キャッシング 審査で注意することもある

クレジットカードでショッピングした一括払いにすれば利息が付きませんがキャッシングは1か月後返済した時でもキャッシング手数料が利息でつきます。そして、利息手数料は月単位でなく日数で加算されて、返済は1日でも早い方が安いです。そしてクレジットカードキャッシングでかかる金利は15~18%が多く、これは利息制限法といった法律により金額に応じた金利条件を定めていることで、各社とも大きいなさがない数値です。

また借りるとき返済計画をかんがえていてもいざ返済すると思わぬ出費が重なり、どうしても返済できないこともあり、もし返済が遅れればどうなのでしょう?返済日が過ぎても連絡しないでいれば数日後はがき、電話で催促がきて、それでも連絡がつかない時勤務先に借金返済催促電話が着ます。職場に借金がばれてしまうケースがありますが、この時点ではプライバシーにもなるべく配慮した対応をしてくれるでしょう。

そして、はがきで催促しても返済確認できなければ、最初より強い書き方で、督促状が送られれて、これを無視すればクレジットカードが使えなくなってしまいます。それでも延滞すれば、催告書がきます。こうしたことには注意してください。

クレジットカードのキャッシングを使ってお金を借りましょう

近年のインターネットショッピングの急速な普及によってますます私たちの生活に欠かすことのできないものになってきた金融サービスであるクレジットカードは多くの人が保有している便利な決済手段の一つとなっています。

クレジットカードを使って決済することで、たとえ手元にお金がなかったとしても簡単に品物を買うことができます。また事前にキャッシング枠に申込をしてクレジットカード会社の審査を通過していれば、限度額の範囲以内でキャッシングも行なうことができるので大変に便利なサービスだといえるのです。

クレジットカードを使って現金を手に入れようとするとき、キャッシング枠を使ってクレジットカード会社からキャッシングする分には何の問題もありませんが、キャッシング枠を使って現金を手に入れようとする「クレジットカード現金化」は違反行為となるので注意を払う必要があります。

クレジットカード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠をつかって商品を購入し、それを業者などの第3者に売却して現金を手に入れようとする行為のことをいいます。

これはクレジットカードの規約違反ですし、クレジットカード現金化に関する金銭トラブルは数多く報告されていて消費者庁でも注意が呼びかけられているのです。

お金を手に入れようと思うなら、クレジットカードのキャッシング枠を使って、堂々とキャッシングをしましょう。