キャッシングがしやすい職業について

キャッシングに関しては、職業によって借り入れがしやすい、しにくいというものはあります。

やはり一番しやすいものといえば公務員です。

よほど変なことをしなければ首になるようなことはまずなく、安定した収入が固いものですからキャッシングが一番しやすいでしょう。

教師などといった職業も借りやすく、安定的な職業はやっぱり大きなメリットです。

その次付近がこれもやはりというべきですがサラリーマンです。 公務員より劣るとはいえ一定の収入があることはもちろんのこと、安定している収入がありますのでこちらも借り入れはしやすいです。

後は、会計士といったような数字に強い職業の方も、やはり返済計画を立てやすい方がやっているというイメージが強いのか借り入れしやすいそうです。

アルバイトでもキャッシング利用できる!

キャッシングをする際は、どなたでも必ず審査を受けることになります。審査の際に見られるのは、「継続的に安定した収入があるかどうか」という点です。長期間、安定した月収があれば、返済能力があると見なされます。アルバイトでも長期に渡って続けていればキャッシングを受けることは可能です。

もし、アルバイトを始めて間もない場合は、審査申し込みの際に今後も継続して働く旨をオペレーターに伝えた方がよいでしょう。伝えることによって、相手に誠実さを感じさせることができますので、ネット上の手続きにひと手間加えてみましょう。

キャッシングの利用限度額は、年収から換算されますので、使いすぎて払いきれなくなるという心配はそこまでありません。アルバイトの場合は、ボーナス等が加味されないことが多いので、利用限度額が低く設定される傾向にあります。ただ、利用開始後、滞りなく毎月返済を行えば、優良な顧客と判断されますので、利用限度額を上げることが可能となります。利用限度額が上げられるかどうかはこちらから連絡をして確認する必要がありますので、ある程度期間が経過したら問い合わせてみましょう。

「アルバイトだから、どうせ借りられない」と考え込む必要は全くありません。キャッシングを上手く利用して、快適な生活を送りましょう。

キャッシングの本人確認と在籍確認とは?

キャッシング審査で必ず必要になってくるのが本人確認と在籍確認です。本人確認とは、直接、窓口などに行き、本人であると言う事を証明すると言うものではなく、あくまでも、書類の提出となります。運転免許証で本人確認を行う人が多くなっていますが、運転免許証を持っていない場合は、パスポートや健康保険証と住民票のセットなどで、本人確認を行います。

また、これらの書類は、メールで添付し送るほか、アプリを利用する事で簡単に済ませる事が可能です。その為、キャッシングにおける本人確認においては、何も心配する必要はないかと思います。

一本、同じキャッシング審査の確認事項として、心配する人が多いのが在籍確認です。在籍確認とは、明記している勤務先に本当に勤務しているか確認する事を指し、基本的に勤務先に電話をかけ行う仕組みになっています。

もちろん、消費者金融などの企業名を伝える事はありません。あくまでも、個人名で電話kがかかってくる為、勤務先に在籍確認であると言う事を知られる事はないと言われています。しかし、現代では、個人的な用事は、個人の携帯やスマホにかかってくる事も多いのではないでしょか。そんな中、勤務先にかかってくる電話に違和感を感じる人もいるかも知れません。その為、その時の対応策をあらかじめ考えておく事をお勧めします。

消費者金融の審査は、専業主婦やフリーターでも通過できるケースがあります

サラリーマンでないと消費者金融の審査に通らないのではないか、と考えている方は専業主婦やアルバイトでも融資をしてもらえる金融機関がありますので、利用してみてはいかがでしょうか。

一般的には消費者金融は安定した収入を得ているサラリーマンが融資してもらえると認識されていますが、家族に安定した収入を得ている人がいたり、本人に定期的な収入がある場合には融資をしてもらえるケースがあります。消費者金融業者のホームページでは、融資を受けられるかどうかについて簡単な審査を受けることが出来ます。

数秒で終わるシミュレーションですので、まずはシミュレーションをしてみてはいかがでしょうか。即日融資してもらえる業者もあります。

キャッシングの審査は信用情報が重要

キャッシングの審査では、その人の信用情報の状態がどういうふうになっているかということがとても重要です。

信用情報とは何かというと、キャッシングやクレジットカードやローンなどの金融商品をその人がどれぐらい利用していて、どのように返済しているのかが毎月詳細に記録されている情報です。

はじめて利用するキャッシング会社に申し込みをしても信用情報という記録によって別の会社のローンの利用履歴もしっかりと確認されていますので、以前に滞納や債務整理になった経験があるとそれが判明します。

キャッシングの審査では信用情報機関という場所でこの情報を調べますので、これから申し込みをする会社と関係のない会社で債務整理をしていてもバレてしまいます。

他社の利用金額も信用情報で分かりますのでウソの申告をするとバレてしまいます。

債務整理とは借金を契約どおりに返さなかったということですので、キャッシングの審査ではかなりのマイナスになります。

キャッシングの審査ではそのほかに年収や家族構成などの情報も考慮されて総合的に返済能力が判断されています。

信用情報に問題があるとキャッシングの審査に合格できなくなってしまうので気をつけましょう。

キャッシングにおける総量規制対象外について

キャッシングでお金を借りようとしても、無制限に借りれるというわけではありません。申込者の収入やその他の項目を総合的に判断して決められ、上限金額においては貸金業法によって制限されています。この賃金業法において最も注意したいのが、総量規制による制限になります。そこで今回は、キャッシングにおける総量規制対象外についてご紹介したいと思います。

総量規制について

平成18年に成立した改正貸金業法に基づき、平成20年6月に総量規制が施行されています。総量規制とは、貸金業者からの借入は年収の3分の1を越えて借入することはできない、といったものになります。規制の主な目的は、多重債務者対策として過剰な貸付を抑制し、借金返済に困窮する状況を根絶することを目的として施行されています。

対象となる借入について

総量規制の対象となる借入は、消費者金融や信販会社・クレジット会社などの貸金業者からの借入になります。したがって、これらの機関から既に借入のある方や年収の低い方などの場合は、総量規制の制限によってあわせて年収の3分の1までしか借りる事ができなくなります。

一方、銀行や信用金庫、信用組合・労働金庫などでは、銀行法に基づき業務が規定されていますので、これらの機関からの借入は総量規制対象外となり、融資申込みにおいては年収による縛りがないという事になります。

複数の借入があって総量規制に接触する為に消費者金融等の利用は不可能、しかしどうしても借入れが必要な場合には総量規制対象外の銀行等のキャッシングに申込むという方法があります。しかし総量規制の対象にならないからといって審査が甘くなるという訳ではありませんので注意が必要です。

キャッシングの審査では他社の利用状況がしっかり把握されている

もしあなたがいままでにローンやクレジットカードで長期滞納をしたことがあったり、債務整理をしたことがあれば、そのことは約5年間にわたって信用情報機関に記録されます。

キャッシングの審査では他社でどれぐらい借りているか、何社から借りているかという情報も伝える必要があります。

その会社をはじめて利用する場合なら、全く関係ない別の会社のローンやクレジットカードの利用分はわからないと考える人がいるかもしれません。

しかし、キャッシングの審査では、現在の他社の利用状況や、過去の利用状況までしっかり把握されて審査のときに参考にされています。

これは信用情報機関というところで、個人情報とともに、融資やクレジットカードの詳細な利用履歴が保管されているからです。

こういった情報は、個人信用情報と呼ばれ、カードローンの審査では必ず確認されています。

他社を何件か利用しているぐらいなら問題ありませんが、過去に長期的にキャッシングの返済を滞納したり、債務整理をしたことがあればそれが別の会社のキャッシングの審査でもしっかりわかるのです。

信用情報にそんな否定的な情報が残っているとき、他の会社のカードローンの審査を受けても合格することは困難です。

キャッシングの審査で提出する書類について

キャッシングの審査のときに提出する書類は、公式Webページで必要書類の確認をしておきましょう。

審査がはじまってから準備をはじめると時間がかかることもありますので最初から調べておくべきです。

借入れ審査で必要なものは、身分証明書と所得証明(収入証明)2種類の書類が基本です。

もしあなたが運転免許証を持っているならば、そちらを優先的に使うようにしてください。

運転免許証はどのキャッシングでも使えます。

そのほかは、健康保険証かパスポートなら問題ありませんが、それ以外のものは要注意です。

使えるかどうかを公式Webページで確認したり、電話で相談しておくのがおすすめです。

収入証明書としては何が使えるのでしょうか?こちらは源泉徴収票があるならばそれを使うのがおすすめです。

源泉徴収票は、前の年の収入を1年単位で正しく知っていることができるからです。

源泉徴収票は会社に発行してもらうようになりますので、すぐに準備ができる給与明細を使うという方法もあります。

給与明細が紙で発行されているならそれを使うのもよいでしょう。

提出は郵送の代わりに画像ファイルとして送信できます。

キャッシングの会社からの説明に従って、スマホなどで写真をとり、ウェブサイトから提示します。

自動契約機でのキャッシングは電話確認しておくと良い

自動契約機コーナーへ直接向かえば、キャッシングの申込みから借入れまで簡単に出来ると考えがちです。しかし、自宅でインターネット経由の申込みを行なう場合とは異なり、必要書類が不足していた場合には、一度家に取りに戻って再度申請をしなければなりません。事前にコールセンターへ必要書類を確認してから自動契約機へ向かえば良いですが、後から追加書類が必要となった場合には、同様に再度申請が必要となる点は変わりません。

自宅でインターネットを利用してキャッシング申込みを行なったとしても、審査完了後に自動契約機へ専用ローンカード発行に向かうことが出来ます。最初から自動契約機でキャッシング申込み手続きを行なう理由には、パソコンやスマートフォン経由での申込みに自信が無い場合や、テレビ電話機能を使って細かい質問を行いながら手続きを進めたいといった特別な事情が存在する場合に限定されるでしょう。

既にインターネット経由での申込み方法が一般的になっているので、敢えて自動契約機コーナーへ長時間滞在して申込みを行なう方法を積極的に採用する理由が薄れつつあります。専用ローンカードの発行のみで自動契約機を利用するならば、滞在時間は10分程度で十分でしょう。

消費者金融と信頼関係を築く方法とは

初めて消費者金融を利用する場合は悩みがつきものです。利用したい消費者金融が信頼できる業者なのか心配になる場合もありますし、審査に落ちてしまい利用することができないのではといった不満もあるようです。

消費者金融のキャッシングは審査に落ちてしまうと利用することができないため、不安を感じるのも仕方がないことかもしれません。審査に落ちてしまう理由は様々ですが、 複数の借り入れがある場合や、収入が安定していない場合などが挙げられるようです。

借金が複数あり返済が難しくなってしまう場合は、まとめローンなどのサービスを利用して返済をすることが大切です。一度審査に落ちてしまった場合でも、安定した職業や借金をしっかりと返済するなどすることによって、消費者金融のキャッシングを利用することができるようになります。

基本的に消費者金融の借り入れ限度額は総量規制によって定められており、年収の3分の1までと決まっています。しかし審査に不安を感じる場合はそれ以下の金額で、申し込んだ方が審査に通りやすくなる面もあるでしょう。

消費者金融は利用者との信頼関係によって契約を行うことになるので、信頼を損なわないようにしっかりとした利用を心がけるようにしましょう。