困った時に役に立つ楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンは、年会費、入会金が一切不要です。申込みから融資まで最短で即日なので、急な出費で困ってしまい、すぐにお金が必要な場合は助かります。

楽天銀行の口座を持っていなくても申込み可能ですが、返済口座を楽天銀行にすると楽天スーパーポイントが貯まるメリットがあります。インターネットで24時間いつでも手続きが出来るので、申込み書の記入など面倒なこともなく、アプリをダウンロードすれば本人確認書類もスマホで撮影してすぐに提出できるので簡単です。

私も急な出費でお金に困ってしまい、誰にも相談できずにいた時、楽天銀行スーパーローンに申し込みました。誰にも知られることなく、審査から融資まで1日かかりましたが借りることが出来ました。

借りた後は返済の不安もありますが、楽天銀行スーパーローンはコンビニATMで手数料無料で返済も簡単です。10万円利用した場合は月々の返済額が2,000円からなので助かります。低金利で借入したい方にもオススメです。私は楽天銀行の口座を持っていたので、楽天スーパーポイントが貯まり、お得に利用することができました。借りやすく、返しやすい楽天銀行スーパーローンは、家族が居て内緒で借りたい場合でも安心です。

銀行カードローンの過剰融資問題による銀行の自主規制の影響は

銀行カードローンの過剰融資問題が止まりません。すでにメガバンクなどは自主規制を発表しましたが、この流れは地方銀行やネット銀行にも広がることはほぼ間違いないでしょう。銀行カードローンの過剰融資問題に介入している金融庁も銀行の自主規制の効果を見極めるということですから、何も自主規制をしない銀行はないと考えてもいいでしょう。

それでは、どのような自主規制を銀行が行うのかというとわかっているメガバンクの自主規制を参照すれば、貸金業法の総量規制のような自主規制になることが考えられます。すなはち年収の三分の一以上の融資は行わないとか、50万円以上の融資には収入証明書の提出を求めるなどです。

これらの銀行の自主規制のよって考えられる利用者に対する影響はまずは2つほど考えられます。

一つは銀行カードローンの審査がますます厳しくなるだろうということです。貸金業者よりも審査が厳しいと言われてる銀行の審査がますます厳しくなるだろうということです。

もう一つは銀行は以前ほどの信用をなくすということです。銀行のブランドを信頼して銀行だから安心できる、銀行だからお金を借りたいというような人は間違いなく減ることになるでしょう。

キャッシングの簡易審査の信頼性について

キャッシングサービスを提供する金融機関の公式ホームページにはたいてい簡易審査のページかコーナーが設けられています。少しの記入だけで審査をしてくれるで、利用した人も少なくないでしょう。しかし、問題は簡易審査の結果が本審査の結果にはどう結びつくのかです。

結論から言えば、ホームページの簡易審査と実際のキャッシングの審査とは全く関係ありません。簡易審査は匿名で利用できるので、本審査に何らかも影響はありません。しかし、簡易審査の結果については2つのことはいえます。

一つ目は簡易審査で融資ができないというような結果が出れば、本審査に通ることはまずないということです。その簡易審査を受けた金融機関のキャッシングの申し込むは無駄になりますし、申込み履歴に記載されますので、やめたほうがいいでしょう。

もう一つは簡易審査で融資が可能と言うような結果が出た場合ですが、簡易審査の記入項目に誤った情報を書き込んでいなければ、その簡易審査を受けた金融機関のキャッシングの審査にも通る可能性はかなり高いと考えていいでしょう。金融機関のホームページにある簡易審査がそれほどいい加減な結果を出すとは考えてられないと思われるからです。