銀行カードローンでは即日融資が受けられなくなる

銀行カードローンは、従来から低金利なカードローンとして知られていますが、近年は即日融資に対応している銀行も登場していました。金融機関として反社会的勢力との関わりを断つという宣言をしていることからも、銀行口座開設者が反社会的勢力に属していないか確認する必要があり、新たに警察庁のデータベースと照合することが必要となりました。2018年1月以降に銀行カードローンを申込みすると、少なくとも1日は審査結果が出るまでに時間がかかるようになったわけです。

即日融資を希望する場合には、銀行カードローン以外を選択すれば良いので、柔軟な審査と速度に定評がある消費者金融を利用すれば良いでしょう。消費者金融には、総量規制による貸付限度額が法律上決められているので、融資可能な金額に上限があります。50万円以内の小口融資を計画的に利用するならば、早期返済を行うことで多重債務者とならずに済みます。借りすぎを防ぐためにも、カードローン利用は1社に止めておくことが望ましいですが、いざという時のために用意するならば、銀行カードローンと消費者金融を1社ずつのみとして、同時に借入を行わないようにしておけば、借りすぎ防止にもなるはずです。

アイフルのお悔やみローンの詳細

アイフルでは急に葬儀を催すことになった場合などにお得に費用を借りることができるお悔やみローンという目的ローンの取り扱いがあります。

同ローンの貸付条件などについて確認をしていきましょう。

まず金利と利用限度額ですが、2017年12月10日時点で実質年率が9.8%から12.0%、利用限度額は最高で100万円までとなっています。

アイフルの無担保カードローンの上限実質年率が18.0%であることと比較するとお得なローンと考えられます。

なお、お悔やみローンを利用して借りたお金については、葬儀費用して利用できる他、仏壇仏具の購入や墓石の購入費用として利用することも可能です。

また契約の際には資金使途を確認できる書類の提出が必須となっています。

キャッシング審査もAIが行う時代!? 迅速性にプラス作用も

いわゆる消費者金融、キャッシングの審査というのは、無担保無保証で行うのが原則です。つまり、誰が連帯保証人になっているのか、何を担保にするのかといった不確定な要素を計算に入れず、本人の収入や仕事歴などから返済能力を判断し、融資の可否やその金額を決めていくという形になっています。

送られてくるデータの正確性をどの程度厳重に考えるかの差はありますが、基本的には機械的な判断が主になる部分が少なくないからか、AIによる審査を試みている企業も出てきているようです。人間の信用能力を人工知能に任せるというのは何ともSF的で不安に感じなくもないですが、現在よりもはるかに迅速で正確性のある審査がなされ、利便性が上がるということも考えられます。

いずれにせよ、キャッシングの現場がより進化していっているのは間違いないところだと言えるでしょう。

キャッシングを選ぶ時に比較するべきポイント

近年では、多くのキャッシングサービスが消費者金融会社各社によって展開されています。このキャッシングを利用する際には、サービス毎に利息や手続きの仕方などが異なっています。

その為、複数のキャッシングサービスを比較して検討しておく事で、利用者のニーズに合ったサービスで融資を受けられるようになります。

キャッシングを選ぶ時に比較しておくべきポイントとしては、利息や提携ATMの多さ、スマートフォンなどからのオンラインサービスの利用のしやすさなどがあります。

使い勝手が良いキャッシングを選ぶ事で、ユーザーは急な出費が発生しても、必要な時に融資を受けられます。一方で、複数の消費者金融会社のキャッシングを使えば、それぞれの金融会社のサービスの良い部分を組み合わせて使っていく事も出来るでしょう。