おまとめローンが総量規制の対象外である理由とは

複数の金融機関から複数の債務がある人は、おまとめローンの利用を検討しましょう。おまとめローンを利用すれば複数の債務の管理が簡素化されることが考えられますし、 金利がほぼ安くなりますから返済を楽にすることができます。

また、おまとめローンに限っては貸金業者のおまとめローンを利用しても、総量規制の対象外になるので借入額が多くても心配することはありません。総量規制の対象外であるのは、おまとめローンが新規の借り入れではないこととおまとめローンは利用者の一方的な利益になる場合が多いからです。

多重債務者にとってメリットばかりであるということもできるおまとめローンは審査に通ることは必要ですが、利用することを前向きに検討しましょう。

おまとめローンと総量規制についての勘違い

改正貸金業法の適用を受ける貸金業者は総量規制の対象となりますが、このような貸金業者であってもおまとめローンのサービスは総量規制の対象外となります。

ただし、すべてのおまとめローンが総量規制の対象外となるわけではなく、利用するおまとめローンが利用者にとって有利であることが条件となります。

具体的にはおまとめローンが利用前の金利より低金利であることやおまとめローンの月々返済額は利用前の返済額よりも少なくなるなどの有利さ必要です。

つまり、おまとめローンを利用することは利用者の取っては基本的には大きなメリットがあるという事になります。ただし、おまとめローンの利用前よりも低金利であっても、月々返済額をあまりに少なくしてしまうと実際には総返済額が利用前よりも増えてしまうことがあることには注意が必要です。

おまとめローンで返済の負担を減らしてみる

キャッシングやカードローンなど国内には色々な個人向けの融資サービスが存在しています。これらのサービスを使う事で、給料日までお金が足りないといった状況でも、お金を立て替えるといった形で借り入れが行えますので、利用者には便利なサービスです。

しかし、複数の会社からお金を借りていますと、返済の窓口がそれだけ増加する事になり、月に何度も返済をしなければいけないといった手間がかかってきます。

返済の負担を減らしたい場合には、おまとめローンを使うといった方法が考えられます。おまとめローンを利用する利点は、返済する窓口や回数を減らせるという事です。

現在借り入れしている金額分をおまとめローンで借りて全て返済し、その借りた分が新たなローンとなりますが、おまとめローンで借り入れしたお金だけを返済していけば良いですのでスムーズにお金を返済する事が可能です。

返済しやすい環境作りをするには、おまとめローンを使うのが良い

キャッシングは急な出費に必要なお金を借りるのに有効な融資サービスですが、中には複数の消費者金融会社から借りていて、次第に月の返済期日が複数発生するといった状況に陥っているケースもあります。返済は期日までに必ず行わなければ、遅延損害金を支払わなければいけなくなりますので、より返済が難しくなってきます。

複数の融資を受けているのであれば、一つの返済窓口にまとめてしまうというのも有効な方法でしょう。その方法としては、おまとめローンがあり、ユーザーが現在借りているお金を一括して返済する為のお金を借りる事が出来ます。債務を完済したら、その時に借りたお金が新たなローンとなりますが、返済窓口が一本化された事でユーザーにとっては返済の負担が大幅に減ります。

返済が大変な時にはおまとめローンの検討を

複数社でキャッシングを利用していると、返済の負担が大きく感じます。返済日も増えますし、どこの会社にいくら借りているなどの管理も複雑になってしまいます。毎月どれくらいずつ借金が減っているのかも分かりません。自分で管理するのが限界だと感じたならおまとめローンで一本化するのがおすすめです。

おまとめローンは多くの業者で行なっていますが、借り替えるのならできるだけ低金利の業者を選びましょう。これまでに返済事故などトラブルがないのなら、最初から銀行系のキャッシングで審査をするのが良いです。

ただしおまとめローンは返済を目的としたローンのため、通常は新規の借入ができませんので困った時にキャッシングに頼ることはできなくなります。少しでも早く完済をしたいのなら、新規借入ができないのはメリットとも言えますね。

銀行カードローンでおまとめローンする際の注意ポイント!

銀行カードローンは事業性資金以外であれば、利用目的は自由であることから借り換えローンやおまとめローンとして利用が可能です。しかし、貸金業者のおまとめローンとは異なる点があり、注意しなければ無駄な返済が発生してしまうことがあります。

そもそも、貸金業者のおまとめローンは借り入れ残高が対象であり、発生する利息は別途返済になります。そのため、翌月の返済時に発生する利息は純粋におまとめローンを契約した会社だけの分になります。しかし、銀行カードローンを利用する場合、発生している利息分もおまとめできるため、翌月の返済で利息分に利息が発生してしまうという無駄があります。

借り入れ残高が覆いほど利息が高額になるため、銀行カードローンを利用したおまとめローンは負担を減らすため、元本分のおまとめローンとするのが重要です。

おまとめローンは余力があるうちに利用しよう

複数の金融業者からの借入がある人にとって、おまとめローンへ借り換えれば毎月の返済額が少なくなると考えている人もいるでしょう。確かに借り換えによって、金利が下がることはありますが、毎月の返済額が少なくなる方向での借り換えは、返済総額をかえって増やしてしまう結果を招きかねません。ポイントとなるのは、毎月の返済額のうちいくらが元金返済分となっているのか把握しておくことです。

現在の返済額総額から、元金返済充当額を計算した合計額と、おまとめローンへ借り換えた時の元金返済充当額が同じであれば、低金利となった分だけ返済総額を引き下げることが出来ます。しかし、元金返済充当額が減ってしまうと、返済期間が伸びてしまう結果となるので、数%程度の金利差ならば逆転しておまとめローンで支払った方が損をしてしまうことが少なくありません。

また、おまとめローンの返済期間中は、追加借入が出来ないという貸金業者間での自主規制が働くので、急な支出が発生した時に困ってしまうでしょう。おまとめローンを利用して完済を目指す際には、同時に貯金が出来る程度の計画性と余裕を持って返済を続ける必要があります。単に支払いが楽になるからという理由でおまとめローンを利用することは望ましくありません。

楽天銀行スーパーローンをおまとめローンとして利用する2つのオススメの理由

複数の業者から借り入れをしている時に返済しやすいようにおまとめローンを利用して一つのまとめますが、楽天銀行スーパーローンをおまとめローンとして利用するのがオススメと言われています。

楽天銀行スーパーローンはネット銀行のカードローンで手続きをすべてネット上で行うのが特徴ですが、なぜおまとめローンとして利用するのがオススメなのか理由を挙げていく事にしましょう。

楽天銀行スーパーローンは上限金利が14.5%に設定されていて低金利の銀行カードローンと言われています。それで通常のキャッシングをする時もお得感がありますが、おまとめローンとして利用するとさらにお得感があります。

楽天銀行スーパーローンは金額が大きいほど利率が低くなるので通常のキャッシングをする時より金額が大きくなる事が多いおまとめローンとして利用すると金利が低くなります。それにより加算される利息が大幅に少なくなるので返済しやすくなります。

おまとめローンは複数の業者からの借り入れを一つにまとめる目的のローンなので審査が厳しくなりますが、楽天銀行スーパーローンは通常のキャッシングと同じ審査が行われます。それにより他の業者のおまとめローンより審査の可決率が高いので利用しやすいです。

おまとめローンのデメリットを考えてみる

おまとめローンとはいったい何でしょうか。それは現在、複数の消費者金融から借り入れをしている場合にはその複数のローンを銀行などの一社にまとめるというものです。つまり、複数のローンを一本にまとめることからおまとめローンと言われています。実際に、おまとめローンを行うことによるメリットはたくさんあります。しかし、やはりデメリットもあります。今日は考えられるデメリットについて記したいと思います。

まず、デメリットのひとつは金利はそれほど低くならないということです。実際、消費者金融の複数のローンを銀行などのローンに一本化する際には、確かに金利は低くなると思います。しかし、それはあくまで消費者金融の金利と比べて低くなるという意味です。相対的に比較してみると実はそれほど金利は低くなりません。

次に考えることができるデメリットは手続きが面倒、さらに長くかかるというものです。おまとめローンを利用しようとする場合には、現在のローンの状態、さらに審査を受けるための様々な書類を準備する必要があります。実際に、かなりの時間とエネルギーがかかる作業です。

以上、おまとめローンを利用するデメリットについて記しました。このデメリットよりもメリットがあると判断してみてから考えてみてください。

複数の借り入れをおまとめローンで一本化する

いつの間にか、複数の会社から借り入れることに成り、返済に追われるようになってしまったら、一度おまとめローンを検討してください。借金を、数社で借り入れるよりも、一社にまとめる方が、一般的には金利が低くなります。

さらに一社に管理がまとまることで、返済計画も立てやすくなります。数社に分散していれば返済期日も、返済金額もバラバラで管理に労力を使いますが、おまとめで1社にすることが出来れば、金利面だけでなく管理面でも大きな利点が有ります。

おまとめローンは、銀行や、消費者金融でも行っていますが、おすすめは、銀行系のおまとめローンです。

銀行系のおまとめローンは、金利も消費者金融系に比べると低く、まとめた時の返済金額で大きな差が付きます。ただし審査は、消費者金融系に比べると厳しいため、まず銀行系に申し込んで、審査に通らなっかった時には、消費者金融系のおまとめローンに申し込んだらよいでしょう。

おまとめローンは、総量規制の対象外になっていますので、金額が年収の3分の1を超えても審査が通れば利用できるメリットが有ります。

おまとめのローンのリスクは、もしもまとめる前の借り入れに上限金利を超えた分などが有ってもまとめた後では返還請求などが出来なかくなることが有る点や、返済期間が長くなることが有る点です。

それでもメリットが多いので複数の会社より借り入れがある人は検討してみて下さい。