キャッシングの増額申込みにおける審査について

キャッシングを利用していて、現在の利用限度額では足りない、もう少し借りたい、という場合は、増額申込みをすることができます。

増額申込みでは、また新たに審査が行われます。審査で重要視されるのは、これまでのキャッシングの用状況です。実際に借り入れを行っていて、返済期日に遅れることなく返済していれば特に問題はありませんが、滞納履歴があったり、他社から多額の借り入れをしているような場合には、難しくなります。

また、職場を変わったばかりという人も、安定して返済できるかどうか不明と判断され、増額審査に通るのが難しくなります。

審査に通らなかった場合は、また数カ月増額申込みができなくなるので、タイミングを見て申し込むことが重要になってきます。

また、優良なユーザーに対しては、金融会社の方から、増額申込みをしませんか?という連絡が入ることも多いので、そういったチャンスを活用してもよいでしょう。

限度額を増やすには増額申込みが必要である

キャッシングは限度額が常に付きまとう要素です。限度額までしか借り入れが出来ませんので、この限度額の上限が高いほど何度でも借り入れしたり、高額の借り入れが出来るようになります。

しかし、消費者金融会社のキャッシングは、貸金業法によって総量規制の導入が義務付けられており、この仕組みによって利用者の年収の3分の1までの限度額設定となります。ユーザーによっては、これでは足りない事がありますので、ある程度の利用実績があるのであれば、増額申込みをすると良いでしょう。

増額申込みをしますと、消費者金融会社の方で審査が行われます。審査では利用者の過去の利用実績をベースに進められていきますので、返済に遅延が無ければ、通る可能性は高くなります。