キャッシング申込

以前私はよく消費者金融を利用していました。昔はよく新聞広告に、チラシが入っていました。私はよくそのチラシをみて電話で申込をしました。必ず女性が担当してくれていたので、すごく電話をしやすかったです。

ある程度の個人情報を伝え、一旦電話を切り1時間後には審査の結果がでて、それが午前中だったりすると本日中にお金を借りることができました。今はもう少し厳しくなっているかもしれませんが、イメージとしてはお金を借りることはそんなに困難ではなかったと記憶しております。

増額の電話もすぐに対応してくれ、ちゃんと返済が出来ていればすぐにお金を借りる事ができました。そんな感じで私はお金は簡単に借りれると思い、当時は同じような内容で3件ほどの会社から借りていました。郵便物も会社名を入れないでほしいとお願いすると、都合のいいような差し出し名を記載してくれたので、当時は親と住んでいましたので親にバレることもなかったのでとても安心でした。

キャッシングサービスは正しい使い方と内容をよく理解したうえでお金を借りればとても助かることもあれば、便利に使わせてもらう事ができるので私にとっては悪いイメージは一つもなく、とてもありがたかったと思っています。

アコムの店舗とむじんくんの営業日と営業時間は?

アコムは店舗と無人契約機のむじんくんが全国各地に設置されていてキャッシングの申し込みをする時に利用する人も多いでしょう。どちらで申し込みをしても即日融資に対応してもらう事が出来ますが、営業している日をしっかり把握しておかないと不都合になってしまう事もあります。そこでアコムの店舗とむじんくんの営業日と営業時間を確認していきましょう。

・店舗の営業日と営業時間

アコムの店舗は平日は営業していますが、土日祝日は休みになっています。営業時間は9時30分から18時までとなっています。キャッシングの申し込みが可能なのは平日の9時30分から18時までとなるので即日融資を受けたい時はこの時間帯に手続きを完了させる必要があります。また混雑している事もあるので閉店間際に来店してしまうと即日融資を受ける事が出来なくなる可能性もあります。即日融資を受ける時は早めに来店するようにしましょう。

・むじんくんの営業日と営業時間

むじんくんは平日だけでなく土日祝日も営業していますが、年末年始は休みになってしまいます。営業時間は8時から22時までとなっていますが、地域によっては異なる場合もあります。店舗に比べて営業している時間が長いですが、店舗以上に混雑している事があるので即日融資を受ける時はなるべく早めに申し込むようにしましょう。

キャッシングは即日が便利

会社員をしている私がキャッシングを利用してみて、即日で借りられるのが便利なところだなあと思います。会社員をしている人の場合、毎月決まった時期にお給料が入ってくるのがふつうです。安定した収入があるのが会社員の強みですが、仕事においてストレスがかかることも多いと思います。そんなときに自分へのごほうびとして、ほしかったものを買ったり、旅行に行ったりするのは悪いことではないはずです。

もうすぐ給料日でお金が入ってくるのはわかっているけど、「今すぐ旅行に行きたい」という気分のときがあると思います。私はそういうときにキャッシングを利用していて、やはり即日でお金が借りられるところが利点です。もちろん、ちゃんと給料で返済できる額を借りているので、その後の生活に困ることはありません。たまには思いきってストレス解消をするのが、会社員を長く続ける秘訣かなあと思います。

キャッシングについて気をつける点

返済計画を立て、利用しなければ、キャッシングはいざという時には、ありがたいですが、気をつけてしっかり把握しておかないと、危険です。借りた金額、返済日、金額に対しての、金利をしっかり覚えておく必要がある。出ないと、金額を多く借りていると、返済に大変な思いをする事になります。

リボ払いは、決まった金額を毎月返していく方法と、一括を返済することもできます。返せる額を、借りるようにが、注意点です。ショッピング額ですが、キャッシングを利用すると、ショッピング額の枠が減ります。もし、キャッシングを多く借りていて、ショッピング枠が減っていると、仮に、ショッピングをした時に、慌てる事になりますので、その事を踏まえて、計画的に、利用しなければなりません。

就職したてで給料が少ない時でも

旅行に行くからと就職してすぐの頃に作ったばかりのクレジットカードで現金を借りました。

初めてクレジットカードを使う、初めて親以外の所からお金を借りるという事もあり不安とドキドキでいっぱいでしたがいざ借りてみるとあっけないくらい簡単でした。

クレジットカードを作る時点で審査が通っているのでお金を借りる時はとくに審査もなく確認の連絡や身分証明といったものも必要ないのでどこにでもあるコンビニのATMで簡単に現金を出すことができました。

返済方法も一括とローンを選択でき安月給の私はローンのリボ払いで借りることにしました。

リボ払いだと6千円なら6千円と毎月決まった額が通帳からひかれるので無理なく返済出来ました。

もちろん借りているぶんしっかり利息もとられますが少ない給料の中でも完済する事が出来ました。

アコムの3秒診断とはどのようなものであるのか

キャッシングをする場合、年収や過去のキャッシングでの状況によって、新規にキャッシングの申込みが出来るのかどうかが決まってきます。つまり、安定した収入と他社への借り入れ状況が良好であれば、新規に申込んだ場合において審査を通過する可能性が高まります。

アコムでは、公式サイトのトップページに「3秒診断」というコンテンツを用意しており、実際にキャッシングの新規申込みをする前に、利用条件をクリアしているかどうかを調べる事が可能です。入力する項目は、年齢・年収・他社のカードローンの借入状況です。

これらの3つの項目を入力して「診断開始」ボタンを押すことで診断を行えます。もし、診断で良い結果が得られた場合は、キャッシングを申込んでみると良いでしょう。一方で、結果が芳しくない場合は実際に申込んだ際にも審査が通らない可能性があります。

ネットで消費者金融にキャッシングの申し込みをする人が増えている理由は?

消費者金融は自動契約機で申し込むのが主流でしたが、最近ではネットで申し込む人が増えてきています。そこでなぜネットで申し込む人が増えてきたのか理由を挙げていく事にしましょう。

ネットで申し込みをすると借り入れまでの手続きがネット上で完結してしまいます。自動契約機に出向く必要もなくなるので無駄な時間を省ける点がまず挙げられます。また自動契約機は営業時間があるのでいつでも申し込みをする事が出来るというわけではありません。しかしネットは24時間受付をしているのでいつでも申し込みをする事が出来ます。特に深夜の時間帯は自動契約機は営業していないのでネットで申し込む人も多いです。

いかかでしたでしょうか。ネットで申し込みをした方がこのように都合が良くなる事も多いので最近になって増えてきていると考えられます。

派遣社員の方のカードローン申し込み時の注意点

派遣社員の方でも、毎月安定した収入があれば基本的に消費者金融や銀行カードローンも利用できます。ただし派遣社員の方は契約時に多少注意が必要なので、それを紹介します。

まず申し込み時に勤務先を記入しますが、これは派遣元の会社名を記入します。雇用関係があるのは派遣元ですから、当然派遣元の会社名を記入します。そして勤務先の電話番号を記入しますが、当然派遣元の会社の方に在籍確認の電話連絡があります。間違えて派遣先の電話番号を書いてしまうと、最終的に審査に通らない場合もあるので必ず派遣元の電話番号を記入して下さい。

問題は派遣元の会社が在籍確認に応じるかどうかです。派遣会社には数千~数万人の方が登録しており、いちいち在籍確認に応じないところもあるからです。その場合は金融機関のコールセンターに電話して、電話での在籍確認に代わる手段でOKかお伺いを立てればいいのです。特に消費者金融が相談に乗ってくれる可能性が高いです。

キャッシングの利便性を見る上で重要なATMや自動契約機の多さ

キャッシングに関する情報サイトを開くと、大抵トップに掲載されているのはそれらを扱う消費者金融の人気ランキングでしょう。

テレビCMを始め多くの広告を打っている大手の消費者金融は知名度も高く、また利用前からでも親しみ易さを感じるものですが、実際に利用してみるとやはり大手ならではのメリットというものは確実に存在しています。

その一つが提携しているコンビニATM、あるいは自動契約機の設置軒数の多さ。

急な所用でお金が必要となれば、審査への通り易さと共に重要となるのがお金の引き出し易さでしょう。いざ借入れ可能となっても自宅周囲にお金を引き出せるATMが全く無ければ不便の一言です。

その点大手の消費者金融は提携しているコンビニも多く、身近にあるいずれのコンビニATMからも気軽にお金を引き出せます。もちろん自動契約機も多く、スピーディな審査にも大変都合が良いのです。

スピーディーな手続きで即日融資も可能なアコム

大手消費者金融として知名度と信頼性が高いのがアコムです。

アコムは申し込みから借り入れまでのスピードがとても早く、申し込んだその日のうちにお金を借りることができます。

事前に借り入れができるかどうかの簡易診断がWeb上で公開されていて、わずか3秒で結果を表示してくれます。

また、申し込んでから審査が完了するまではわずか30分ととてもスピーディーで、審査で待たされることもありません。

契約までWeb上で行えてとても便利ですし、契約してから30日間は利息が無料になっていてとてもお得です。

提携ATMが多数ありますから24時間いつでも借り入れと返済が行えて便利ですし、Webからも利用できます。

スピーディーな対応で急にお金が必要になった時には役立ってくれます。

ジャックスカードローンは上限が一定以上だとお得な理由

ジャックスのカードローンは一定の金額以上の上限が設定できる場合には結構お得です。

その理由として、ジャックスでは利用可能枠70万円を超えると本来の適用金利よりも安い14.4%の金利が適用されるようになっています。

これがどのくらいいいのかというと、一般的なカードローンで適用される金利としては基本18.0%、100万円あたりで15.0%なのが通常になっているくらいで、

ジャックスはそ一般的なものよりも好条件で利用ができるのです。

また、ジャックスでは100万円を超える場合ですと適用金利が13.2%なので、この部分でも他社より優れています。

ですので、ジャックスでカードローンを利用することは結構大きなメリットなのです。

中小の消費者金融は借りない方がいいのか?

大手の消費者金融ではなかなかお金が借りられそうにない時には、中小の消費者金融でお金を借りることが考えられます。

ただ、中小の消費者金融でお金を借りるというのは、なんとなく危険な感じがすることもあると思います。

ですが、その心配はあまりありません。 中小の消費者金融といってもしっかりと業者登録がされているのであれば

接客態度も悪いわけではありませんし、丁寧に教えてくれたりもします。

また、審査に関してもほかの消費者金融や銀行に比べれば通りやすくお金は借りやすいです。

ただ、基本的に金利は高いですし借りれる金額というのも比較的多くはありません。

ですので、他の消費者金融で借りられるような場合には、そちらで借りることをお勧めします。

みずほ銀行カードローンのキャッシングカードの種類別で利用する事が出来るATMは?

みずほ銀行カードローンのキャッシングカードはキャッシュカード兼用型とカードローン専用型がありますが、利用する事が出来るATMが異なってくるのでしっかり把握しておく必要があります。そこでキャッシングカードの種類別で利用する事が出来るATMを確認していく事にしましょう。

・キャッシュカード兼用型は提携金融機関とゆうちょ銀行は利用不可

みずほ銀行カードローンでお金を借りる時はみずほ銀行ATM、提携ATM、提携金融機関ATM、ゆうちょ銀行ATMになっています。しかしキャッシュカード兼用型のキャッシングカードを持っている時は提携金融機関とゆうちょ銀行のATMを利用する事が出来ません。提携金融機関とゆうちょ銀行のATMを利用しようと考えている人は注意しましょう。

・カードローン専用型は全部利用する事が可能

キャッシュカード兼用型のキャッシングカードは利用する事が出来ないATMがありますが、カードローン専用型のキャシングカードは全部のATMを利用する事が出来ます。特に提携金融機関とゆうちょ銀行のATMを利用したいと考えている人はカードローン専用型のキャシングカードを発行してもらった方がいいでしょう。

キャッシングカードの種類別で利用する事が出来るATMはこのようになっているので申し込む前にしっかり確認しておきましょう。

イオン銀行カードローンの2つのメリット

大手スーパーなどを展開しているイオンの金融部門のイオ銀行がカードローンのサービスを提供しているので最近では大手銀行のカードローンよりイオン銀行カードローンを利用する人が増えてきています。イオン銀行カードローンは20歳以上満65歳未満で安定した収入を得ていれば誰でも利用する事が出来ます。そこでイオン銀行カードローンを利用してお金を借りるとどのようなメリットがあるのか見ていく事にしましょう。

・大手銀行のカードローンより金利が低い

大手銀行のカードローンは上限金利が14.5%ぐらいで設定されている事が多いですが、イオン銀行カードローンは上限金利が13.8%で設定されています。大手銀行カードローンより金利が低く設定されているので返済する時の事を考えると大きなメリットになります。

・ATMでも24時間いつでも借入可能

大手の消費者金融のATMは営業時間があるので借り入れする事が出来る時間も限定されてしまいます。しかしイオン銀行のATMは24時間営業しているのでイオン銀行カードローンを利用してお金を借りる時も24時間いつでも手続きをする事が出来ます。ATMでも24時間お金を借りる事が出来るのは珍しいのでメリットになります。

イオン銀行カードローンを利用してお金を借りるとこのようなメリットがあるので最近では人気のカードローンとなっています。

即日融資を狙うなら2つの申込み方式を利用しよう

急にお金が必要となった際には、キャッシングの申込みを急いて何とか即日融資を受けることを狙います。問題となるのは、即日審査をしてもらえるかという点だけでなく、即日融資を受けるために振込融資または専用ローンカードによる借入れが必要となる点です。大手消費者金融が全国に設置している自動契約機ならば、その場で審査結果が出るだけでなく、専用ローンカードも発行されるので、併設されているATMですぐに借入れ出来ます。

一方、インターネットを経由した申込みならば、WEB完結申込みといった手段が使えるので、即日審査は手軽に行えるでしょう。振込融資を行なってもらうためには、審査完了が平日14時までに終わっていて、同時に振込融資を手配出来なければ即日融資は難しくなります。

専用ローンカード発行ならば、窓口発行または自動契約機発行を選択出来る金融業者を選ぶことで、即日融資まで辿り着くことが出来るでしょう。ポイントとなるのは、振込融資を行なうためには、審査完了と振込融資依頼時間に銀行営業時間内という期限がある点に注意が必要です。

先に振込融資が必要となる申込みを行い、すぐにその場で専用ローンカードが受け取れる自動契約機コーナーを使った申込みを後とすれば良いでしょう。

【キャッシング 即日】 即日のキャッシングはATMでのほうがいいです

インターネットでいろいろとキャッシングのことを見ていたんです。
それで即日借り入れられるからと申し込んではみたのですが、書類をそろえたりするのが面倒くさくなって、更になんと日数がかなりかかるんです。
それには憤慨しましたが、結局のところオペレーターさんに憤慨して何とかならないかと聞きました。
そうしたところ実際にキャッシングATMで相談したほうが早いというようなことも言われたのでATMでの申し込みに変えました。
そうしてATMのカメラでいろいろ相談して申し込んだところ即日キャッシングを受けることができました。
インターネットでの申し込みは時間に余裕があるときはいいかもしれないんですが、お金をすぐに借りたい時などは店頭で申し込んだほうがいいと思います。

キャッシングを即日受けるための方法とは

キャッシングを即日受けるためには、本人確認書類と源泉徴収票や給与明細を揃えて、金融業者の窓口へ直接行けば最短で申込み可能です。しかし、改正貸金業法が完全施行されて以降、大手消費者金融の窓口は次々と閉鎖されてしまい、一部の大都市に僅かに残る程度となってしまいました。

中小消費者金融への申込みには、抵抗がある人も多いでしょう。そこで、大手消費者金融ならば、自動契約機コーナーの利用が想定され、その他の消費者金融や銀行カードローンではインターネット経由の申込みが一般的となっています。

自動契約機コーナーでの申込みであれば、審査が完了次第専用ローンカードが発行されるので、即日キャッシングを受けることが可能です。しかし、会社帰りに自動契約機コーナーへ立ち寄ったのでは、勤務先への在籍確認電話が取れないので、専用ローンカードを発行出来ても翌日になってから勤務先への在籍確認電話が完了してからでなければ借入が出来ないこともあります。

そこで、インターネット経由で先に申込みと審査を終わらせておき、会社帰りに自動契約機コーナーで専用ローンカードを発行してもらう方法ならば、キャッシングを即日受ける方法として適しているわけです。

専業主婦でも利用出来る無人契約機はあるの?

無人契約機によりキャッシング契約を行うメリットは、審査時間が短いだけでなく、WEB完結や郵送申し込みとは異なり、優先して審査及び契約が行われるということです。また、銀行カードローンのようにローンカードを郵送受け取りする必要がないため、借り入れ可能になるまでの時間が短いということもあります。

しかし、無人契約機となると大手消費者金融が多く、専業主婦は融資対象外となってしまいます。そもそも、専業主婦の場合は総量規制対象外の銀行カードローンに殆ど限定されてしまい、キャシング契約を急いでいる場合には困ることがあります。

ですが、専業主婦でも利用可能な無人契約機はしっかりと存在しており、三井住友銀行カードローンや東京三菱UFJ銀行のローン契約機またはテレビ契約機で契約が可能です。これらの契約機は設置台数が少ないため、生活圏内で探すといった手間が掛かります。

しかし、三井住友銀行カードローンであればプロミスの無人契約を利用して申し込むが可能であり、専業主婦の場合でも短時間で審査から契約手続きまで行うことが出来ます。また、新生銀行レイクの無人契約も設置台数が多く、総量規制対象外のカードローンとなるため、国道沿いや主要幹線道路を探すだけで済みます。特に新生銀行レイクは消費者金融というイメージが過去の営業実態からあるものの、実際には銀行ローンとなるため、専業主婦でも利用が可能です。

銀行と消費者金融のカードローンのサービスの特徴

カードローンのサービスは銀行と消費者金融が提供していますが、どちらを利用してお金を借りればいいのか悩んでしまう人も多いでしょう。そこで銀行と消費者金融のカードローンのサービスの特徴を見ていく事にしましょう。

・低金利だけど融資スピードが遅い銀行のカードローン

銀行のカードローンのサービスは上限金利が14.5%前後で設定されているので低金利と言われています。お金を借りた時に加算される利息も少なくなるので返済する時にメリットに感じる人が多いです。しかし銀行という事で審査が厳しいのでお金を借りる事が出来るまで数日かかってしまいます。即日融資を受けるのはなかなか難しいので融資スピードが遅い点は不都合に感じてしまう人が多いです。

・高金利だけど融資スピードが早い消費者金融のカードローン

消費者金融のカードローンのサービスは上限金利が18%で設定されているので高金利と言われています。お金を借りた時に加算される利息も多くなってしまうので返済する時に大変になる事があります。しかし審査が最短30分で回答されるので即日融資を受ける事が出来ます。業者によって異なりますが、中には申し込みをしてから1時間でお金を借りる事も出来ます。融資スピードが早いので早くお金を借りたい人はメリットになります。

テレビショッピングや通販での分割購入に注意!

キャッシング契約の審査は、与信状況が悪ければ、通過出来ないのは当たり前に知られていることです。また、最近ではクレジットカードの支払だけでなく、携帯電話の料金支払いにおいて遅延情報が残っていると審査落ちする原因となってしまいます。

しかし、携帯電話の料金支払い以外にもテレビショッピングや通販の分割購入も注意が必要になっています。実際、これらの分割購入では割賦販売法が適用され、個人信用情報が株式会社シー・アイ・シーに登録されています。そのため、支払遅延は金融事故情報となってしまい、キャッシング審査が通過出来ない原因となっています。

また、より注意しなければならないのが、クーリングオフ制度が適用されないということであり、希望する商品で無かったため、代金を支払わない状態でクレームすることは避ける必要があります。

若い世代の方が利用するケースは少ないものの、テレビショッピングや通販の割賦購入が個人信用情報に影響しているということを理解する必要があります。代金支払いは、販売会社に直接支払う方式ではなく、信販会社経由となるため、自己判断による支払中断には注意が必要になります。

また、取引規約にはしっかりと個人信用情報に情報が登録されといった条項が設けられていることを認識する必要があります。

銀行カードローンの過剰融資問題による銀行の自主規制の影響は

銀行カードローンの過剰融資問題が止まりません。すでにメガバンクなどは自主規制を発表しましたが、この流れは地方銀行やネット銀行にも広がることはほぼ間違いないでしょう。銀行カードローンの過剰融資問題に介入している金融庁も銀行の自主規制の効果を見極めるということですから、何も自主規制をしない銀行はないと考えてもいいでしょう。

それでは、どのような自主規制を銀行が行うのかというとわかっているメガバンクの自主規制を参照すれば、貸金業法の総量規制のような自主規制になることが考えられます。すなはち年収の三分の一以上の融資は行わないとか、50万円以上の融資には収入証明書の提出を求めるなどです。

これらの銀行の自主規制のよって考えられる利用者に対する影響はまずは2つほど考えられます。

一つは銀行カードローンの審査がますます厳しくなるだろうということです。貸金業者よりも審査が厳しいと言われてる銀行の審査がますます厳しくなるだろうということです。

もう一つは銀行は以前ほどの信用をなくすということです。銀行のブランドを信頼して銀行だから安心できる、銀行だからお金を借りたいというような人は間違いなく減ることになるでしょう。

キャッシングの審査で最も大きな点とは

キャッシングは働いているからこそ、利用することができるサービスです。その点はよくよく理解しておいたほうがよいでしょう。つまりは、収入がない人には貸すことができない、ということになります。銀行系のカードローンなどであれば別になりますが、キャッシングサービスにおいてはそうなっています。

銀行は例外的、ということになります。収入がないとダメ、というのは総量規制があるからです。ですから、どうしてもお金を貸してくれる意識があったとしてもそもそも法律的に貸すことができない、ということになっています。しかし、きちんと収入があり、そして余所からお金を借りていないのであればそれは殆ど心配することはないといえます。

つまりは、借りること自体はそんなに難しいことではない、ということになります。審査において大事な点はまずは収入であるわけですが、後は他からいくら借りているのか、ということになりますが、要するにこれは総量規制こそが根源たる理由、ということになります。

その点を頭に入れておいて、そして出来るだけ他からの借金があるならば減らしておくことです。そうすれば借りることができる可能性がとても高くなることでしょう。これが基本です。

アコムの申し込み方法はむじんくんとホームページが主流

アコムは大手の消費者金融ですが三菱UFJフィナンシャルグループの子会社でもあるのでメガバンクの三菱東京UFJ銀行の傘下にも入っている金融業者です。メガバンクの三菱東京UFJ銀行の傘下に入っている事でサービス面も強化されて顧客の信用度も高まってきている事から多くの人が利用しているのでしょう。

アコムの申し込み方法は電話や店頭窓口でも出来ますが、現在は無人契約機のむじんくんかアコムのホームページが主流となっています。そのためほとんどの利用客がむじんくんかアコムのホームページで申し込んでいます。

むじんくんかアコムのホームページのどちらにするかは人それぞれ変わってくるようです。融資スピードを重視する場合はむじんくんで申し込む人が多いです。むじんくんで申し込むと契約完了後にその場でカードが発行されます。そのためすぐお金を借りる事が出来るので融資スピードを重視する時にすごく好都合です。

利便性を重視する場合はアコムのホームページから申し込む事が多いです。アコムのホームページから申し込むと申し込みから借り入れまでの手続きをすべてホームページ上で出来てしまいます。そのためむじんくんに出向かなくてもいいので利便性を重視する時にすごく好都合です。

専業主婦でもキャッシングはできるのか

家計を預かる主婦が急にお金が必要になることは生活をしていると少ないことではありません。その時にキャッシングを利用することが出来れば、助かることもあるでしょう。

主婦がキャッシングを利用できるかどうかについては専業主婦なのかそうではないのか、利用する金融機関が銀行なのか貸金業者なのかで違ってきます。主婦であっても、パートやアルバイトなどで収入があれば、銀行であっても貸金業者であってもキャッシングを申し込むことは可能です。銀行は審査がどうなるか分かりませんが、貸金業者であればお金を借りることができる可能性は低くないでしょう。

しかし、専業主婦であればお金を借りるのはなかなか難しいと言わざると得ません。特に貸金業者は2010年の改正貸金業法によって総量規制の対象となりましたので、顧客の年収の三分の一以上の貸付はできなくなりました。事実上は年収がない専業主婦ではキャッシングを利用することができないと考えたほうがいいでしょう。

銀行は総量規制の対象となっていませんが、収入のない専業主婦が銀行の審査に通ることは簡単ではありませんが、配偶者の収入などによっては専業主婦であってもキャッシングができる可能性はないではありません。

銀行カードローンが人気となっている理由とは

消費者金融の貸付残高が大幅に減少している理由として、2010年6月の改正貸金業法完全施行の影響があります。貸金業法に基いて貸付が行われている信販会社と消費者金融では、貸付残高が年収の1/3以内に制限され、罰則付きで常に貸付残高に注意しなければならない総量規制が導入されました。多重債務者を減らす目的がありますが、実際には急に借りられなくなったことで、一時的に自己破産が増える原因ともなりました。

銀行カードローンは、銀行業法に基づき銀行が独自判断で貸付を行なうので、貸金業法の総量規制対象外のカードローンです。総量規制により消費者金融からの借入が出来ない場合であっても、銀行カードローンに申し込んで審査に通過すれば、年収の1/3を超える貸付を受けられます。

銀行カードローンは、貸付を行なう際に保証会社を利用しているので、実質的な審査は保証会社が行い、返済不能に陥った場合には銀行が保証会社に対して代位弁済請求すれば良いわけです。銀行が貸し倒れリスクを負う心配が無い分だけ、低金利で融資可能となることから、消費者金融よりも設定金利が低くなっている点も銀行カードローンが人気の理由です。借り換えローンとしても利用されるケースが増えており、銀行カードローンの貸付残高は増え続けています。

プロミスで少額借りる時に得られるメリット

プロミスは消費者金融なので総量規制の対象になっていて年収の3分の1以上の借り入れをする事が出来ません。また上限金利が高く設定されているので借り入れをした時に加算される利息も多くなってしまいます。これを見ると多額の借り入れをするにはあまり向いていない金融業者と言えますが、少額借りる時はメリットになる事が多くてすごく適しています。そこでプロミスで少額借りる時に得られるメリットを見ていく事にしましょう。

プロミスは消費者金融の中でも融資スピードがトップクラスで申込手続きを始めてから融資可能になるまで最短1時間と言われています。少額借りる時は金欠の状態になっていて生活費を補てんするなどが主な理由なので融資スピードが優れていると大きなメリットになります。

プロミスはWeb完結で手続きが出来るのでネットキャッシングが出来るというのも特徴です。少額借りたいという時は出来るだけ手間をかけたくないのでスマートフォンだけで手続きを済ませたいものです。ネットキャッシングが出来れば手間がかからないのでメリットになります。

プロミスは無利息期間のサービスがあるので借入日の翌日から30日間無利息でお金を借りる事が出来ます。少額借りる時は無利息期間内で返済するという事も可能なので無利息でお金を借りる事も出来てしまいます。しかし無利息期間のサービスは初めて利用する人が適用の対象となります。

即日融資可能なカードローンの利用

生活費が不足してしまったり、急な出費があったときにはお金を借りなければいけなくなるかもしれません。

特に急な出費で今日中にお金が必要になってしまったという場合には即日融資が可能なカードローンを利用したいですよね。

お金を借りることのできるところといえば、銀行や信用金庫、消費者金融やクレジット会社や信販会社などのノンバンクがあげられると思います。

即日融資を希望するのなら、銀行と消費者金融ではどちらを利用すればいいでしょうか。一般的に銀行のカードローンの審査は時間がかかると言われています。

銀行の審査は銀行と保証会社の2つの審査があるからです。一方、消費者金融の審査はその会社のみの審査なので、銀行に比べれば時間はかかりません。

実際、即日融資が可能なのは消費者金融のほうが多いです。消費者金融は即日融資が可能なところが多いですが、金利は銀行に比べたら高く設定されているところが多いので銀行で即日融資可能なところを利用するのもいいかもしれません。

カードローンの大きな魅力について

銀行系カードローンはお金を借りるのにはとても大きな魅力がある金融商品です。

消費者金融にはない色々なメリットがありますので、その点について紹介します。

1 金利面が安い

 基本的に銀行系カードローンの一番の魅力は金利の低さです

金利は上限で14パーセントくらいが一般的で消費者金融に比べると上限だけでも4パーセントくらいは安いといえます。

さらに安いところでは10パーセントの上限を割るくらいで下限も低く3パーセントくらいの最高下限のケースもあるので大変金利面でメリットあります。

2 返済方法などサービスが充実している

 また、銀行系カードローンでは返済の方法も多く、自社所有のATM以外でも様々な手段で返済が可能なのが魅力です。

消費者金融には、返済方法が限られていたりするようなケースがあるのですが、基本的に経営力がある銀行なら返済方法も整っています。

近年では消費者金融のような無利息期間や、即日融資のようなものもあり、より充実してきています。

3 銀行である安心感

 また銀行系カードローンは消費者金融に比べると、信頼が大きいのでお金はありやすいのです。

やはり信頼できる所でお金を借りられるというのは、返済も変なことをされないという安心感がありますし、

お金を借りていたとしても、消費者金融に比べれば、周りからの信頼も違います。

 そういった信頼感も大きなメリットです。

専業主婦でも申し込みができる楽天銀行スーパーローン

利用限度額は最大で500万円、金利は年4.9%から14.5%と魅力的なカードローンサービスの取扱を行っているのが楽天銀行であり、スーパーローンは契約するだけでも1000円分相当の楽天スーパーポイントがもらえるので、多くの人に利用をおすすめできる銀行カードローンとなっています。

さらに楽天銀行スーパーローンは幅広い人からの申し込みに対応をしていて、殆どの金融機関では申込不可としている専業主婦からの申し込みにも対応しているのです。他の金融機関では申し込みを断られてしまった専業主婦の方でも楽天銀行スーパーローンなら契約できる可能性が高いので、申し込みをおすすめします。

楽天銀行スーパーローンは専業主婦には専用の申し込みページを設けています。

専業主婦の契約条件は通常のスーパーローンはやや内容が異なり、収入証明書類の提出は一切不要で、利用限度額は最大で50万円、金利は14.5%という条件になっています。多くの金融機関では専業主婦の方の申込の場合、配偶者の収入証明書類の提出が求められることが一般的ですが、楽天銀行スーパーローンの場合は配偶者の収入証明書類も不要なので、比較的容易に申し込みができます。

もちろん、専業主婦の申し込みでも1000円分相当の楽天スーパーポイントはもらうことができます。

大手消費者金融の借換えローンの比較

複数の会社からの借入を一社にまとめるローンサービスである借換えローンは、有効に活用することで返済金額の総額を減らすことができますし、返済計画を立てることも遥かに容易になります。複数の会社からキャッシングをしていて、返済に困っている人には特におすすめのローンとなっていますし、大手消費者金融3社も借換えローンサービスの取扱をしているので、比較的申込もしやすいと考えられます。

しかし、大手消費者金融3社であるアコム、アイフル、プロミスが3社とも取扱いをしているとなると、どの会社の借換えローンを選んだら良いのか迷ってしまうことでしょう。そこでこの大手3社の借換えローンについてポイントを抑えながら比較をしてみます。

・アコム(借換え専用ローン)

契約極度額は300万円で金利は年7.7%から18.0%になっています。契約の際に必要となるのは、運転免許・収入証明書・返済用の口座の届出印になります。

・アイフル(かりかえMAX)

契約極度額は500万円で金利は年12.0%から17.5%です。契約をする際には運転免許・収入証明書・他社の借り換え状況を確認できる書類となっています。

・プロミス

契約極度額は300万円で金利は年6.3%から17.8%です。契約の際に必要となるものは運転免許と収入証明書になります。

契約極度額と金利を中心にピックアップしましたが、契約極度額と最大金利はアイフルが優位で、最低金利はプロミスが優位となっています。自分にはどの会社があっているのかをよく見極めて借入をすると良いでしょう。