限度額が高ければ使い途が広がるキャッシング

貸金業法の下で運営されているキャッシングには限度額が設定されています。つまり、どんなにお金を借りたくても、この限度額までしか借り入れが出来ない仕組みになっています。お金を借りる上で重要であるのが、この限度額であり、様々な用途でお金を使いたいのであれば限度額の上限が高ければ高いほど良いでしょう。

限度額の上限を高くするにはユーザーの年収が重要なポイントとなります。貸金業法には総量規制という仕組みが導入されていますので、この総量規制で設けられている「総限度額が年収の3分の1以下」というところに着目しますと、年収が高ければ、その分、限度額の上限も高くなる事が分かります。年収が低くても、キャッシングの利用実績が良好であるのなら増額という方法で後から限度額の上限を引き上げることも可能です。

限度額を増やすには増額申込みが必要である

キャッシングは限度額が常に付きまとう要素です。限度額までしか借り入れが出来ませんので、この限度額の上限が高いほど何度でも借り入れしたり、高額の借り入れが出来るようになります。

しかし、消費者金融会社のキャッシングは、貸金業法によって総量規制の導入が義務付けられており、この仕組みによって利用者の年収の3分の1までの限度額設定となります。ユーザーによっては、これでは足りない事がありますので、ある程度の利用実績があるのであれば、増額申込みをすると良いでしょう。

増額申込みをしますと、消費者金融会社の方で審査が行われます。審査では利用者の過去の利用実績をベースに進められていきますので、返済に遅延が無ければ、通る可能性は高くなります。

銀行カードローンに申し込むべき人はどんな人?

銀行カードローンの場合は審査が厳しいというイメージがありますが、あなたの状況次第では消費者金融キャッシングよりも銀行のカードローンを申し込んだほうが良いというケースがありますので、しっかり確認しておきましょう。

例えば即日融資ではなくても良いという方。銀行カードローンは2018年より審査の厳格化がなされたことで即日融資が原則行われなくなりました。ただ、審査翌日には最短で借入が可能ですので数日後でも良いという場合には、金利が低いという大きなメリットがありますので積極的に申し込んでみましょう。もう1つは総量規制の面です。消費者金融の場合は年収の3分の1までしか借りられない総量規制がありますが、銀行カードローンの場合は対象外です。既に他社で借り入れがある場合には、銀行カードローンに申し込んだほうが良いケースも多いです。以上、どちらかに該当するのでしたら、すぐに銀行カードローンへの申込みをしてみましょう。

総量規制によるキャッシングの借入制限とは

消費者金融のキャッシングは安定した収入のある方ならば手軽にお金を借りられるとても便利なサービスですが、一方でお金を借りることに対するハードルの低さからついお金を借りすぎてしまうという危険性があります。

そのため、消費者金融のキャッシングなどのサービスを利用してお金を借りすぎてしまい、その結果として自己破産に至ってしまうような事態を可能な限り防ぐための対策として総量規制という法律による規制があります。この総量規制では消費者は自身の年収の三分の一までがキャッシングなどのサービスを利用して借りられる上限となっています。それ以上の金額については借金の返済が将来的に行き詰ってしまう確率が高いため、借入が制限されているのです。