主婦はキャッシングができない?

主婦の方の中には自分はキャッシングができないと考えている方も少なくないと思われますが、決してそんなことはありません。

主婦の方であってもパートなどで働いており、定期的に安定した収入があるとみなされれば返済能力があるものと判断されキャッシングを行なうことは可能です。

ただしパートなどを行なっていない専業主婦の方の場合には少々ハードルが上がります。

キャッシングを行なっている消費者金融は総量規制により利用者の年収の1/3までしか貸し付けを行なうことができないためです。

もともと収入がない専業主婦の方はこの規定により申し込み条件をクリアすることができないため、事実上消費者金融を利用することができないというわけです。

中には旦那さんの収入を証明することで専業主婦がキャッシングできる消費者金融も存在しますが、大手ではそのようなサービスを行なっている会社は今のところありません。

そこで登場するのが銀行カードローンです。

キャッシングの内容は消費者金融の貸し付けとあまり変わりませんが、こちらは総量規制の対象ではないため専業主婦の方でも申し込みが可能になります。

また専業主婦であるという事実が旦那さんの収入に余裕があるということの裏付けにもなるため、むしろメリットとなる場合すらあるのです。

過去に債務整理手続きを行っている方が注意することとは?

銀行や消費者金融のキャッシング契約は、金融事故情報が残っている限り契約することは殆ど出来ません。返済遅延や債権譲渡といった情報については、一定期間が経過することで自動的に抹消されるものの、債務整理すなわち自己破産や個人再生といった手続きを行った方は注意が必要です。

基本的には『契約期間中および契約終了後5年以内』で情報が削除されるものの、免責された残高が登録された状態になっているケースがあります。この情報は、債権者が情報を削除または更新しない限り、残ってしまいキャッシング契約やクレジットカードの契約をする際に問題となってしまいます。

そのため、過去の自己破産や個人再生を行った方は、キャッシングを検討する前に個人信用情報を開示し、情報が全て抹消されているか確認する必要があります。この問題は、免責確定通知が債権者に対して裁判所から送付されないといったことが関係しており、消費者金融やクレジットカード会社が破産手続き開始や免責許可決定の通知で登録情報の更新管理を忘れているといったことが関係しています。

そのため、個人信用情報を開示し、過去の情報が残っている場合は、免責許可決定通知などの書類の写しを送付し、情報更新を依頼する必要があります。何も気付かずにキャッシング審査で落ちてしまわないためにも、個人信用情報の確認は重要なこととなります。

キャッシングの簡易審査の信頼性について

キャッシングサービスを提供する金融機関の公式ホームページにはたいてい簡易審査のページかコーナーが設けられています。少しの記入だけで審査をしてくれるで、利用した人も少なくないでしょう。しかし、問題は簡易審査の結果が本審査の結果にはどう結びつくのかです。

結論から言えば、ホームページの簡易審査と実際のキャッシングの審査とは全く関係ありません。簡易審査は匿名で利用できるので、本審査に何らかも影響はありません。しかし、簡易審査の結果については2つのことはいえます。

一つ目は簡易審査で融資ができないというような結果が出れば、本審査に通ることはまずないということです。その簡易審査を受けた金融機関のキャッシングの申し込むは無駄になりますし、申込み履歴に記載されますので、やめたほうがいいでしょう。

もう一つは簡易審査で融資が可能と言うような結果が出た場合ですが、簡易審査の記入項目に誤った情報を書き込んでいなければ、その簡易審査を受けた金融機関のキャッシングの審査にも通る可能性はかなり高いと考えていいでしょう。金融機関のホームページにある簡易審査がそれほどいい加減な結果を出すとは考えてられないと思われるからです。