専業主婦でもキャッシングはできるのか

家計を預かる主婦が急にお金が必要になることは生活をしていると少ないことではありません。その時にキャッシングを利用することが出来れば、助かることもあるでしょう。

主婦がキャッシングを利用できるかどうかについては専業主婦なのかそうではないのか、利用する金融機関が銀行なのか貸金業者なのかで違ってきます。主婦であっても、パートやアルバイトなどで収入があれば、銀行であっても貸金業者であってもキャッシングを申し込むことは可能です。銀行は審査がどうなるか分かりませんが、貸金業者であればお金を借りることができる可能性は低くないでしょう。

しかし、専業主婦であればお金を借りるのはなかなか難しいと言わざると得ません。特に貸金業者は2010年の改正貸金業法によって総量規制の対象となりましたので、顧客の年収の三分の一以上の貸付はできなくなりました。事実上は年収がない専業主婦ではキャッシングを利用することができないと考えたほうがいいでしょう。

銀行は総量規制の対象となっていませんが、収入のない専業主婦が銀行の審査に通ることは簡単ではありませんが、配偶者の収入などによっては専業主婦であってもキャッシングができる可能性はないではありません。

専業主婦でも申し込みができる楽天銀行スーパーローン

利用限度額は最大で500万円、金利は年4.9%から14.5%と魅力的なカードローンサービスの取扱を行っているのが楽天銀行であり、スーパーローンは契約するだけでも1000円分相当の楽天スーパーポイントがもらえるので、多くの人に利用をおすすめできる銀行カードローンとなっています。

さらに楽天銀行スーパーローンは幅広い人からの申し込みに対応をしていて、殆どの金融機関では申込不可としている専業主婦からの申し込みにも対応しているのです。他の金融機関では申し込みを断られてしまった専業主婦の方でも楽天銀行スーパーローンなら契約できる可能性が高いので、申し込みをおすすめします。

楽天銀行スーパーローンは専業主婦には専用の申し込みページを設けています。

専業主婦の契約条件は通常のスーパーローンはやや内容が異なり、収入証明書類の提出は一切不要で、利用限度額は最大で50万円、金利は14.5%という条件になっています。多くの金融機関では専業主婦の方の申込の場合、配偶者の収入証明書類の提出が求められることが一般的ですが、楽天銀行スーパーローンの場合は配偶者の収入証明書類も不要なので、比較的容易に申し込みができます。

もちろん、専業主婦の申し込みでも1000円分相当の楽天スーパーポイントはもらうことができます。