銀行カードローンが人気となっている理由とは

消費者金融の貸付残高が大幅に減少している理由として、2010年6月の改正貸金業法完全施行の影響があります。貸金業法に基いて貸付が行われている信販会社と消費者金融では、貸付残高が年収の1/3以内に制限され、罰則付きで常に貸付残高に注意しなければならない総量規制が導入されました。多重債務者を減らす目的がありますが、実際には急に借りられなくなったことで、一時的に自己破産が増える原因ともなりました。

銀行カードローンは、銀行業法に基づき銀行が独自判断で貸付を行なうので、貸金業法の総量規制対象外のカードローンです。総量規制により消費者金融からの借入が出来ない場合であっても、銀行カードローンに申し込んで審査に通過すれば、年収の1/3を超える貸付を受けられます。

銀行カードローンは、貸付を行なう際に保証会社を利用しているので、実質的な審査は保証会社が行い、返済不能に陥った場合には銀行が保証会社に対して代位弁済請求すれば良いわけです。銀行が貸し倒れリスクを負う心配が無い分だけ、低金利で融資可能となることから、消費者金融よりも設定金利が低くなっている点も銀行カードローンが人気の理由です。借り換えローンとしても利用されるケースが増えており、銀行カードローンの貸付残高は増え続けています。