アコムが初心者におすすめの理由とは何か?

初めてキャッシングをする人にとってどこのキャッシング会社は利用しやすいのでしょうか。やはり大手のキャッシング会社は利便性が高く、安心して利用できるといえるでしょう。では、今日は大手のキャッシング会社の中でもアコムが特に初心者にお勧めできる理由を記したいと思います。

まずアコムがお勧めの理由はどこよりも高い認知度です。テレビCMでもおなじみなので安心して借り入れを行うことができます。さらに、テレビCMをしているだけあって、高い利便性があるのがアコムの特徴です。無人契約機やコンビニのATMと提携しているATMは数多くあります。

次にお勧めの理由は初めてキャッシングを利用する人のために無利息期間サービスがあるということです。文字通り金利がゼロで借り入れができます。

アコムの増額審査の手順について

アコムでよりお金を借入できるようにするために、増額審査を申請すると、次のような手順で増額審査が進んでいきます。

増額審査については、申し込みをするには、インターネットや電話、アコムが管理するATM、無人契約機、店頭などから申し込みを行います。

電話や店頭での申し込みですと、営業時間がありますのでそれまでに行ってください。 ATMやインターネットからは24時間いつでも行えます。

増額審査の際には、本人確認のために運転免許証などの身分確認を行えるものを用意しておいてください。

また、契約時と勤務先がかわっているような場合には、再度在籍確認をするようなことがあります。

審査をして借入限度額の増額が出来るかどうかというのは、原則として即日に回答が来ます。

申し込んだ時間などによっては翌日以降にもなりますが、審査は速めに終わるので急いでいる方には安心ですね。

審査によって増額が決まったら、そのまま借入を行うことは可能です。

このように囲むでは増額の審査の流れが出来ていますので、後は増額の際に総量規制に引っかからないかや

増額可能な状況かどうかなど細かい部分を確認してから利用をしておく行くとスムーズに利用が出来ると思います。

アコムでは安心感を持ってキャッシングできる

キャッシングってどうなの?と、実際に借りるまではわからないことだらけで不安でした。でも私は収入がとても低かった時期があり、まとまったお金が必要なのに自分の力ではどうしようもありませんでした。もう迷っていられなかったのです。そのときはキャッシング以外に方法がなく、怖々申し込みをしたのです。

聞いたことのないような会社から借りるより、誰でも知っているようなところから借りるほうが安心できるかな、というだけの理由でアコムを選びました。アコムのホームページを見ると、ネットで申し込めるようだったので必要なことを入力して送信しました。するとその日のうちにアコムから電話がかかってきて、現在の状況やお金を借りて何に使う予定なのかなどを聞かれました。と言っても何も怖いことはありません。電話をかけてきた女性はとても柔らかい口調で、知り合いと話しているような雰囲気で聞いてきてくれました。「ええー!そうなんですか。いいですねえ。」など、少しだけフレンドリーで安心させてくれます。

それから必要な書類を送るだけなので、言ってしまえば簡単にお金を借りることができました。その後特に困るようなこともなかったのでとても助かりました。あのときアコムを選んで良かったと思っています。

アコムを利用するなら、金利より「使い勝手やサービス」

アコムは、消費者金融業者の中では抜群の知名度があり、借りたことのない人でもテレビCMで流れる「はじめてーの アコム♪」は誰しも1度は聞いたことがあると思います。親しみやすい分、初めてキャッシングする人でも利用しやすいアコムですが、どんな特徴があるのでしょうか。

まずアコムの特徴というと「30日間無利息でキャッシングできること」です。以前までは期間限定のサービスとして30日間無利息でキャッシングできていたのですが、常設サービスで利用できるようになりました。しかし、毎回キャッシングする度ではなく、「初めてアコムを利用する方に限り」で、30日間無利息サービスが利用できるようになっています。

アコムの金利は、最低金利が4.8%、最大金利が18.0%と設定されています。他の消費者金融と比べると、それほど大きく変わりませんが少し高めに設定されています。どちらかというとアコムは、金利目的より使い勝手の良さやサービス面を目的に利用する方が良いでしょう。

「アコムの審査は甘い」とネットでは書かれていますが、決して甘いことはありません。しかし、他社より審査通過率は高いのは確かです。他の消費者金融で審査に落ちた方もアコムなら審査が通ったということもあるようなので、銀行や消費者金融の審査がなかなか受からないという方は、チャレンジしてみる価値はあるかもしれません。