みずほ銀行カードローンのキャッシングカードの種類別で利用する事が出来るATMは?

みずほ銀行カードローンのキャッシングカードはキャッシュカード兼用型とカードローン専用型がありますが、利用する事が出来るATMが異なってくるのでしっかり把握しておく必要があります。そこでキャッシングカードの種類別で利用する事が出来るATMを確認していく事にしましょう。

・キャッシュカード兼用型は提携金融機関とゆうちょ銀行は利用不可

みずほ銀行カードローンでお金を借りる時はみずほ銀行ATM、提携ATM、提携金融機関ATM、ゆうちょ銀行ATMになっています。しかしキャッシュカード兼用型のキャッシングカードを持っている時は提携金融機関とゆうちょ銀行のATMを利用する事が出来ません。提携金融機関とゆうちょ銀行のATMを利用しようと考えている人は注意しましょう。

・カードローン専用型は全部利用する事が可能

キャッシュカード兼用型のキャッシングカードは利用する事が出来ないATMがありますが、カードローン専用型のキャシングカードは全部のATMを利用する事が出来ます。特に提携金融機関とゆうちょ銀行のATMを利用したいと考えている人はカードローン専用型のキャシングカードを発行してもらった方がいいでしょう。

キャッシングカードの種類別で利用する事が出来るATMはこのようになっているので申し込む前にしっかり確認しておきましょう。

イオン銀行カードローンの2つのメリット

大手スーパーなどを展開しているイオンの金融部門のイオ銀行がカードローンのサービスを提供しているので最近では大手銀行のカードローンよりイオン銀行カードローンを利用する人が増えてきています。イオン銀行カードローンは20歳以上満65歳未満で安定した収入を得ていれば誰でも利用する事が出来ます。そこでイオン銀行カードローンを利用してお金を借りるとどのようなメリットがあるのか見ていく事にしましょう。

・大手銀行のカードローンより金利が低い

大手銀行のカードローンは上限金利が14.5%ぐらいで設定されている事が多いですが、イオン銀行カードローンは上限金利が13.8%で設定されています。大手銀行カードローンより金利が低く設定されているので返済する時の事を考えると大きなメリットになります。

・ATMでも24時間いつでも借入可能

大手の消費者金融のATMは営業時間があるので借り入れする事が出来る時間も限定されてしまいます。しかしイオン銀行のATMは24時間営業しているのでイオン銀行カードローンを利用してお金を借りる時も24時間いつでも手続きをする事が出来ます。ATMでも24時間お金を借りる事が出来るのは珍しいのでメリットになります。

イオン銀行カードローンを利用してお金を借りるとこのようなメリットがあるので最近では人気のカードローンとなっています。

即日融資を狙うなら2つの申込み方式を利用しよう

急にお金が必要となった際には、キャッシングの申込みを急いて何とか即日融資を受けることを狙います。問題となるのは、即日審査をしてもらえるかという点だけでなく、即日融資を受けるために振込融資または専用ローンカードによる借入れが必要となる点です。大手消費者金融が全国に設置している自動契約機ならば、その場で審査結果が出るだけでなく、専用ローンカードも発行されるので、併設されているATMですぐに借入れ出来ます。

一方、インターネットを経由した申込みならば、WEB完結申込みといった手段が使えるので、即日審査は手軽に行えるでしょう。振込融資を行なってもらうためには、審査完了が平日14時までに終わっていて、同時に振込融資を手配出来なければ即日融資は難しくなります。

専用ローンカード発行ならば、窓口発行または自動契約機発行を選択出来る金融業者を選ぶことで、即日融資まで辿り着くことが出来るでしょう。ポイントとなるのは、振込融資を行なうためには、審査完了と振込融資依頼時間に銀行営業時間内という期限がある点に注意が必要です。

先に振込融資が必要となる申込みを行い、すぐにその場で専用ローンカードが受け取れる自動契約機コーナーを使った申込みを後とすれば良いでしょう。

【キャッシング 即日】 即日のキャッシングはATMでのほうがいいです

インターネットでいろいろとキャッシングのことを見ていたんです。
それで即日借り入れられるからと申し込んではみたのですが、書類をそろえたりするのが面倒くさくなって、更になんと日数がかなりかかるんです。
それには憤慨しましたが、結局のところオペレーターさんに憤慨して何とかならないかと聞きました。
そうしたところ実際にキャッシングATMで相談したほうが早いというようなことも言われたのでATMでの申し込みに変えました。
そうしてATMのカメラでいろいろ相談して申し込んだところ即日キャッシングを受けることができました。
インターネットでの申し込みは時間に余裕があるときはいいかもしれないんですが、お金をすぐに借りたい時などは店頭で申し込んだほうがいいと思います。

キャッシングを即日受けるための方法とは

キャッシングを即日受けるためには、本人確認書類と源泉徴収票や給与明細を揃えて、金融業者の窓口へ直接行けば最短で申込み可能です。しかし、改正貸金業法が完全施行されて以降、大手消費者金融の窓口は次々と閉鎖されてしまい、一部の大都市に僅かに残る程度となってしまいました。

中小消費者金融への申込みには、抵抗がある人も多いでしょう。そこで、大手消費者金融ならば、自動契約機コーナーの利用が想定され、その他の消費者金融や銀行カードローンではインターネット経由の申込みが一般的となっています。

自動契約機コーナーでの申込みであれば、審査が完了次第専用ローンカードが発行されるので、即日キャッシングを受けることが可能です。しかし、会社帰りに自動契約機コーナーへ立ち寄ったのでは、勤務先への在籍確認電話が取れないので、専用ローンカードを発行出来ても翌日になってから勤務先への在籍確認電話が完了してからでなければ借入が出来ないこともあります。

そこで、インターネット経由で先に申込みと審査を終わらせておき、会社帰りに自動契約機コーナーで専用ローンカードを発行してもらう方法ならば、キャッシングを即日受ける方法として適しているわけです。

専業主婦でも利用出来る無人契約機はあるの?

無人契約機によりキャッシング契約を行うメリットは、審査時間が短いだけでなく、WEB完結や郵送申し込みとは異なり、優先して審査及び契約が行われるということです。また、銀行カードローンのようにローンカードを郵送受け取りする必要がないため、借り入れ可能になるまでの時間が短いということもあります。

しかし、無人契約機となると大手消費者金融が多く、専業主婦は融資対象外となってしまいます。そもそも、専業主婦の場合は総量規制対象外の銀行カードローンに殆ど限定されてしまい、キャシング契約を急いでいる場合には困ることがあります。

ですが、専業主婦でも利用可能な無人契約機はしっかりと存在しており、三井住友銀行カードローンや東京三菱UFJ銀行のローン契約機またはテレビ契約機で契約が可能です。これらの契約機は設置台数が少ないため、生活圏内で探すといった手間が掛かります。

しかし、三井住友銀行カードローンであればプロミスの無人契約を利用して申し込むが可能であり、専業主婦の場合でも短時間で審査から契約手続きまで行うことが出来ます。また、新生銀行レイクの無人契約も設置台数が多く、総量規制対象外のカードローンとなるため、国道沿いや主要幹線道路を探すだけで済みます。特に新生銀行レイクは消費者金融というイメージが過去の営業実態からあるものの、実際には銀行ローンとなるため、専業主婦でも利用が可能です。

銀行と消費者金融のカードローンのサービスの特徴

カードローンのサービスは銀行と消費者金融が提供していますが、どちらを利用してお金を借りればいいのか悩んでしまう人も多いでしょう。そこで銀行と消費者金融のカードローンのサービスの特徴を見ていく事にしましょう。

・低金利だけど融資スピードが遅い銀行のカードローン

銀行のカードローンのサービスは上限金利が14.5%前後で設定されているので低金利と言われています。お金を借りた時に加算される利息も少なくなるので返済する時にメリットに感じる人が多いです。しかし銀行という事で審査が厳しいのでお金を借りる事が出来るまで数日かかってしまいます。即日融資を受けるのはなかなか難しいので融資スピードが遅い点は不都合に感じてしまう人が多いです。

・高金利だけど融資スピードが早い消費者金融のカードローン

消費者金融のカードローンのサービスは上限金利が18%で設定されているので高金利と言われています。お金を借りた時に加算される利息も多くなってしまうので返済する時に大変になる事があります。しかし審査が最短30分で回答されるので即日融資を受ける事が出来ます。業者によって異なりますが、中には申し込みをしてから1時間でお金を借りる事も出来ます。融資スピードが早いので早くお金を借りたい人はメリットになります。

テレビショッピングや通販での分割購入に注意!

キャッシング契約の審査は、与信状況が悪ければ、通過出来ないのは当たり前に知られていることです。また、最近ではクレジットカードの支払だけでなく、携帯電話の料金支払いにおいて遅延情報が残っていると審査落ちする原因となってしまいます。

しかし、携帯電話の料金支払い以外にもテレビショッピングや通販の分割購入も注意が必要になっています。実際、これらの分割購入では割賦販売法が適用され、個人信用情報が株式会社シー・アイ・シーに登録されています。そのため、支払遅延は金融事故情報となってしまい、キャッシング審査が通過出来ない原因となっています。

また、より注意しなければならないのが、クーリングオフ制度が適用されないということであり、希望する商品で無かったため、代金を支払わない状態でクレームすることは避ける必要があります。

若い世代の方が利用するケースは少ないものの、テレビショッピングや通販の割賦購入が個人信用情報に影響しているということを理解する必要があります。代金支払いは、販売会社に直接支払う方式ではなく、信販会社経由となるため、自己判断による支払中断には注意が必要になります。

また、取引規約にはしっかりと個人信用情報に情報が登録されといった条項が設けられていることを認識する必要があります。

銀行カードローンの過剰融資問題による銀行の自主規制の影響は

銀行カードローンの過剰融資問題が止まりません。すでにメガバンクなどは自主規制を発表しましたが、この流れは地方銀行やネット銀行にも広がることはほぼ間違いないでしょう。銀行カードローンの過剰融資問題に介入している金融庁も銀行の自主規制の効果を見極めるということですから、何も自主規制をしない銀行はないと考えてもいいでしょう。

それでは、どのような自主規制を銀行が行うのかというとわかっているメガバンクの自主規制を参照すれば、貸金業法の総量規制のような自主規制になることが考えられます。すなはち年収の三分の一以上の融資は行わないとか、50万円以上の融資には収入証明書の提出を求めるなどです。

これらの銀行の自主規制のよって考えられる利用者に対する影響はまずは2つほど考えられます。

一つは銀行カードローンの審査がますます厳しくなるだろうということです。貸金業者よりも審査が厳しいと言われてる銀行の審査がますます厳しくなるだろうということです。

もう一つは銀行は以前ほどの信用をなくすということです。銀行のブランドを信頼して銀行だから安心できる、銀行だからお金を借りたいというような人は間違いなく減ることになるでしょう。

キャッシングの審査で最も大きな点とは

キャッシングは働いているからこそ、利用することができるサービスです。その点はよくよく理解しておいたほうがよいでしょう。つまりは、収入がない人には貸すことができない、ということになります。銀行系のカードローンなどであれば別になりますが、キャッシングサービスにおいてはそうなっています。

銀行は例外的、ということになります。収入がないとダメ、というのは総量規制があるからです。ですから、どうしてもお金を貸してくれる意識があったとしてもそもそも法律的に貸すことができない、ということになっています。しかし、きちんと収入があり、そして余所からお金を借りていないのであればそれは殆ど心配することはないといえます。

つまりは、借りること自体はそんなに難しいことではない、ということになります。審査において大事な点はまずは収入であるわけですが、後は他からいくら借りているのか、ということになりますが、要するにこれは総量規制こそが根源たる理由、ということになります。

その点を頭に入れておいて、そして出来るだけ他からの借金があるならば減らしておくことです。そうすれば借りることができる可能性がとても高くなることでしょう。これが基本です。