カードローンなら無利息で借りられるキャンペーンを利用しよう

カードローンで借入をする時に、無利息で借りることができるキャンペーンを利用することでよりお得に借入ができます。条件を満たしていれば30日間無利息で借入ができるカードローンがあり、30日以内に全額返済をすれば借りた金額のみの返済すれば良いので安心です。

まずはカードローンが無利息で借りることができるキャンペーンを行っている消費者金融を探して、自分がそのキャンペーンを利用できるのかをチェックしましょう。もし無利息で借りることができるのに、きちんと調べずキャンペーンを利用せずに借入をしてしまうと、時間が経って後悔をしてしまうことにつながります。

そうならないためにもカードローンには無利息で借りられるキャンペーンがあり、そのキャンペーンが利用できるかどうかを事前にチェックしておくことが大切です。

アコムのビジネスサポートカードローンの概要とメリット

アコムでは個人事業主が事業性の資金調達に役立てることができるビジネスサポートカードローンというカードローンを取り扱っています。同カードローンの概要とメリットを解説していきます。

まず貸付条件ですが、融資限度額は1万円から300万円まで、実質年率は12.0%から18.0%となっています(2019年1月17日時点)。なおビジネスサポートカードローンは事業性融資に該当するため、例外的に総量規制対象外となり年収の3分の1を超える借り入れも可能という特徴があります。

また一般的に事業性融資サービスは審査に時間がかかりがちですし、連帯保証人などが必要なケースが多いですが、ビジネスサポートカードローンは最短で即日融資が可能ですし、担保や連帯保証人も不要とされています。

まずは無利息から始めるカードローン

カードローンを利用する時に、借入や返済に関して様々な不安を感じる人もいるでしょう。そんな場合は、まず一定期間無利息のカードローンを選んでみると良いでしょう。

30日間など一定期間無利息となっているカードローンであれば、気軽に借入を行うことができます。更に、実際に審査や契約、借入や返済という一連の流れを体験すれば安心してカードローンの利用ができるようになります。

そんな無利息期間があるカードローンを利用する時に確認しておきたいのが、起算日です。30日無利息の場合、借入から30日間となっていることもあれば、契約の翌日から30日間となっていることもあります。

契約の翌日から無利息期間が始まる場合、利用をしないまま無利息期間が終わってしまうこともあるため、注意が必要です。

即日融資を受ける時に大切な事について

急な出費が重なったりしてできるだけ早くお金を借りなければならない時、カードローンなどのキャッシングサービスは非常に便利です。早いところなら申し込んだ即日中でもキャッシングができるので、いざという時にはとても頼りになります。

ですが、即日融資が可能だったとしてもできるだけ早くキャッシングしたい場合に気をつけなければならない事もあります。

まず申し込む時間です。審査後に振込んでもらう必要があるので、できるだけ早く申し込む事が大切です。

また在籍確認が必要になる事も考えておきましょう。休日などにも対応してくれる金融会社は多いですが、その際も職場への在籍確認は必要になります。勤務先が休みで誰も人がいなくなってしまう場合など、確認が取れないと融資してもらえないので注意が必要です。

最後にキャッシング方法です。カードローンは便利ですがカード発行までの時間が必要になります。オンラインでの取引でも問題ないのであれば、その方が早くキャッシングすることができるのでカードレスのものを選ぶと良いです。

カードローンを無利息で借りることができる!?

困った時に頼りになるカードローンですが、特に初めて利用する時は仕様がわからなかったりする事に加えて、高い利息がかかるのではと不安に思われる方も多いと思います。ですが、大手のプロミスやアコムなどのカードローンでは無利息で借りることができるサービスがあります。

初回利用者限定のサービスではありますが30日間利息が全くかからずに借りることができるので、利息を不安に感じることなくお試し感覚で借りることができます。また、この無利息サービスの嬉しいところは、無利息期間内に完済した場合は当然利息はかかりませんが、完済できなかった場合でも無利息期間が終了した時点での借入残高から利息を計算してくれるので普通に借りるよりもお得にキャッシングすることができます。

カードローンの無利息サービスにデメリットはない

複数のカードローンを提供している金融機関では、利息が一切かからない無利息期間サービスを行っています。これは利用するのに条件がありますが、無利息期間サービスを利用できる人は是非とも利用してもらいたいサービスです。なぜならカードローンの無利息期間サービスには、デメリットが全くないからです。

インターネットなどを検索してみると、無利息期間サービスにもデメリットがあるように書かれている場合がありますが、そんなことはありません。

無利息期間サービスのデメリットとして挙げられているのは、1回限りのサービスであるとか無利息期間が終われば通常の金利がかかるだとか言う場合がほとんどです。それはどう考えてみてもデメリットにはなりません。利用条件に合致するならば積極的に利用すべきサービスなのです。

女性向けカードローン、アイフルのスラリ(SuLaLi)の特徴

カードローンの利用者の多くは男性です。女性は、カードローンを利用していることが誰かに知られたら恥ずかしい、一度借りると習慣になってしまうかもしれないというようなことを考えて、なかなか申込みできないようです。

消費者金融の多くは、女性でも借りやすいように、女性専用ローンのサービスを行っています。女性専用ダイヤルがある、自動契約機に行かなくても借り入れできるので、誰かに見られる心配がない等の配慮がされていて、サービス内容はどこの横並び状態です。そんな中、独自のサービスを行っているのがアイフルのスラリ(SuLaLi)です。

スラリの特徴は、借入限度額が10万円に設定されていることです。10万円を超えて借りることはできないので、借り過ぎの心配がありません。また、万一返済日を忘れてしまった場合は、電話ではなくメールで連絡が入るようになっているので、周りに気づかれる心配がありません。初めてのカードローン利用を考えている女性におススメです。

カードローンを使って計画的に借り入れする

キャッシングやカードローンは借り入れしたお金を様々な用途で使える融資サービスです。融資を受ける事によって返済の義務が生じ、利息を加えて返済を行います。キャッシングは総量規制という法的な縛りがあり、これは利用者が年収の3分の1の総限度額までしか借り入れが出来ないというものです。その総限度額内であれば、複数のキャッシングを活用する事が出来ます。

一方で、カードローンは貸金業法で運用されていない銀行や信用金庫の融資サービスですので、総量規制がありません。つまり、この仕組みを活用すれば、キャッシングと併用する事で借り入れ出来るお金を拡大させられます。カードローンやキャッシングは、ショッピングや各種支払いをする為の手段として有効です。

アコムのカードローンの情報や特徴

大手消費者金融のアコムのカードローンは、いざという時に非常に役立つカードローン商品の一つです。同カードローンの情報や特徴について確認していきましょう。

・即日キャッシングができる

アコムのカードローンは最短で即日審査が完了しますし、即日キャッシングにも対応しています。急に現金が必要になった時に非常に役立つローンサービスとなっています。

・担保や保証人は不要

アコムのカードローンは無担保ローンであるため、原則担保や連帯保証人などは不要で契約できます。

・免許証があれば契約できる

アコムのカードローンは利用限度額が50万円までの申込みであれば収入証明書類の提出は不要となっており、運転免許証があれば契約が可能となっています。

池田泉州銀行カードローンがオススメな人について

池田泉州銀行ではキャッシュカード一体型カードローンを展開していますが、

このカードローンを利用するには次のような人がオススメです。

やはり、まず一番目は?大阪府、兵庫県、京都府、和歌山県に住んでいる人であって池田泉州銀行の口座を持っている人です。

口座を持っている人であれば、そのまま利用がしやすいですし、審査も持っていない人と比べて通過しやすくなりますのでオススメです。

特に小額融資なら専業主婦の方でも借り入れしやすいのでお勧めです。

もうひとつは池田泉州銀行のカードローンであるMAXVというものを利用できるときには大変オススメです。

2種類のカードローンがあるのですが、通常のものは固定金利で14.5パーセントとかなり金利が高めに設定されているので小額融資でないと

あまりオススメできないのです。

ですが、こちらの場合ですと固定金利で5.95%と大変おトクに利用が出来るようになっていますので、こちらがオススメです。

(ただし、条件は当銀行を2年以上利用している+年収が400万円以上ないと利用できない。)

好条件で利用が出来る方だったら、普通ノカードローンを借入するよりも便利ですのでこの銀行をオススメします。

地方銀行においてはかなりスペックの高い大垣共立銀行のカードローン「ザ・マキシマム」

通常は地方の銀行のカードローンというのはかなり利用がしにくいですし、わざわざ利用するメリットは感じにくいものですが、

それを覆すレベルですごい地方銀行のカードローンであるのが、「ザ・マキシマム」です。

このカードローンは地方銀行でありながらも全国に対応しているというものであり、口座開設も不要な状況から借入申請が可能という優れものです。

即日融資にも対応していませんが、最短翌日にはすぐに利用が出来るといった利点もありますので、審査の早さも悪くありません。

また、そのほかに多くの利点というものが存在しており、一つ目は利息です。

利息はなんと最大でも12.0%と通常の銀行どころか大手レベルの銀行系カードローンよりも低めに金利が設定されており、

より多くの顧客が低い金利で利用が出来るようになっているうれしい設計になっています。

借り入れ限度額も1000万円までと業界最高レベルの水準であり、多くのお金を借りるのにはもってこいともいえます。

岐阜県にある銀行ですが、このあたりに住んでいる人でなくても利用でき手、大きなメリットを感じるほどの十分なスペックがあります。

勤務先には連絡は行ってしまうのはネックですが、どこからでも利用するにはいいものであるといえます。

横浜銀行カードローンの申し込みを電話でした方がいい2つの理由

横浜銀行カードローンは地方銀行最大規模と言われていて利用する人も多いです。最近ではスマホが普及してきたのでネットで申し込みをする人が増えてきていますが、電話で申し込みをした方がいいという声がよく聞かれます。そこで横浜銀行カードローンの申し込みを電話でした方がいい理由を挙げていく事にしましょう。

・即日融資を受ける事が可能

横浜銀行カードローンの申し込みをネットでする場合は融資可能になるまで数日かかってしまいます。しかし横浜銀行の口座を持っていて平日10時までに電話で申し込みをすると昼間に契約手続きが完了するので即日融資を受ける事が可能です。カードローンを利用する時は出来るだけ早くお金を借りたいものなので即日融資を受ける事が出来るのはメリットになります。

・分からない点を質問する事が出来る

横浜銀行カードローンの申し込みをネットでする時に分からない点があったら自分で調べて解決していかなければいけません。それで手間がかかってしまい手続きが遅れてしまう事もあります。しかし電話で申し込みをするとスタッフと会話をする事が出来るので分からない点があった時はすぐ質問して解決する事が出来ます。それで手続きをスムーズに進めていく事が出来るので早くお金を借りる事が出来ます。

派遣社員の方のカードローン申し込み時の注意点

派遣社員の方でも、毎月安定した収入があれば基本的に消費者金融や銀行カードローンも利用できます。ただし派遣社員の方は契約時に多少注意が必要なので、それを紹介します。

まず申し込み時に勤務先を記入しますが、これは派遣元の会社名を記入します。雇用関係があるのは派遣元ですから、当然派遣元の会社名を記入します。そして勤務先の電話番号を記入しますが、当然派遣元の会社の方に在籍確認の電話連絡があります。間違えて派遣先の電話番号を書いてしまうと、最終的に審査に通らない場合もあるので必ず派遣元の電話番号を記入して下さい。

問題は派遣元の会社が在籍確認に応じるかどうかです。派遣会社には数千~数万人の方が登録しており、いちいち在籍確認に応じないところもあるからです。その場合は金融機関のコールセンターに電話して、電話での在籍確認に代わる手段でOKかお伺いを立てればいいのです。特に消費者金融が相談に乗ってくれる可能性が高いです。

ジャックスカードローンは上限が一定以上だとお得な理由

ジャックスのカードローンは一定の金額以上の上限が設定できる場合には結構お得です。

その理由として、ジャックスでは利用可能枠70万円を超えると本来の適用金利よりも安い14.4%の金利が適用されるようになっています。

これがどのくらいいいのかというと、一般的なカードローンで適用される金利としては基本18.0%、100万円あたりで15.0%なのが通常になっているくらいで、

ジャックスはそ一般的なものよりも好条件で利用ができるのです。

また、ジャックスでは100万円を超える場合ですと適用金利が13.2%なので、この部分でも他社より優れています。

ですので、ジャックスでカードローンを利用することは結構大きなメリットなのです。

楽天銀行カードローンは女性にもおすすめ

女性の社会進出が活発になっているということもあり、近年では年齢や性別に関係なく、カードローン商品のニーズが高まっています。初めてカードローンを契約しようと考えている女性にもおすすめできるカードローンの一つとして、楽天銀行のカードローンが挙げられるのですが、楽天銀行カードローンにはどのようなメリットがあるのでしょうか。女性にもおすすめできる理由などについて触れながら、詳しく見ていきましょう。

・銀行カードローンなので安心・お得

楽天銀行カードローンは、銀行系カードローンなので、消費者金融系のカードローンと比較して、高利用限度額・低金利で契約できるケースが多くなっています。まとまった金額を借り入れても、お得に無理のない返済がしやすくなっています。

・あらゆる職業の人が申し込みできる

楽天銀行カードローンは、パート従業員やアルバイト店員でも安定した収入があれば契約は可能となっています。また安定した収入がない専業主婦でも、配偶者に安定した収入があれば契約は可能とされています。

・来店不要で契約できる

インターネットで申込手続きから契約手続きまでの全ての手続きができるようになっています。ひと目が気になる人でも安心して申込みができますね。

みずほ銀行カードローンのキャッシングカードの種類別で利用する事が出来るATMは?

みずほ銀行カードローンのキャッシングカードはキャッシュカード兼用型とカードローン専用型がありますが、利用する事が出来るATMが異なってくるのでしっかり把握しておく必要があります。そこでキャッシングカードの種類別で利用する事が出来るATMを確認していく事にしましょう。

・キャッシュカード兼用型は提携金融機関とゆうちょ銀行は利用不可

みずほ銀行カードローンでお金を借りる時はみずほ銀行ATM、提携ATM、提携金融機関ATM、ゆうちょ銀行ATMになっています。しかしキャッシュカード兼用型のキャッシングカードを持っている時は提携金融機関とゆうちょ銀行のATMを利用する事が出来ません。提携金融機関とゆうちょ銀行のATMを利用しようと考えている人は注意しましょう。

・カードローン専用型は全部利用する事が可能

キャッシュカード兼用型のキャッシングカードは利用する事が出来ないATMがありますが、カードローン専用型のキャシングカードは全部のATMを利用する事が出来ます。特に提携金融機関とゆうちょ銀行のATMを利用したいと考えている人はカードローン専用型のキャシングカードを発行してもらった方がいいでしょう。

キャッシングカードの種類別で利用する事が出来るATMはこのようになっているので申し込む前にしっかり確認しておきましょう。

楽天ローンをおすすめするわけ!

急な出費が必要な時、頼りになるのはカードローンですよね。でもカードローン会社はたくさんあって、どこが評判いいのかわからない。

そんなあなたにおすすめなのは、ズバリ楽天ローンです。

楽天の名前は、一度は聞いたことあるのではないでしょうか。TVCMでもおなじみの楽天グループが運営しているカードローンです。

楽天グループは大企業なので、信用もあり、安心ですね。

ざっと調べてみたところ、金利は年1.9%~14.5%となっていて、業界でも低水準です。

無駄な金利は払いたくない方におすすめです。

また、期間限定で年0.95%~7.25%となる時期もあるので、これは見逃せません!

さらに最大貸出限度額はなんと800万円!この規模まで貸出可能なところは、そうそうありません。

これもアピールポイントですね。

勤務先で正社員ではなくても、パート・アルバイトでも貸出可能なのも、うれしいところ。

一般的には学生は貸出不可のところが多い中、満20歳以上で、パート・アルバイトをしていれば、学生さんでも貸出OK!

今なら、カードローン入会で楽天ポイントが1000ポイントたまります。

貯まったポイントは楽天市場で使えるし、街中の買い物でも使えるところが多いので、これは助かりますね。

借りるなら、楽天ローン。おすすめです。

イオン銀行カードローンの2つのメリット

大手スーパーなどを展開しているイオンの金融部門のイオ銀行がカードローンのサービスを提供しているので最近では大手銀行のカードローンよりイオン銀行カードローンを利用する人が増えてきています。イオン銀行カードローンは20歳以上満65歳未満で安定した収入を得ていれば誰でも利用する事が出来ます。そこでイオン銀行カードローンを利用してお金を借りるとどのようなメリットがあるのか見ていく事にしましょう。

・大手銀行のカードローンより金利が低い

大手銀行のカードローンは上限金利が14.5%ぐらいで設定されている事が多いですが、イオン銀行カードローンは上限金利が13.8%で設定されています。大手銀行カードローンより金利が低く設定されているので返済する時の事を考えると大きなメリットになります。

・ATMでも24時間いつでも借入可能

大手の消費者金融のATMは営業時間があるので借り入れする事が出来る時間も限定されてしまいます。しかしイオン銀行のATMは24時間営業しているのでイオン銀行カードローンを利用してお金を借りる時も24時間いつでも手続きをする事が出来ます。ATMでも24時間お金を借りる事が出来るのは珍しいのでメリットになります。

イオン銀行カードローンを利用してお金を借りるとこのようなメリットがあるので最近では人気のカードローンとなっています。

銀行と消費者金融のカードローンのサービスの特徴

カードローンのサービスは銀行と消費者金融が提供していますが、どちらを利用してお金を借りればいいのか悩んでしまう人も多いでしょう。そこで銀行と消費者金融のカードローンのサービスの特徴を見ていく事にしましょう。

・低金利だけど融資スピードが遅い銀行のカードローン

銀行のカードローンのサービスは上限金利が14.5%前後で設定されているので低金利と言われています。お金を借りた時に加算される利息も少なくなるので返済する時にメリットに感じる人が多いです。しかし銀行という事で審査が厳しいのでお金を借りる事が出来るまで数日かかってしまいます。即日融資を受けるのはなかなか難しいので融資スピードが遅い点は不都合に感じてしまう人が多いです。

・高金利だけど融資スピードが早い消費者金融のカードローン

消費者金融のカードローンのサービスは上限金利が18%で設定されているので高金利と言われています。お金を借りた時に加算される利息も多くなってしまうので返済する時に大変になる事があります。しかし審査が最短30分で回答されるので即日融資を受ける事が出来ます。業者によって異なりますが、中には申し込みをしてから1時間でお金を借りる事も出来ます。融資スピードが早いので早くお金を借りたい人はメリットになります。

即日融資可能なカードローンの利用

生活費が不足してしまったり、急な出費があったときにはお金を借りなければいけなくなるかもしれません。

特に急な出費で今日中にお金が必要になってしまったという場合には即日融資が可能なカードローンを利用したいですよね。

お金を借りることのできるところといえば、銀行や信用金庫、消費者金融やクレジット会社や信販会社などのノンバンクがあげられると思います。

即日融資を希望するのなら、銀行と消費者金融ではどちらを利用すればいいでしょうか。一般的に銀行のカードローンの審査は時間がかかると言われています。

銀行の審査は銀行と保証会社の2つの審査があるからです。一方、消費者金融の審査はその会社のみの審査なので、銀行に比べれば時間はかかりません。

実際、即日融資が可能なのは消費者金融のほうが多いです。消費者金融は即日融資が可能なところが多いですが、金利は銀行に比べたら高く設定されているところが多いので銀行で即日融資可能なところを利用するのもいいかもしれません。

カードローンの大きな魅力について

銀行系カードローンはお金を借りるのにはとても大きな魅力がある金融商品です。

消費者金融にはない色々なメリットがありますので、その点について紹介します。

1 金利面が安い

 基本的に銀行系カードローンの一番の魅力は金利の低さです

金利は上限で14パーセントくらいが一般的で消費者金融に比べると上限だけでも4パーセントくらいは安いといえます。

さらに安いところでは10パーセントの上限を割るくらいで下限も低く3パーセントくらいの最高下限のケースもあるので大変金利面でメリットあります。

2 返済方法などサービスが充実している

 また、銀行系カードローンでは返済の方法も多く、自社所有のATM以外でも様々な手段で返済が可能なのが魅力です。

消費者金融には、返済方法が限られていたりするようなケースがあるのですが、基本的に経営力がある銀行なら返済方法も整っています。

近年では消費者金融のような無利息期間や、即日融資のようなものもあり、より充実してきています。

3 銀行である安心感

 また銀行系カードローンは消費者金融に比べると、信頼が大きいのでお金はありやすいのです。

やはり信頼できる所でお金を借りられるというのは、返済も変なことをされないという安心感がありますし、

お金を借りていたとしても、消費者金融に比べれば、周りからの信頼も違います。

 そういった信頼感も大きなメリットです。

存在を忘れていたカードローンを久しぶりに利用しました。

なんとなくでカードローンを契約してから半年経ち、そういえば最初に数万円借りてからまったくカードローン使っていないなと気が付きました。

申し込みの時も大して苦労しませんでしたし、インターネットの申し込みだったので印象が薄くカードローンの存在をまったく忘れていました。

返済も次の月に一括で終わらせてしまったし、しょうがないですよね。

ですがせっかく契約したのだから使わないのはもったいないと思い何か買ってみる事にしました。

せっかくですから、昔欲しかったものなんか買ってみようかなとインターネットをいろいろ見ていたのですが・・・欲しいものがありすぎて困りました。

検索しなければ良かったです。

昔欲しくて手が出なかったものが今カードローンとネットショップを使えばかなりの数買えます。

なんて良い時代になったのでしょう。

昔はあちこちのお店を回っても見つからなかったりしたものが自宅にいながら見つける事が出来ます。

さらにカードローンを利用すればそれらを余裕で買う事が出来ます。

有難いです。

ですが、買えるからといって全部買ってしまうと返済がきつくなってしまいそう・・・でもこれくらいなら・・・と数日悩みました。

結局また数万円だけ借りてとりあえず一番欲しかったものを買いました。

この返済が終わったら次に欲しかったものを買おうと思います。

今からちょっと楽しみです。

無利息で利用できるカードローン

カードローンの中には、無利息の期間を設定しているケースがあります。たとえば30日以内なら全額無利息とか、5万円以内なら180日間無利息といった具合です。審査についても特に厳しいというわけではなく、一般的な審査と同じで、無利息期間がサービスでついてくるといった感じです。

この無利息カードローン、初めての契約者に限ってというケースが多いようです。つまり2回目の借り入れからは利息が生じるということです。逆にいえば1回だけの利用で、定められた期間内にお金を全額返済できるとすれば、無利息カードローンのメリットは大きいということです。利息を払わなくていいので、余計な出費がなくなるからです。

なぜこのようなことをするかというと、カードローン各社の新規顧客開拓のためです。一度契約してしまうと積極的に他社に乗り換える人が少ないため、利息のもうけをゼロにしてでも新しい顧客を開拓していこうという苦肉の策といっていいでしょう。

上にも書きましたが、2回目以降は利息がかかってしまうケースが多いです。利払いによる余計な出費を抑えたいならカードローンの利用は1回だけ、可能なら給料日間際の確実に返済ができる時期に、計画的に行うことが大切です。詳しくはカードローン各社のサイトをご確認ください。

カードローンにも種類があります

カードローンと一言で言っても、その種類は様々ですし業者によって金利や審査基準なども大きく変わってきます。

基本的に現在流通しているカードローンには2通りの種類があり、一つは貸金業法下で利用されているカードローン、もう一つは銀行などが発呼しているカードローンです。

この二つの大きな違いは借りることが出来る金額の上限で、貸金業法下で流通しているカードローンは総量規制と呼ばれる法律の対象となるため、年収の三分の一までしか借りることが出来ません。
これには例外は一切なく、全ての人に適用される規制となります。

一方銀行の場合は貸金業法ではなく銀行法下での営業となるため、総量規制の対象とはならず、年収の三分の一以上の借り入れが可能になっていると言われています。

金利に関しても銀行のほうが大幅に低いですから返済のことを考えた場合には銀行のカードローンのほうが使いやすいと言えるかもしれません。
しかしデメリットも存在しており、消費者金融の場合収入が安定していれば貸し付けが可能になるのに対し、銀行の場合は年収制限を行っている場合もあるため収入が少ない人は利用できないというケースも少なからず存在しています。

特に大手銀行や地方銀行では制限を設けていることが多いため、利用者が限定されてしまうということもあります。
しかし例外も存在しており近年利用者が増えているネット銀行に関しては年収の制限を行っていない場合が多く、利用できる人も多いですから消費者金融と同じような使い方が出来る場合が多いようです。

唯一の欠点は、ネット銀行の場合カード発行が即日出来ないということがほとんどのため、カードが郵送されてくるのを待たなければいけないというデメリットがあります。

即日融資を希望する場合にはやはり消費者金融のほうが確実に速いですから、この点では消費者金融のほうが使いやすいと言えるでしょう。
自分の使い方に合ったカードローンを探して申し込みを行うとよいでしょう。