アコムの借換えローンの金利や利用限度額など

アコムでは同業他社からのキャッシングを一本化して返済の負担を減らすことができるローンサービスである借換え専用ローンの取り扱いがあります。同ローンの情報や特徴を確認していきましょう。

まず金利と利用限度額についてですが、2017年11月19日時点で実質年率は7.7%~18.0%、利用限度額は1万円~300万円までという条件になっています。また契約の際には運転免許証などの利用者の顔写真の入った本人確認書類が必要なので忘れずに用意しておきましょう。

なお、同ローンは貸金業法によって例外的に総量規制対象外とされているので、年収の三分の一を超える借り換えも利用可能となっています。他社債務を一本化した結果、年収の三分の一を超えてしまっていても安心して利用できます。

横浜銀行カードローンの申し込みを電話でした方がいい2つの理由

横浜銀行カードローンは地方銀行最大規模と言われていて利用する人も多いです。最近ではスマホが普及してきたのでネットで申し込みをする人が増えてきていますが、電話で申し込みをした方がいいという声がよく聞かれます。そこで横浜銀行カードローンの申し込みを電話でした方がいい理由を挙げていく事にしましょう。

・即日融資を受ける事が可能

横浜銀行カードローンの申し込みをネットでする場合は融資可能になるまで数日かかってしまいます。しかし横浜銀行の口座を持っていて平日10時までに電話で申し込みをすると昼間に契約手続きが完了するので即日融資を受ける事が可能です。カードローンを利用する時は出来るだけ早くお金を借りたいものなので即日融資を受ける事が出来るのはメリットになります。

・分からない点を質問する事が出来る

横浜銀行カードローンの申し込みをネットでする時に分からない点があったら自分で調べて解決していかなければいけません。それで手間がかかってしまい手続きが遅れてしまう事もあります。しかし電話で申し込みをするとスタッフと会話をする事が出来るので分からない点があった時はすぐ質問して解決する事が出来ます。それで手続きをスムーズに進めていく事が出来るので早くお金を借りる事が出来ます。

アコムのキャッシングの特徴と魅力

お金に困った時にキャッシングサービスは気軽に利用できるものですが、中でも人気の消費者金融はテレビCMなどでおなじみのアコムです。アコムの金利は3.0%から18%で、大手消費者金融のスタンダードな金利水準になっているので初心者でも安心して利用することが出来ます。

アコムのキャッシングでは、最短で30分の審査と1時間の融資というスピード感がありすぐにお金を借り入れすることができるので利便性が高いです。土日の即日融資も可能なので、どんなシーンでも使える魅力があります。WEB契約では来店不要で借入をする事が出来るので、サービス面では優れていると言えます。

アコムのキャッシングで嬉しいポイントとしては、30日の無利息期間がある事です。初めて利用する場合ですが、契約日から30日間は利息が必要にならないです。30日の無利息期間の期間内に完済すれば利息が必要なく、金利負担が重くなる最初の30日の利息が無料になるのは大きなポイントですが、注意点としては、無利息期間は契約日から数えて30日間という事です。

アコムは便利な消費者金融ですが、キャッシング は便利でもお金を借りていることになるので計画的に利用する事が肝要です。無利息キャッシングなどを利用して便利に使うと良いです。

キャッシングがしやすい職業について

キャッシングに関しては、職業によって借り入れがしやすい、しにくいというものはあります。

やはり一番しやすいものといえば公務員です。

よほど変なことをしなければ首になるようなことはまずなく、安定した収入が固いものですからキャッシングが一番しやすいでしょう。

教師などといった職業も借りやすく、安定的な職業はやっぱり大きなメリットです。

その次付近がこれもやはりというべきですがサラリーマンです。 公務員より劣るとはいえ一定の収入があることはもちろんのこと、安定している収入がありますのでこちらも借り入れはしやすいです。

後は、会計士といったような数字に強い職業の方も、やはり返済計画を立てやすい方がやっているというイメージが強いのか借り入れしやすいそうです。

金利を重視するならスピード審査は避けた方が良い!

銀行カードローンのメリットは、大手消費者金融のカードローンに比べ、金利が低いことです。審査スピードとしては、消費者金融が早いものの、銀行カードローンでも審査スピードをウリにするものは少なくはありません。

審査スピードはメリットに思われるものの、金利を重視する方は申し込みを避けるのが得策です。審査スピードが早い分、細かいチェックが行われず、金利自体は融資リスクを考慮した上限金利が適用される可能性が高まります。

もし、信用度と返済能力で適切な評価を得たい場合は、申請項目が多く、契約まで日数がかかった方が良くなります。また、審査が甘くなりがちなカードローンも敢えて避けた方が、より低金利での借り入れチャンスが高まります。

派遣社員の方のカードローン申し込み時の注意点

派遣社員の方でも、毎月安定した収入があれば基本的に消費者金融や銀行カードローンも利用できます。ただし派遣社員の方は契約時に多少注意が必要なので、それを紹介します。

まず申し込み時に勤務先を記入しますが、これは派遣元の会社名を記入します。雇用関係があるのは派遣元ですから、当然派遣元の会社名を記入します。そして勤務先の電話番号を記入しますが、当然派遣元の会社の方に在籍確認の電話連絡があります。間違えて派遣先の電話番号を書いてしまうと、最終的に審査に通らない場合もあるので必ず派遣元の電話番号を記入して下さい。

問題は派遣元の会社が在籍確認に応じるかどうかです。派遣会社には数千~数万人の方が登録しており、いちいち在籍確認に応じないところもあるからです。その場合は金融機関のコールセンターに電話して、電話での在籍確認に代わる手段でOKかお伺いを立てればいいのです。特に消費者金融が相談に乗ってくれる可能性が高いです。