初めてのキャッシングでは、初回返済日に要注意

初めてのキャッシング利用で、初回返済日を間違えて返済が遅れてしまい、延滞金が発生してしまった、ということは少なくありません。

キャッシングの返済日は金融機関によって異なりますが、借り入れのタイミングによっては、2週間ほどで初回返済日になる場合もあります。特に30日間の無利息サービスを利用している場合、無利息期間は返済しなくてもいいと勘違いする人もいるようですが、初回返済日は無利息期間中に訪れます。借り入れの際には、初回返済日を前もって確認しておかないと、トラブルの原因となります。

プロミスのように、返済日を選べるシステムとなっている金融機関もあります。初めてのキャッシングでは、申込み前に返済についても十分調べておくことが大切です。

キャッシング審査もAIが行う時代!? 迅速性にプラス作用も

いわゆる消費者金融、キャッシングの審査というのは、無担保無保証で行うのが原則です。つまり、誰が連帯保証人になっているのか、何を担保にするのかといった不確定な要素を計算に入れず、本人の収入や仕事歴などから返済能力を判断し、融資の可否やその金額を決めていくという形になっています。

送られてくるデータの正確性をどの程度厳重に考えるかの差はありますが、基本的には機械的な判断が主になる部分が少なくないからか、AIによる審査を試みている企業も出てきているようです。人間の信用能力を人工知能に任せるというのは何ともSF的で不安に感じなくもないですが、現在よりもはるかに迅速で正確性のある審査がなされ、利便性が上がるということも考えられます。

いずれにせよ、キャッシングの現場がより進化していっているのは間違いないところだと言えるでしょう。

キャッシングを選ぶ時に比較するべきポイント

近年では、多くのキャッシングサービスが消費者金融会社各社によって展開されています。このキャッシングを利用する際には、サービス毎に利息や手続きの仕方などが異なっています。

その為、複数のキャッシングサービスを比較して検討しておく事で、利用者のニーズに合ったサービスで融資を受けられるようになります。

キャッシングを選ぶ時に比較しておくべきポイントとしては、利息や提携ATMの多さ、スマートフォンなどからのオンラインサービスの利用のしやすさなどがあります。

使い勝手が良いキャッシングを選ぶ事で、ユーザーは急な出費が発生しても、必要な時に融資を受けられます。一方で、複数の消費者金融会社のキャッシングを使えば、それぞれの金融会社のサービスの良い部分を組み合わせて使っていく事も出来るでしょう。

アコムでは安心感を持ってキャッシングできる

キャッシングってどうなの?と、実際に借りるまではわからないことだらけで不安でした。でも私は収入がとても低かった時期があり、まとまったお金が必要なのに自分の力ではどうしようもありませんでした。もう迷っていられなかったのです。そのときはキャッシング以外に方法がなく、怖々申し込みをしたのです。

聞いたことのないような会社から借りるより、誰でも知っているようなところから借りるほうが安心できるかな、というだけの理由でアコムを選びました。アコムのホームページを見ると、ネットで申し込めるようだったので必要なことを入力して送信しました。するとその日のうちにアコムから電話がかかってきて、現在の状況やお金を借りて何に使う予定なのかなどを聞かれました。と言っても何も怖いことはありません。電話をかけてきた女性はとても柔らかい口調で、知り合いと話しているような雰囲気で聞いてきてくれました。「ええー!そうなんですか。いいですねえ。」など、少しだけフレンドリーで安心させてくれます。

それから必要な書類を送るだけなので、言ってしまえば簡単にお金を借りることができました。その後特に困るようなこともなかったのでとても助かりました。あのときアコムを選んで良かったと思っています。

アコムのキャッシングの特徴と魅力

お金に困った時にキャッシングサービスは気軽に利用できるものですが、中でも人気の消費者金融はテレビCMなどでおなじみのアコムです。アコムの金利は3.0%から18%で、大手消費者金融のスタンダードな金利水準になっているので初心者でも安心して利用することが出来ます。

アコムのキャッシングでは、最短で30分の審査と1時間の融資というスピード感がありすぐにお金を借り入れすることができるので利便性が高いです。土日の即日融資も可能なので、どんなシーンでも使える魅力があります。WEB契約では来店不要で借入をする事が出来るので、サービス面では優れていると言えます。

アコムのキャッシングで嬉しいポイントとしては、30日の無利息期間がある事です。初めて利用する場合ですが、契約日から30日間は利息が必要にならないです。30日の無利息期間の期間内に完済すれば利息が必要なく、金利負担が重くなる最初の30日の利息が無料になるのは大きなポイントですが、注意点としては、無利息期間は契約日から数えて30日間という事です。

アコムは便利な消費者金融ですが、キャッシング は便利でもお金を借りていることになるので計画的に利用する事が肝要です。無利息キャッシングなどを利用して便利に使うと良いです。

キャッシングの利便性を見る上で重要なATMや自動契約機の多さ

キャッシングに関する情報サイトを開くと、大抵トップに掲載されているのはそれらを扱う消費者金融の人気ランキングでしょう。

テレビCMを始め多くの広告を打っている大手の消費者金融は知名度も高く、また利用前からでも親しみ易さを感じるものですが、実際に利用してみるとやはり大手ならではのメリットというものは確実に存在しています。

その一つが提携しているコンビニATM、あるいは自動契約機の設置軒数の多さ。

急な所用でお金が必要となれば、審査への通り易さと共に重要となるのがお金の引き出し易さでしょう。いざ借入れ可能となっても自宅周囲にお金を引き出せるATMが全く無ければ不便の一言です。

その点大手の消費者金融は提携しているコンビニも多く、身近にあるいずれのコンビニATMからも気軽にお金を引き出せます。もちろん自動契約機も多く、スピーディな審査にも大変都合が良いのです。

アルバイトでもキャッシング利用できる!

キャッシングをする際は、どなたでも必ず審査を受けることになります。審査の際に見られるのは、「継続的に安定した収入があるかどうか」という点です。長期間、安定した月収があれば、返済能力があると見なされます。アルバイトでも長期に渡って続けていればキャッシングを受けることは可能です。

もし、アルバイトを始めて間もない場合は、審査申し込みの際に今後も継続して働く旨をオペレーターに伝えた方がよいでしょう。伝えることによって、相手に誠実さを感じさせることができますので、ネット上の手続きにひと手間加えてみましょう。

キャッシングの利用限度額は、年収から換算されますので、使いすぎて払いきれなくなるという心配はそこまでありません。アルバイトの場合は、ボーナス等が加味されないことが多いので、利用限度額が低く設定される傾向にあります。ただ、利用開始後、滞りなく毎月返済を行えば、優良な顧客と判断されますので、利用限度額を上げることが可能となります。利用限度額が上げられるかどうかはこちらから連絡をして確認する必要がありますので、ある程度期間が経過したら問い合わせてみましょう。

「アルバイトだから、どうせ借りられない」と考え込む必要は全くありません。キャッシングを上手く利用して、快適な生活を送りましょう。

キャッシングの本人確認と在籍確認とは?

キャッシング審査で必ず必要になってくるのが本人確認と在籍確認です。本人確認とは、直接、窓口などに行き、本人であると言う事を証明すると言うものではなく、あくまでも、書類の提出となります。運転免許証で本人確認を行う人が多くなっていますが、運転免許証を持っていない場合は、パスポートや健康保険証と住民票のセットなどで、本人確認を行います。

また、これらの書類は、メールで添付し送るほか、アプリを利用する事で簡単に済ませる事が可能です。その為、キャッシングにおける本人確認においては、何も心配する必要はないかと思います。

一本、同じキャッシング審査の確認事項として、心配する人が多いのが在籍確認です。在籍確認とは、明記している勤務先に本当に勤務しているか確認する事を指し、基本的に勤務先に電話をかけ行う仕組みになっています。

もちろん、消費者金融などの企業名を伝える事はありません。あくまでも、個人名で電話kがかかってくる為、勤務先に在籍確認であると言う事を知られる事はないと言われています。しかし、現代では、個人的な用事は、個人の携帯やスマホにかかってくる事も多いのではないでしょか。そんな中、勤務先にかかってくる電話に違和感を感じる人もいるかも知れません。その為、その時の対応策をあらかじめ考えておく事をお勧めします。

キャッシングの審査は信用情報が重要

キャッシングの審査では、その人の信用情報の状態がどういうふうになっているかということがとても重要です。

信用情報とは何かというと、キャッシングやクレジットカードやローンなどの金融商品をその人がどれぐらい利用していて、どのように返済しているのかが毎月詳細に記録されている情報です。

はじめて利用するキャッシング会社に申し込みをしても信用情報という記録によって別の会社のローンの利用履歴もしっかりと確認されていますので、以前に滞納や債務整理になった経験があるとそれが判明します。

キャッシングの審査では信用情報機関という場所でこの情報を調べますので、これから申し込みをする会社と関係のない会社で債務整理をしていてもバレてしまいます。

他社の利用金額も信用情報で分かりますのでウソの申告をするとバレてしまいます。

債務整理とは借金を契約どおりに返さなかったということですので、キャッシングの審査ではかなりのマイナスになります。

キャッシングの審査ではそのほかに年収や家族構成などの情報も考慮されて総合的に返済能力が判断されています。

信用情報に問題があるとキャッシングの審査に合格できなくなってしまうので気をつけましょう。

キャッシングにおける総量規制対象外について

キャッシングでお金を借りようとしても、無制限に借りれるというわけではありません。申込者の収入やその他の項目を総合的に判断して決められ、上限金額においては貸金業法によって制限されています。この賃金業法において最も注意したいのが、総量規制による制限になります。そこで今回は、キャッシングにおける総量規制対象外についてご紹介したいと思います。

総量規制について

平成18年に成立した改正貸金業法に基づき、平成20年6月に総量規制が施行されています。総量規制とは、貸金業者からの借入は年収の3分の1を越えて借入することはできない、といったものになります。規制の主な目的は、多重債務者対策として過剰な貸付を抑制し、借金返済に困窮する状況を根絶することを目的として施行されています。

対象となる借入について

総量規制の対象となる借入は、消費者金融や信販会社・クレジット会社などの貸金業者からの借入になります。したがって、これらの機関から既に借入のある方や年収の低い方などの場合は、総量規制の制限によってあわせて年収の3分の1までしか借りる事ができなくなります。

一方、銀行や信用金庫、信用組合・労働金庫などでは、銀行法に基づき業務が規定されていますので、これらの機関からの借入は総量規制対象外となり、融資申込みにおいては年収による縛りがないという事になります。

複数の借入があって総量規制に接触する為に消費者金融等の利用は不可能、しかしどうしても借入れが必要な場合には総量規制対象外の銀行等のキャッシングに申込むという方法があります。しかし総量規制の対象にならないからといって審査が甘くなるという訳ではありませんので注意が必要です。