キャッシングの契約では本人確認証が必要

キャッシングにおける本人確認の書類というのは色々とあるのですが、一番良いのは運転免許証でしょう。それはなぜかと言いますと顔写真もしっかりとついているからです。パスポートでも良いですし、健康保険証でも良いです。

とにかく自分はこの人間であるということはしっかりと証明できるというのがポイントになるでしょう。本人確認証として認められるものというのがいくつかあり、それは業者によって違うこともあるのですが基本的には運転免許証は問題ないですからそれを持っていくようにしましょう。

ちなみにコピーをとられることになります。コピーを持っていく、というわけではなく自動契約機でコピーが取れるようになっていますから心配無用です。

キャッシング申し込み時の本人確認書類

キャッシングを申し込む時に大事な本人確認書類をご存知ですか。

ほとんどの会社では運転免許証を利用すればいいのですが、運転免許証を持っていない人もいますよね。

こういった場合は別のものでも大丈夫です。例えばパスポートなども本人の写真が貼り付けてありますし、十分本人確認の為の書類とみなされます。

パスポートさえもないという方でも健康保険証は持っているのではないでしょうか。

他にも住民基本台帳カード、公共料金の領収書、住民票、はたまた母子手帳や年金手帳など顔写真が貼られていないものでもいい場合があります。

ただし注意してほしいのは会社によって本人確認書類とみなされる物は違うということ。

免許証、パスポートは確実だと思われますがそれ以外でとなりますと事前に申し込む予定の会社のHPなどできちんと確認しておくことが大事です。

キャッシングの本人確認と在籍確認とは?

キャッシング審査で必ず必要になってくるのが本人確認と在籍確認です。本人確認とは、直接、窓口などに行き、本人であると言う事を証明すると言うものではなく、あくまでも、書類の提出となります。運転免許証で本人確認を行う人が多くなっていますが、運転免許証を持っていない場合は、パスポートや健康保険証と住民票のセットなどで、本人確認を行います。

また、これらの書類は、メールで添付し送るほか、アプリを利用する事で簡単に済ませる事が可能です。その為、キャッシングにおける本人確認においては、何も心配する必要はないかと思います。

一本、同じキャッシング審査の確認事項として、心配する人が多いのが在籍確認です。在籍確認とは、明記している勤務先に本当に勤務しているか確認する事を指し、基本的に勤務先に電話をかけ行う仕組みになっています。

もちろん、消費者金融などの企業名を伝える事はありません。あくまでも、個人名で電話kがかかってくる為、勤務先に在籍確認であると言う事を知られる事はないと言われています。しかし、現代では、個人的な用事は、個人の携帯やスマホにかかってくる事も多いのではないでしょか。そんな中、勤務先にかかってくる電話に違和感を感じる人もいるかも知れません。その為、その時の対応策をあらかじめ考えておく事をお勧めします。