キャッシングの審査は信用情報が重要

キャッシングの審査では、その人の信用情報の状態がどういうふうになっているかということがとても重要です。

信用情報とは何かというと、キャッシングやクレジットカードやローンなどの金融商品をその人がどれぐらい利用していて、どのように返済しているのかが毎月詳細に記録されている情報です。

はじめて利用するキャッシング会社に申し込みをしても信用情報という記録によって別の会社のローンの利用履歴もしっかりと確認されていますので、以前に滞納や債務整理になった経験があるとそれが判明します。

キャッシングの審査では信用情報機関という場所でこの情報を調べますので、これから申し込みをする会社と関係のない会社で債務整理をしていてもバレてしまいます。

他社の利用金額も信用情報で分かりますのでウソの申告をするとバレてしまいます。

債務整理とは借金を契約どおりに返さなかったということですので、キャッシングの審査ではかなりのマイナスになります。

キャッシングの審査ではそのほかに年収や家族構成などの情報も考慮されて総合的に返済能力が判断されています。

信用情報に問題があるとキャッシングの審査に合格できなくなってしまうので気をつけましょう。

過去に債務整理手続きを行っている方が注意することとは?

銀行や消費者金融のキャッシング契約は、金融事故情報が残っている限り契約することは殆ど出来ません。返済遅延や債権譲渡といった情報については、一定期間が経過することで自動的に抹消されるものの、債務整理すなわち自己破産や個人再生といった手続きを行った方は注意が必要です。

基本的には『契約期間中および契約終了後5年以内』で情報が削除されるものの、免責された残高が登録された状態になっているケースがあります。この情報は、債権者が情報を削除または更新しない限り、残ってしまいキャッシング契約やクレジットカードの契約をする際に問題となってしまいます。

そのため、過去の自己破産や個人再生を行った方は、キャッシングを検討する前に個人信用情報を開示し、情報が全て抹消されているか確認する必要があります。この問題は、免責確定通知が債権者に対して裁判所から送付されないといったことが関係しており、消費者金融やクレジットカード会社が破産手続き開始や免責許可決定の通知で登録情報の更新管理を忘れているといったことが関係しています。

そのため、個人信用情報を開示し、過去の情報が残っている場合は、免責許可決定通知などの書類の写しを送付し、情報更新を依頼する必要があります。何も気付かずにキャッシング審査で落ちてしまわないためにも、個人信用情報の確認は重要なこととなります。