キャッシング 審査で注意することもある

クレジットカードでショッピングした一括払いにすれば利息が付きませんがキャッシングは1か月後返済した時でもキャッシング手数料が利息でつきます。そして、利息手数料は月単位でなく日数で加算されて、返済は1日でも早い方が安いです。そしてクレジットカードキャッシングでかかる金利は15~18%が多く、これは利息制限法といった法律により金額に応じた金利条件を定めていることで、各社とも大きいなさがない数値です。

また借りるとき返済計画をかんがえていてもいざ返済すると思わぬ出費が重なり、どうしても返済できないこともあり、もし返済が遅れればどうなのでしょう?返済日が過ぎても連絡しないでいれば数日後はがき、電話で催促がきて、それでも連絡がつかない時勤務先に借金返済催促電話が着ます。職場に借金がばれてしまうケースがありますが、この時点ではプライバシーにもなるべく配慮した対応をしてくれるでしょう。

そして、はがきで催促しても返済確認できなければ、最初より強い書き方で、督促状が送られれて、これを無視すればクレジットカードが使えなくなってしまいます。それでも延滞すれば、催告書がきます。こうしたことには注意してください。

業者、融資額によって違うキャッシングの利息

キャッシングの利息は、融資額によって異なっています。

小額のキャッシングの場合は最高18%の年利になりますが、借りる額が多くなればなるほど年利は低くなっていきます。
なので複数社で少しずつ借りるよりも、一社でまとめて借りるほうが金利は有利になります。それ以外にも借り入れる本人の信用に比例して若干異なった利息になります。

現在はキャッシングサービスは消費者金融以外でも利用することが出来ます。その一例としては銀行のサービスで行われているキャッシングサービスがあります。

こちらは消費者金融とほとんど変わらない審査で、同じ額を借り入れる場合は消費者金融よりも低金利で借りることが出来ます。
信用情報に傷がなく、安定した収入がある方ならまず銀行キャッシングの審査を受けてみると良いでしょう。

短期で融資を受ける予定の場合は消費者金融のほうが有利な場合があります。初めての借入に限りますが、大手消費者金融の一部では30日間に限り金利ゼロ円というサービスも行っています。
短期の利用の場合はこういったサービスを選択するのも賢い手段と言えるでしょう。

借りる業者、借りる期間、借りる額によって支払う利息はそれぞれ違ってきます。1%が大した差ではないような気もしますが、100万円を1年借りたとすると1%の金利では1万円も金利が違ってくるということです。

また同じ額を借りた場合でも、返済期間が長くなるほど当然ですが支払う利息の総額は変わってきますので、キャッシングの利用は計画的に行いたいですね。