キャッシングを利用する際には限度額に注意する

借り入れしたお金の自由度が高いキャッシングを利用する上で気をつけておくべき事は限度額までしか借り入れが出来ないという事です。この限度額は消費者金融会社が審査の際に設定していますが、貸金業法では利用者の年収の3分の1までの総限度額の設定が義務付けられていますので消費者金融会社は信用情報機関のデータベースに問い合わせをして、申込者の現在の利用状況を確認して限度額を決定しています。

キャッシングの利用には限度額が常についてきます。限度額を超える借り入れをしたい場合は増額という仕組みがありますので、キャッシングの利用実績がある程度あるのであれば、増額に申し込みをしてみると良いでしょう。限度額まで何度でも借り入れしたり、一度に限度額いっぱいまで借り入れをしたりといった使い分けが行えます。

ブラックでも借り入れができる金額ってどれくらい?

ブラックリストに載っていても借り入れができるというようなところはありますが、基本的にそういったところはどれくらいの

借入金額を提供してくるものなんでしょうか?

大まかな感じで言いますと、ブラックリストに載っている人の多くは10万円以下の借入金額が精一杯でしょう。

やはり、返済能力があるとは言い難い部分が大きいですし、任意整理などでしたらまだまだ返済途中のケースも多いです。

ブラックリストに載ってからかなり年数がたっていたり、整理もほとんど終わっているような場合であればもうちょっと上がってくる可能性も無きにしも非ずですが、

基本的にはほとんど借り入れをすること自体が厳しいでしょう。

借りられるだけまし。 といったところが現実です。

キャッシング審査もAIが行う時代!? 迅速性にプラス作用も

いわゆる消費者金融、キャッシングの審査というのは、無担保無保証で行うのが原則です。つまり、誰が連帯保証人になっているのか、何を担保にするのかといった不確定な要素を計算に入れず、本人の収入や仕事歴などから返済能力を判断し、融資の可否やその金額を決めていくという形になっています。

送られてくるデータの正確性をどの程度厳重に考えるかの差はありますが、基本的には機械的な判断が主になる部分が少なくないからか、AIによる審査を試みている企業も出てきているようです。人間の信用能力を人工知能に任せるというのは何ともSF的で不安に感じなくもないですが、現在よりもはるかに迅速で正確性のある審査がなされ、利便性が上がるということも考えられます。

いずれにせよ、キャッシングの現場がより進化していっているのは間違いないところだと言えるでしょう。

審査が『甘い』や『緩い』というおまとめサイトは利用を煽る!

今では、インターネットから簡単に銀行や消費者金融のキャッシングについて情報を収集できます。

中でも、知名度の低い中小消費者金融に関する情報も多く、個人時では調べられない情報が豊富です。

しかし、これらのサイトで注意しなければならないのが、審査が『甘い』や『緩い』、『ブラックOK』という表現を使うサイトです。

このような単語を利用することで、消費者の意欲を煽ってしまうだけでなく、単純にアクセス数稼ぐといったサイトも存在します。

特に、サイト内で広告バーナーが多数設置され、明らかに審査が通過し易いという表現を使うサイトを利用するのはおすすめ出来ません。

むしろ、中小消費者金融の独自の審査基準を甘いと紹介していることもあり、安易な申し込みにより、審査落ちし個人信用情報に傷を付けてしまう可能性もあります。

先ずは、信用が於ける、そして煽るような表現を利用していないサイトを利用しましょう。

キャッシングがしやすい職業について

キャッシングに関しては、職業によって借り入れがしやすい、しにくいというものはあります。

やはり一番しやすいものといえば公務員です。

よほど変なことをしなければ首になるようなことはまずなく、安定した収入が固いものですからキャッシングが一番しやすいでしょう。

教師などといった職業も借りやすく、安定的な職業はやっぱり大きなメリットです。

その次付近がこれもやはりというべきですがサラリーマンです。 公務員より劣るとはいえ一定の収入があることはもちろんのこと、安定している収入がありますのでこちらも借り入れはしやすいです。

後は、会計士といったような数字に強い職業の方も、やはり返済計画を立てやすい方がやっているというイメージが強いのか借り入れしやすいそうです。

アルバイトでもキャッシング利用できる!

キャッシングをする際は、どなたでも必ず審査を受けることになります。審査の際に見られるのは、「継続的に安定した収入があるかどうか」という点です。長期間、安定した月収があれば、返済能力があると見なされます。アルバイトでも長期に渡って続けていればキャッシングを受けることは可能です。

もし、アルバイトを始めて間もない場合は、審査申し込みの際に今後も継続して働く旨をオペレーターに伝えた方がよいでしょう。伝えることによって、相手に誠実さを感じさせることができますので、ネット上の手続きにひと手間加えてみましょう。

キャッシングの利用限度額は、年収から換算されますので、使いすぎて払いきれなくなるという心配はそこまでありません。アルバイトの場合は、ボーナス等が加味されないことが多いので、利用限度額が低く設定される傾向にあります。ただ、利用開始後、滞りなく毎月返済を行えば、優良な顧客と判断されますので、利用限度額を上げることが可能となります。利用限度額が上げられるかどうかはこちらから連絡をして確認する必要がありますので、ある程度期間が経過したら問い合わせてみましょう。

「アルバイトだから、どうせ借りられない」と考え込む必要は全くありません。キャッシングを上手く利用して、快適な生活を送りましょう。

キャッシングの本人確認と在籍確認とは?

キャッシング審査で必ず必要になってくるのが本人確認と在籍確認です。本人確認とは、直接、窓口などに行き、本人であると言う事を証明すると言うものではなく、あくまでも、書類の提出となります。運転免許証で本人確認を行う人が多くなっていますが、運転免許証を持っていない場合は、パスポートや健康保険証と住民票のセットなどで、本人確認を行います。

また、これらの書類は、メールで添付し送るほか、アプリを利用する事で簡単に済ませる事が可能です。その為、キャッシングにおける本人確認においては、何も心配する必要はないかと思います。

一本、同じキャッシング審査の確認事項として、心配する人が多いのが在籍確認です。在籍確認とは、明記している勤務先に本当に勤務しているか確認する事を指し、基本的に勤務先に電話をかけ行う仕組みになっています。

もちろん、消費者金融などの企業名を伝える事はありません。あくまでも、個人名で電話kがかかってくる為、勤務先に在籍確認であると言う事を知られる事はないと言われています。しかし、現代では、個人的な用事は、個人の携帯やスマホにかかってくる事も多いのではないでしょか。そんな中、勤務先にかかってくる電話に違和感を感じる人もいるかも知れません。その為、その時の対応策をあらかじめ考えておく事をお勧めします。

消費者金融の審査は、専業主婦やフリーターでも通過できるケースがあります

サラリーマンでないと消費者金融の審査に通らないのではないか、と考えている方は専業主婦やアルバイトでも融資をしてもらえる金融機関がありますので、利用してみてはいかがでしょうか。

一般的には消費者金融は安定した収入を得ているサラリーマンが融資してもらえると認識されていますが、家族に安定した収入を得ている人がいたり、本人に定期的な収入がある場合には融資をしてもらえるケースがあります。消費者金融業者のホームページでは、融資を受けられるかどうかについて簡単な審査を受けることが出来ます。

数秒で終わるシミュレーションですので、まずはシミュレーションをしてみてはいかがでしょうか。即日融資してもらえる業者もあります。

キャッシングの審査は信用情報が重要

キャッシングの審査では、その人の信用情報の状態がどういうふうになっているかということがとても重要です。

信用情報とは何かというと、キャッシングやクレジットカードやローンなどの金融商品をその人がどれぐらい利用していて、どのように返済しているのかが毎月詳細に記録されている情報です。

はじめて利用するキャッシング会社に申し込みをしても信用情報という記録によって別の会社のローンの利用履歴もしっかりと確認されていますので、以前に滞納や債務整理になった経験があるとそれが判明します。

キャッシングの審査では信用情報機関という場所でこの情報を調べますので、これから申し込みをする会社と関係のない会社で債務整理をしていてもバレてしまいます。

他社の利用金額も信用情報で分かりますのでウソの申告をするとバレてしまいます。

債務整理とは借金を契約どおりに返さなかったということですので、キャッシングの審査ではかなりのマイナスになります。

キャッシングの審査ではそのほかに年収や家族構成などの情報も考慮されて総合的に返済能力が判断されています。

信用情報に問題があるとキャッシングの審査に合格できなくなってしまうので気をつけましょう。

キャッシングにおける総量規制対象外について

キャッシングでお金を借りようとしても、無制限に借りれるというわけではありません。申込者の収入やその他の項目を総合的に判断して決められ、上限金額においては貸金業法によって制限されています。この賃金業法において最も注意したいのが、総量規制による制限になります。そこで今回は、キャッシングにおける総量規制対象外についてご紹介したいと思います。

総量規制について

平成18年に成立した改正貸金業法に基づき、平成20年6月に総量規制が施行されています。総量規制とは、貸金業者からの借入は年収の3分の1を越えて借入することはできない、といったものになります。規制の主な目的は、多重債務者対策として過剰な貸付を抑制し、借金返済に困窮する状況を根絶することを目的として施行されています。

対象となる借入について

総量規制の対象となる借入は、消費者金融や信販会社・クレジット会社などの貸金業者からの借入になります。したがって、これらの機関から既に借入のある方や年収の低い方などの場合は、総量規制の制限によってあわせて年収の3分の1までしか借りる事ができなくなります。

一方、銀行や信用金庫、信用組合・労働金庫などでは、銀行法に基づき業務が規定されていますので、これらの機関からの借入は総量規制対象外となり、融資申込みにおいては年収による縛りがないという事になります。

複数の借入があって総量規制に接触する為に消費者金融等の利用は不可能、しかしどうしても借入れが必要な場合には総量規制対象外の銀行等のキャッシングに申込むという方法があります。しかし総量規制の対象にならないからといって審査が甘くなるという訳ではありませんので注意が必要です。