おまとめローンのデメリットを考えてみる

おまとめローンとはいったい何でしょうか。それは現在、複数の消費者金融から借り入れをしている場合にはその複数のローンを銀行などの一社にまとめるというものです。つまり、複数のローンを一本にまとめることからおまとめローンと言われています。実際に、おまとめローンを行うことによるメリットはたくさんあります。しかし、やはりデメリットもあります。今日は考えられるデメリットについて記したいと思います。

まず、デメリットのひとつは金利はそれほど低くならないということです。実際、消費者金融の複数のローンを銀行などのローンに一本化する際には、確かに金利は低くなると思います。しかし、それはあくまで消費者金融の金利と比べて低くなるという意味です。相対的に比較してみると実はそれほど金利は低くなりません。

次に考えることができるデメリットは手続きが面倒、さらに長くかかるというものです。おまとめローンを利用しようとする場合には、現在のローンの状態、さらに審査を受けるための様々な書類を準備する必要があります。実際に、かなりの時間とエネルギーがかかる作業です。

以上、おまとめローンを利用するデメリットについて記しました。このデメリットよりもメリットがあると判断してみてから考えてみてください。

複数の借り入れをおまとめローンで一本化する

いつの間にか、複数の会社から借り入れることに成り、返済に追われるようになってしまったら、一度おまとめローンを検討してください。借金を、数社で借り入れるよりも、一社にまとめる方が、一般的には金利が低くなります。

さらに一社に管理がまとまることで、返済計画も立てやすくなります。数社に分散していれば返済期日も、返済金額もバラバラで管理に労力を使いますが、おまとめで1社にすることが出来れば、金利面だけでなく管理面でも大きな利点が有ります。

おまとめローンは、銀行や、消費者金融でも行っていますが、おすすめは、銀行系のおまとめローンです。

銀行系のおまとめローンは、金利も消費者金融系に比べると低く、まとめた時の返済金額で大きな差が付きます。ただし審査は、消費者金融系に比べると厳しいため、まず銀行系に申し込んで、審査に通らなっかった時には、消費者金融系のおまとめローンに申し込んだらよいでしょう。

おまとめローンは、総量規制の対象外になっていますので、金額が年収の3分の1を超えても審査が通れば利用できるメリットが有ります。

おまとめのローンのリスクは、もしもまとめる前の借り入れに上限金利を超えた分などが有ってもまとめた後では返還請求などが出来なかくなることが有る点や、返済期間が長くなることが有る点です。

それでもメリットが多いので複数の会社より借り入れがある人は検討してみて下さい。