ズボラ主婦の適当貯蓄

家計簿なんて面倒。月の貯蓄額なんて決めれない。月いくら貯めてるなんて把握無し。

そんなズボラ主婦。年収大体400万で年多くて100万少なくとも50万貯めてます。

特に節約を強く意識してない毎日。貯蓄に至って幾つかのマイルールで貯蓄してます。今回はそのマイルールを紹介します。

マイルール ①年貯蓄額最低最高金額を決める。

我家の年最低最高金額は50~100万です。我家には子供が二人います。その他車検など、年によって貯めれる金額が違います。下手に高く貯蓄金額を決めてしまえば苦しい年が来て貯蓄を諦めてしまうし、低い金額にするとダラケル。最高最低金額を決める事で下手なプレッシャーなく、しかも貯蓄金額が最低金額に近いとなんとなく節約モードに入ってしまい以外と最低貯蓄額にならない年があります。

マイルール②ボーナスは半分以上貯蓄。その他使い方は自由。

ボーナスは貯蓄は一般的ですが、全部貯蓄は何だか寂しいし、半分くらい使い方自由だとちょっと嬉しいですよね。年の目標金額を頭にいれながら半分以上のルールを守りつつ、残りを使う。ちょっとしたご褒美が、ある事でボーナス月数ヶ月前後の浪費は少なくなってる気がします。

マイルール③ポイントフル活用。

我家は主に楽天・DOCOMOのポイントを活用してます。楽天ポイントはセール時期に日用品を買いまくり、たまったポイントで子供の誕生プレゼントにDOCOMOはアンケートなんかや携帯支払い、ポイントイベントでたまった物でマクドナルドランチが楽しみになってます。

マイルール④外食・自販機・コンビニでの買い物を意識する。

節約には向かない外食・自販機・コンビニ禁止にするのではなく、意識します。だって便利ですから、基本は使わないけど、たまには使う、使ってもコンビニならポイントがつくコンビニ。今月外食したいなぁ、じゃあその他はご飯頑張るかぁ。意識する事でズブズブ使わないし、私はあまりストレスがたまりません。

以上ズボラ主婦の適当貯蓄ですが、基本は無理をしないけれど、貯蓄の意識はするって感じでしょうか?

皆さんの参考になれば嬉しいです。

一人暮らしの大変さ、それは貯蓄がなかなか出来ないこと

最近、特に貯蓄の大切さを痛感します。一人暮らしのため、貯蓄ができる限度が限られております。結婚や引越しを控えており、そのため自然と節約をする生活に変わりました。例えば、電車も徒歩30分までの距離は歩いて電車代を浮かせます。

食費も浮かせるために1日1食しか食べません。食器用洗剤も液を水で薄めて使います。日々の中で、我慢できる限界まで我慢しています。私の意見ですが、もし頼れるご両親がいるのならば実家暮らしのが絶対にいいと思います。結婚、出産と将来はお金がかかることばかりです。

お金は余ることはなかなか無いと思いますので、貯めれるだけ貯めて損は無いと感じます。今しか見れない出来ない娯楽もあると思うので、お金が無くて我慢ばかりするのは人生を楽しめていないとも感じております。もしくはお給料の良い職業につくのも賢いと思います。

私自身がアルバイトのため、もっと未来を見据えて職業を選んでおけば良かったと後悔しております。私自身が本当に失敗をしているので、若い子には目の前の生活よりも、先を見据えておくべきだと伝えたいです。家庭の事情で大学進学も難しい人もいると思いますが、本当にやりたい職業があるのならば諦めず進学して欲しいです。

まだまだ学力社会だと思います。お金は本当に大事です。住む場所も飲み物もお金から生まれます。

クレジットカードもうまく使えば貯蓄できる

クレジットカード払いでは貯蓄ができないと思われがちですが、実はそうではありません。

うまくクレジットカードを活用すれば、現金払いよりもお得に賢く貯蓄することができます。

クレジットカードを使うと貯蓄ができない原因として大きいのが、お金を払ったという感覚がなくついつい使い過ぎてしまうことだと思います。

そのような心配がある場合、最近のクレジットカードはアプリで支払い額をこまめに見ることができるので、逐一チェックしながら利用することをオススメします。

クレジットカード本体の限度額の設定を低くすることは難しいことですが、あらかじめ限度額を自分の中で決めておいて、限度額に近づいたらカードの利用を辞めることで節約に繋がります。

その際現金とクレジットカード合計額で考えるようするとさらに節約できます。

クレジットカード払いにするメリットは2つあります。

1つは、利用額が1ヶ月単位で見ることができること。

家計簿をつけるのが面倒な人も、簡単な家計簿代わりになるのでとても便利です。

もう1つのメリットは、カードで貯めたポイントを支払いに使えることです。

カード会社によりポイントが貯まる利用額は異なりますが、貯まったポイントをクレジットカードに使った代金に充てることができるので、ポイントを使って節約することができます。

細かいことですが、積み重ねることで節約になり貯蓄できるようになります。