カードローンにも種類があります

カードローンと一言で言っても、その種類は様々ですし業者によって金利や審査基準なども大きく変わってきます。

基本的に現在流通しているカードローンには2通りの種類があり、一つは貸金業法下で利用されているカードローン、もう一つは銀行などが発呼しているカードローンです。

この二つの大きな違いは借りることが出来る金額の上限で、貸金業法下で流通しているカードローンは総量規制と呼ばれる法律の対象となるため、年収の三分の一までしか借りることが出来ません。
これには例外は一切なく、全ての人に適用される規制となります。

一方銀行の場合は貸金業法ではなく銀行法下での営業となるため、総量規制の対象とはならず、年収の三分の一以上の借り入れが可能になっていると言われています。

金利に関しても銀行のほうが大幅に低いですから返済のことを考えた場合には銀行のカードローンのほうが使いやすいと言えるかもしれません。
しかしデメリットも存在しており、消費者金融の場合収入が安定していれば貸し付けが可能になるのに対し、銀行の場合は年収制限を行っている場合もあるため収入が少ない人は利用できないというケースも少なからず存在しています。

特に大手銀行や地方銀行では制限を設けていることが多いため、利用者が限定されてしまうということもあります。
しかし例外も存在しており近年利用者が増えているネット銀行に関しては年収の制限を行っていない場合が多く、利用できる人も多いですから消費者金融と同じような使い方が出来る場合が多いようです。

唯一の欠点は、ネット銀行の場合カード発行が即日出来ないということがほとんどのため、カードが郵送されてくるのを待たなければいけないというデメリットがあります。

即日融資を希望する場合にはやはり消費者金融のほうが確実に速いですから、この点では消費者金融のほうが使いやすいと言えるでしょう。
自分の使い方に合ったカードローンを探して申し込みを行うとよいでしょう。