大手消費者金融の無利息サービス!注意しないと損をすることも!

大手消費者金融のカードローンを契約すると、30日間無利息サービスが一般的です。しかし、この無利息期間は注意をしなければ、損をすることもあります。

特に、殆どの大手消費者金融のカードローンでは適用開始日が『契約日の翌日』となっており、『初回借入』からではないという点は見落としてしまいます。

借り入れする予定があるからと言って、ただローンカードを持っていると1ヶ月分のお得なサービスを受けられなくなります。

また、プロミスの無利息サービスは『初回借入』から適用になるものの、メールアドレスの登録やWEB明細を利用するといった条件があります。そのため、手続きを行わず、借り入れしてしまった場合、無利息サービスが受けられなくなります。

消費者金融のカードローンを契約する際、無利息サービスがいつから適用になるのか、そして適用をするためにはどんな条件があるのかしっかりと抑えることが重要となります。

また、無利息期間をよりお得に使う方法もあり、ボーナス月前に高額商品の購入が必要になった場合は、キャッシングで借り入れをして一括返済することで必要なものを手軽に手に入れることが出来ます。特にこの方法は、完済後にローンカードが不要となれば解約もでき、他社借り入れで無利息期間を利用することも可能です。これなら最低でも4回は無利息が適用できます。

キャッシングの審査で最も大きな点とは

キャッシングは働いているからこそ、利用することができるサービスです。その点はよくよく理解しておいたほうがよいでしょう。つまりは、収入がない人には貸すことができない、ということになります。銀行系のカードローンなどであれば別になりますが、キャッシングサービスにおいてはそうなっています。

銀行は例外的、ということになります。収入がないとダメ、というのは総量規制があるからです。ですから、どうしてもお金を貸してくれる意識があったとしてもそもそも法律的に貸すことができない、ということになっています。しかし、きちんと収入があり、そして余所からお金を借りていないのであればそれは殆ど心配することはないといえます。

つまりは、借りること自体はそんなに難しいことではない、ということになります。審査において大事な点はまずは収入であるわけですが、後は他からいくら借りているのか、ということになりますが、要するにこれは総量規制こそが根源たる理由、ということになります。

その点を頭に入れておいて、そして出来るだけ他からの借金があるならば減らしておくことです。そうすれば借りることができる可能性がとても高くなることでしょう。これが基本です。

アコムの申し込み方法はむじんくんとホームページが主流

アコムは大手の消費者金融ですが三菱UFJフィナンシャルグループの子会社でもあるのでメガバンクの三菱東京UFJ銀行の傘下にも入っている金融業者です。メガバンクの三菱東京UFJ銀行の傘下に入っている事でサービス面も強化されて顧客の信用度も高まってきている事から多くの人が利用しているのでしょう。

アコムの申し込み方法は電話や店頭窓口でも出来ますが、現在は無人契約機のむじんくんかアコムのホームページが主流となっています。そのためほとんどの利用客がむじんくんかアコムのホームページで申し込んでいます。

むじんくんかアコムのホームページのどちらにするかは人それぞれ変わってくるようです。融資スピードを重視する場合はむじんくんで申し込む人が多いです。むじんくんで申し込むと契約完了後にその場でカードが発行されます。そのためすぐお金を借りる事が出来るので融資スピードを重視する時にすごく好都合です。

利便性を重視する場合はアコムのホームページから申し込む事が多いです。アコムのホームページから申し込むと申し込みから借り入れまでの手続きをすべてホームページ上で出来てしまいます。そのためむじんくんに出向かなくてもいいので利便性を重視する時にすごく好都合です。