派遣社員の方のカードローン申し込み時の注意点

派遣社員の方でも、毎月安定した収入があれば基本的に消費者金融や銀行カードローンも利用できます。ただし派遣社員の方は契約時に多少注意が必要なので、それを紹介します。

まず申し込み時に勤務先を記入しますが、これは派遣元の会社名を記入します。雇用関係があるのは派遣元ですから、当然派遣元の会社名を記入します。そして勤務先の電話番号を記入しますが、当然派遣元の会社の方に在籍確認の電話連絡があります。間違えて派遣先の電話番号を書いてしまうと、最終的に審査に通らない場合もあるので必ず派遣元の電話番号を記入して下さい。

問題は派遣元の会社が在籍確認に応じるかどうかです。派遣会社には数千~数万人の方が登録しており、いちいち在籍確認に応じないところもあるからです。その場合は金融機関のコールセンターに電話して、電話での在籍確認に代わる手段でOKかお伺いを立てればいいのです。特に消費者金融が相談に乗ってくれる可能性が高いです。

キャッシングの利便性を見る上で重要なATMや自動契約機の多さ

キャッシングに関する情報サイトを開くと、大抵トップに掲載されているのはそれらを扱う消費者金融の人気ランキングでしょう。

テレビCMを始め多くの広告を打っている大手の消費者金融は知名度も高く、また利用前からでも親しみ易さを感じるものですが、実際に利用してみるとやはり大手ならではのメリットというものは確実に存在しています。

その一つが提携しているコンビニATM、あるいは自動契約機の設置軒数の多さ。

急な所用でお金が必要となれば、審査への通り易さと共に重要となるのがお金の引き出し易さでしょう。いざ借入れ可能となっても自宅周囲にお金を引き出せるATMが全く無ければ不便の一言です。

その点大手の消費者金融は提携しているコンビニも多く、身近にあるいずれのコンビニATMからも気軽にお金を引き出せます。もちろん自動契約機も多く、スピーディな審査にも大変都合が良いのです。

スピーディーな手続きで即日融資も可能なアコム

大手消費者金融として知名度と信頼性が高いのがアコムです。

アコムは申し込みから借り入れまでのスピードがとても早く、申し込んだその日のうちにお金を借りることができます。

事前に借り入れができるかどうかの簡易診断がWeb上で公開されていて、わずか3秒で結果を表示してくれます。

また、申し込んでから審査が完了するまではわずか30分ととてもスピーディーで、審査で待たされることもありません。

契約までWeb上で行えてとても便利ですし、契約してから30日間は利息が無料になっていてとてもお得です。

提携ATMが多数ありますから24時間いつでも借り入れと返済が行えて便利ですし、Webからも利用できます。

スピーディーな対応で急にお金が必要になった時には役立ってくれます。

ジャックスカードローンは上限が一定以上だとお得な理由

ジャックスのカードローンは一定の金額以上の上限が設定できる場合には結構お得です。

その理由として、ジャックスでは利用可能枠70万円を超えると本来の適用金利よりも安い14.4%の金利が適用されるようになっています。

これがどのくらいいいのかというと、一般的なカードローンで適用される金利としては基本18.0%、100万円あたりで15.0%なのが通常になっているくらいで、

ジャックスはそ一般的なものよりも好条件で利用ができるのです。

また、ジャックスでは100万円を超える場合ですと適用金利が13.2%なので、この部分でも他社より優れています。

ですので、ジャックスでカードローンを利用することは結構大きなメリットなのです。

中小の消費者金融は借りない方がいいのか?

大手の消費者金融ではなかなかお金が借りられそうにない時には、中小の消費者金融でお金を借りることが考えられます。

ただ、中小の消費者金融でお金を借りるというのは、なんとなく危険な感じがすることもあると思います。

ですが、その心配はあまりありません。 中小の消費者金融といってもしっかりと業者登録がされているのであれば

接客態度も悪いわけではありませんし、丁寧に教えてくれたりもします。

また、審査に関してもほかの消費者金融や銀行に比べれば通りやすくお金は借りやすいです。

ただ、基本的に金利は高いですし借りれる金額というのも比較的多くはありません。

ですので、他の消費者金融で借りられるような場合には、そちらで借りることをお勧めします。

みずほ銀行カードローンのキャッシングカードの種類別で利用する事が出来るATMは?

みずほ銀行カードローンのキャッシングカードはキャッシュカード兼用型とカードローン専用型がありますが、利用する事が出来るATMが異なってくるのでしっかり把握しておく必要があります。そこでキャッシングカードの種類別で利用する事が出来るATMを確認していく事にしましょう。

・キャッシュカード兼用型は提携金融機関とゆうちょ銀行は利用不可

みずほ銀行カードローンでお金を借りる時はみずほ銀行ATM、提携ATM、提携金融機関ATM、ゆうちょ銀行ATMになっています。しかしキャッシュカード兼用型のキャッシングカードを持っている時は提携金融機関とゆうちょ銀行のATMを利用する事が出来ません。提携金融機関とゆうちょ銀行のATMを利用しようと考えている人は注意しましょう。

・カードローン専用型は全部利用する事が可能

キャッシュカード兼用型のキャッシングカードは利用する事が出来ないATMがありますが、カードローン専用型のキャシングカードは全部のATMを利用する事が出来ます。特に提携金融機関とゆうちょ銀行のATMを利用したいと考えている人はカードローン専用型のキャシングカードを発行してもらった方がいいでしょう。

キャッシングカードの種類別で利用する事が出来るATMはこのようになっているので申し込む前にしっかり確認しておきましょう。

イオン銀行カードローンの2つのメリット

大手スーパーなどを展開しているイオンの金融部門のイオ銀行がカードローンのサービスを提供しているので最近では大手銀行のカードローンよりイオン銀行カードローンを利用する人が増えてきています。イオン銀行カードローンは20歳以上満65歳未満で安定した収入を得ていれば誰でも利用する事が出来ます。そこでイオン銀行カードローンを利用してお金を借りるとどのようなメリットがあるのか見ていく事にしましょう。

・大手銀行のカードローンより金利が低い

大手銀行のカードローンは上限金利が14.5%ぐらいで設定されている事が多いですが、イオン銀行カードローンは上限金利が13.8%で設定されています。大手銀行カードローンより金利が低く設定されているので返済する時の事を考えると大きなメリットになります。

・ATMでも24時間いつでも借入可能

大手の消費者金融のATMは営業時間があるので借り入れする事が出来る時間も限定されてしまいます。しかしイオン銀行のATMは24時間営業しているのでイオン銀行カードローンを利用してお金を借りる時も24時間いつでも手続きをする事が出来ます。ATMでも24時間お金を借りる事が出来るのは珍しいのでメリットになります。

イオン銀行カードローンを利用してお金を借りるとこのようなメリットがあるので最近では人気のカードローンとなっています。

即日融資を狙うなら2つの申込み方式を利用しよう

急にお金が必要となった際には、キャッシングの申込みを急いて何とか即日融資を受けることを狙います。問題となるのは、即日審査をしてもらえるかという点だけでなく、即日融資を受けるために振込融資または専用ローンカードによる借入れが必要となる点です。大手消費者金融が全国に設置している自動契約機ならば、その場で審査結果が出るだけでなく、専用ローンカードも発行されるので、併設されているATMですぐに借入れ出来ます。

一方、インターネットを経由した申込みならば、WEB完結申込みといった手段が使えるので、即日審査は手軽に行えるでしょう。振込融資を行なってもらうためには、審査完了が平日14時までに終わっていて、同時に振込融資を手配出来なければ即日融資は難しくなります。

専用ローンカード発行ならば、窓口発行または自動契約機発行を選択出来る金融業者を選ぶことで、即日融資まで辿り着くことが出来るでしょう。ポイントとなるのは、振込融資を行なうためには、審査完了と振込融資依頼時間に銀行営業時間内という期限がある点に注意が必要です。

先に振込融資が必要となる申込みを行い、すぐにその場で専用ローンカードが受け取れる自動契約機コーナーを使った申込みを後とすれば良いでしょう。

【キャッシング 即日】 即日のキャッシングはATMでのほうがいいです

インターネットでいろいろとキャッシングのことを見ていたんです。
それで即日借り入れられるからと申し込んではみたのですが、書類をそろえたりするのが面倒くさくなって、更になんと日数がかなりかかるんです。
それには憤慨しましたが、結局のところオペレーターさんに憤慨して何とかならないかと聞きました。
そうしたところ実際にキャッシングATMで相談したほうが早いというようなことも言われたのでATMでの申し込みに変えました。
そうしてATMのカメラでいろいろ相談して申し込んだところ即日キャッシングを受けることができました。
インターネットでの申し込みは時間に余裕があるときはいいかもしれないんですが、お金をすぐに借りたい時などは店頭で申し込んだほうがいいと思います。

キャッシングを即日受けるための方法とは

キャッシングを即日受けるためには、本人確認書類と源泉徴収票や給与明細を揃えて、金融業者の窓口へ直接行けば最短で申込み可能です。しかし、改正貸金業法が完全施行されて以降、大手消費者金融の窓口は次々と閉鎖されてしまい、一部の大都市に僅かに残る程度となってしまいました。

中小消費者金融への申込みには、抵抗がある人も多いでしょう。そこで、大手消費者金融ならば、自動契約機コーナーの利用が想定され、その他の消費者金融や銀行カードローンではインターネット経由の申込みが一般的となっています。

自動契約機コーナーでの申込みであれば、審査が完了次第専用ローンカードが発行されるので、即日キャッシングを受けることが可能です。しかし、会社帰りに自動契約機コーナーへ立ち寄ったのでは、勤務先への在籍確認電話が取れないので、専用ローンカードを発行出来ても翌日になってから勤務先への在籍確認電話が完了してからでなければ借入が出来ないこともあります。

そこで、インターネット経由で先に申込みと審査を終わらせておき、会社帰りに自動契約機コーナーで専用ローンカードを発行してもらう方法ならば、キャッシングを即日受ける方法として適しているわけです。