アコムやプロミスに比べてサービス面が弱い?モビットを利用する前に把握しておきたい2点

モビットはWEB完結申込を利用すると在籍確認が電話以外の方法で行ってくれるので職場の人に内緒でキャッシングをする事が出来るメリットがあります。しかも即日融資を受ける事も可能なので緊急の時もしっかり対応する事が出来ます。しかしモビットはアコムやプロミスに比べてサービス面で弱い部分があるのでしっかり把握してから利用する必要があります。そこでモビットを利用する前に把握しておきたい点を確認していきましょう。

・無利息サービスがない

アコムやプロミスは無利息サービスがあるので初めて利用する時は最初の30日間は無利息でお金を借りる事が出来ます。しかしモビットは無利息サービスがないので初めての人でも最初の借り入れから利息が加算されていきます。モビットは無利息サービスがないので申込をする前にしっかり把握して無理のない借り入れをする事が大切になってきます。

・口座引落に指定出来る口座が少ない

モビットは口座引落を利用して返済すると手数料が無料になりますが、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座しか指定する事が出来ません。口座を持っていない人は申し込みをする前に口座開設をしなければいけません。口座引落に指定出来る口座が少ない点もアコムやプロミスに比べてサービス面が弱い点と言えます。

アコムとプロミスの無利息キャッシングの違いとは

大手消費者金融会社のアコムとプロミスでは、それぞれの会社において初めての利用者に対して30日間無利息でキャッシングができる特典があります。一見するとどちらも30日間無利息での借り入れが可能ということで同じようなサービスのように感じられますが、実はサービスの内容やサービスを受けるための条件などは微妙に異なっています。それぞれの会社条件などについてみていきましょう。

・アコム

1.アコムのサービス利用が初めてであること

2.カードローンを契約すること

3.返済期日を35日毎として契約すること

4.契約日の翌日から30日間が無利息期間

・プロミス

1.プロミスのサービス利用が初めてであること

2.カードローン商品を利用すること

3.Eメールアドレスを登録してWEB明細サービスの利用登録をすること

4.初回出金日の翌日から30日間が無利息期間

こうして両社を比較してみますと、無利息キャッシングサービスを受けるための条件が大きく異なりますし、無利息期間の適用開始日が大きく異なることがよくわかります。アコムは契約日の翌日から自動的に無利息期間が始まるのに対し、プロミスは実際に借り入れをするまで無利息期間は始まらないので、この点によく注意しておくと良いでしょう。

プロミスで少額借りる時に得られるメリット

プロミスは消費者金融なので総量規制の対象になっていて年収の3分の1以上の借り入れをする事が出来ません。また上限金利が高く設定されているので借り入れをした時に加算される利息も多くなってしまいます。これを見ると多額の借り入れをするにはあまり向いていない金融業者と言えますが、少額借りる時はメリットになる事が多くてすごく適しています。そこでプロミスで少額借りる時に得られるメリットを見ていく事にしましょう。

プロミスは消費者金融の中でも融資スピードがトップクラスで申込手続きを始めてから融資可能になるまで最短1時間と言われています。少額借りる時は金欠の状態になっていて生活費を補てんするなどが主な理由なので融資スピードが優れていると大きなメリットになります。

プロミスはWeb完結で手続きが出来るのでネットキャッシングが出来るというのも特徴です。少額借りたいという時は出来るだけ手間をかけたくないのでスマートフォンだけで手続きを済ませたいものです。ネットキャッシングが出来れば手間がかからないのでメリットになります。

プロミスは無利息期間のサービスがあるので借入日の翌日から30日間無利息でお金を借りる事が出来ます。少額借りる時は無利息期間内で返済するという事も可能なので無利息でお金を借りる事も出来てしまいます。しかし無利息期間のサービスは初めて利用する人が適用の対象となります。