キャッシングの審査は信用情報が重要

キャッシングの審査では、その人の信用情報の状態がどういうふうになっているかということがとても重要です。

信用情報とは何かというと、キャッシングやクレジットカードやローンなどの金融商品をその人がどれぐらい利用していて、どのように返済しているのかが毎月詳細に記録されている情報です。

はじめて利用するキャッシング会社に申し込みをしても信用情報という記録によって別の会社のローンの利用履歴もしっかりと確認されていますので、以前に滞納や債務整理になった経験があるとそれが判明します。

キャッシングの審査では信用情報機関という場所でこの情報を調べますので、これから申し込みをする会社と関係のない会社で債務整理をしていてもバレてしまいます。

他社の利用金額も信用情報で分かりますのでウソの申告をするとバレてしまいます。

債務整理とは借金を契約どおりに返さなかったということですので、キャッシングの審査ではかなりのマイナスになります。

キャッシングの審査ではそのほかに年収や家族構成などの情報も考慮されて総合的に返済能力が判断されています。

信用情報に問題があるとキャッシングの審査に合格できなくなってしまうので気をつけましょう。

キャッシングの審査では他社の利用状況がしっかり把握されている

もしあなたがいままでにローンやクレジットカードで長期滞納をしたことがあったり、債務整理をしたことがあれば、そのことは約5年間にわたって信用情報機関に記録されます。

キャッシングの審査では他社でどれぐらい借りているか、何社から借りているかという情報も伝える必要があります。

その会社をはじめて利用する場合なら、全く関係ない別の会社のローンやクレジットカードの利用分はわからないと考える人がいるかもしれません。

しかし、キャッシングの審査では、現在の他社の利用状況や、過去の利用状況までしっかり把握されて審査のときに参考にされています。

これは信用情報機関というところで、個人情報とともに、融資やクレジットカードの詳細な利用履歴が保管されているからです。

こういった情報は、個人信用情報と呼ばれ、カードローンの審査では必ず確認されています。

他社を何件か利用しているぐらいなら問題ありませんが、過去に長期的にキャッシングの返済を滞納したり、債務整理をしたことがあればそれが別の会社のキャッシングの審査でもしっかりわかるのです。

信用情報にそんな否定的な情報が残っているとき、他の会社のカードローンの審査を受けても合格することは困難です。

キャッシングの審査で提出する書類について

キャッシングの審査のときに提出する書類は、公式Webページで必要書類の確認をしておきましょう。

審査がはじまってから準備をはじめると時間がかかることもありますので最初から調べておくべきです。

借入れ審査で必要なものは、身分証明書と所得証明(収入証明)2種類の書類が基本です。

もしあなたが運転免許証を持っているならば、そちらを優先的に使うようにしてください。

運転免許証はどのキャッシングでも使えます。

そのほかは、健康保険証かパスポートなら問題ありませんが、それ以外のものは要注意です。

使えるかどうかを公式Webページで確認したり、電話で相談しておくのがおすすめです。

収入証明書としては何が使えるのでしょうか?こちらは源泉徴収票があるならばそれを使うのがおすすめです。

源泉徴収票は、前の年の収入を1年単位で正しく知っていることができるからです。

源泉徴収票は会社に発行してもらうようになりますので、すぐに準備ができる給与明細を使うという方法もあります。

給与明細が紙で発行されているならそれを使うのもよいでしょう。

提出は郵送の代わりに画像ファイルとして送信できます。

キャッシングの会社からの説明に従って、スマホなどで写真をとり、ウェブサイトから提示します。

消費者金融と信頼関係を築く方法とは

初めて消費者金融を利用する場合は悩みがつきものです。利用したい消費者金融が信頼できる業者なのか心配になる場合もありますし、審査に落ちてしまい利用することができないのではといった不満もあるようです。

消費者金融のキャッシングは審査に落ちてしまうと利用することができないため、不安を感じるのも仕方がないことかもしれません。審査に落ちてしまう理由は様々ですが、 複数の借り入れがある場合や、収入が安定していない場合などが挙げられるようです。

借金が複数あり返済が難しくなってしまう場合は、まとめローンなどのサービスを利用して返済をすることが大切です。一度審査に落ちてしまった場合でも、安定した職業や借金をしっかりと返済するなどすることによって、消費者金融のキャッシングを利用することができるようになります。

基本的に消費者金融の借り入れ限度額は総量規制によって定められており、年収の3分の1までと決まっています。しかし審査に不安を感じる場合はそれ以下の金額で、申し込んだ方が審査に通りやすくなる面もあるでしょう。

消費者金融は利用者との信頼関係によって契約を行うことになるので、信頼を損なわないようにしっかりとした利用を心がけるようにしましょう。

勤務先の評価で審査落ちすることも!

銀行や大手消費者金融のキャッシングローンを契約する際、スコアリング判定と個人信用情報により契約可否が決まるものの、それ以外の条件と条件として勤務先の評価があります。勤務先の評価というと『安定した収入の評価と考えてしまいます。しかし、実際には勤務先の財務状況や他の社員の借り入れ状況も影響してしまいます。

例えば申し込み先の金融機関と勤務先において取引がある場合、赤字決算が続いていると利用限度額が下がったり、審査に通過出来ない可能性があります。そのため、契約を検討する際は勤務先の取引先となる銀行を把握するのがポイントであり、赤字決算の際は申し込みを避けるのがポイントです。

また、地方の場合においては社員が同じ銀行を利用していることが多くなるため、審査が厳しい場合や利用限度額が低い場合、自分自身の与信情報以外の情報が影響することがあります。つまり、返済に問題を抱える契約者が増えるほど、他の社員の信用も下がる可能性があります。

そのため、銀行カードローンを契約する際は如何に会社による影響を回避するかがポイントになります。安心感を得たいという場合、隣県の銀行を選択するなどの方法がおすすめになり、借り入れ先の選択肢が広がります。隣県なら少なからず、生活圏内に支店があるケースが多く、来店契約が必要な場合でもって対応が可能です。

キャッシングの審査で最も大きな点とは

キャッシングは働いているからこそ、利用することができるサービスです。その点はよくよく理解しておいたほうがよいでしょう。つまりは、収入がない人には貸すことができない、ということになります。銀行系のカードローンなどであれば別になりますが、キャッシングサービスにおいてはそうなっています。

銀行は例外的、ということになります。収入がないとダメ、というのは総量規制があるからです。ですから、どうしてもお金を貸してくれる意識があったとしてもそもそも法律的に貸すことができない、ということになっています。しかし、きちんと収入があり、そして余所からお金を借りていないのであればそれは殆ど心配することはないといえます。

つまりは、借りること自体はそんなに難しいことではない、ということになります。審査において大事な点はまずは収入であるわけですが、後は他からいくら借りているのか、ということになりますが、要するにこれは総量規制こそが根源たる理由、ということになります。

その点を頭に入れておいて、そして出来るだけ他からの借金があるならば減らしておくことです。そうすれば借りることができる可能性がとても高くなることでしょう。これが基本です。