おまとめローンは余力があるうちに利用しよう

複数の金融業者からの借入がある人にとって、おまとめローンへ借り換えれば毎月の返済額が少なくなると考えている人もいるでしょう。確かに借り換えによって、金利が下がることはありますが、毎月の返済額が少なくなる方向での借り換えは、返済総額をかえって増やしてしまう結果を招きかねません。ポイントとなるのは、毎月の返済額のうちいくらが元金返済分となっているのか把握しておくことです。

現在の返済額総額から、元金返済充当額を計算した合計額と、おまとめローンへ借り換えた時の元金返済充当額が同じであれば、低金利となった分だけ返済総額を引き下げることが出来ます。しかし、元金返済充当額が減ってしまうと、返済期間が伸びてしまう結果となるので、数%程度の金利差ならば逆転しておまとめローンで支払った方が損をしてしまうことが少なくありません。

また、おまとめローンの返済期間中は、追加借入が出来ないという貸金業者間での自主規制が働くので、急な支出が発生した時に困ってしまうでしょう。おまとめローンを利用して完済を目指す際には、同時に貯金が出来る程度の計画性と余裕を持って返済を続ける必要があります。単に支払いが楽になるからという理由でおまとめローンを利用することは望ましくありません。

キャッシングにおける総量規制対象外について

キャッシングでお金を借りようとしても、無制限に借りれるというわけではありません。申込者の収入やその他の項目を総合的に判断して決められ、上限金額においては貸金業法によって制限されています。この賃金業法において最も注意したいのが、総量規制による制限になります。そこで今回は、キャッシングにおける総量規制対象外についてご紹介したいと思います。

総量規制について

平成18年に成立した改正貸金業法に基づき、平成20年6月に総量規制が施行されています。総量規制とは、貸金業者からの借入は年収の3分の1を越えて借入することはできない、といったものになります。規制の主な目的は、多重債務者対策として過剰な貸付を抑制し、借金返済に困窮する状況を根絶することを目的として施行されています。

対象となる借入について

総量規制の対象となる借入は、消費者金融や信販会社・クレジット会社などの貸金業者からの借入になります。したがって、これらの機関から既に借入のある方や年収の低い方などの場合は、総量規制の制限によってあわせて年収の3分の1までしか借りる事ができなくなります。

一方、銀行や信用金庫、信用組合・労働金庫などでは、銀行法に基づき業務が規定されていますので、これらの機関からの借入は総量規制対象外となり、融資申込みにおいては年収による縛りがないという事になります。

複数の借入があって総量規制に接触する為に消費者金融等の利用は不可能、しかしどうしても借入れが必要な場合には総量規制対象外の銀行等のキャッシングに申込むという方法があります。しかし総量規制の対象にならないからといって審査が甘くなるという訳ではありませんので注意が必要です。

楽天銀行スーパーローンをおまとめローンとして利用する2つのオススメの理由

複数の業者から借り入れをしている時に返済しやすいようにおまとめローンを利用して一つのまとめますが、楽天銀行スーパーローンをおまとめローンとして利用するのがオススメと言われています。

楽天銀行スーパーローンはネット銀行のカードローンで手続きをすべてネット上で行うのが特徴ですが、なぜおまとめローンとして利用するのがオススメなのか理由を挙げていく事にしましょう。

楽天銀行スーパーローンは上限金利が14.5%に設定されていて低金利の銀行カードローンと言われています。それで通常のキャッシングをする時もお得感がありますが、おまとめローンとして利用するとさらにお得感があります。

楽天銀行スーパーローンは金額が大きいほど利率が低くなるので通常のキャッシングをする時より金額が大きくなる事が多いおまとめローンとして利用すると金利が低くなります。それにより加算される利息が大幅に少なくなるので返済しやすくなります。

おまとめローンは複数の業者からの借り入れを一つにまとめる目的のローンなので審査が厳しくなりますが、楽天銀行スーパーローンは通常のキャッシングと同じ審査が行われます。それにより他の業者のおまとめローンより審査の可決率が高いので利用しやすいです。

キャッシングの審査では他社の利用状況がしっかり把握されている

もしあなたがいままでにローンやクレジットカードで長期滞納をしたことがあったり、債務整理をしたことがあれば、そのことは約5年間にわたって信用情報機関に記録されます。

キャッシングの審査では他社でどれぐらい借りているか、何社から借りているかという情報も伝える必要があります。

その会社をはじめて利用する場合なら、全く関係ない別の会社のローンやクレジットカードの利用分はわからないと考える人がいるかもしれません。

しかし、キャッシングの審査では、現在の他社の利用状況や、過去の利用状況までしっかり把握されて審査のときに参考にされています。

これは信用情報機関というところで、個人情報とともに、融資やクレジットカードの詳細な利用履歴が保管されているからです。

こういった情報は、個人信用情報と呼ばれ、カードローンの審査では必ず確認されています。

他社を何件か利用しているぐらいなら問題ありませんが、過去に長期的にキャッシングの返済を滞納したり、債務整理をしたことがあればそれが別の会社のキャッシングの審査でもしっかりわかるのです。

信用情報にそんな否定的な情報が残っているとき、他の会社のカードローンの審査を受けても合格することは困難です。

みずほ銀行カードローンのキャッシングカードの種類別で利用する事が出来るATMは?

みずほ銀行カードローンのキャッシングカードはキャッシュカード兼用型とカードローン専用型がありますが、利用する事が出来るATMが異なってくるのでしっかり把握しておく必要があります。そこでキャッシングカードの種類別で利用する事が出来るATMを確認していく事にしましょう。

・キャッシュカード兼用型は提携金融機関とゆうちょ銀行は利用不可

みずほ銀行カードローンでお金を借りる時はみずほ銀行ATM、提携ATM、提携金融機関ATM、ゆうちょ銀行ATMになっています。しかしキャッシュカード兼用型のキャッシングカードを持っている時は提携金融機関とゆうちょ銀行のATMを利用する事が出来ません。提携金融機関とゆうちょ銀行のATMを利用しようと考えている人は注意しましょう。

・カードローン専用型は全部利用する事が可能

キャッシュカード兼用型のキャッシングカードは利用する事が出来ないATMがありますが、カードローン専用型のキャシングカードは全部のATMを利用する事が出来ます。特に提携金融機関とゆうちょ銀行のATMを利用したいと考えている人はカードローン専用型のキャシングカードを発行してもらった方がいいでしょう。

キャッシングカードの種類別で利用する事が出来るATMはこのようになっているので申し込む前にしっかり確認しておきましょう。

楽天ローンをおすすめするわけ!

急な出費が必要な時、頼りになるのはカードローンですよね。でもカードローン会社はたくさんあって、どこが評判いいのかわからない。

そんなあなたにおすすめなのは、ズバリ楽天ローンです。

楽天の名前は、一度は聞いたことあるのではないでしょうか。TVCMでもおなじみの楽天グループが運営しているカードローンです。

楽天グループは大企業なので、信用もあり、安心ですね。

ざっと調べてみたところ、金利は年1.9%~14.5%となっていて、業界でも低水準です。

無駄な金利は払いたくない方におすすめです。

また、期間限定で年0.95%~7.25%となる時期もあるので、これは見逃せません!

さらに最大貸出限度額はなんと800万円!この規模まで貸出可能なところは、そうそうありません。

これもアピールポイントですね。

勤務先で正社員ではなくても、パート・アルバイトでも貸出可能なのも、うれしいところ。

一般的には学生は貸出不可のところが多い中、満20歳以上で、パート・アルバイトをしていれば、学生さんでも貸出OK!

今なら、カードローン入会で楽天ポイントが1000ポイントたまります。

貯まったポイントは楽天市場で使えるし、街中の買い物でも使えるところが多いので、これは助かりますね。

借りるなら、楽天ローン。おすすめです。

イオン銀行カードローンの2つのメリット

大手スーパーなどを展開しているイオンの金融部門のイオ銀行がカードローンのサービスを提供しているので最近では大手銀行のカードローンよりイオン銀行カードローンを利用する人が増えてきています。イオン銀行カードローンは20歳以上満65歳未満で安定した収入を得ていれば誰でも利用する事が出来ます。そこでイオン銀行カードローンを利用してお金を借りるとどのようなメリットがあるのか見ていく事にしましょう。

・大手銀行のカードローンより金利が低い

大手銀行のカードローンは上限金利が14.5%ぐらいで設定されている事が多いですが、イオン銀行カードローンは上限金利が13.8%で設定されています。大手銀行カードローンより金利が低く設定されているので返済する時の事を考えると大きなメリットになります。

・ATMでも24時間いつでも借入可能

大手の消費者金融のATMは営業時間があるので借り入れする事が出来る時間も限定されてしまいます。しかしイオン銀行のATMは24時間営業しているのでイオン銀行カードローンを利用してお金を借りる時も24時間いつでも手続きをする事が出来ます。ATMでも24時間お金を借りる事が出来るのは珍しいのでメリットになります。

イオン銀行カードローンを利用してお金を借りるとこのようなメリットがあるので最近では人気のカードローンとなっています。

キャッシングの審査で提出する書類について

キャッシングの審査のときに提出する書類は、公式Webページで必要書類の確認をしておきましょう。

審査がはじまってから準備をはじめると時間がかかることもありますので最初から調べておくべきです。

借入れ審査で必要なものは、身分証明書と所得証明(収入証明)2種類の書類が基本です。

もしあなたが運転免許証を持っているならば、そちらを優先的に使うようにしてください。

運転免許証はどのキャッシングでも使えます。

そのほかは、健康保険証かパスポートなら問題ありませんが、それ以外のものは要注意です。

使えるかどうかを公式Webページで確認したり、電話で相談しておくのがおすすめです。

収入証明書としては何が使えるのでしょうか?こちらは源泉徴収票があるならばそれを使うのがおすすめです。

源泉徴収票は、前の年の収入を1年単位で正しく知っていることができるからです。

源泉徴収票は会社に発行してもらうようになりますので、すぐに準備ができる給与明細を使うという方法もあります。

給与明細が紙で発行されているならそれを使うのもよいでしょう。

提出は郵送の代わりに画像ファイルとして送信できます。

キャッシングの会社からの説明に従って、スマホなどで写真をとり、ウェブサイトから提示します。

即日融資を狙うなら2つの申込み方式を利用しよう

急にお金が必要となった際には、キャッシングの申込みを急いて何とか即日融資を受けることを狙います。問題となるのは、即日審査をしてもらえるかという点だけでなく、即日融資を受けるために振込融資または専用ローンカードによる借入れが必要となる点です。大手消費者金融が全国に設置している自動契約機ならば、その場で審査結果が出るだけでなく、専用ローンカードも発行されるので、併設されているATMですぐに借入れ出来ます。

一方、インターネットを経由した申込みならば、WEB完結申込みといった手段が使えるので、即日審査は手軽に行えるでしょう。振込融資を行なってもらうためには、審査完了が平日14時までに終わっていて、同時に振込融資を手配出来なければ即日融資は難しくなります。

専用ローンカード発行ならば、窓口発行または自動契約機発行を選択出来る金融業者を選ぶことで、即日融資まで辿り着くことが出来るでしょう。ポイントとなるのは、振込融資を行なうためには、審査完了と振込融資依頼時間に銀行営業時間内という期限がある点に注意が必要です。

先に振込融資が必要となる申込みを行い、すぐにその場で専用ローンカードが受け取れる自動契約機コーナーを使った申込みを後とすれば良いでしょう。

自動契約機でのキャッシングは電話確認しておくと良い

自動契約機コーナーへ直接向かえば、キャッシングの申込みから借入れまで簡単に出来ると考えがちです。しかし、自宅でインターネット経由の申込みを行なう場合とは異なり、必要書類が不足していた場合には、一度家に取りに戻って再度申請をしなければなりません。事前にコールセンターへ必要書類を確認してから自動契約機へ向かえば良いですが、後から追加書類が必要となった場合には、同様に再度申請が必要となる点は変わりません。

自宅でインターネットを利用してキャッシング申込みを行なったとしても、審査完了後に自動契約機へ専用ローンカード発行に向かうことが出来ます。最初から自動契約機でキャッシング申込み手続きを行なう理由には、パソコンやスマートフォン経由での申込みに自信が無い場合や、テレビ電話機能を使って細かい質問を行いながら手続きを進めたいといった特別な事情が存在する場合に限定されるでしょう。

既にインターネット経由での申込み方法が一般的になっているので、敢えて自動契約機コーナーへ長時間滞在して申込みを行なう方法を積極的に採用する理由が薄れつつあります。専用ローンカードの発行のみで自動契約機を利用するならば、滞在時間は10分程度で十分でしょう。