即日融資可能なカードローンの利用

生活費が不足してしまったり、急な出費があったときにはお金を借りなければいけなくなるかもしれません。

特に急な出費で今日中にお金が必要になってしまったという場合には即日融資が可能なカードローンを利用したいですよね。

お金を借りることのできるところといえば、銀行や信用金庫、消費者金融やクレジット会社や信販会社などのノンバンクがあげられると思います。

即日融資を希望するのなら、銀行と消費者金融ではどちらを利用すればいいでしょうか。一般的に銀行のカードローンの審査は時間がかかると言われています。

銀行の審査は銀行と保証会社の2つの審査があるからです。一方、消費者金融の審査はその会社のみの審査なので、銀行に比べれば時間はかかりません。

実際、即日融資が可能なのは消費者金融のほうが多いです。消費者金融は即日融資が可能なところが多いですが、金利は銀行に比べたら高く設定されているところが多いので銀行で即日融資可能なところを利用するのもいいかもしれません。

カードローンの大きな魅力について

銀行系カードローンはお金を借りるのにはとても大きな魅力がある金融商品です。

消費者金融にはない色々なメリットがありますので、その点について紹介します。

1 金利面が安い

 基本的に銀行系カードローンの一番の魅力は金利の低さです

金利は上限で14パーセントくらいが一般的で消費者金融に比べると上限だけでも4パーセントくらいは安いといえます。

さらに安いところでは10パーセントの上限を割るくらいで下限も低く3パーセントくらいの最高下限のケースもあるので大変金利面でメリットあります。

2 返済方法などサービスが充実している

 また、銀行系カードローンでは返済の方法も多く、自社所有のATM以外でも様々な手段で返済が可能なのが魅力です。

消費者金融には、返済方法が限られていたりするようなケースがあるのですが、基本的に経営力がある銀行なら返済方法も整っています。

近年では消費者金融のような無利息期間や、即日融資のようなものもあり、より充実してきています。

3 銀行である安心感

 また銀行系カードローンは消費者金融に比べると、信頼が大きいのでお金はありやすいのです。

やはり信頼できる所でお金を借りられるというのは、返済も変なことをされないという安心感がありますし、

お金を借りていたとしても、消費者金融に比べれば、周りからの信頼も違います。

 そういった信頼感も大きなメリットです。

存在を忘れていたカードローンを久しぶりに利用しました。

なんとなくでカードローンを契約してから半年経ち、そういえば最初に数万円借りてからまったくカードローン使っていないなと気が付きました。

申し込みの時も大して苦労しませんでしたし、インターネットの申し込みだったので印象が薄くカードローンの存在をまったく忘れていました。

返済も次の月に一括で終わらせてしまったし、しょうがないですよね。

ですがせっかく契約したのだから使わないのはもったいないと思い何か買ってみる事にしました。

せっかくですから、昔欲しかったものなんか買ってみようかなとインターネットをいろいろ見ていたのですが・・・欲しいものがありすぎて困りました。

検索しなければ良かったです。

昔欲しくて手が出なかったものが今カードローンとネットショップを使えばかなりの数買えます。

なんて良い時代になったのでしょう。

昔はあちこちのお店を回っても見つからなかったりしたものが自宅にいながら見つける事が出来ます。

さらにカードローンを利用すればそれらを余裕で買う事が出来ます。

有難いです。

ですが、買えるからといって全部買ってしまうと返済がきつくなってしまいそう・・・でもこれくらいなら・・・と数日悩みました。

結局また数万円だけ借りてとりあえず一番欲しかったものを買いました。

この返済が終わったら次に欲しかったものを買おうと思います。

今からちょっと楽しみです。

無利息で利用できるカードローン

カードローンの中には、無利息の期間を設定しているケースがあります。たとえば30日以内なら全額無利息とか、5万円以内なら180日間無利息といった具合です。審査についても特に厳しいというわけではなく、一般的な審査と同じで、無利息期間がサービスでついてくるといった感じです。

この無利息カードローン、初めての契約者に限ってというケースが多いようです。つまり2回目の借り入れからは利息が生じるということです。逆にいえば1回だけの利用で、定められた期間内にお金を全額返済できるとすれば、無利息カードローンのメリットは大きいということです。利息を払わなくていいので、余計な出費がなくなるからです。

なぜこのようなことをするかというと、カードローン各社の新規顧客開拓のためです。一度契約してしまうと積極的に他社に乗り換える人が少ないため、利息のもうけをゼロにしてでも新しい顧客を開拓していこうという苦肉の策といっていいでしょう。

上にも書きましたが、2回目以降は利息がかかってしまうケースが多いです。利払いによる余計な出費を抑えたいならカードローンの利用は1回だけ、可能なら給料日間際の確実に返済ができる時期に、計画的に行うことが大切です。詳しくはカードローン各社のサイトをご確認ください。

カードローンにも種類があります

カードローンと一言で言っても、その種類は様々ですし業者によって金利や審査基準なども大きく変わってきます。

基本的に現在流通しているカードローンには2通りの種類があり、一つは貸金業法下で利用されているカードローン、もう一つは銀行などが発呼しているカードローンです。

この二つの大きな違いは借りることが出来る金額の上限で、貸金業法下で流通しているカードローンは総量規制と呼ばれる法律の対象となるため、年収の三分の一までしか借りることが出来ません。
これには例外は一切なく、全ての人に適用される規制となります。

一方銀行の場合は貸金業法ではなく銀行法下での営業となるため、総量規制の対象とはならず、年収の三分の一以上の借り入れが可能になっていると言われています。

金利に関しても銀行のほうが大幅に低いですから返済のことを考えた場合には銀行のカードローンのほうが使いやすいと言えるかもしれません。
しかしデメリットも存在しており、消費者金融の場合収入が安定していれば貸し付けが可能になるのに対し、銀行の場合は年収制限を行っている場合もあるため収入が少ない人は利用できないというケースも少なからず存在しています。

特に大手銀行や地方銀行では制限を設けていることが多いため、利用者が限定されてしまうということもあります。
しかし例外も存在しており近年利用者が増えているネット銀行に関しては年収の制限を行っていない場合が多く、利用できる人も多いですから消費者金融と同じような使い方が出来る場合が多いようです。

唯一の欠点は、ネット銀行の場合カード発行が即日出来ないということがほとんどのため、カードが郵送されてくるのを待たなければいけないというデメリットがあります。

即日融資を希望する場合にはやはり消費者金融のほうが確実に速いですから、この点では消費者金融のほうが使いやすいと言えるでしょう。
自分の使い方に合ったカードローンを探して申し込みを行うとよいでしょう。