく異なることがよくわかります。アコムは契約日の翌日から自動的に無利息期間が始まるのに対し、プロミスは実際に借り入れをするまで無利息期間は始まらないので、この点によく注意しておくと良いでしょう。

キャッシングの利息を抑えることについて

キャッシングとは利息を抑えることを何よりも意識するべきです。そこでお勧め出来るのが早めに返すことです。これができるのであれば最高であるといえます。後は極端に多くの所から借りている場合は一本化することです。そうすれば金利を低くすることができる可能性があります。これらの行動をしっかりとすることによって、上手く利息を抑えることができるようになるでしょう。キャッシングはいざという時に非常に助かるわけですが使いすぎることはよくないですし、法定金利ギリギリで借りることはお勧めできないです。安く貸してくれるところはいくらでもありますから、ゆっくりと探すと良いでしょう。借りたらすぐに返せすように頑張る、ということも重要です。

大手消費者金融の無利息サービス!注意しないと損をすることも!

大手消費者金融のカードローンを契約すると、30日間無利息サービスが一般的です。しかし、この無利息期間は注意をしなければ、損をすることもあります。

特に、殆どの大手消費者金融のカードローンでは適用開始日が『契約日の翌日』となっており、『初回借入』からではないという点は見落としてしまいます。

借り入れする予定があるからと言って、ただローンカードを持っていると1ヶ月分のお得なサービスを受けられなくなります。

また、プロミスの無利息サービスは『初回借入』から適用になるものの、メールアドレスの登録やWEB明細を利用するといった条件があります。そのため、手続きを行わず、借り入れしてしまった場合、無利息サービスが受けられなくなります。

消費者金融のカードローンを契約する際、無利息サービスがいつから適用になるのか、そして適用をするためにはどんな条件があるのかしっかりと抑えることが重要となります。

また、無利息期間をよりお得に使う方法もあり、ボーナス月前に高額商品の購入が必要になった場合は、キャッシングで借り入れをして一括返済することで必要なものを手軽に手に入れることが出来ます。特にこの方法は、完済後にローンカードが不要となれば解約もでき、他社借り入れで無利息期間を利用することも可能です。これなら最低でも4回は無利息が適用できます。

無利息で利用できるカードローン

カードローンの中には、無利息の期間を設定しているケースがあります。たとえば30日以内なら全額無利息とか、5万円以内なら180日間無利息といった具合です。審査についても特に厳しいというわけではなく、一般的な審査と同じで、無利息期間がサービスでついてくるといった感じです。

この無利息カードローン、初めての契約者に限ってというケースが多いようです。つまり2回目の借り入れからは利息が生じるということです。逆にいえば1回だけの利用で、定められた期間内にお金を全額返済できるとすれば、無利息カードローンのメリットは大きいということです。利息を払わなくていいので、余計な出費がなくなるからです。

なぜこのようなことをするかというと、カードローン各社の新規顧客開拓のためです。一度契約してしまうと積極的に他社に乗り換える人が少ないため、利息のもうけをゼロにしてでも新しい顧客を開拓していこうという苦肉の策といっていいでしょう。

上にも書きましたが、2回目以降は利息がかかってしまうケースが多いです。利払いによる余計な出費を抑えたいならカードローンの利用は1回だけ、可能なら給料日間際の確実に返済ができる時期に、計画的に行うことが大切です。詳しくはカードローン各社のサイトをご確認ください。