キャッシング 審査で注意することもある

クレジットカードでショッピングした一括払いにすれば利息が付きませんがキャッシングは1か月後返済した時でもキャッシング手数料が利息でつきます。そして、利息手数料は月単位でなく日数で加算されて、返済は1日でも早い方が安いです。そしてクレジットカードキャッシングでかかる金利は15~18%が多く、これは利息制限法といった法律により金額に応じた金利条件を定めていることで、各社とも大きいなさがない数値です。

また借りるとき返済計画をかんがえていてもいざ返済すると思わぬ出費が重なり、どうしても返済できないこともあり、もし返済が遅れればどうなのでしょう?返済日が過ぎても連絡しないでいれば数日後はがき、電話で催促がきて、それでも連絡がつかない時勤務先に借金返済催促電話が着ます。職場に借金がばれてしまうケースがありますが、この時点ではプライバシーにもなるべく配慮した対応をしてくれるでしょう。

そして、はがきで催促しても返済確認できなければ、最初より強い書き方で、督促状が送られれて、これを無視すればクレジットカードが使えなくなってしまいます。それでも延滞すれば、催告書がきます。こうしたことには注意してください。

複数の会社の返済をうまく行うコツ

キャッシングを使っている人が困ることの一つに、自分が今どれくらいのお金を借りているかが分からなくなるというものがあります。

1社だけであれば良いのですが、複数のキャッシング会社を利用しているとどうしてもお金の管理がむつかしくなってくるわけです。

ですから、融資枠にある程度余裕があるのであれば、できれば1社にまとめるのが、一番ストレスなくキャッシングを利用できるコツになります。

しかしながら、それもむつかしい方もいらっしゃることでしょう。そんな時には、リボ払いでの返済に統一するというのが便利です。

少額であれば一括にしようと思うのが普通だと思いますが、それによってお金の管理が混乱する原因になりますから、まずはすべての返済をリボ払いに統一します。

そうすると、会社の数かける一定額を掛け合わせるだけで、今月の返済額がわかりますから、非常にスムーズです。

そして、リボとは別にお金に余裕ができたら別途返済をしていくと、手数料も抑えられて一石二鳥です。

そのときに別途返済をする会社は、一番融資額が少ないところにすると良いでしょう。そうすることで、複数利用している会社を一つ減らすことができ、そして借入をしていないキャッシングは緊急用として使うということにすれば、融資額の混同を避けることができます。

複数のキャッシング会社を利用するのは、融資額が増えるのでとても便利ではありますが、管理に気を付ける必要が出てきます。なので、こうした工夫をすれば、お金の返済し忘れも防ぐことができるわけです。

キャッシングの返済で大きく得する方法

キャッシングやカードローンを利用する場合、どうしても金利ばかりに目が行きがちですが、実は返済による手数料を節約することでかなりお得に利用することができるのです。

ここで紹介しますのが返済方法で得をする方法。

もしあなたがインターネットを利用するならば、ぜひ返済をネットでしてみませんか?

アコムとプロミスはネットでの返済が可能で、24時間365日いつでもどこでもキャッシング返済が可能です。

この24時間365日というのが大きな要因で、土曜日日曜日もその場で返済ができるため、金曜日に返済できなかったという場合でも月曜日まで返済を待つ必要がないのです。

この3日分は金利にすると大きなもの。早く返済することでその日数分の手数料は確実にお得になります。

もう一つインターネット返済がお得な要因はATM手数料が無料になるということです。

実はコンビニ等での提携ATMを利用して返済すると手数料が108円から216円ほどかかっているのをご存知でしょうか?

毎回この手数料を支払っていると考えると、かなりの大金を手数料で払っていることとなります。インターネット返済にこだわれば一切その費用はかかりませんのでお得です。

しかしこのネット返済を行う際にはネット銀行の口座が必要。楽天銀行の口座を持っておくことで返済はとても便利です。また、楽天銀行自体もキャッシングプランがありますので、検討してみても良いかもしれません。

実は金利よりも手数料で大きなお金を使ってしまっていませんか?インターネット返済でお得なキャッシングやカードローンとしてください。