実は返済になっていなかった無駄な返済

キャッシングを初めて考えたのはまだ社会人としても浅い、二十代前半の頃です。

付き合いで飲みに行くことが多くなり、お給料はあっという間になくなりました。

実家住まいだったのでそれでも生活には困りませんでしたが、飲みに行くお金ももちろん厳しくなります。

でもなんとなく「お金がないから」と断るのも言い出しづらく、情けないですが、親にちょっと出してもらってでも飲みに行きました。

しかし「社会人になってまで親に小遣いねだるな」と父に言われ、それも出来なくなったんです。

そこで手を出したのがキャッシング専用カードというやつでした。

いわゆる消費者金融にあたるのでしょうか。

テレビCMでよく見る大手に申込み、10万円の枠でカードを作ってしまったんです。

たまたま飲み会の重なる時期で、どうにも足りなかったためでした。

何ヶ月かしたらボーナスが入るし、それで返せるからと一気に限度額一杯の10万円までキャッシングして、それもあっという間に使ってしまいました。

そして迎えた1回目の返済日。

金額は1万円だったのですが、急に不安になったんです。

1万円も払ってしまって、今月足りるかな、と。

それでカード会社に相談すると、とりあえず利息分だけ払えば延滞にはならないと言われたんです。

金額にして数千円。

それで済むのか、と安心して翌月まで過ごしました。

そして翌月も利息分のみ。

いずれまとめて返済するからと利息分のみの支払いを続けて1年。

もう何万円も払ってるのに元本が一切減っていないことにふと気付いたんです。

もの凄く無駄なことをしていないか、と。

そこからは地道に毎月きちんと返済するようになりました。

時間はかかりましたが少しずつ元本は減って行き、ついに完済の日を迎えました。

そしてカードにハサミを入れて解約、となれば爽やかな終わり方なのですが、実は未だに契約状態でカードは保有しています。

あくまでも万が一のときの備えとして。

キャッシングは借金と同じ。

本当は解約するべきなのかもしれません。

でも、賢く使えば困ったときの助けにもなると思うのです。

いずれまた使う時が来るのかは分かりませんが、前のようなダラダラとした使い方にはならないよう、気をつけようと思っています。

キャッシングは返済する意識をきちんともって便利に利用。

一番最初は、生活用品の買い物でキャッシングを利用しました。
その後は、遊ぶためのお金や、給料が少ないときに利用しています。

即日融資のところが、多く、すぐにお金が必要なときにはやはり一番手っ取り早いので、利用することにしました。
約1ヶ月は利子が無料だったりすること、色々なATMから引き出し、返済が出来ることが利用の決めてでした。

即日融資で、すぐにお金を手にすることが出来て助かりました。
書類などが自宅に届くこともないので、家族には秘密で借りれたところも良かったです。

契約も無人契約やネットで人に知られることもなく、融資が受けられるので助かりました。

ただ、手軽に利用できる反面、計画なしに利用すると、支払いに困り、さらに利用を繰り返す悪循環になりました。

また、利子が高く、実際に借りた額よりかなりの上乗せがあり、予想以上に返済に苦労しました。
それでも、その時は非常に助かりましたので、結果利用して良かったと思います。

いくらであれば、返済ができるのか。最終返済額はいくならのか。をきちんと試算した上で、計画的に利用すれば良いと思います。
自分のお金という意識より、きちんと返済が必要だ。という意識で利用すれば問題なく、便利に利用できます。

キャッシング 返済はボーナスを貰った時が一気に減らせるチャンス

キャッシング 返済は約定返済日に約定返済額をお支払するのが基本です。

返済方法はいろいろですが口座からの自動引き落としで返済するのが一番楽な方法です。

キャッシングの利息は日割計算でご利用した日数に付く仕組みが採用されています。

自動引き落としのまま返済していると楽ではありますが、ご利用日数が長くなり利息の支払いが多くなりがちです。
そこでおすすめしたいのが追加返済です。
追加返済はキャッシングにもよりますが提携ATMから行えます。

特に追加返済を行いやすいのがボーナスが出たときです。
余裕がある範囲で貰ったボーナスを返済に回すことで一気に借入残高を減らせることがあります。

そのまま完済出来ることも多いので利息の減額効果が大きいです。

住宅ローンのような繰上げ返済手数料はかかりませんので積極的に追加返済を行いたいところです。
その代わりにキャッシングによっては提携ATMをご利用すると手数料が発生することがあります。

わずかな手数料ではありますが何度も追加返済を行っているとせっかくの利息減額効果が薄れてしまうので注意が必要です。

自社ATMなら手数料無料だったり、提携ATMでも手数料無料のキャッシングも見られますので事前に手数料がどうなっているか調べておいて下さい。

アコムで延滞した場合、どこに相談すればよいのか

アコムで延滞すると、いろいろなペナルティーが課されますから、なるべく早く返済するに越したことはありません。

しかし、どうしてもお金が用意できないという場合は、とりあえず相談するしかありません。

では、どこに相談するのかということですが、それはいうまでもなく「アコム」です。

アコムでの相談先は、主に以下の二つです。

一つ目は、「店頭窓口」。

近くにあるアコムの店頭窓口に行けば、直接担当者に相談することが可能です。

予約は要りませんし、相談料なども取られませんが、営業時間内(平日9時30分~18時)に行く必要があります。

二つ目は、「カードローンデスク」。

アコムには「総合カードローンデスク」が用意されており、ここに電話をかけることで、相談が可能です。

忙しくて店頭窓口に行けない場合におすすめです。

そして、いずれかの方法で相談すると、こちらの状況に合わせた返済プランを立ててくれます。

ですから、相談の際はどのくらいの収入があるかなどの現状を包み隠さず話しましょう。

合わせて、返済する気持ちはあるということも伝えておくとベストです。

ちなみに、状況によっては、利息だけの返済にしてくれたり、返済期日を送らせてくれるなどの措置をとってくれることがあります。

カードローンの契約で注目すべきは完済時の総返済額!

カードローンは、利用限度枠内であれば繰り返して利用でき、その都度契約審査を受ける必要が無いというメリットがあります。また、発生する利息は利用した日数分だけと上手く付き合えば、返済額が高額にならないという特徴もあります。

しかしながら、カードローンで任意整理や自己破産に至るケースが問題となり、減少していた自己破産者の数も増加に転じています。

年利14.5%や18%という数字ばかりに注目していると、思わぬ落とし穴にはまってしまうことがあります。そもそも、年利ということは毎年そして1日単位で利息が発生し続けることになります。結果として、当初借り入れした金額に対して総返済額が5割増しになるというケースがあります。100万円借り入れして、5年後には50万円も余計に返済することになり、返済による生活の圧迫といった負のスパイラルに陥る可能性には申し込みの段階から注意が必要です。

例え、消費者金融に比べて金利の低い銀行カードローンであっても、5年後には4割増しの返済額となるため、利用する際は年率だけではなく、完済時にどれだけの金額になるのか把握して利用することが最も重要と言えます。

金利が低いから安心と勘違いした結果、利息の返済割合の方が高いといったことには常に注意が必要であり、負担を最小限で済ますためには必要な分だけ借り入れ、返済出来る時に直ぐ返済することが肝心です。

完済前には利息の再計算を依頼しよう!または最終返済額は必ず確認!

銀行や大手消費者金融のカードローンは、ローンカードを利用することで限度枠内であれば自由に借り入れができ、追加返済や一括返済が可能です。しかしながら、余裕がある時に一括で返済するもしくは利用残高分を全て返済する際には注意が必要です。

カードローンの場合、ATMを利用することができるため、余計な金額を返済してしまうとことがあります。最近では、再計算により払い過ぎた分を変換するなどの対応が行われています。ですが、返還手続きの手間や時間がかかるため、あらかじめ再計算を依頼し、最終返済額を確認するのがおすすめです。

大手消費者金融の場合は、フリーダイヤルに電話することで確認ができるため、一気に返済を検討している場合はフリーダイヤルを活用しましょう。

キャッシング返済の極意はなるべく早く返済してしまうこと

キャッシングを利用する際にはほぼすべての利用者が金利を気にするはずです。しかし、早く返済することで利息額が大幅に減額されることを考えていない人が多い感じます。

よく考えてみれば単純な理屈ですが、3ヶ月かかって返済するのと1ヶ月で返済するのを比べてみれば利息額はだいたい三分の一になることは明らかです。それに比べると金融機関では利息制限法によって上限利息が決められていることなどから、金融機関によって適用金利が三分の一になることなどほぼありえません。それどころか、半分になることもないでしょう。

つまり、返済を早くすることは金利の高低よりももっと効果が高いのです。可能なだけの努力をもってキャッシングの返済は早くするのが自分のためなのです。

ネットからキャッシングの返済もできる

ネットから簡単にキャッシング業者に返済の申し込みができるということが最近では増えています。キャッシングサービスにおける返済の方法というのは例えば自動貸付機などからやるということもありますし、提携しているATMのようなところも最近では多くあります。

しかし、最近ではインターネットバンキングを使うことにはなりますが、そこから返済が出来る事も増えています。実に速やかにできるようになっています。

こうした点の有難い部分というのは1日でも早く返すことによって、利息がその分減る、ということがある点でしょう。随時返済に関しては間違いなく、メリットがあることになりますから、返すためのツールがいくつもある、というのはよいことになります。

キャッシング 審査で注意することもある

クレジットカードでショッピングした一括払いにすれば利息が付きませんがキャッシングは1か月後返済した時でもキャッシング手数料が利息でつきます。そして、利息手数料は月単位でなく日数で加算されて、返済は1日でも早い方が安いです。そしてクレジットカードキャッシングでかかる金利は15~18%が多く、これは利息制限法といった法律により金額に応じた金利条件を定めていることで、各社とも大きいなさがない数値です。

また借りるとき返済計画をかんがえていてもいざ返済すると思わぬ出費が重なり、どうしても返済できないこともあり、もし返済が遅れればどうなのでしょう?返済日が過ぎても連絡しないでいれば数日後はがき、電話で催促がきて、それでも連絡がつかない時勤務先に借金返済催促電話が着ます。職場に借金がばれてしまうケースがありますが、この時点ではプライバシーにもなるべく配慮した対応をしてくれるでしょう。

そして、はがきで催促しても返済確認できなければ、最初より強い書き方で、督促状が送られれて、これを無視すればクレジットカードが使えなくなってしまいます。それでも延滞すれば、催告書がきます。こうしたことには注意してください。

複数の会社の返済をうまく行うコツ

キャッシングを使っている人が困ることの一つに、自分が今どれくらいのお金を借りているかが分からなくなるというものがあります。

1社だけであれば良いのですが、複数のキャッシング会社を利用しているとどうしてもお金の管理がむつかしくなってくるわけです。

ですから、融資枠にある程度余裕があるのであれば、できれば1社にまとめるのが、一番ストレスなくキャッシングを利用できるコツになります。

しかしながら、それもむつかしい方もいらっしゃることでしょう。そんな時には、リボ払いでの返済に統一するというのが便利です。

少額であれば一括にしようと思うのが普通だと思いますが、それによってお金の管理が混乱する原因になりますから、まずはすべての返済をリボ払いに統一します。

そうすると、会社の数かける一定額を掛け合わせるだけで、今月の返済額がわかりますから、非常にスムーズです。

そして、リボとは別にお金に余裕ができたら別途返済をしていくと、手数料も抑えられて一石二鳥です。

そのときに別途返済をする会社は、一番融資額が少ないところにすると良いでしょう。そうすることで、複数利用している会社を一つ減らすことができ、そして借入をしていないキャッシングは緊急用として使うということにすれば、融資額の混同を避けることができます。

複数のキャッシング会社を利用するのは、融資額が増えるのでとても便利ではありますが、管理に気を付ける必要が出てきます。なので、こうした工夫をすれば、お金の返済し忘れも防ぐことができるわけです。

キャッシングの返済で大きく得する方法

キャッシングやカードローンを利用する場合、どうしても金利ばかりに目が行きがちですが、実は返済による手数料を節約することでかなりお得に利用することができるのです。

ここで紹介しますのが返済方法で得をする方法。

もしあなたがインターネットを利用するならば、ぜひ返済をネットでしてみませんか?

アコムとプロミスはネットでの返済が可能で、24時間365日いつでもどこでもキャッシング返済が可能です。

この24時間365日というのが大きな要因で、土曜日日曜日もその場で返済ができるため、金曜日に返済できなかったという場合でも月曜日まで返済を待つ必要がないのです。

この3日分は金利にすると大きなもの。早く返済することでその日数分の手数料は確実にお得になります。

もう一つインターネット返済がお得な要因はATM手数料が無料になるということです。

実はコンビニ等での提携ATMを利用して返済すると手数料が108円から216円ほどかかっているのをご存知でしょうか?

毎回この手数料を支払っていると考えると、かなりの大金を手数料で払っていることとなります。インターネット返済にこだわれば一切その費用はかかりませんのでお得です。

しかしこのネット返済を行う際にはネット銀行の口座が必要。楽天銀行の口座を持っておくことで返済はとても便利です。また、楽天銀行自体もキャッシングプランがありますので、検討してみても良いかもしれません。

実は金利よりも手数料で大きなお金を使ってしまっていませんか?インターネット返済でお得なキャッシングやカードローンとしてください。